Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとナレーター (組み込みの Windows スクリーン リーダー) を使用して、Word 2016 文書を共有します。OneDrive または SharePoint からファイルを共有する場合、他のユーザーを招待して文書を表示または編集したり、ファイルをメールの添付ファイルとして送信したりする操作を、文書から直接行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive または SharePoint に文書を保存する

OneDrive または SharePoint から文書を共有する前に、そのいずれかの場所に保存する必要があります。

  1. 共有する文書を開きます。

  2. Alt キーを押しながら F キーを押し、A キーを押して Backstage ビュー ウィンドウを開きます。最初のオプション名である "[情報] タブが選択されています" と読み上げられます。

  3. Alt キーを押しながら A キーを押して [名前を付けて保存] オプションに移動し、Tab キーを押してそのウィンドウに移動します。

  4. [名前を付けて保存] リストで OneDrive または SharePoint サイトに移動するには、上方向キーまたは下方向キーを押し、目的のサイト名が聞こえたら、Enter キーを押します。選択したサイトのフォルダー一覧にフォーカスが移ります。

  5. 目的のフォルダーを参照し、Enter キーを押して [名前を付けて保存] ダイアログを開きます。フォーカスは [ファイル名] フィールドに移ります。

  6. [ファイル名] フィールドで文書の名前を入力するか、変更します。

  7. Tab キーを押し、"保存ボタン" が聞こえたら Alt キーを押しながら S キーを押します。

文書を共有の場所に保存したら、共同作業する相手を招待できます。

OneDrive または SharePoint から文書を共有する

作業中の文書を共有できます。

  1. 共有する文書を開きます。

  2. Alt キーを押しながら Y キーを押して [共有] ウィンドウを開き、F6 キーを押してフォーカスを [ユーザーの招待] ボックスに移動します。

    注: 文書を OneDrive または Office 365 SharePoint に保存していない場合は、保存するように求められます。詳細については、このトピックで前述した「OneDrive または SharePoint に文書を保存する」を参照してください。

  3. [共有] ウィンドウの [ユーザーの招待] フィールドに、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。相手の連絡先情報を既に保存している場合は、名前のみを入力して Enter キーを押すことができます。

    複数のユーザーと共有する場合は、セミコロンを使用して名前またはメール アドレスを区切ります。

  4. アクセス許可を割り当てるには、"編集可能コンボ ボックス” が読み上げられるまで Tab キーを押します。方向キーを使用して [編集可能] または [表示可能] を選択します。

  5. メッセージを追加するには、Tab キーを押し、"メッセージを含めます" が聞こえたら、メッセージを入力します。

  6. Tab キーを押し、"共有ボタン" が聞こえたら Space キーを押します。

注: 共有文書に対する変更内容を自動的に共有するかどうかについて、[使用しない]、[常時]、または [確認する] を選択できます。既定の設定は [使用しない] です。[共有] ウィンドウで、Tab キーを押して [変更内容を自動的に共有] コンボ ボックスに移動して選択します。

文書のコピーをメールで共有する

文書のコピーをメールで送信したり、PDF として送信したりすることもできます。

  1. 共有する文書を開きます。

  2. Alt キーを押しながら F キーを押して Backstage ビューを開き、Alt キーを押しながら H キーを押して [共有] ウィンドウを開きます。

  3. "共有ウィンドウ" が聞こえるまで Tab キーを押し、次に下方向キーを押して [電子メール オプション] を参照します。

  4. Enter キーを押して [電子メール オプション] ウィンドウを開きます。

  5. 下方向キーを押してオプションに移動し、Enter キーを押して次のいずれかを選択します。

    • [添付ファイルとして送信] - Word 文書をメール メッセージに添付します。

    • [リンクとして送信] - 文書へのハイパーリンクを作成して、メールの本文に挿入します。

    • [PDF として送信] - 文書から PDF ファイルを作成し、メール メッセージに添付します。

    • [XPS として送信] - 文書から XPS ファイルを作成し、メール メッセージに添付します。

    • [インターネット FAX として送信] - インターネット FAX サービスにサインアップしている場合、そのサービス宛てに文書を送信します。

  6. 電子メール オプションを選択すると、Word は既定のメール クライアントを起動し、文書の PDF、XPS、または Word コピーが添付された状態で新しいメール メッセージが開きます。メッセージは、[宛先] フィールドにフォーカスがある状態で開きます。メール アドレスを入力します。

  7. メッセージを入力するには、Tab キーを押し、"メッセージ フィールド" が聞こえたら、メッセージを入力します。

  8. メッセージを送信するには、Alt キーを押しながら S キーを押します。

文書を PDF として保存する

文書を PDF として保存し、複数のチャネルを使用して共有することができます。

  1. 保存する文書で、Alt キーを押しながら F キーを押し、A キーを押します。"選択されました、情報タブ" が読み上げられます。[ファイル] ウィンドウが開きます。

    ダイアログには、以前に Word 文書を保存したのと同じ場所 (PC 上またはオンラインの場所) が示されます。場所を変更する方法については、「OneDrive または SharePoint に文書を保存する」を参照してください。

  2. Tab キーを押し、"ファイルの種類、Word 文書、アスタリスク ドット docx" が聞こえたら、Space キーを押します。サポートされているファイルの種類の一覧が開きます。

  3. 一覧で、下方向キーを押し、"PDF" が聞こえたら、Space キーを押します。"ファイルの種類、PDF" と読み上げられます。

  4. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

Windows 版 Microsoft Word 2016 のショートカット キー

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

キーボードと VoiceOver (組み込みの Mac OS スクリーン リーダー) を使用して、Word 2016 for Mac 文書を共有します。OneDrive または SharePoint からファイルを共有する場合、他のユーザーを招待して文書を表示または編集したり、ファイルをメールの添付ファイルとして送信したりする操作を、文書から直接行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive または SharePoint に文書を保存する

文書を共有する前に、OneDrive または SharePoint に保存する必要があります。

  1. 保存する文書で、Command + Shift + S キーを押します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. ダイアログ ボックスには、以前に Word 文書を保存したのと同じ場所 (Mac 上またはオンラインの場所) が示されます。場所を確認または変更するには、"オンラインの場所、ボタン" または "Mac 上、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押します。"オンラインの場所" と読み上げられた場合は、Control + Option + Space キーを押して選択します。"Mac 上" と読み上げられた場合、ダイアログ ボックスに使用可能なオンラインの場所が既に表示されています。

  3. "場所、表" および最初のオンラインの場所が読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押します。必要に応じて、保存先の場所が読み上げられるまで、下方向キーを押します。

  4. 該当する場所に到達したら、Enter キーを押します。

    文書が保存されます。

OneDrive または SharePoint から文書を共有する

OneDrive または SharePoint ドキュメントの表示および編集を許可するユーザーを招待することができます。

  1. 共有する文書で、Ctrl + Option + M キーを押してメニュー バーに移動します。

  2. F キーを押して [ファイル] メニューに移動し、Control + Option + Space キーを押してメニューを開きます。

  3. 下方向キーを繰り返し押し、"共有、サブメニュー" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押して選択します。

  4. [共有] サブメニューが開きます。フォーカスは [ユーザーの招待] アイテムにあります。Ctrl + Option + Space キーを押して選択します。

  5. [ユーザーの招待] ダイアログ ボックスが開きます。文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。相手の連絡先情報を既に保存している場合は、名前のみを入力して Enter キーを押すことができます。

    複数のユーザーと共有する場合は、セミコロンを使用して名前またはメール アドレスを区切ります。

  6. メッセージを追加するには、Tab キーを 1 回押してメッセージを入力します。

  7. アクセス許可を割り当てるには、Tab キーをもう一度押して [編集可能] チェック ボックスに移動します。既定では、[編集可能] はオンになっています。チェック ボックスをオフにし、表示アクセス許可のみを割り当てるには、Control + Option + Space キーを押します。

  8. Tab キーを繰り返し押し、"共有、ボタン" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押してボタンを選択し、招待状を送ります。

文書のコピーをメールで共有する

文書のコピーをメールで送信したり、PDF として送信したりすることもできます。

  1. 共有する文書で、Ctrl + Option + M キーを押してメニュー バーに移動します。

  2. F キーを押して [ファイル] メニューに移動し、Control + Option + Space キーを押してメニューを開きます。

  3. 下方向キーを押し、"共有、サブメニュー" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押して選択します。

  4. [共有] サブメニューが開きます。フォーカスは [ユーザーの招待] アイテムにあります。使用するオプションに応じて、"ドキュメントを送信..." または "PDF を送信..." と読み上げられるまで下方向キーを押します。次に、Control + Option + Space キーを押して選択します。

  5. 既定のメール クライアントでは、Word ファイルのコピーが添付されるか、または文書の PDF コピーが挿入されて新しいメール メッセージが作成されます。フォーカスは [宛先] フィールドにあります。受信者のメール アドレスを入力します。

  6. Tab キーを押して、[CC] や [件名] など、その下にある他のフィールドに移動します。

  7. メッセージを送信するには、"送信、ボタン" と読み上げられるまで Shift + Tab キーを押します。Control + Option + Space キーを押してボタンを選択し、メッセージを送信します。

文書を PDF として保存する

文書を PDF として保存し、複数のチャネルを使用して安全に共有することができます。

  1. 保存する文書で、Command + Shift + S キーを押します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

    ダイアログ ボックスには、以前に Word 文書を保存したのと同じ場所 (Mac 上またはオンラインの場所) が示されます。場所を変更する方法については、「OneDrive または SharePoint に文書を保存する」を参照してください。

  2. Tab キーを押し、"Word 文書" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押します。[ファイル形式] メニューが開きます。

  3. メニューで、下方向キーを押し、"PDF" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押します。

  4. PDF の適切な解像度を選択するには、選択するオプションが読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  5. Tab キーを押し、"エクスポート ボタン" が聞こえたら、Control + Option + Space キーを押します。文書が PDF で保存されました。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word for Mac のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Word for iOS では、VoiceOver (組み込みの iOS スクリーン リーダー) を使用して、文書を簡単に共有できます。ファイルを OneDrive または SharePoint に保存して、他のユーザーを招待し、共有した文書を表示したり編集できるようにします。または、PDF または Word 文書として文書をメールで送信する場合は、Word for iOS から直接行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive または SharePoint に文書を保存する

Word 文書を共有する前に、OneDrive または SharePoint に保存する必要があります。

  1. 保存する文書で、"保存して閉じる、ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップしてボタンを選びます。

  2. ダイアログが開き、"<文書名> への変更を保存しますか?" という音声が聞こえます。"保存、省略記号、ボタン" と読み上げられるまで、右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  3. 別のダイアログが開き、"名前を付けて保存、ファイル名、テキスト フィールド、編集中、<文書名> が選択されました、Word モード" と読み上げられます。現在の名前が選択され、スクリーン キーボードが画面の下半分に表示されます。スクリーン キーボードを使用して、文書の名前を入力します。完了したら、画面の右下にある Return キーに移動して、画面をダブルタップして選択します。

  4. スクリーン キーボードが閉じます。左にスワイプし、目的の保存先 ("OneDrive" など) が聞こえたら、画面をダブルタップして選択します。

    これまでにこのスマートフォンで OneDrive または SharePoint に保存したことがない場合は、最初に場所を追加する必要があります。その場合、右または左にスワイプして、"場所の追加" が聞こえたらダブルタップします。

  5. フォーカスは文書の名前にあり、スクリーン キーボードを使用して名前を変更できます。

  6. 右にスワイプして、保存先のフォルダーが聞こえたら、ダブルタップして開きます。

  7. "保存、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。ダブルタップしてボタンを選び、文書を保存します。

    文書が保存され、最近使用したファイルの表示に戻ります。

OneDrive または SharePoint から文書を共有する

OneDrive または SharePoint で Word 文書の表示および編集を許可するユーザーを招待することができます。

  1. Word 文書で、"共有メニュー、ボタン" が読み上げられるまで右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択し、メニューを開きます。VoiceOver で"共有、見出し" が読み上げられます。

  2. [共有] メニューが開きます。"ユーザーの招待、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。

  3. [ユーザーの招待] ダイアログが開きます。"名前またはメール アドレスを入力、テキスト フィールド" と読み上げられるまで、右にスワイプします。画面をダブルタップしてフィールドを選び、入力を開始します。

  4. スクリーン キーボードを使用して、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。完了したら、画面の右下にある Return キーに移動して、画面をダブルタップして選択します。

    ヒント: 相手の連絡先情報を既に保存している場合は、右にスワイプするだけで [連絡先] から相手を選択できます。VoiceOver で"連絡先の追加、ボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップしてボタンを選び、[連絡先] に移動します。連絡先リストを繰り返し右へスワイプするか、上部にある [検索] を使用します。受信者として追加する連絡先にたどり着いたら、画面をダブルタップします。

  5. 受信者に文書の表示だけを許可して、編集を許可しない場合は、右にスワイプし、"編集可能" が聞こえたら画面をダブルタップして、編集する権利を削除します。

  6. 招待状を送信するには、右または左にスワイプし、"送信、ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

    招待状が送信され、[共有] メニューに戻ります。

文書のコピーをメールで共有する

文書のコピーをメールで送信したり、PDF として送信したりすることもできます。

  1. Word 文書で、"共有メニュー、ボタン" が読み上げられるまで右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択し、メニューを開きます。VoiceOver で"共有、見出し" が読み上げられます。

  2. [共有] メニューが開きます。"コピーの送信、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。

  3. [コピーを送信] メニューが開きます。文書を Word 形式で送信するには、次の手順に進みます。

    文書の PDF 版を送信するには、右にスワイプし、"形式、Word 文書、ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。“PDF” と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップして選択します。

  4. ファイルの送信に使用するアプリが読み上げられるまで右にスワイプします。オプションを選ぶには、画面をダブルタップします。

  5. 必要に応じて、[宛先] フィールドにたどり着くまで右にスワイプし、画面をダブルタップしてフィールドを選択します。

  6. スクリーン キーボードを使用して、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。

    ヒント: 相手の連絡先情報を既に保存している場合は、右にスワイプするだけで [連絡先] から相手を選択できます。VoiceOver で"連絡先の追加、ボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップしてボタンを選び、[連絡先] に移動します。連絡先リストを繰り返し右へスワイプするか、上部にある [検索] を使用します。受信者として追加する連絡先にたどり着いたら、画面をダブルタップします。

  7. メールの件名を変更するには、右にスワイプし、"件名" が聞こえたら選択画面をダブルタップして選択します。スクリーン キーボードを使用して、別の件名を入力します。完了したら、画面の右下にある Return キーに移動して、画面をダブルタップして選択します。

  8. メッセージを追加するには、右にスワイプし、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使用して、メッセージを入力します。完了したら、画面の右下にある Return キーに移動して、画面をダブルタップして選択します。

  9. 完了したら、左へ繰り返しスワイプし、"送信、ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップして文書を送信します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

TalkBack (組み込みの Android のスクリーン リーダー) を使用して、Word for Android 文書を共有します。OneDrive からファイルを共有する場合、他のユーザーを招待して文書を表示または編集したり、ファイルをメールの添付ファイルとして送信したりする操作を、文書から直接行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive に文書を保存する

OneDrive を使用して文書を共有する前に、文書をここに保存する必要があります。

  1. 新しい文書を書き終えたら、"ファイル、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、音声が聞こえたら画面をダブルタップします。

  2. "名前を付けて保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、音声が聞こえたら画面をダブルタップします。"名前を付けて保存、ファイル メニューを閉じる、ファイル名 <現在のファイル名> を入力する" と読み上げられます。

  3. ファイル名を変更するには、画面をダブルタップしてスクリーン キーボードを開きます。スクリーン キーボードを使用して、最初に前の名前を削除してから新しいファイル名を入力します。完了したら、下にスワイプしてから左にスワイプして、キーボードを閉じます。

  4. 保存先のオプションを参照するには、左または右にスワイプし、自分の OneDrive アカウントが見つかったら、画面をダブルタップします。

  5. 下にスワイプしてから上にスワイプします。""保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして、文書を保存します。保存すると、[ファイル] メニューが閉じ、フォーカスが文書に戻ります。

ヒント: 文書を OneDrive に保存すると、文書を新しい場所に保存しない限り、[保存] を選ぶとすべての変更がここに保存されます。

OneDrive から文書を共有する

作業中の文書を共有できます。共同作業者は、メールで共有リンクを受信すると、それを使用して Word で文書を開くことができます。

  1. Word for Android で共有する文書を開きます。

  2. 左にスワイプし、"オフ、共有、切り替え" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  3. 右にスワイプし、"共有するユーザーの招待、編集ボックス" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  4. スクリーン キーボードを使用して、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。

  5. 下にスワイプしてから左にスワイプして、キーボードを閉じます。

  6. メッセージを追加するには、右へスワイプし、"メッセージを含める (オプション)、編集ボックス" が聞こえたら、画面をダブルタップし、スクリーン キーボードを使ってメッセージを入力します。

  7. アクセス許可を割り当てるには、"オン、編集可能、チェックボックス" と聞こえるまで右にスワイプします。既定では、共同作業者は、共有した文書を編集できます。文書の表示だけを許可する場合は、画面をダブルタップします。

  8. "共有ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、音声が聞こえたら画面をダブルタップします。

文書のコピーをメールで共有する

文書のコピーをメールで送信したり、PDF として送信したりすることもできます。

  1. Word for Android で共有する文書を開きます。

  2. 左にスワイプし、"オフ、共有、切り替え" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  3. "添付ファイルとして共有ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、音声が聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. 共有するファイル形式によって、"文書ボタン" または "PDF ボタン" が聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして形式を選びます。

  5. 共有に使用するメール アプリ ("Outlook" や "Gmail" など) が見つかるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. スクリーン キーボードを使用して、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。

  7. 下にスワイプしてから左にスワイプして、キーボードを閉じます。

  8. "送信" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

ヒント: これらの手順を使用して、PDF コピーを自身のメール アドレスに送信したり、Google Drive に PDF を保存することもできます。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

Word でスクリーン リーダーを使用して実行する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Word Mobile では、ナレーター (組み込みの Windows スクリーン リーダー) を使用して、文書を簡単に共有できます。ファイルを OneDrive または SharePoint に保存して、他のユーザーを招待し、共有した文書を表示したり編集できるようにします。または、文書をメールで送信する場合は、Word から直接行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive または SharePoint に文書を保存する

Word 文書を共有する前に、OneDrive または SharePoint に保存する必要があります。

  1. 保存する文書で、"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  2. ウィンドウが開き、"Backstage ページ ウィンドウ、戻るボタン" と読み上げられます。""保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  3. [保存] ダイアログが開き、現在のファイル名が読み上げられます。

  4. 右にスワイプし、"このファイルのコピーを保存" と読み上げられたら、画面をダブルタップして選択します。

  5. 右にスワイプし、目的の保存先 ("OneDrive" など) が聞こえたら、ダブルタップして選択します。

    まだサインインしていない場合は、OneDrive または SharePoint によってサインインが要求されます。

  6. 右にスワイプして、保存先のフォルダーまたは場所が聞こえたら、画面をダブルタップして開きます。

  7. "次のアプリ バー ボタン" が聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  8. [ファイル名の入力] ダイアログが開きます。

    ファイル名を変更するには、左にスワイプし、文書の現在の名前が聞こえたら、画面をダブルタップして編集を開始します。スクリーン キーボードを使用して新しいファイル名を入力します。完了したら、"ランドマークとコンテナー" が聞こえるまで上にスワイプし、次に、"アプリ バー" が聞こえるまで右にスワイプします。"アイテム" が聞こえるまで下にスワイプし、"コピーの保存アプリ バー ボタン" が聞こえるまで繰り返し左にスワイプします。

  9. 画面をダブルタップし、文書を保存します。

OneDrive または SharePoint から文書を共有する

OneDrive または SharePoint で Word 文書の表示および編集を許可するユーザーを招待することができます。

  1. Word 文書で、ナレーターで"オフ、共有ボタン" と読み上げられるまで右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  2. [共有] ダイアログが表示されます。ナレーターが "メール アドレスを入力して他のユーザーを招待する" と読み上げます。画面をダブルタップしてスクリーン キーボードを開き、入力を開始します。

  3. スクリーン キーボードを使用して、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。

    ヒント: 相手の連絡先情報を既に保存している場合は、右にスワイプするだけで [連絡先] から相手を選択できます。ナレーターが "連絡先の参照ボタン" と読み上げます。画面をダブルタップしてボタンを選び、[連絡先] に移動します。連絡先リストを繰り返し右へスワイプするか、上部にある [検索] を使用します。受信者として追加する連絡先にたどり着いたら、画面をダブルタップします。連絡先カードが表示されます。右にスワイプし、使用するメール アドレスが聞こえたら、画面をダブルタップします。

  4. 招待状に個人用のメモを含めるには、右にスワイプし、"その他のオプション” が聞こえたら、画面をダブルタップします。次に、左にスワイプし、"メッセージを含める、オプション、編集可能テキスト" が聞こえたら、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使って、ノートのテキストを入力します。

  5. 受信者に文書の表示だけを許可して、編集を許可しない場合は、右にスワイプし、"その他のオプション" が聞こえたら、画面をダブルタップします。左にスワイプし、"この文書に対するアクセス許可を付与、編集可能" が聞こえたら、画面をダブルタップします。オプションのリストが開き、ナレーターが "メニュー" と読み上げます。右にスワイプし、“表示可能” が聞こえたら、画面をダブルタップして選択します。

  6. 招待状を送信するには、右にスワイプし、"共有、ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップします。

    招待状が送信され、[共有] ダイアログに戻ります。

Word 文書を PDF として保存する

Word 文書を PDF 形式で保存するには、Word Mobile でエクスポート機能を使用します。

  1. Word 文書で、ナレーターで"ファイル ボタン" と読み上げられるまで、右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  2. ウィンドウが開き、"Backstage ページ ウィンドウ、戻るボタン" と読み上げられます。"保存ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプして、聞こえたら画面をダブルタップして選択します。

  3. [保存] ダイアログが開き、"<文書の現在のファイル名>、ボタン" が読み上げられます。

  4. 右にスワイプし、"このファイルをエクスポート" と読み上げられたら、画面をダブルタップして選択します。

  5. 右にスワイプし、目的の保存先 ("OneDrive" など) が聞こえたら、画面をダブルタップして選択します。

  6. 右にスワイプして、保存先のフォルダーが聞こえたら、画面をダブルタップして開きます。

  7. "次のアプリ バー ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップして選択します。

  8. [ファイル名の入力] ダイアログが開きます。"ファイルの種類、OpenDocument テキスト、コンボ ボックス" が読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして、オプションの一覧を開き、右にスワイプします。ナレーターが "PDF、2 の 2" と読み上げます。画面をダブルタップして選択します。

  9. "エクスポート アプリ バー ボタン" が聞こえるまで左にスワイプします。画面をダブルタップして、文書をエクスポートします。

    オンラインのファイル変換を許可するかをたずねる確認ダイアログが表示されたら、画面をダブルタップして許可します。

    文書がエクスポートされ、選択した場所に PDF として保存されます。[保存] ダイアログに戻ります。フォーカスはファイル名にあります。

文書のコピーをメールで共有する

文書のコピーを Word から直接メールで送信することもできます。

  1. Word 文書で、"オフ、共有ボタン" と読み上げられるまで右または左にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  2. [共有] ダイアログが表示されます。ナレーターが "メール アドレスを入力して他のユーザーを招待する" と読み上げます。""その他のオプション、リンク" が聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択します。

  3. ナレーターが "添付ファイルを送信、または共有リンクの取得" と読み上げます。画面をダブルタップして選択します。

  4. 右にスワイプし、"添付ファイルとして送信、ボタン" が聞こえたら、画面をダブルタップして選択します。

  5. [共有] ウィンドウが開きます。右にスワイプし、メール アカウント ("Outlook メール" など) が聞こえたら、画面をダブルタップします。

  6. メール ウィンドウが開きます。フォーカスは [宛先] フィールドにあります。スクリーン キーボードを使って受信者のアドレスを入力します。

    ヒント: 相手の連絡先情報を既に保存している場合は、右にスワイプするだけで [連絡先] から相手を選択できます。ナレーターが "連絡先を選択、ボタン" と読み上げます。画面をダブルタップしてボタンを選び、[連絡先] に移動します。連絡先リストを繰り返し右へスワイプするか、上部にある [検索] を使用します。受信者として追加する連絡先にたどり着いたら、画面をダブルタップします。連絡先カードが表示されます。ナレーターが "People ウィンドウ" と読み上げます。右にスワイプし、使用するメール アドレスが聞こえたら、画面をダブルタップします。

  7. メールの件名を編集するには、右にスワイプして、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使って、件名を入力します。完了したら、Enter キーに移動して、画面をダブルタップします。

  8. メッセージを追加するには、"メッセージ、編集可能なテキスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。スクリーン キーボードを使用して、メッセージを入力します。

  9. 終了したら、"アイテム" が聞こえるまで上にスワイプし、"送信ボタン" が聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップしてボタンを選び、文書を送信します。

    文書が送信され、[共有] ダイアログに戻ります。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Word 文書の変更を追跡およびレビューする

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

キーボードとナレーター (組み込みの Windows スクリーン リーダー) を使用して、Word Online で文書を共有します。OneDrive を使用してファイルを共有すると、同時に共同作業できるように、文書を表示または編集するユーザーを招待することができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word Online のショートカット キー」を参照してください。

  • Word Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Word Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを使用します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Word Online には適用されません。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive に文書を保存する

OneDrive を使用して文書を共有する前に、文書をオンラインで保存する必要があります。オンラインで文書を保存すると、Word Online が自動的に変更を保存します。

  1. 新しい文書を書き終えたら、"選択、ホーム タブ項目" が聞こえるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  2. "ファイル、ボタン折りたたみ" が読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら左方向キーを押して、音声が聞こえたら Enter キーを押します。

  3. "名前を付けて保存タブ項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  4. "名前を付けて保存、コピーをオンラインで保存します、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  5. ファイル名を入力し、Enter キーを押します。

OneDrive から文書を共有する

作業中の文書を共有できます。共同作業者は、共有リンクをメールで受信します。

  1. 文書を Word Online で編集中に、"選択、ホーム タブ項目" が聞こえるまで、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

  2. "ファイル、ボタン折りたたみ" が読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら左方向キーを押して、音声が聞こえたら Enter キーを押します。

  3. "共有タブ項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  4. "ユーザーと共有、他のユーザーがこの文書を編集または表示できるように招待する、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  5. [共有] ダイアログが読み込まれると、ナレーターが知らせます。音声が停止したら、文書を共有する相手のメール アドレスを入力します。複数のユーザーと共有する場合は、セミコロンを使用してメール アドレスを区切ります。

  6. アクセス許可を割り当てるには、"編集可能" が聞こえるまで Tab キーを押します。下方向キーまたは上方向キーを使用して [編集可能] または [表示可能] を選択します。

  7. メッセージを追加するには、Tab キーを押し、"この招待に個人的なメッセージを含めます" が聞こえたら、メッセージを入力します。

  8. "共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

文書を PDF として保存する

文書を PDF として保存し、複数のチャネルを使用して安全に共有することができます。

  1. Word Online で PDF として保存する文書を開きます。

  2. Tab キーを押し、"その他、ボタン折りたたみ" が聞こえたら、Enter キーを押してメニューを開きます。

  3. "PDF としてダウンロード、メニュー項目" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  4. Word Online により PDF ファイルが作成されますが、時間がかかる場合があります。"ここをクリックすると、PDF 版の文書が表示されます" が読み上げられたら、Enter キーを押します。

  5. CapsLock キーを押しながら右方向キーを押し、"保存ボタン" が聞こえたら Enter キーを押します。

  6. "閉じるボタン" が聞こえたら、Enter キーを押して、ダイアログを閉じることができます。

  7. Tab キーを押し、"ダイアログ、Microsoft Word Online、閉じるボタンにフォーカス" が聞こえたら、Enter キーを押してフォーカスを文書に戻します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

Word Online のショートカット キー

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×