Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードと、Windows の組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターと共に Word を使用して、すべての必要かつ基本的な作業をすばやく実行します。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Word を起動し、新しい文書を開始する

新しい Word 文書で作業を開始します。

  1. Windows ロゴ キーを押して、"word" を入力し、Enter キーを押します。Word が開き、フォーカスは [ファイル] タブにあり、文書テンプレート ギャラリーでは "白紙の文書" テンプレートが選択されています。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい白紙の文書を開くには、Enter キーを押します。

    • ギャラリー内の他のテンプレートのいずれかを開くには、方向キーを押し、目的のテンプレートが聞こえたら Enter キーを押します。

    • オンラインでさらに多くのテンプレートを参照するには、Alt キーを押しながら S キーを押し、必要なテンプレートの種類 (学生のレポート、予算など) を入力し、Enter キーを押します。方向キーを押し、目的のテンプレートが聞こえたら Enter キーを押します。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word が開いたら、最近使用した文書の名前が読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  2. 目的の文書が読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら Enter キーを押します。

文書を保存する

文書の変更を保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

  1. 文書を別の名前または別の場所やファイル形式で保存するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、A キーを押します。

  2. 保存場所を選択するには、Tab キーを押してから下方向キーを押し、目的の位置が聞こえたら Enter キーを押します。

  3. "ここにファイル名を入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押し、読み上げられたら目的の名前を入力します。

  4. Tab キーを押します。"ファイルの種類、Word 文書アスタリスク ドット docx で保存" と読み上げられます。

  5. ファイルの種類を変更するには、Space キーを押し、目的のファイルの種類が読み上げられるまで下方向キーを押します。選択するには、Enter キーを押します。

  6. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

文書を読む

テキスト読み上げコマンドを使用するには、文書の本文の領域にフォーカスが置かれている必要があります。

  • カーソル位置から最後までのすべてのテキストを読み上げるには、Caps Lock キーを押しながら M キーを押します。

  • 現在の段落を読み上げるには、Caps Lock キーと Ctrl キーを押しながら I キーを押します。

  • 次の行または前の行を読み上げるには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  • 次の単語または前の単語を読み上げるには、Ctrl キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。

  • 読み上げを停止するには、Ctrl キーを押します。

見出しを使った移動

ナビゲーション ウィンドウを使用して、見出しから別の見出しにすばやく移動できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウをオンにするには、Alt キーを押しながら W キーを押し、K キーを押します。"文書の検索、編集中" と読み上げられます。

  2. "選択、見出しタブ項目" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  3. 見出しの一覧を参照するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。移動するたびにナレーターが見出しを読み上げます。

  4. 見出しに移動するには、Enter キーを押します。フォーカスが文書の本文の見出し行の先頭に移動します。

変更履歴を使用する

[変更履歴の記録] をオンにすると、Word で履歴が記録され、すべてのユーザーが文書に加えたすべての変更が表示されます。この機能は、キーボード ショートカットで直接オンにすることも、リボンを使用してオンにすることもできます。

[変更履歴の記録] をオンにするには、次のいずれかの操作を行います。

  • ショートカットで直接オンにするには、キーボード上で Ctrl キーと Shift キーを押しながら E キーを押します。

  • リボンを使用するには、キーボード上で、Alt キーを押しながら R キーを押し、G キーを押します。"変更履歴の記録、オフになっているメニュー項目" と読み上げられます。G キーを押します。

文書を印刷する

Word 文書のハード コピーが必要な場合は、簡単に印刷できます。

  1. 文書を印刷するには、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。[印刷] ダイアログが表示されます。既定の設定で印刷するには、Enter キーを押します。

  2. 印刷の設定を変更するには、Tab キーを押してオプション間を移動します。

  3. オプションの一覧を開くには、Space キーを押します。オプションの一覧内を移動するには、方向キーを押します。オプションを選択するには、Enter キーを押します。

  4. 新しい設定で印刷するには、Tab キーを押し、"印刷ボタン" と聞こえたら、Enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Word 2016 for Mac でキーボード ショートカットと VoiceOver (Mac OS の組み込みのスクリーン リーダー) を使用すると、すべての必要かつ基本的な作業を実行することができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

  • 文書の閲覧と編集は印刷レイアウト表示で行うことをお勧めします。他の表示モードでは、VoiceOver が安定して動作しない可能性があります。

この記事の内容

Word を起動し、新しい文書を開始する

VoiceOver を使うと新しい Word 文書の作業を簡単に開始できます。

  1. Finder で [アプリケーション] リストに移動するには、Shift + Command キーを押しながら A キーを押します。

  2. M」と入力して "M" で始まるアプリケーションに直接移動し、"Microsoft Word アプリケーション" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  3. Word 2016 for Mac を開くには、Command キーを押しながら下方向キーを押します。

  4. 新しい白紙の文書を開くには、Command キーを押しながら N キーを押します。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word を開いたら、アカウント名の後に "アカウントの設定、メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. "最近使用したファイル、ラジオ ボタン" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、Control + Option + Space キーを押して、最近使用したファイルの一覧を開きます。

  3. 一覧内の最初の文書の名前と、そのファイルの場所の情報が読み上げられるまで Tab キーを押します。最初の文書が必要な文書ではない場合は、正しい文書が見つかるまで下方向キーを押します。

  4. 選択した文書を開くには、Enter キーを押します。

文書を保存する

変更を保存するには、Command キーを押しながら S キーを押します。文書のコピーを別の名前で保存するには、Shift キーと Command キーを押しながら S キーを押し、文書の新しい名前を入力して、Enter キーを押して保存します。

文書を読む

テキスト読み上げコマンドを使用するには、文書の本文の領域にフォーカスが置かれている必要があります。

  • カーソル位置から最後までのすべてのテキストを読み取るには、Ctrl キーと Option キーを押しながら A キーを押します。

  • 現在の段落を読み上げるには、Ctrl キーと Option キーを押しながら P キーを押します。

  • 次の行または前の行を読み上げるには、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  • 次の単語または前の単語を読み上げるには、右方向キーまたは左方向キーを押します。

ヒント: 読み上げている文書に脚注やコメントが含まれている場合は、VoiceOver 方向キーのナビゲーションを使用してそれらを見つけます。文書の本文領域を操作するには、Ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押します。文書の周囲を移動するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら移動したい方向の方向キーを押します。

見出しを使った移動

ナビゲーション ウィンドウのヘルプを使用して、見出しから別の見出しにすばやく移動できます。

ナビゲーション ウィンドウをオンにする

  1. "ホーム、選択、タブ" のように、現在のタブの名前が読み上げられるまで、Command + F6 キーを押します。

  2. "表示、タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. Tab キーを押し、"ナビゲーション ウィンドウ、オフ、チェック ボックス" と聞こえたら、Control + Option + Space キーを押してウィンドウをオンにします。

ナビゲーション ウィンドウを使用する

  1. ナビゲーション ウィンドウにフォーカスを移動するには、"縮小表示ウィンドウ、選択" と読み上げられるまで Command キーを押しながら F6 キーを押します。

  2. 右方向キーを 1 回押します。"文書マップ、文字" と読み上げられます。ナビゲーション ウィンドウで、文書マップを開くには Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "表" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 右方向キーを押し、次に Ctrl + Option + Shift + 下方向キーを押して、見出しが一覧表示される表を開きます。

  4. 見出し間を移動するには、目的の見出しが見つかるまで上下の方向キーを押します。その後、Ctrl + Option + Space キーを押して、文書を開きます。

変更履歴を使用する

[変更履歴の記録] オプションは、他の作成者が変更内容をすばやく確認できるように、文書内で行ったすべての変更をマークします。

  1. "ホーム、選択、タブ" のように、現在のタブの名前が読み上げられるまで、Command + F6 キーを押します。

  2. "校閲タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押してリボンを開きます。

  3. "変更履歴の記録、オフ、チェック ボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Control + Option + Space キーを押して変更履歴の記録をオンにします。

文書を印刷する

現在の文書を印刷するには、Command + P キーを押して [印刷] ダイアログを開き、"印刷、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。次に、Enter キーを押して文書を既定のプリンターに送信します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word for Mac のキーボード ショートカット

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

VoiceOver (組み込みの iOS スクリーン リーダー) を使用して、文書を開く、文書の保存、読み上げ、変更履歴の記録、印刷などの、Word for iOS でのすべての必要かつ基本的な作業を実行します。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Word for iOS のタッチ機能については、「Word for iPhone タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • 文書の閲覧と編集は印刷レイアウト表示で行うことをお勧めします。他の表示モードでは、VoiceOver が安定して動作しない可能性があります。

この記事の内容

Word を起動し、新しい文書を開始する

VoiceOver を使うと新しい Word 文書の作業を簡単に開始できます。

  1. iPhone で、Word for iOS アプリのあるホーム画面に移動するには、3 本の指で右または左にスワイプします。

  2. VoiceOver が目的のアプリを読み上げるまで、1 本の指で右にスワイプします。

  3. 画面をダブルタップしてアプリを開きます。

  4. Word が開きます。右にスワイプし、"新規作成ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。文書テンプレート ギャラリーで "白紙の文書" テンプレートが選択された [新規] タブが開きます。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい空白の文書を開くには、"白紙の文書" が聞こえたときに、画面をダブルタップします。

    • ギャラリー内の他のテンプレートのいずれかを開くには、右にスワイプし、目的のテンプレートが読み上げられたら、画面をダブルタップします。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word for iOS が開いたら、右にスワイプし、"最近使用したファイル ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  2. 目的の文書が読み上げられるまで左にスワイプします。移動するたびに、VoiceOver によって最近使用した文書が、"<ファイル名>、<場所>" と読み上げられます。

  3. 文書を開くには、その文書が読み上げられたときに画面をダブルタップします。

文書を保存する

Word for iOS では作業中の文書が OneDrive に自動的に保存されるので、保存について心配する必要はありません。必要に応じて、簡単に文書の名前を変更することができます。

  1. Word 文書の編集表示で、VoiceOver によって"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[ファイル] メニューが開きます。

  2. 文書に名前を付けるには、"名前" が読み上げられるまで右にスワイプします。スクリーン キーボードを使用して、文書の名前を入力します。キーボードに移動するには、"Q" と読み上げられるまで右にスワイプします。

    ヒント: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すこともできます。検索するには、画面に指を置いてドラッグします。アクセスするたびに VoiceOver がアイテムを読み上げます。アイテムを選択するには、指を離し、画面をダブルタップします。

  3. スマートフォンや OneDrive のフォルダーなど、保存する場所が見つかるまで左右にスワイプします。移動するたびに VoiceOver が場所を読み上げます。保存する場所にたどり着いたら、画面をダブルタップします。開きたいフォルダーがある場合は、フォルダーにたどり着くまで右にスワイプして、ダブルタップして開きます。

  4. 文書を保存するには、"[保存] ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。文書が保存されます。

文書のコピーをデバイスに保存する場合は、スクリーン リーダーで簡単に行えます。

  1. 文書で [ファイル ] メニューを開きます。次に、"[コピーの保存] ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. フォーカスが新しいファイル名テキスト フィールドに移動します。文書に新しい名前を付ける場合は、スクリーン キーボードを使用して名前を入力します。

  3. iPhone または OneDrive 上のフォルダーなど、保存する場所が見つかるまで右にスワイプします。

  4. 文書のコピーを保存するには、"保存ボタン" が読み上げられるまで左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。コピーが保存されます。

文書を読む

編集表示でテキスト読み上げジェスチャを使用するには、文書の本文領域にフォーカスがある必要があります。

  • ページ上のすべてのテキストを読み上げるには、"ページ <ページ番号> 内容" が読み上げられるまで右にスワイプします。VoiceOver がページ全体の読み上げを開始します。

  • 行を読み上げるには、1 本の指でページを下方向にドラッグします。VoiceOver が移動した行を読み上げます。

  • 読み上げを停止するには、2 本の指で画面をダブルタップします。

変更履歴を使用する

[変更履歴の記録] オプションは、他の作成者が変更内容をすばやく確認できるように、文書内で行ったすべての変更をマークします。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。

  1. Word 文書の編集表示で、VoiceOver によって"リボンを表示ボタン" と読み上げられるまで右または左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。"<リボン タブ名> タブ" が読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップして、"校閲タブ" が読み上げられるまで右または左にスワイプします。選択するには、画面をダブルタップします。

  3. 右にスワイプし、"変更履歴の記録をオフ ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。"変更履歴の記録をオン" と読み上げられます。

  4. リボンを閉じて文書にフォーカスを移動するには、左にスワイプし、"リボンを非表示ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

文書を印刷する

iPhone から、AirPrint をサポートするプリンターに Word 文書を直接印刷することができます。AirPrint とサポートされているプリンターの詳細については、「AirPrint を使って iPhone、iPad、iPod touch からプリントする」を参照してください。

始める前に、iPhone とプリンターが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。

  1. 文書の編集表示で、右または左にスワイプし、"ファイル ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。[ファイル] メニューが開きます。

  2. "印刷ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、ダブルタップします。

  3. 右にスワイプし、"AirPrint" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。"プリンター オプション、キャンセル ボタン" と読み上げられます。

  4. "プリンター。プリンターの選択ボタン" と読み上げられるまで、スワイプします。画面をダブルタップします。使用可能な AirPrint プリンターのリストが開きます。

  5. 選択するプリンターが読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. 既定の設定を使用して印刷を行うには、[プリンター オプション] メニューで、"印刷ボタン" と読み上げられるまで左右にスワイプし、画面をダブルタップします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

TalkBack (組み込みの Android スクリーン リーダー) を使用して、文書を開く、文書の保存、読み上げ、変更履歴の記録、印刷などの、Word for Android でのすべての必要かつ基本的な作業を実行します。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Word for Android のタッチ機能については、「Word for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Word を起動し、新しい文書を開始する

TalkBack を使うと、新しい Word for Android 文書の作業を簡単に開始できます。

  1. スマートフォンで、Word for Android アプリのあるホーム画面に移動するには、2 本の指で右または左にスワイプします。

  2. TalkBack が目的のアプリを読み上げるまで、1 本の指で右にスワイプします。

  3. 画面をダブルタップしてアプリを開きます。

  4. Word for Android が開きます。右にスワイプし、"新規作成ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。文書テンプレート ギャラリーで "白紙の文書" テンプレートが選択された [新規] メニューが開きます。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい白紙の文書を開くには、"白紙の文書" が読み上げられたときに、画面をダブルタップします。

    • ギャラリー内の他のテンプレートのいずれかを開くには、右にスワイプし、目的のテンプレートが読み上げられたら、画面をダブルタップします。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word for Android を開くと、最近使ったファイルの一覧が表示されます。

  2. 目的の文書が読み上げられるまで左にスワイプします。移動するたびに、VoiceOver によって最近使用した文書が、"<ファイル名>、<場所> にある" と読み上げられます。

  3. 文書を開くには、その文書が読み上げられたときに画面をダブルタップします。

文書を保存する

Word for Android では作業中の文書が OneDrive に自動的に保存されるので、保存について心配する必要はありません。必要に応じて、簡単に文書の名前を変更することができます。

  1. Word 文書の編集表示で、TalkBack によって"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[ファイル] メニューが開きます。

  2. TalkBack が"保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。"保存します。[ファイル] メニューを閉じます" と読み上げられます。

  3. 文書に名前を付けるには、右にスワイプし、“このファイルの名前を変更ボタン” が聞こえたら、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使用して、文書の名前を入力します。新しい名前を保存するには、キーボード上で指をドラッグし、"完了" が聞こえたら指を放します (必要に応じて画面をダブルタップします)。ファイルの名前が変更されます。

    ヒント: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すことができます。検索するには、画面に指を置いてドラッグします。アクセスするたびに TalkBack がアイテムを読み上げます。アイテムを選択するには、目的のアイテムで指を離します。デバイスの設定によっては、画面をダブルタップして文字を挿入する必要があります。

文書のコピーをデバイスまたは OneDrive の別の場所に保存する場合は、スクリーン リーダーで簡単に行えます。

  1. 文書で [ファイル ] メニューを開きます。右にスワイプし、"名前を付けて保存ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。[ファイル名] フィールドにフォーカスがある状態で [名前を付けて保存] メニューが開きます。

  2. フォーカスが新しいファイル名テキスト フィールドに移動します。文書に新しい名前を付ける場合は、スクリーン キーボードを使用して名前を入力します。

  3. スマートフォンまたは OneDrive 上のフォルダーなど、保存する場所が見つかるまで右または左にスワイプします。

  4. 文書のコピーを保存するには、"保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。コピーが保存されます。

文書を読む

編集表示でテキスト読み上げジェスチャを使用するには、文書の本文領域にフォーカスがある必要があります。

  • ページ上のすべてのコンテンツを読み上げるには、右にスワイプしてそのページの最初のテキスト ボックス、画像、またはリンクに移動します。TalkBack がコンテンツの読み上げを開始します。

    次のテキスト ボックス、画像、またはリンクを読み上げるには、右にスワイプします。

  • 読み上げを停止するには、1 本の指で画面をタップします。

変更履歴を使用する

[変更履歴の記録] オプションは、他の作成者が変更内容をすばやく確認できるように、文書内で行ったすべての変更をマークします。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。

  1. Word 文書の編集表示で、リボンに移動するには、TalkBack が“展開スイッチがオンになっていません。” と読み上げるまで右または左にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。リボン タブ名と "タブ メニュー <タブ名> が選択されました" が読み上げられます。

  2. 画面をダブルタップして、"校閲タブ" が読み上げられるまで右または左にスワイプします。選択するには、画面をダブルタップします。

  3. "変更履歴の記録スイッチがオンになっていない" という音声が聞こえるまで右にスワイプして、画面をダブルタップします。"オン" という音声が聞こえます。

  4. リボンを閉じるには、右にスワイプし、"展開スイッチがオン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

文書を印刷する

Android スマートフォンから Wi-Fi プリンターに文書を直接印刷します。開始する前に、電話とプリンターが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。

  1. Word 文書の編集表示で、"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[ファイル] メニューが開きます。

  2. "印刷ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、ダブルタップします。

    注: スマートフォンから Word 文書を初めて印刷する場合は、印刷用にファイルを準備するオンライン サービスに接続する許可を求めるダイアログ ボックスが開きます。継続するには、右にスワイプし、"許可ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。プリンターのダイアログ ボックスが開き、TalkBack により"印刷ダイアログ" が読み上げられます。

  3. "ドロップダウン リスト、プリンターを選択" という音声が聞こえるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. 既定のプリンターを使用するには、画面をダブルタップします。プリンターが選択され、[印刷] ダイアログにフォーカスが移動します。

  5. 文書を印刷するには、右にスワイプし、“文書の印刷” がが聞こえたら、画面をダブルタップします。文書が印刷され、文書に戻ります。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

ナレーター (組み込みの Windows スクリーン リーダー) を使用して、文書を開く、文書の保存、読み上げ、変更履歴の記録、文書の印刷などの、Word Mobile でのすべての必要かつ基本的な作業を実行します。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Windows Phone 10 用 Word でのタッチ機能については、「Windows 10 版 Word Mobile のタッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

Word を起動し、新しい文書を開始する

ナレーターを使うと新しい Word Mobile 文書の作業を簡単に開始できます。

  1. スマート フォンで、[すべてのアプリ] リスト内で、ナレーターが Word を読み上げるまで 1 本の指で右にスワイプします。

  2. 画面をダブルタップしてアプリを開きます。

  3. 新しい文書を作成するには、"アイテム" が聞こえるまで 1 本の指で画面を上または下にスワイプし、次に右にスワイプし、"新規作成ボタン" が聞こえたら画面をダブルタップします。文書テンプレート ギャラリーで "白紙の文書" テンプレートが選択された [新規] メニューが開きます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい空白の文書を開くには、"白紙の文書" が聞こえたときに、画面をダブルタップします。

    • ギャラリー内の他のテンプレートのいずれかを開くには、右にスワイプし、目的のテンプレートが読み上げられたら、画面をダブルタップします。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word Mobile が開いたら、右にスワイプします。移動するたびに、ナレーターによって最近使用した文書が、"<ファイル名>、<場所> にある" と読み上げられます。

  2. 開くには、その文書が読み上げられたときに画面をダブルタップします。

文書を保存する

Word Mobile では作業中の文書が OneDrive に自動的に保存されるので、保存について心配する必要はありません。必要に応じて、簡単に文書の名前を変更することができます。

  1. Word 文書の編集表示で、"アイテム" が聞こえるまで 1 本の指で画面を上または下にスワイプし、次にナレーターで"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[ファイル] メニューが開きます。

  2. ナレーターで "保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[保存] メニューが開きます。

  3. 文書に名前を付けるには、右にスワイプし、“このファイルの名前を変更ボタン” が聞こえたら、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使用して、文書の名前を入力します。新しい名前を保存するには、キーボードが表示されているときに、右にスワイプし、"Enter" が聞こえたら画面をダブルタップします。ファイルの名前が変更されます。

    ヒント: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すことができます。検索するには、画面に指を置いてドラッグします。アクセスするたびにナレーターがアイテムを読み上げます。アイテムを選択するには、目的のアイテムで指を離し、画面をダブルタップします。

文書のコピーをデバイスまたは OneDrive の他の場所に保存する場合は、スクリーン リーダーで簡単に行えます。

  1. 文書で [保存] メニューを開きます。次に、ナレーターで "このファイルのコピーを保存" が読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[アプリの選択] ポップアップが開きます。

  2. 保存場所を選択するには、スマートフォン ("このデバイス、2 の 1") や OneDrive 上の場所 ("OneDrive、2 の 2") など、保存する場所が見つかるまで右または左にスワイプします。移動するたびにナレーターが場所を読み上げます。保存する場所にたどり着いたら、画面をダブルタップします。開きたいフォルダーがある場合は、フォルダーにたどり着くまで右にスワイプして、ダブルタップして開きます。

  3. "次、アプリ バー ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  4. ファイルを保存するには、左にスワイプし、"コピーを保存、アプリ バー ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。ファイルが保存され、文書にフォーカスが移動します。

文書を読む

編集表示でテキスト読み上げジェスチャを使用するには、文書の本文領域にフォーカスがある必要があります。

  • ページのコンテンツを読み上げるには、読み上げるページに移動し、ページに指を置き、下方向にドラッグします。ナレーターが、ドラッグした行、画像、またはリンクを読み上げます。

変更履歴を使用する

[変更履歴の記録] オプションは、他の作成者が変更内容をすばやく確認できるように、文書内で行ったすべての変更をマークします。

  1. Word 文書の編集表示で、"アイテム" が聞こえるまで 1 本の指で画面を上または下にスワイプし、次にナレーターで"その他のオプション" が読み上げられるまで右または左にスワイプします。画面をダブルタップします。リボンが開きます。

  2. [校閲] タブに移動するには、画面をダブルタップしてから、左にスワイプし、リボン タブ名が聞こえたら画面をダブルタップし、"校閲タブ、5 の 4" が聞こえるまでスワイプします。選択するには、画面をダブルタップします。

  3. 右にスワイプし、"オフ、変更履歴の記録" が聞こえたら、画面をダブルタップします。"オン、変更履歴の記録ボタン" と読み上げられます。

  4. リボンを閉じて文書にフォーカスを移動するには、左にスワイプし、"その他のオプション、ボタン展開済み" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

文書を印刷する

Windows Phone から Wi-Fi プリンターに文書を直接印刷します。プリンターがサポートされていることを確認するには、「Windows 10 Mobile でサポートされているプリンター」の記事にあるリストを参照してください。また、電話とプリンターが同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。

  1. 文書の編集Word表示で、"アイテム" が聞こえるまで 1 本の指で画面を上または下にスワイプし、次にナレーターで"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。[ファイル] メニューが開きます。

  2. “印刷ボタン” が読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップし、[印刷] ダイアログを開きます。

  3. 正しいプリンターが選択されていることを確認するには、“プリンター、コンボ ボックス” と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップします。ナレーターにより、選択したプリンターの名前とオプションの数 (“5 の 1” など) が読み上げられます。プリンターを選択するには、右または左にスワイプし、目的のプリンターの名前が聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. 文書を印刷するには、右にスワイプし、“印刷ボタン” が聞こえたら画面をダブルタップして、文書をプリンターに送信します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックを行う

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

キーボードと、Windows の組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターと共に Word Online を使用して、すべての必要かつ基本的な作業をすばやく実行します。

注記: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Office Online でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Word Online を使用する場合は、Web ブラウザーに Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Word Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Word Online には適用されません。

この記事の内容

Word Online を起動し、新しい文書を開始する

Word Online にサインインすると、外出先からでも文書にアクセスできます。

  1. ブラウザーで Office Online に移動します。

  2. Tab キーを押し、"Word、リンク” と聞こえたら Enter キーを押します。

  3. Microsoft アカウントを使用してサインインするには、Alt + A キーを押します。職場または学校のアカウントを使用してサインインするには、Alt + N キーを押します。

  4. Enter キーを押します。資格情報を入力し、Enter キーを押します。

  5. Word Online が開きます。"Microsoft Word Online" と読み上げられます。文書テンプレート ギャラリーで "新しい白紙の文書" テンプレートが選択された [ファイル] タブにフォーカスはあります。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • 新しい白紙の文書を開くには、Enter キーを押します。

    • ギャラリー内の他のテンプレートのいずれかを開くには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、目的のテンプレートが読み上げられたら Enter キーを押します。

    • オンラインで他のテンプレートを参照するには、Tab キーを押して、"その他のテンプレートを表示する、リンク" が聞こえたら、Enter キーを押します。"Word のテンプレート" と読み上げられます。Tab キーを押し、目的のテンプレート カテゴリが聞こえたら、Enter キーを押します。Tab キーを押し、目的のテンプレートが聞こえたら、Enter キーを押します。

最近使った文書を開く

最近使ったすべての文書は 1 つの場所にあります。

  1. Word Online が開いたら、最近使用した文書の名前が読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  2. 目的の文書が読み上げられるまで下方向キーを押し、読み上げられたら Enter キーを押します。閲覧表示で文書が開きます。

  3. 文書を編集するには、Tab キーを押し、"文書の編集、ボタン折りたたみ" が聞こえたら、Space キーを押します。

  4. 下方向キーを押します。"ブラウザーで編集する" と読み上げられます。

  5. Enter キーを押します。編集表示で文書が開きます。

文書を保存する

Word Online では作業中の文書が OneDrive に自動的に保存されるので、保存について心配する必要はありません。必要に応じて、簡単に文書の名前を変更することができます。

  1. 編集表示で、現在のタブが読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押して、音声が聞こえたら F キーを押します。"メニューを閉じる、メニュー項目" と読み上げられます。

  2. A キーを押します。 [名前を付けて​​保存] メニューが開きます。

  3. Tab キーを押し、"名前の変更” が聞こえたら Enter キーを押します。[名前の変更] ダイアログが開きます。

  4. 文書の新しい名前を入力します。完了後、"OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、読み上げられたら Enter キーを押します。

デバイスに文書のコピーを保存する場合は、スクリーン リーダーとキーボード ショートカットを使って簡単にできます。文書は、Word DOCX、PDF、または ODT ファイルのいずれかでダウンロードできます。

  1. 編集表示で、現在のタブが読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押して、音声が聞こえたら F キーを押します。"メニューを閉じる、メニュー項目" と読み上げられます。

  2. A キーを押します。 [名前を付けて​​保存] メニューが開きます。

  3. 下方向キーを押し、"コピーのダウンロード" が聞こえたら Enter キーを押します。"ここをクリックして <選択済みのダウンロード形式> でダウンロード、リンク" と読み上げられます。リンクを選択するには、Caps Lock キーを押しながら Enter キーを押します。

  4. "保存ボタン" が読み上げられるまで CapsLock + 右方向キーまたは左方向キーを押して、音声が聞こえたら Enter キーを押します。ファイルがデバイスにダウンロードされます。

文書を読む

編集表示でテキスト読み上げコマンドを使用するには、文書の本文領域にフォーカスがある必要があります。

  • カーソル位置から最後までのすべてのテキストを読み上げるには、Caps Lock キーを押しながら M キーを押します。

  • 現在の段落を読み上げるには、Caps Lock キーと Ctrl キーを押しながら I キーを押します。

  • 次の行または前の行を読み上げるには、Ctrl キーを押しながら上方向キーまたは下方向キーを押します。

  • 次の単語または前の単語を読み上げるには、Ctrl キーを押しながら右方向キーまたは左方向キーを押します。

  • 読み上げを停止するには、Ctrl キーを押します。

見出しを使った移動

ナビゲーション ウィンドウを使用して、見出しから別の見出しにすばやく移動できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウをオンにするには、編集表示で、現在のタブが読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押し、音声が聞こえたら W キー、K キーを押します。"文書の検索、編集中" が読み上げられます。

  2. 見出しの一覧を参照するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。移動するたびにナレーターが見出しを読み上げます。

  3. 見出しに移動するには、Enter キーを押します。フォーカスが文書の本文の見出し行の先頭に移動します。

文書を印刷する

Word 文書のハード コピーが必要な場合は、簡単に印刷できます。

  1. 文書を印刷するには、編集表示で、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。[印刷] ダイアログが表示されます。既定の設定で印刷するには、Tab キーを押し、"印刷ボタン" が聞こえたら、Enter キーを押します。

  2. 印刷の設定を変更するには、Tab キーを押してオプション間を移動します。

  3. オプションの一覧を開くには、Space キーを押します。オプションの一覧内を移動するには、方向キーを押します。オプションを選択するには、Enter キーを押します。

  4. 新しい設定で印刷するには、Tab キーを押し、"印刷ボタン" が聞こえたら、Enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word Online のショートカット キー

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×