Windows Phone 用 Office 365 Admin Mobile アプリのプライバシーに関する補足情報

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

最終更新日: 2013 年 10 月

これは、 Microsoft オンライン サービスのプライバシーに関する声明の補足情報です。

サインインしたまま処理を続ける

この機能について:    サインイン ページでこの機能を選ぶと、アプリを起動するたびに資格情報を入力する必要がなくなります。

収集、処理、または送信される情報:    [サインインしたまま処理を続ける] を選ぶと、ユーザー名とパスワードが暗号化されてアプリケーション記憶域に保存されます。

情報の用途:    [サインインしたまま処理を続ける] を選ぶと、アプリが起動または再開するたびにユーザー名とパスワードを入力し直す必要がなくなります。

選択/コントロール:    アプリのサインイン ページで [サインインしたまま処理を続ける] を選択または選択解除できます。 [サインインしたまま処理を続ける] を選択解除すると、暗号化して保存されているユーザーの資格情報がアプリから削除されます。

Microsoft にエラー情報を送信する

この機能について:    エラー情報の送信機能を選ぶと、アプリはクライアント側のログを収集して Microsoft に送信することができます。送信されたログは、発生する可能性のあるアプリのエラーを調査するために役立てられます。 クライアント側のエラーを引き起こすイベントの種類には、アプリとサービス間のデータフローの中断や、内部アプリケーション エラーが含まれます。

収集、処理、または送信される情報:    エラー情報の送信機能をオンにすると、エラー コードやエラー発生時のタイム スタンプなどの情報が記録されます。 アプリは 24 時間ごとにエラー ログ データの有無をチェックし、エラー ログ データがある場合は Microsoft にエラー情報を送信します。 Microsoft に送信されるエラー情報にはユーザーのドメイン名が含まれます。 個人を特定できる情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途:    送信されたエラー情報は、Microsoft がアプリの共通エラーを特定し、Office 365 Admin アプリのユーザー エクスペリエンスを改善するために役立てられます。

選択/コントロール:    既定では、エラー情報の送信機能はオフになっていますが、オンにすることができます。 アプリの設定ページでこの機能をオン/オフにしたり、Microsoft にエラー データを送信する際のネットワーク設定を更新することができます。

エラー情報の送信機能をオンにするには、次の手順に従います。

  1. Office 365 Admin アプリにサインインします。

  2. アプリバーの [設定] をタップします。

  3. [設定] ページで次の操作を行います。

    1. [Microsoft にエラー情報を送信する] をタップします。オプトインして、Microsoft にアプリのエラー情報を送信できるようになります。 既定では、この機能はオフになっています。

    2. Wi-Fi ネットワークに接続している場合にのみ送信するよう設定します (このオプションは、既定では [はい] になっています)。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×