Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

Word でスクリーン リーダーを使って文書を共同編集する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Word 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、オンラインで文書の共同作業を行うことができます。通常の共同編集とリアルタイムの共同編集の両方が可能です。リアルタイムの共同編集を使うと、互いの変更をすぐに見ることができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • このトピックでは、編集者は Microsoft アカウントでログインしており、OneDrive を使用できるものとします。

この記事の内容

ドキュメントをオンラインで保存する

Word 2016 で他のユーザーと文書を共同編集するには、先に文書を OneDrive または SharePoint Online に保存しておく必要があります。

OneDrive に文書を保存する

  1. Word 2016 で共有する文書を作成した後、Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、情報タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"Backstage ビュー、ファイル、情報タブ"。

  2. H キーを押して、[共有] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、共有タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"共有タブ"。

  3. C キーを押して、クラウドに文書を保存します。次のように読み上げられます。"選択されました、名前を付けて保存タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"名前を付けて保存タブ"。

  4. K キーを押して、OneDrive に文書を保存します。次のように読み上げられます。"選択されました、OneDrive – 個人タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"OneDrive - 個人タブ"。OneDrive のアカウント名は異なる場合があります。

    • まだローカルに文書を保存していない場合、またはファイル名を変更したい場合は、"ここにファイル名を入力" と読み上げられるか、現在のファイル名が読み上げられるまで、Tab キーを押します。ファイル名を入力し、"保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Space キーを押して、OneDrive に文書を保存します。

    • 既に文書を保存してあり、OneDrive で同じファイル名を使いたい場合は、"保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押して文書を OneDrive に保存します。

ドキュメントを SharePoint に保存する

  1. Word 2016 で共有する文書を作成した後、Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、情報タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"Backstage ビュー、ファイル、情報タブ"。

  2. H キーを押して、[共有] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、共有タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"共有タブ"。

  3. C キーを押して、クラウドに文書を保存します。次のように読み上げられます。"選択されました、名前を付けて保存タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"名前を付けて保存タブ"。

  4. S キーを押して、SharePoint サイトに文書を保存します。次のように読み上げられます。"サイト"、それに続きサイトの名前。

  5. Tab キーを押し、次に Enter キーを押して、[保存] ダイアログを開きます。スクリーン リーダーで、現在のファイル名、またはファイルがまだ保存されていない場合はテキストの先頭から数語が読み上げられます。

    • まだ文書をローカルに保存していない場合、またはファイル名を変更したい場合は、ファイル名を入力し、"すべての場所、分割ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押してから、SharePoint サイトのアドレスが読み上げられるまで右方向キーを押します。目的のライブラリまたはワークスペースの名前が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押して文書を保存します。

    • 文書を既に保存してあり、SharePoint で同じファイル名を使う場合は、"すべての場所、分割ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押してから、SharePoint サイトのアドレスが読み上げられるまで右方向キーを押します。目的のライブラリまたはワークスペースの名前が読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押して文書を保存します。

オンラインの保存場所を追加する

OneDrive は Word 2016 を使い始めるとすぐに利用できますが、SharePoint に保存するにはサイトを手動で追加することが必要な場合があります。

  1. Word 2016 で Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、情報タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"Backstage ビュー、ファイル、情報タブ"。

  2. A キーを押して [名前を付けて​​保存] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、名前を付けて保存タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"名前を付けて保存タブ"。

  3. A キーを押して保存場所を追加します。次のように読み上げられます。"選択されました、場所の追加タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"場所の追加タブ"。

  4. 1 キーを押して SharePoint サイトを追加します。

  5. メッセージが表示されたら、SharePoint サイトで使うメール アドレスを入力し、Enter キーを押します。

  6. メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、Enter キーを押します。

Word_2016 の [名前を付けて保存] ダイアログでサイトを参照できるようになりました。

他のユーザーと文書を共有する

オンラインで文書を保存した後、共同作業するユーザーと共有します。

  1. Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、情報タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"Backstage ビュー、ファイル、情報タブ"。

  2. H キーを押して、[共有] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、共有タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"共有タブ"。

  3. A キーを押して、保存した文書を他のユーザーと共有します。文書名に続いて、"メール アドレスの名前を入力" または単に "行の末尾" という音声が聞こえます。JAWS では、次のように読み上げられます。"共有ウィンドウ、メール アドレスの名前を入力"。共同作業するユーザーのメール アドレスを入力します。アドレスが複数ある場合はコンマで区切ります。

  4. "この文書に対するアクセス許可を付与" と読み上げられるまで Tab キーを押します。続けて "編集可能" と読み上げられる場合は、共同編集用の正しいアクセス許可が既に設定されています。読み上げられない場合は、Space キーを押した後、上方向キーまたは下方向キーを使ってオプション間を移動し、"編集可能" と読み上げられたら Enter キーを押します。

  5. 共同編集者向けの短いメッセージを作成する場合は、"メッセージを含める (省略可能)" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メッセージを入力します。

  6. "共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押して、共同作業者に共有のメールを送信します。

共有オプションを変更する

常に共同編集者と変更内容を共有するか、または変更内容を他のユーザーと共有している文書を開くたびに確認メッセージを表示するかを選ぶことができます。

  1. Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。次のように読み上げられます。"選択されました、情報タブ項目"。JAWS では、次のように読み上げられます。"Backstage ビュー、ファイル、情報タブ"。

  2. T キーを押して、[オプション] メニューを開きます。"Word のオプション ウィンドウ、全般、10 の 1" と読み上げられます。JAWS では、"Word のオプション" と読み上げられます。JAWS では、フォーカスが [全般] タブに移動しない場合があります。正しいタブにフォーカスがあることを確認するには、"全般" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押してタブ間を移動します。

  3. "他のユーザーと作業しているときは、自分の変更を自動的に共有する" に続けて現在の設定が読み上げられるまで、Tab キーを押します。設定を変更する場合は、Space キーを押した後、上方向キーまたは下方向キーを押してオプション間を移動し、"常時" または "確認する" と読み上げられたら、Enter キーを押します。

  4. [オプション] メニューを閉じるには、"OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押してから、Enter キーを押します。

この設定は、作業中の文書だけでなく、共有するすべての文書に適用されます。

ヒント: [しない] を選んだ場合は、他のユーザーの変更は表示されません。

共有文書で共同作業する

Word 2016 では、通常の共同編集とリアルタイム共同編集の 2 種類の共同編集が用意されています。どちらの方法でも、複数のユーザーが共同して文書の作業を行うことができます。これらの間には重要な違いが 1 つあります。

  • 通常の共同編集では、複数のユーザーが 1 つの文書の作業を同時に行い、相互にブロックすることはありません。他のユーザーが作業している段落はロックされます。保存すると、最後に保存した後に他のユーザーが行った変更を見ることができます。

  • リアルタイムの共同編集では、複数のユーザーが同時に入力し、すべてのユーザーのテキスト変更が、入力するとすぐに自動的に表示されます。通常の共同編集のみをサポートするバージョンを使っている他のユーザーと共同編集を行っている場合、それらのユーザーが文書を使用していることは表示されますが、ユーザーが文書を保存するまで変更は表示されません。

ユーザーが Word 2016 を使って共有された文書の作業を行うとき、作業方法を変える必要はまったくありません。他の共同作成者は、ユーザーから送られたリンクをクリックすると、使っているバージョンの Word または Word Online で文書が開かれます。他の共同作業者が Word Online または Word 2016 も使っていて、変更の自動共有を有効にしている場合、共同作業者の作業はすぐに表示され、ユーザーは共同作業者が文書を保存するまで待たなくてもスクリーン リーダーを使って変更されたテキストを読むことができます。

スクリーン リーダーの通知

Word 2016 での文書の共同作業でスクリーン リーダーを使っている場合、特定のイベントが発生すると通知が読み上げられます。

  • "同期されていない変更" という音声が聞こえた場合は、ある作成者が (通常の共同編集で) 段落を編集しているが、変更がまだ保存されていないことを意味します。この領域は共同編集用にロックされます。

  • "ロックされた変更の編集" という音声が聞こえたら、別の作成者がその領域 (通常は段落) をロックしていて編集できないことを意味します。

  • "外部変更" という音声が聞こえたら、ある作成者が文書を保存し、共同編集者が新しいコンテンツを追加したことを意味します。通常の共同編集では、晴眼者向けに領域が緑色で強調表示されます。

  • "競合する変更" という音声が聞こえたら、ある作成者の作業範囲に共同作成者が行った変更と競合する段落があることを意味します。この領域は晴眼者向けに赤で強調表示されます。

  • "作成者" という音声が聞こえたら、ある作成者が現在その段落にいることを意味します (リアルタイムの共同編集)。これは、共同編集者が同じ領域を編集して競合を作成するのを防ぐのに役立ちます。

ヒント: 他のユーザーがいる文書の作業を開始すると、希望する共同編集エクスペリエンスの種類を確認するダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスに移動するには、F6 キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、Word でコメントを追加、読み上げ、削除する

Word でスクリーン リーダーを使って文字列と段落を配置する

Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Word for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を利用して、オンラインで文書の共同作業を行うことができます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

ドキュメントをオンラインで保存する

Word for Mac で他のユーザーと文書を共同編集するには、先にファイルを OneDrive または SharePoint Online に保存しておく必要があります。

OneDrive に文書を保存する

  1. Word for Mac で共有する文書を作成した後、Command + Shift + S キーを押します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

    注: OneDrive にサインインしていることを確認します。

  2. 文書の名前を入力し、"オンラインの場所ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  3. Ctrl + Option + Space キーを押します。文書の名前が読み上げられます。

  4. "場所、テーブル、<最初のオンライン保存場所の名前>、選択済み" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  5. "OneDrive、<OneDrive アカウントの名前>" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  6. "保存既定ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。文書の編集領域にフォーカスが戻ります。

ドキュメントを SharePoint に保存する

  1. Word for Mac で共有する文書を作成した後、Command + Shift + S キーを押します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

    注: SharePoint にサインインしていることを確認します。

  2. 文書の名前を入力し、"オンラインの場所ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  3. Ctrl + Option + Space キーを押します。文書の名前が読み上げられます。

  4. "場所、テーブル、<最初のオンライン保存場所の名前>、選択済み" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  5. "SharePoint Online、<SharePoint アカウントの名前>" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  6. "保存既定ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。文書の編集領域にフォーカスが戻ります。

オンラインの保存場所を追加する

OneDrive は Word for Mac を使い始めるとすぐに利用できますが、SharePoint に保存するにはサイトを手動で追加することが必要な場合があります。

  1. Command + Shift + S キーを押します。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. "オンラインの場所ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "場所の追加、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. "SharePoint ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. SharePoint フォルダーの URL を入力するか貼り付けてから、"次へボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  6. Ctrl + Option + Space キーを押します。メッセージが表示されたら、SharePoint サイトで使うメール アドレスを入力し、Space キーを押します。

  7. メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、Space キーを押します。

WordforMac の [名前を付けて保存] ダイアログでサイトを参照できるようになります。

他のユーザーと文書を共有する

オンラインで文書を保存した後、共同作業するユーザーと共有します。

他のユーザーを共同作業に招待する

他のユーザーを文書の共同作業に招待することができます。文書へのリンクを含む共同作業招待メールを Word for Mac から直接送信します。

  1. Ctrl + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  2. "ファイル" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "共有" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. "ユーザーの招待省略記号" と読み上げられたら、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. 共同作業を行うユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。アドレスが複数ある場合はコンマで区切ります。

  6. 受信者へのメッセージを作成する場合は、"メッセージを含める" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、テキストを入力します。

  7. "編集可能、オン、チェック ボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。共同作業者が文書を編集できないようにする場合は、Space キーを押します。

  8. "共有ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押して、共同作業者に共有のメールを送信します。

ドキュメントのリンクを共有する

文書へのリンクをコピーし、別の共有ファイル (PowerPoint プレゼンテーションなど) に貼り付けることができます。

  1. Ctrl + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  2. "ファイル" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "共有" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. "リンクのコピー" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. 別の共有ファイルなどへのリンクを貼り付けます。

共有文書で共同作業する

Word for Mac を使って共有された文書の作業を行うとき、作業方法を変える必要はありません。共同作成者は、送られたリンクをクリックするだけで、共同作業者が使っているバージョンの Word または Word Online で文書が開きます。

他の作成者による更新を文書に反映するには、Command + S キーを押します。

文書をチェックアウトする

自分だけが更新できるように文書をロックする場合は、ファイルをチェックアウトできます。あるユーザーがファイルをチェックアウトすると、そのユーザーが文書を保存してチェックインするまで、他のユーザーはファイルを更新したり、チェックインしたユーザーによる編集を見たりすることはできません。

  1. 文書を開き、Ctrl + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  2. "ファイル" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "チェックアウト" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. 文書の編集が終わったら、Ctrl + Option + M キーを押します。

  5. "ファイル" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  6. "チェックイン" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  7. "バージョンに関するコメント" と読み上げられます。更新内容の簡単な説明を入力します。終わったら、"チェックイン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

他の作成者をブロックする

文書の特定のセクションを他の作成者が変更できないようにすることができます。

  1. 文書で、他のユーザーの編集を禁止するセクションを選びます。

  2. Ctrl + Option + M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。

  3. "ツール" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. "作成者をブロック" と読み上げられるまで下方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. 作成者のブロックを解除するには、Ctrl + Option + M キーを押します。

  6. "ツール" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

  7. "ロックをすべて解除" と読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Ctrl + Option + Space キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使って文字列と段落を配置する

Word for Mac のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×