Windows Phone で Skype for Business (Lync) モバイルのスクリーン リーダーを使用する (英語のみ)

今秋の Windows Phone の更新プログラムと、個別の Code Factory モバイル アプリをインストールすると、Windows Phone 向けの Lync モバイルで、スクリーン リーダーを使用できるようになります。スクリーン リーダーをオンにすると、Lync の使用中に、デバイス上でタッチ、選択、アクティブ化したすべての操作が読み上げられます。

注: Lync モバイルのスクリーン リーダーは、英語でのみ提供されています。

Lync モバイル スクリーン リーダーをセットアップするには

  1. Windows Phone 更新プログラムをインストールします。 (携帯電話会社に、端末への更新のダウンロードが可能になるのはいつか確認してください。)

  2. Lync for Mobile Windows Phone リリース 5.4 をインストールします。

  3. Windows Phone のホーム画面で、[設定]、[簡単操作] の順にタップします。

  4. タップして、Code Factory アプリをインストールします。

  5. [Mobile Accessibility] セレクターを [オン] にスライドし、ホーム画面に戻ります。

  6. 電話を再起動すると、スクリーン リーダーが自動的に有効になります。使い始めるには [Lync] をタップします。

    重要: Windows 8.1 で Lync のカスタム スクリーン リーダーを使うには、次の 2 つの設定を行う必要があります。

    • ナレーター=オフ

    • クイック ナレーター=オン

    Windows Phone のナレーターの設定

Lync モバイル スクリーン リーダーを使うには

Lync モバイル スクリーン リーダーを使う場合、次の表のように、スクリーンに向かって手でジェスチャをすると、Lync 内を移動できます。

ジェスチャ:

実行する操作:

1 本の指で右にフリックする

次の項目に進む。

1 本の指で左にフリックする

前の項目に戻る。

1 本の指で 1 回タップする

項目を読み上げる。

1 本の指でダブル タップする

項目で操作を実行する (スイッチの切り替え、項目の選択、ボタンを押すなど)。

1 本の指で 3 回タップする

2 番目のメニュー項目に移動する。

1 本の指で、通知を下にフリックする

通知をオフにする。

2 本の指で、上下にドラッグする

ビュー内をスクロールする。

2 本の指で、左右にフリックする

パノラマ ビューとピボット ビュー間を移動する (水平スクロール)。

実行内容:

ジェスチャ:

次の項目に進む。

1 本の指で右にフリックする

前の項目に戻る。

1 本の指で左にフリックする

項目を読み上げる。

1 本の指で 1 回タップする

項目で操作を実行する (スイッチの切り替え、項目の選択、ボタンを押すなど)。

1 本の指でダブル タップする

2 番目のメニュー項目に移動する。

1 本の指で 3 回タップする

通知をオフにする。

1 本の指で、通知を下にフリックする

ビュー内をスクロールする。

2 本の指で、上下にドラッグする

パノラマ ビューとピボット ビュー間を移動する (水平スクロール)。

2 本の指で、左右にフリックする

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×