Windows SharePoint Services テクノロジをベースとした Web サイトのユーザーの管理と権限の指定を行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象アプリケーション

Microsoft Windows® SharePoint® Services のテクノロジ

このチュートリアルでは、ユーザー リストを表示して、サイトのユーザー情報を変更する過程を解説し、ユーザーを追加して、サイトのグループに割り当てる方法について説明します。また、特定のリストまたはドキュメント ライブラリへのアクセス許可を作成する方法についても解説します。

Contoso 社の Microsoft Windows SharePoint Services に基づくサイトを管理するとします。サイトのユーザー リストを管理して、そのアクセス許可のレベルを制御します。Contoso 社は、最近新しい社員を採用しました。この社員をサイトに追加する必要があります。後に、この新しい社員は最近になって苗字が変更されたため、この情報でサイトを更新する必要があることがわかります。また、この社員の業務も変更されました。彼女がサイトのコンテンツにアクセスして、デザインを変更できるように、適切なレベルのアクセス許可を付与する必要があります。これらの変更はサイトのユーザー リストで行う必要があります。また、SharePoint リストを保護して、社員全員がサイトを閲覧できるとしても、たった 1 人のユーザーのみが情報を編集できるようにします。

目標

このチュートリアルを完了すると、次のことができるようになります。

  • サイトにユーザーを追加する。

  • ユーザー リストを表示し、ユーザーの詳細を表示したり、変更したりする。

  • ユーザーのアクセス許可のレベルを変更する。

  • ユーザーまたはグループに特定の SharePoint リストへのアクセス許可を付与する。

始める前に

このチュートリアルを完了するには、Windows SharePoint Services サイトの管理者のサイトのグループのメンバーである必要があります。チームで使用されていないサイトで、次のチュートリアルを試すことをお勧めします。Windows SharePoint services が使用可能なサーバーがある、インターネットにアクセスしていない場合は、試用版ホストされている Windows SharePoint Services にサインアップすることができます。

演習用のサイトを作成する

  1. 既存サイトの上部のリンク バーで、[作成] をクリックします。

  2. [Web ページ] セクションの [サイトとワークスペース] をクリックします。

  3. [名前と説明] セクションで、「演習用サイト」のように、新しいサイトの名前と説明を入力します。

  4. [Web サイトのアドレス] セクションで、新しいサイトに移動する際に使用する Web アドレス (URL) を入力します。

    アドレスの最初の部分は自動入力されています。

  5. [権限] セクションで、[固有の権限を使用する] をクリックします。

  6. [作成] をクリックします。

  7. [テンプレートの選択] ページの [テンプレート] で、[チーム サイト] をクリックして、[OK] をクリックします。

演習用のサイトができました。これで演習用のリストを作成できます。

演習用のリストを作成する

  1. 演習用サイトの上部のリンク バーで、[作成] をクリックします。

  2. [カスタム ​​リスト] セクションで、[カスタム ​​リスト] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに「特典」と入力して、[作成] をクリックします。

演習用サイトが設定され、サイトのユーザーおよびアクセス許可を管理する準備ができました。

サイトにユーザーを追加する

最近、Contoso 社は、新しい社員を営業部に採用しました。この社員 Mary North が他の営業チームのメンバーと作業を開始できるように、サイトに追加して、[投稿者] サイト グループに割り当てる必要があります。

[ユーザーの管理] ページを使用して、ユーザー リストの表示、リストの並べ替え、ユーザーの追加、サイト グループのメンバーシップの変更、ユーザーの削除を行うことができます。

注: [ユーザーの管理] ページを使用するには、サイトの [管理者] サイト グループのメンバーである必要があります。

ユーザーを管理する

ドメイン ユーザー アドレス (DOMAIN\username) またはメール アドレス (someone@example.com など) のいずれかを使用して、ユーザーを追加します。組織のドメインからユーザーを追加する場合は、ユーザーの表示名が参照され、自動的に入力されます。メール アドレスを基に固有のアカウントを作成する場合は、ユーザーの表示名を手動で入力するか、またはユーザー本人が後で表示名を更新するように設定できます。

このチュートリアルでは、架空のメール アドレスを持つ架空のユーザーを追加します。希望する場合、または使用している環境が実際のユーザー名とアドレスを必要とする場合は、組織の実際のユーザー アカウントを追加できます。

サイトにユーザーを追加する

  1. 演習用 Web サイトで、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [管理] セクションで、[ユーザーの管理] をクリックします。

  3. [ユーザーの管理] ページで、[ユーザーの追加] をクリックします。

  4. 手順 1: [ユーザーの選択] セクションで、「mary@contoso.com」と入力して、架空のユーザー (Mary North) を追加します。

    実際のメール アドレスや組織のユーザーの DOMAIN\username を入力して、実在の人物を追加することも可能です。

  5. 手順 2: [アクセス権の選択] セクションで、[投稿者] チェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。

  6. 手順 3: [ユーザーの確認] セクションで、メール アドレスを確認します。架空のユーザーを追加する場合は、ユーザー名に「maryn」、表示名に「Mary North」と入力します。

    実際のユーザー アカウントを使用している場合は、ユーザー名と表示名を確認します。

  7. 手順 4: [電子メールを送信する] セクションで、[これらのユーザーが追加されたことを通知するメールを送信] チェック ボックスをオフにします。

    注: これは演習であるため、新しいユーザーにメールを送信しません。

  8. [完了] をクリックします。

    "ユーザーが存在しません" というメッセージが表示された場合は、実際の組織のユーザー情報を使用して、上記の手順を繰り返します。

サイトのユーザーに関する情報を表示したり、変更したりする

Mary North は、最近 Mary Baker に名前を変更しました。アカウントに追加したとき、名前が変更されたことを知らなかったため、新しい名前がサイトに反映されるように、更新する必要があります。

[ユーザー情報] ページから、サイトに所属するユーザー全員のリストを表示できます。このリストにはサマリー情報が表示され、各ユーザー名をクリックすると、そのユーザーの詳細が表示されます。

ユーザー リストを表示する

  1. 演習用サイトで、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [個人情報の管理] の下の [サイト ユーザー情報の表示] をクリックします。

    サイトにユーザー全員のリストが表示されます。

[ユーザー情報] リスト

ユーザー名をクリックした場合は、ユーザーのメール アドレスと、サイト管理者が追加したユーザーについてのメモを表示できます。管理者サイト グループのメンバーである場合、ユーザーがサイトの管理者 (またはサイトの所有者) であるかどうかを表示したり、ユーザーの情報を変更したりすることもできます。

ユーザーの詳細

注: サイトのメンバーは、[ユーザー情報] ページでユーザー リストを表示して、希望するユーザーをクリックすると詳細情報を見ることができます。ただし、ユーザー情報を変更できるのは、管理者サイト グループのメンバーまたはユーザー本人のみです。

ユーザー名を変更する

  1. [ユーザー情報] のページで、[Mary North] (または、追加したユーザー アカウント) をクリックします。

  2. [ユーザー情報の編集] をクリックします。

  3. [表示名] で、"North" を選択し、"Baker" と入力します (または作成したユーザー アカウントで適切な姓に変更します)。

  4. [保存して閉じる] をクリックします。

ユーザーにグループを割り当てる

Mary Baker (変更前は Mary North) は、サイトのコンテンツを作成し、サイトのデザインが最新で面白いことを確認する業務に割り当てられました。現在、リストやライブラリのアイテムのみを追加したり変更したりできますが、これからさらに多くのサイト コンテンツを変更できるようにする必要があります。Mary Baker のアクセス許可を増やして、必要な変更を行えるようにします。

Windows SharePoint Services では、サイトへの権限はサイト グループのメンバーシップによって制御されます。サイトを表示したり、変更したりできるようにするために、ユーザーをサイト グループに割り当てる必要があります。既定では、5 つのサイト グループがあります。

  • ゲスト     ゲスト ユーザーが特定のリストにアクセスできる特別なグループ。サイト全体にはアクセスできません (ゲスト サイト グループについての詳細は、次のセクション「ユーザーのリストまたはドキュメント ライブラリへのアクセス許可を設定する」を参照してください)。

  • リーダー     このグループのメンバーは、リストやドキュメント ライブラリのアイテムを表示したり、サイトにページを表示したり、セルフサービス サイト作成を使用してサイトを作成したりすることができます。

  • 投稿者     このグループのメンバーは、Web パーツ、リスト、ドキュメント ライブラリを操作することができます。表示方法やサイト間グループを作成して管理したり、Web パーツ ページをカスタマイズすることもできます。

  • Web デザイナー     HTML ツールまたは Windows SharePoint Services と互換性のある Web ページ エディター (Microsoft Office FrontPage 2003 など) を使用して、Web サイトをカスタマイズできます。たとえば、Web デザイナーのサイト グループは、Web ページ エディターを使用して、サイト内でリストを作成したり、ページをサイトに追加したりすることができます。

  • 管理者     このグループのメンバーは、Web サイトを完全に制御できます。管理者サイト グループのメンバーは、設定を構成したり、ユーザーやサイト グループを管理したり、また利用状況分析データを表示したりできます。

Mary North (現在は Baker) をサイトに追加したら、投稿者サイトのグループに割り当てます。割り当ては、いつでも変更できます。ユーザーのサイト グループを変更する場合は、[ユーザーの管理] ページを使用します。[ユーザーの管理] ページを使用するには、サイトの [管理者] サイト グループのメンバーである必要があります。

すべてのサイト グループから削除されたユーザーは、サイトへのアクセス許可を失います。

別のサイト グループにユーザーを割り当てる

  1. 演習用サイトの上部のナビゲーション バーで、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [管理] セクションで、[ユーザーの管理] をクリックします。

  3. [ユーザーの管理] ページで、Mary Baker (または作成したユーザー) の横にあるチェック ボックスを選択します。

  4. [選択したユーザーのサイト グループを編集] をクリックします。

  5. [サイト グループ メンバーシップ] で、[Web デザイナー] の横のチェック ボックスを選択して、[投稿者] の横のチェック ボックスをオフにします。

  6. [OK] をクリックします。

これで Mary Baker は、Web デザイナーのサイト グループのメンバーになったため、必要に応じて、リストを作成したり、サイトを変更したりすることができます。

ユーザーのリストまたはドキュメント ライブラリへのアクセス許可を設定する

サイトには、特典リストが含まれています。このリストには、営業部の社員の意欲を刺激し、売上の向上につながるような特典が表示されています。この特典リストを追加、変更、または削除できるのが Mary Baker のみになるように、リストを保護する必要があります。また、ユーザー全員にリストが表示されるようにする必要があります。

Windows SharePoint Services を使用すると、リストまたはドキュメント ライブラリに特定のアクセス許可を設定して、残りの Web サイトと切り離すことができます。リストにアクセスしてはいけないユーザーを削除し、アクセスする必要があるユーザーのみを追加することができます。

たとえば、既定で、[投稿者] のサイト グループのメンバーが、リストやドキュメント ライブラリ内のアイテムを表示、挿入、編集、および削除できるようにします。特典リストにアクセスしてこれらの操作を 3 人のユーザーのみが行えるように限定する場合は、リストの [投稿者] サイト グループのアクセス許可を削除して、該当する 3 人のユーザーを追加し、適切な権限を付与します。

リストまたはドキュメント ライブラリへのアクセス許可をユーザーに付与するときは、該当する実際のアクセス許可を選択します。ユーザーがアイテムを閲覧できるようにする場合は、[アイテムの表示] をクリックします。

リストごとまたはドキュメント ライブラリごとのアクセス許可は、リストまたはドキュメント ライブラリで管理できます。サイト全体からユーザーを追加したり削除したりしなくても、リストまたはドキュメント ライブラリのユーザーを追加したり削除したりすることが可能です。

サイトのメンバーではないユーザーをサイトまたはドキュメント ライブラリに追加する場合、サイトに追加したユーザーは [ゲスト] サイト グループに割り当てられます。この特別なサイト グループは、特定のリストまたはドキュメント ライブラリへのアクセス許可を付与する場合にのみ使用されます。サイト全体に対するその他の権限は与えられません。[ゲスト] サイト グループのメンバーは、リストまたはドキュメント ライブラリを閲覧するときに、左上にナビゲーション バーが表示されます。

リストまたはライブラリへのアクセス許可をユーザーに割り当てる

  1. 演習用サイトの [ホーム] ページにある [サイド リンク バー] で、[リスト] セクションから [特典] をクリックします。

  2. [アクション] リストで、[設定と列の変更] をクリックします。

  3. [特典のカスタマイズ] ページの [全般設定] セクションで、[このリストに対する権限を変更] をクリックします。

  4. リストのツールバーで、[ユーザーの追加] をクリックします。

  5. 手順 1: [ユーザーの選択] セクションの [ユーザー] で、テキスト ボックスに「mary@contoso.com」と入力して、Mary Baker を追加するか、メール アドレスまたは以前に追加したユーザーの DOMAIN\username を入力します。

  6. 手順 2: [アクセス権の選択] セクションの [サイト グループ] で、[表示、挿入、編集、アイテムの削除、およびリストの設定変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. 手順 3: [ユーザーの確認] セクションで、Mary Baker (または自分が使用したユーザー) のメール アドレス、ユーザー名、および表示名が正しいことを確認します。

  8. 手順 4: [電子メールを送信する] セクションで、[これらのユーザーが追加されたことを通知するメールを送信] チェック ボックスをオフにします。

    注: これは演習であるため、新しいユーザーにメールを送信しません。

  9. [完了] をクリックします。

これまでの手順を行って、特定のユーザーにリストごとのアクセス許可を割り当てますが、ドキュメント ライブラリに対しても同じ手順を使用できます。ドキュメント ライブラリのページに移動して、[設定と列の変更] をクリックして、[<ドキュメント ライブラリの名前> のカスタマイズ] ページで、[このドキュメント ライブラリの権限を変更] をクリックし、手順 4 から 9 を実行します。

これで Mary Baker にリストを変更する許可が付与されました。[投稿者] サイト グループのアクセス許可を変更して、メンバーがリストを変更できないように設定してください。この手順はドキュメント ライブラリでも行うことができます。

サイト グループのリストまたはライブラリのアクセス許可を変更する

  1. [権限の変更] で、[特典] ページの [投稿者] チェック ボックスを選択し、[選択したユーザーの権限の編集] をクリックします。

  2. [権限の選択] セクションで、[アイテムの表示] をクリックし、[OK] をクリックします。

この手順はドキュメント ライブラリでも行うことができます。

次に参照するトピック

このチュートリアルが完了したら、演習用サイトに架空のユーザーを残さないように、使用したユーザーを削除してください。ユーザーを削除するには、[サイトの設定] ページで、[ユーザーの管理] をクリックします。[ユーザーの管理] ページで、Mary North の横にあるチェック ボックスをオンにし、[選択したユーザーの削除] をクリックします。

サーバーのリソースを節約するために、演習用のサイトを削除することもできます。サイトを削除するには、[サイトの設定] ページで、[サイトの管理へ移動] をクリックします。[サイトの管理] ページで、[管理と統計データ] セクションの [このサイトを削除] をクリックします。[確認] ページで、[削除] をクリックします。

このチュートリアルではタスクは、Windows SharePoint Services に基づくサイトの管理タスクをすべてを網羅ではありません。SharePoint サイトを管理するときに実行する必要のあるタスクの種類の担当者だけが表示されます。サイトの管理についての詳細については、ヘルプを参照してください。サーバーまたはサーバー ファームの Windows SharePoint services の管理についての詳細については、 Windows SharePoint Services の管理者のガイドを参照してください。

このソフトウェアおよび関連するドキュメントで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、出来事などの名称は架空のものです。実在する商品名、団体名、個人名などとは一切関係ありません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×