スキップしてメイン コンテンツへ

Word で既定のフォントを変更する

Word で常にお気に入りのフォントを使用するには、そのフォントを既定として設定します。

  1. [ホーム] に移動し、[フォント] ダイアログボックス起動ツール ボタンの画像 を選択します。

  2. 使用するフォントとサイズを選びます。

  3. [既定に設定] を選択します。

    [フォント] ダイアログ ボックスの [既定に設定]

  4. 次のいずれかを選びます。

    • このドキュメントのみ

    • 標準テンプレートに基づくすべての文書

  5. [ OK]を2回選択します。

既定のフォント設定が保持されない場合

場合によっては、会社のアクセス許可の設定やアドインによって、既定のフォントが元のフォントに戻ることがあります。 この場合は、次のことを試してみてください。

  1. [スタート] を選びます。

  2. 検索ボックスに「 normal.dotm 」と入力して、[検索] を選択します。

  3. [ Normal.dotm] を右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  4. [全般] タブで [読み取り専用] がオンになっていないことを確認します。 オンになっている場合は、オフにします。

  5. [セキュリティ] タブを選びます。 [グループ名またはユーザー名] で自分の名前を選択し、[アクセス許可] ボックスに書き込み権限があることを確認します。

  6. [OK] をクリックします。

[読み取り専用] ボックスをオフにできないか、書き込み権限がない場合は、会社のコンピューター システムの担当者にお問い合わせください。

書き込み権限があるが、既定のフォント設定が保持されない場合は、Word アドインを無効にし、既定のフォント設定を変更する必要があります。 この方法を次に紹介します。

  1. [ファイル>オプション>アドインを選択します。

  2. [アドイン] ボックスで、無効にするアドインの 1 つを見つけ、[種類] 列に示されているアドインの種類を確認します。

  3. [管理] ボックスの一覧で、目的のアドインの種類を選択し、[設定] を選択します。

  4. 無効にするアドインのチェックボックスをオフにして、[ OK]を選択します。

  5. その他の種類のアドインに対して、手順 1. ~ 4. を繰り返します。

既定のフォントを変更したら、アドインを有効にします。

  1. [ファイル>オプション>アドインを選択します。

  2. [管理] ボックスの一覧でアドインの種類を選択して、[設定] を選択します。

  3. 有効にするアドインのチェックボックスをオンにし、[ OK]を選択します。

  4. 有効にするその他の種類のアドインに対して、手順 1. ~ 3. を繰り返します。

注: 種類が [ドキュメント検査] のアドインを無効にする必要はありません。

Word で常にお気に入りのフォントを使用するには、そのフォントを既定として設定します。

  1. [書式設定>フォント>フォント) に移動します。

    コマンド キーを押しながら D キーを押して、[フォント] ダイアログボックスを開くこともできます。

  2. 使用するフォントとサイズを選びます。

    ダイアログでのフォントの選択

  3. [既定] を選択し、[はい] を選択します。

    [フォント] ダイアログ ボックスで、[既定] オプションが強調表示されています。

  4. [OK] をクリックします。

既定のフォント設定が保持されない場合

会社のアクセス許可の設定によって、既定のフォントが元のフォントに戻ることもあります。 その場合は、次のことを試してみてください。

  1. Finder を開き、[検索] ボックスに「Normal.dotm」と入力します。

  2. [ファイル] メニューで、[情報の取得] を選択します。 または、 コマンド キーを押しながら I キーを押します。

  3. [全般] を選択し、[ロック] がオフになっていることを確認します。 オンになっている場合は、オフにします。

  4. [共有 & アクセス許可] を選択し、自分の名前の横にある [読み取り & 書き込み] 権限があることを確認します。

[ロック済み] ボックスをオフにできないか、[読み/書き] 権限がない場合は、会社のコンピューター システムの担当者にお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×