Word で脚注と文末脚注を追加する

脚注と文末脚注を使って、文書に内容の補足説明、コメント、参考文献などを追加できます。通常、脚注はページの最後に配置され、文末脚注は文書またはセクションの最後に配置されます。

実行する操作を指定してください。

Word では、テキストに脚注記号が挿入され、ページの下部に脚注記号が追加されます。

  1. 脚注を追加する位置をクリックします。

  2. [参考資料​​]、[脚注の​​挿入] の順にクリックします。

    [脚注の挿入] コマンド

    ヒント: また、Ctrl キーと Alt キーを押しながら F キーを押して、脚注を挿入することもできます。

  3. 脚注のテキストを入力します。

ヒント: ドキュメント内の作業していた場所に戻るには、脚注記号をダブルクリックします。

Wordでは、テキストに脚注記号が挿入され、文書の下部に文末脚注が追加されます。

  1. 文末脚注を追加する位置をクリックします。

  2. [参照資料] の [文末脚注の​​挿入] をクリックします。

    文末脚注の挿入

    ヒント: また、Ctrl キーと Alt キーを押しながら F キーを押して、文末脚注を挿入することもできます。

  3. 文末脚注のテキストを入力します。

ヒント: ドキュメント内の作業していた場所に戻るには、脚注記号をダブルクリックします。

脚注や文末脚注を追加したら、それらの表示方法を変更できます。 たとえば、番号書式や、文書内の表示場所を変更できます。

  1. [参考資料] タブで、[脚注ダイアログ ボックス起動ツール] をクリックします。

    脚注と文末脚注のカスタマイズ ボックスを開く

  2. [脚注と文末脚注] ダイアログ ボックスで、目的のオプションを選択します。

    • [場所] で、[脚注] または [文末脚注] を選び、脚注または文末脚注を表示する場所を選択します。

    • [書式設定] で [番号の形式] を選び、[開始番号] に指定する番号を設定して、[番号の付け方] が [連続] の場合は、[セクションごとに振り直し] または [ページごとに振り直し] を選択します。

  3. 変更を適用する場所 (文書全体か、現在のセクションか) を選んでから、[挿入] をクリックします。

脚注を文末脚注に、あるいは文末脚注を脚注に変換できます。

ヒント: すべての脚注または文末脚注を同時に表示するには、[表示]、[下書き] の順にクリックし、[参考資料]、[注の表示] の順にクリックします。文書の下部にある [ノート] ペインで、[脚注] の横にある矢印をクリックし、[すべての脚注] または [すべての文末脚注] をクリックします。次に、変換する脚注または文末脚注を右クリックします。

  1. [参考資料] タブで、[脚注ダイアログ ボックス起動ツール] をクリックします。

  2. [脚注] または [文末脚注] を選び、[変換] を選択します。

    [変換] ボタン

  3. 変換するオプションを選びます。

    [脚注の変更] ボックス

    注:  [脚注と文末脚注を入れ替える] により、脚注と文末脚注の両方を一度に変換することができます。

  4. [OK]、[挿入] の順に選択します。

文書最後のページ下部あるいは文末脚注にある脚注を区切り線で削除しないでください。削除するのは、テキスト本文の参照番号または記号です。脚注または文末脚注自体の参照番号を削除する場合、Word は既存の注釈に対して番号の再割り当てを行います。

  1. 文書を開きます。

  2. [参考資料] タブの [脚注] グループで、[次の脚注] (既定の設定) を選択するか、ドロップダウン矢印を選び、[次の文末脚注] を選択します。

  3. 脚注または文末脚注を選択し、削除します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×