Word で改ページを削除する

Word の改ページには、各ページの終わりに自動で追加される改ページと、ユーザーが手動で追加できる改ページの 2 種類があります。 手動改ページは削除することができます。 自動改ページは削除できませんが、配置する場所を調整できます。

手動改ページを削除する

  1. [ホーム]、[表示/非表示] 段落記号 の順にクリックします。

    [ホーム] タブの [表示/非表示] アイコンが強調表示されています。

    これで、文書を編集しているときに、段落記号、セクション区切り、改ページなどの編集記号が表示されます。

  2. 削除する改ページをダブルクリックし、Delete キーを押します。

    改ページの例を示します。

自動改ページを調整する

改ページを入れたくない行間などの箇所に自動改ページが配置されないようにするため、選択した段落の改ページを調整することができます。

  1. 設定を適用する段落を選択します。

  2. [レイアウト] タブの [段落] グループで、ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [レイアウト] タブで [段落] ダイアログ ボックスを開くための矢印が強調表示されている

  3. [段落] ボックスの [改ページと改行] タブで、次のうち 1 つ以上のオプションを選びます。

    • 改ページ時 1 行残して段落を区切らない: ページの先頭または最後の段落を必ず 2 行以上にします。

    • 次の段落と分離しない: 1 ページにまとめたい複数の段落の間で改ページしません。

    • 段落を分割しない: 段落の途中で改ページしません。

    • 段落前で改ページする: 特定の段落の前に改ページを追加します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×