Word の競合解決モード

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office 2010 の新しい共同編集機能では、複数のユーザーを効率的に動作同じドキュメントを他のユーザーの作業に侵入または互いをロックできます。

SharePoint Server 2010 でドキュメントを Microsoft PowerPoint 2010 と Microsoft Word 2010 では、この新しい共同編集機能を使用できます。 新しい共同編集機能は Excel Web App、OneNote Web App でもサポートされています。

2 つ以上のユーザーは、同時に文書の作業が、互いと競合する変更ように可能性があります。1 人のユーザーがオフラインでの動作し、サーバーに文書を保存するときに、競合が発生することができます。2 人のユーザーが文書の同じ場所に正確に同時に作業しているときにも、競合が発生することができます。

編集内容が競合する場合は、次回の文書を保存する通知が表示されます。文書を保存するには、サーバーに前に、競合を解決する必要があります。

注: 文書に競合する内容が含まれている場合でも、文書内の変更はすべてユーザーのコンピューターに保存されます。ただし、競合を解決するまで、サーバーには保存されません。

競合している場合、Word では、次の場所に表示して通知します。

  • メッセージ バー

  • ステータス バーの通知

  • Backstage ビューの通知

競合解決モードで作業し、すべての変更の競合を解決するには、このエントリ ポイントのいずれかをクリックすることができます。競合の解決モードでは、解像度のウィンドウに、競合が一覧表示し、[競合] タブがリボンに表示します。

競合する変更] ウィンドウでをクリックすると、文書の競合している部分が強調表示されます。行った変更の競合にはピンク色で表示します。

[競合] タブで、[承諾] をクリックすると自分の変更が保持され、[元に戻す] をクリックすると自分の変更が削除されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×