Word のオプション (基本設定)

Word の使用に関する全般的なオプションを確認するには、[ファイル]、[オプション]、[基本設定] の順にクリックします。

この記事の内容

ユーザー インターフェイスのオプション

Microsoft Office のユーザー設定

起動時の設定

ユーザー インターフェイスのオプション

[選択時にミニ ツール バーを表示する]    このオプションをオンにすると、テキストを選択したときにミニ ツール バーが表示されます。ミニ ツール バーを使用すると、書式設定ツールにすばやくアクセスできます。

[リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする]    このオプションをオンにすると、文書の書式の変更の効果をプレビューできます。

[ドラッグ中も文書の内容を更新する]    画像やテキスト ボックスなどのオブジェクトをドラッグしたときにレイアウトが調整されるようにしたい場合は、このオプションをオンにします。

[ポップ ヒントのスタイル]    スタイルを選んで、ボタン名と一緒にヒントと機能の説明を表示するかどうかを制御します。

ページの先頭へ

Microsoft Office のユーザー設定

[ユーザー名]    ユーザー名を変更するには、[ユーザー名] ボックスに名前を入力します。

注: このユーザー名は、変更履歴の記録機能を使用している場合に、文書に加えた変更に関連付けされます。これは、作成する文書に関連付けされる作成者名でもあります。たとえば、作成者名を含むデザイン済みのカバー ページには、このユーザー名が自動的に表示されます。

[頭文字]    ユーザー名と関連付けられる頭文字を変更するには、[頭文字] ボックスに頭文字を入力します。

注: これらの頭文字は、文書を校閲する場合に、追加したコメントに関連付けされます。

[Office へのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する]    別の情報が表示されるアカウントを使って Office にサインインしても、このユーザー名と頭文字を表示したい場合は、このオプションをオンにします。

[Office の背景]    組み込みの背景パターンのリストから選びます。

[Office テーマ]    組み込みの Office テーマのリストから選びます。

起動時の設定

[既定で Word で開くファイル拡張子の選択]    [既定のプログラム] をクリックすると、既定で Word で開くファイルの種類の一覧を確認および変更できます。

[Word が文書を表示、編集するための既定のプログラムでない場合に通知する]    Word を文書の表示および編集用の既定のアプリケーションとして設定するように指示する通知を表示したい場合は、このオプションをオンにします。

[ 電子メールの添付ファイルや編集できないファイルを閲覧表示で開く]    このチェック ボックスをオフにすると、メールの添付ファイルが閲覧表示ではなく印刷レイアウト表示で開きます。

[このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する]    Word を開くときにスタート画面を表示したくない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×