よりアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティ対応の表を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office トレーニング センター > Office 2016 のトレーニング > Office でのアクセシビリティ (トレーニング) > Word 2016

前のページに戻る

表は情報を美しく整理し、項目間の関係性を示すことができます。このモジュールでは、スクリーン リーダーを使用するユーザーを対象に、音声で読み上げることができる表の設定方法を学習します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

表にタイトル行を追加するには
  1. 最初に、表を挿入します。[挿入] タブで[] ボタンをクリックします。

  2. 上部でボックスを 3 つ選択し、3 列挿入します。それから、その下のボックスを 3 つ選び、合計で 4 行を作成します。文書内には 3 列 4 行の表が表示されます。

    注: 表を追加すると、リボンに [デザイン] および [レイアウト] の 2 つの新しいタブが表示されます。それが表ツールです。

  3. [デザイン] タブの [表スタイルのオプション] で、「タイトル行」をチェックします。[縞模様 (行)] または [集計行] など、その他のオプションを選ぶこともできます。

表にタイトル行が追加されました。内部では、Word やサポート技術が、表に関してインテリジェントな通信を行っています。

列見出しを追加する
  1. 新しい表の一番上の行の最初のボックスにカーソルを置きます。

  2. この列の名前として、”従業員名” などの文字列を入力します。Tab キーを押して、次の列に移動します。

  3. 2 列目の名前として “結婚” などを入力し、Tab キーを押して最後の列に移動します。

  4. 最終列の名前として “子供の数” などを入力します。

表に列の名前が追加され、ユーザーがより簡単に表の内容を理解できるようになります。一部のスクリーン リーダーは、いつでも列名を読み取る設定をすることができ、大きな表では大変便利です。たとえば 25 行の表の場合、ユーザーがその列を読むときに、スクリーン リーダーが “子供の数” と読み上げます。

追加情報

[ページの上部] ボタン モジュールの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×