Word で印刷したフォームを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word でチェック ボックスや空白行、テキスト ボックスを使ってフォームを作成することで、印刷して使用するフォームを作成できます。また、さまざまなビジネス、教育、法規関連のフォーム テンプレートがオンラインで提供されており、これらを必要に応じて変更することもできます。

ユーザーは各自のコンピューターに入力するフォームを作成する方法の詳細については、そのユーザーの Word で入力またはプリントするフォームを作成するを参照してください。

この記事の内容

印刷するチェックリストを作成します。

印刷されたフォームの空白スペースに下線を引く

印刷されたフォームのテキスト ボックスを挿入します。

印刷するチェック リストを作成する

用紙に入力してのチェックリストを作成する場合は、ボックスの記号を行頭文字として使用するリストを作成できます。ボックスの文字のさまざまなすることができます。

このようなリストの作成方法は、さまざまな種類の記号の付いた箇条書きのリストが既に文書に含まれているかどうかによって異なります。

カスタムの箇条書きの記号で箇条書きのリストを作成する

  1. 項目のリストを入力します。

  2. リストを選択します。

  3. [ホーム] タブの [段落] で、[箇条書き] の横にある矢印をクリックします。

  4. [新しい行頭文字の定義] をクリックします。

  5. [記号] をクリックします。

  6. [フォント] ボックスで、Wingdings など、コンピュータにインストールされている Symbol フォントをクリックします。

  7. 使用可能な記号のリストをスクロールし、空のボックス ( 空のボックス ) や 3 次元のボックス ( 3D ボックス ) など、使用するボックスの記号をダブルクリックします。

既存の箇条書きが変更されないように表を作成する

手順 1. 表を作成する

  1. [挿入] タブの [テーブル] をクリックして >表の挿入します。

  2. [列数] ボックスに「2」と入力します。

  3. [行数] ボックスに、必要な行数を入力します。リストの各項目につき、1 行が必要です。

  4. [OK] をクリックします。

手順 2. チェック ボックスとテキストを入力する

  1. 1 番上の左のセルをクリックします。

  2. [挿入] タブの [記号と特殊文字] で [記号と特殊文字] をクリックし、[その他の記号] をクリックします。

  3. [記号と特殊文字] タブをクリックします。

  4. [フォント] ボックスで、Wingdings など、コンピュータにインストールされている Symbol フォントをクリックします。

  5. 使用可能な記号のリストをスクロールし、空のボックス ( 空のボックス ) や 3 次元のボックス ( 3D ボックス ) など、使用するボックスの記号をダブルクリックします。

  6. [閉じる] をクリックします。

  7. ボックスを挿入するセルの横のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら Y キーをクリックし、別のボックスを挿入します。

  8. 希望する項目ごとにボックスを左側の列を挿入した後テーブルの右側の列で各リスト項目のテキストを入力します。

手順 3. レイアウトを調整する

リストをレイアウトするために表を使用していますが、チェック ボックスを含む列の幅が広すぎないように、また文字列とチェック ボックスが揃うように、間隔を調整する必要があるでしょう。また、Word の表に通常表示される境界線を表示したくない場合も多いと思われます。これらの設定を調整するには、次の操作を行います。

  1. 表を右クリックし、[自動調整] をポイントし、[文字列の幅に合わせる] をクリックします。

  2. 表を右クリックし、[表のプロパティ] をクリックし、[] タブをクリックします。

  3. [オプション] をクリックし、[] と [] ボックスで、チェック ボックスと文字列の間に少し間隔が空くように「.02」インチなどの数字を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [] タブで、[線種/網かけの変更] をクリックし、[罫線] タブをクリックします。

  5. [種類] の [罫線なし] をクリックし、[OK] をクリックします。

    注: 境界線を削除しても、灰色の境界線が表示されている場合があります。これは表のグリッド線で、文書の印刷時には表示されません。グリッドも表示したくない場合には、[表ツール] の [レイアウト] タブの [] で [グリッド線の表示] をクリックして、グリッドを非表示にすることができます。

ページの先頭へ

印刷して使用するフォームの空白スペースに下線を引く

Shift キーを押しながら - (ハイフン) キーを押すことによって空白に下線を追加することができますが、入力フォームを作成するような場合には、下線を揃えるのが困難です。また、アンダースコア文字を罫線に変換するオートフォーマット オプションを有効にしている場合、Shift キーを押しながら - (ハイフン) キーを 3 回以上続けて押すと、線は段落の幅に合わせて延長されますが、これが適切ではない場合もあります。

印刷する文書用に空白に下線を追加するには、Tab キーを使用してタブ文字に下線の書式を適用する方法をお勧めします。

タブ文字に下線の書式を適用する

  1. [ホーム] タブの [段落] グループで、[編集記号の表示/非表示] をクリックします。

    空白とタブ位置を示す記号が表示されます。

  2. Tab キーを押します。

  3. 下線を引くタブ文字を選択します。タブ文字は、小さい矢印のようになります。
    Tab

  4. 次のいずれかを実行します。

    • Ctrl キーを押しながら U キーを押して単純な下線の書式を適用します。

    • [ホーム] タブで、下線の別のスタイルを適用するには、[ ダイアログ ボックス起動ツールフォント] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックして] タブの [フォント] をクリックして、さまざまな下線のスタイルを選択する下線のスタイル] をクリックします。

ページの先頭へ

印刷して使用するフォームにテキスト ボックスを挿入する

  1. [挿入] タブの [テキスト] で、[テキスト ボックス] をクリックします。

  2. [テキスト ボックスの描画] をクリックし、フォーム上の目的の場所にテキスト ボックスを描画します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • テキスト ボックスを空のままにします。フォームを印刷すると、テキスト ボックスの枠が印刷されます。

    • テキスト ボックスにテキストを入力します。テキストを選択し、選択したテキストの横に表示されるミニ ツールバーのオプションをクリックすることで、テキストに書式を設定できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×