Word または Outlook の表で計算式を使用する

計算式を使用することで、表内で計算と論理比較を実行できます。[計算式] コマンドは、[表ツール] の [レイアウト] タブの [データ] にあります。

Word 2010 のリボンにある表ツールの [レイアウト] タブのデータ グループ

計算式を含む文書を開くと、計算式が自動的に更新されます。また、計算式の結果を手動で更新することもできます。詳細については、「計算式の結果を更新する」を参照してください。

注: Word または Outlook の表の計算式は、フィールド コードの一種です。フィールド コードの詳細については、「関連項目」のリンク先を参照してください。

この記事の内容

表のセルに計算式を挿入する

計算式の結果を更新する

特定の計算式の結果を更新する

表内のすべての計算式の結果を更新する

文書内のすべての計算式を更新する

例: 場所引数を使用して表内の数値を合計する

使用できる関数

計算式でブックマーク名またはセル参照を使用する

RnCn 参照

A1 参照

表のセルに計算式を挿入する

  1. 結果が表示される場所となる表のセルを選択します。セルが空でない場合は、その内容を削除します。

  2. [表ツール] の [レイアウト] タブの [データ] で [計算式] をクリックします。

  3. [計算式] ダイアログ ボックスで、計算式を作成します。[計算式] ボックスに入力し、[表示形式] ボックスの一覧で数値の形式を選択した後、[関数貼り付け] および [ブックマーク貼り付け] を使用して関数とブックマーク内に貼り付けます。

計算式の結果を更新する

Word では、数式の結果は、数式を挿入したときと数式を含む文書を開いたときに計算されます。Outlook では、数式の結果は、数式を挿入したときにだけ計算され、メールの受信者が結果を編集することはできません。

また、次の結果を手動で更新することもできます。

  • 特定の計算式の結果

  • 特定の表に含まれるすべての計算式の結果

  • 1 つの文書に含まれるすべてのフィールド コード (計算式を含む)

特定の計算式の結果を更新する

  1. 更新する計算式を選択します。Ctrl キーを押しながら選択することで、複数の計算式を選択できます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 計算式を右クリックし、[フィールド更新] をクリックします。

    • F9 キーを押します。

表内のすべての計算式の結果を更新する

  • 更新する計算式の結果を含む表を選択して、F9 キーを押します。

文書内のすべての計算式を更新する

重要:  この手順を実行すると、計算式だけでなく文書内のすべてのフィールド コードが更新されます。

  1. Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. F9 キーを押します。

例: 場所引数を使用して表内の数値を合計する

次の関数では、場所引数 (LEFT、RIGHT、ABOVE、BELOW) を使用できます。

  • AVERAGE

  • COUNT

  • MAX

  • MIN

  • PRODUCT

  • SUM

例として、次の手順で、SUM 関数と場所引数を使用して数値を合計します。

重要: 場所引数を使用して表内の数値を合計する場合、エラーを避けるために、計算対象となる空のセルすべてに 0 を入力しておきます。

  1. 結果が表示される場所となる表のセルを選択します。セルが空でない場合は、その内容を削除します。

  2. [表ツール] の [レイアウト] タブの [データ] で [計算式] をクリックします。

  3. [計算式] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を実行します。

合計する数値の場所

[計算式] ボックスの入力内容

このセルの上

=SUM(ABOVE)

このセルの下

=SUM(BELOW)

このセルの上と下

=SUM(ABOVE,BELOW)

このセルの左

=SUM(LEFT)

このセルの右

=SUM(RIGHT)

このセルの右と左

=SUM(LEFT,RIGHT)

このセルの左と上

=SUM(LEFT,ABOVE)

このセルの右と上

=SUM(RIGHT,ABOVE)

このセルの左と下

=SUM(LEFT,BELOW)

このセルの右と下

=SUM(RIGHT,BELOW)

  1. [OK] をクリックします。

使用できる関数

注:  場所引数 (LEFT など) を使用する計算式では、見出し行の値は計算に含まれません。

Word および Outlook の表の計算式では、次の関数を使用できます。

関数

説明

返される値

ABS()

かっこ内の値の絶対値を計算します。

=ABS(-22)

22

AND()

かっこ内の引数がすべて TRUE であるかどうか評価します。

=AND(SUM(LEFT)<10,SUM(ABOVE)>=5)

計算式の左側 (同じ行内) の値の合計値が 10 未満であり、なおかつ計算式の上側 (同じ列内、ただし見出しセルを除く) の値の合計値が 5 以上の場合、1。それ以外の場合は、0。

AVERAGE()

かっこ内で指定された場所にある項目の平均値を計算します。

=AVERAGE(RIGHT)

計算式のセルの右側 (同じ行内) にあるすべての値の平均値。

COUNT()

かっこ内で指定された場所にある項目の数を計算します。

=COUNT(LEFT)

計算式のセルの左側 (同じ行内) にある値の数。

DEFINED()

かっこ内の引数が定義済みであるかどうか評価します。引数が定義済みであり、正常に評価される場合は 1 を返します。引数が定義されていないか、エラーが返される場合は、0 を返します。

=DEFINED(gross_income)

gross_income が定義済みであり正常に評価される場合は 1。それ以外の場合は 0。

FALSE

引数を受け取りません。常に 0 を返します。

=FALSE

0

IF()

1 番目の引数を評価します。1 番目の引数が true の場合、2 番目の引数を返します。1 番目の引数が false の場合、3 番目の引数を返します。

注:  引数は必ず 3 つ指定してください。

=IF(SUM(LEFT)>=10,10,0)

計算式の左側の値の合計値が 10 以上の場合、10。それ以外の場合、0。

INT()

かっこ内の値の小数部を切り捨てて、最も近い整数にします。

=INT(5.67)

5

MAX()

かっこ内で指定された項目の最大値を返します。

=MAX(ABOVE)

計算式の上にあるセル (見出し行を除く) の中で最大の値。

MIN()

かっこ内で指定された項目の最小値を返します。

=MIN(ABOVE)

計算式の上にあるセル (見出し行を除く) の中で最小の値。

MOD()

2 つの引数 (数値または数値として評価される項目) を受け取ります。2 番目の引数を 1 番目の引数で除算したときの剰余を返します。剰余が 0 の場合、0.0 を返します。

=MOD(4,2)

0.0

NOT()

1 つの引数を受け取ります。その引数が true であるかどうかを評価します。引数が true の場合は 0 を返し、false の場合は 1 を返します。通常、IF 式の中で使用されます。

=NOT(1=1)

0

OR()

2 つの引数を受け取ります。どちらかの引数が true である場合、1 を返します。両方の引数が false の場合、0 を返します。通常、IF 式の中で使用されます。

=OR(1=1,1=5)

1

PRODUCT()

かっこ内で指定された場所にある項目の積を計算します。

=PRODUCT(LEFT)

計算式の左側にあるセル内の値をすべて乗算した結果の値。

ROUND()

2 つの引数を受け取ります。1 番目の引数は数値であるか、数値として評価される項目であることが必要です。2 番目の引数は整数であるか、整数として評価される項目であることが必要です。1 番目の引数の小数部が、2 番目の引数で指定された桁数になるように切り捨てられます。2 番目の引数が 0 よりも大きい場合、1 番目の引数の小数部が指定された桁数になるように切り捨てられます。2 番目の引数が 0 の場合、1 番目の引数の小数部がすべて切り捨てられ、最も近い整数になります。2 番目の引数が負の値である場合、小数点の左側の桁も切り捨てられます。

=ROUND(123.456, 2)

=ROUND(123.456, 0)

=ROUND(123.456, -2)

123.46

123

100

SIGN()

1 つの引数を受け取ります (この引数は数値または数値として評価される必要があります)。かっこ内の項目が、0 よりも大きいか、0 に等しいか、0 よりも小さいかを評価します。0 よりも大きい場合は 1、0 に等しい場合は 0、0 よりも小さい場合は -1 を返します。

=SIGN(-11)

-1

SUM()

かっこ内に指定された項目の合計値を計算します。

=SUM(RIGHT)

計算式の右側のセルの値の合計。

TRUE()

1 つの引数を受け取ります。その引数が true であるかどうかを評価します。引数が true の場合は 1 を返し、false の場合は 0 を返します。通常、IF 式の中で使用されます。

=TRUE(1=0)

0

計算式でブックマーク名またはセル参照を使用する

計算式でブックマーク名を使用することで、ブックマーク付きセルを参照することができます。たとえば、数値または数値に評価される項目を含み、gross_income というブックマーク名を持つセルがある場合、=ROUND(gross_income,0) という計算式を使用すると、このセルの値の小数部が切り捨てられて最も近い整数になります。

また、計算式で列参照または行参照を使用することもできます。使用できる参照の形式は、RnCn と A1 の 2 種類です。

注: 計算式が含まれるセルは、参照を使用する計算の対象になりません。そのセルが参照範囲内にある場合、無視されます。

RnCn 参照

RnCn 参照規則を使用すると、計算式で表の行、列、またはセルを参照することができます。Rn は n 行目を表し、Cn は n 列目を表します。たとえば、R1C2 は 1 行目の 2 列目にあるセルを表します。次の表に、この形式の参照の例を示します。

参照先

参照形式

列全体

Cn

行全体

Rn

特定のセル

RnCn

計算式が含まれる行

R

計算式が含まれる列

C

指定された 2 つのセルの間にあるすべてのセル

RnCn:RnCn

ブックマークの付いたテーブルの中のセル

ブックマーク名 RnCn

ブックマークの付いたテーブルの中のセル範囲

ブックマーク名 RnCn:RnCn

A1 参照

A1 参照規則を使用すると、1 つのセル、一連のセル、またはセル範囲を参照できます。この参照規則では、アルファベットがセルの列を表し、数字がセルの行を表します。テーブル内の最初の列は列 A、最初の行は行 1です。次の表に、この形式の参照の例を示します。

参照先

参照形式

1 列目の 2 行目にあるセル

A2

1 行目の最初の 2 つのセル

A1,B1

1 列目のすべてのセルと、2 列目の最初の 2 つのセル

A1:B2

最終更新日: 2015 年 8 月 29 日

関連項目

Word および Outlook のフィールド コード

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×