Windows PC 上の Office アプリをセーフ モードで開く

Microsoft Office for Windows アプリケーションを Office セーフ モードで起動すると、特定の問題が発生したときに、安全に使用することができます。この方法は、アプリケーションのクラッシュが原因で、標準モードでファイルを開くことができないときに便利です。あるいは、起動時に問題を発生させるアドインまたは拡張機能を特定する必要がある場合にも役立ちます。

重要: 2016 年 4 月 30 日:Windows 7 上 のセーフ モードで Office 2016 アプリケーションを起動すると、"申し訳ございません..." というエラーが表示される問題を修正した、最新の更新プログラムがリリースされました。詳細については、WordExcelPowerPoint または Outlook 用に発行された最近の問題記事で、「Windows 7 上の Office 2016 がセーフ モードで起動できない (修正済)」の見出しの内容を参照してください。

Office for Windows アプリケーションを Office セーフ モードで起動する方法

Windows PC 上の Office アプリケーションを Office セーフ モードで起動するには、次のいずれかの方法を使用します。

この方法は、Windows PC 上のほとんどの Office バージョンで有効です。

  1. 該当する Office アプリケーションのショートカット アイコンを探します。

  2. Ctrl キーを長押しして、アプリケーションのショートカットをダブルクリックします。

  3. アプリケーションをセーフ モードで開くかどうかをたずねるウィンドウが表示されたら、[はい] をクリックします。

注: Office セーフ モードを停止するには、Office アプリケーションを終了してから再起動します。アプリケーションを開くときに問題がない限り、標準モードで開始されます。

この方法は、Windows PC 上のほとんどの Office バージョンで有効です。

  1. Windows の [スタート] ボタン (左下隅) を右クリックし、[実行] をクリックします。

    あるいは、キーボードの Windows のロゴ キーと R キーを押します。

  2. [実行] ボックスに、次のいずれかのコマンドを入力します。

    • Excel の場合は、excel /safe と入力して、[OK] をクリックします。

    • Outlook の場合は、outlook /safe と入力して、[OK] をクリックします。

    • Word の場合は、winword /safe と入力して、[OK] をクリックします。

    • PowerPoint の場合は、powerpnt /safe と入力して、[OK] をクリックします。

    • Publisher の場合は、mspub /safe と入力して、[OK] をクリックします。

    • Visio の場合は、visio /safe と入力して、[OK] をクリックします。

注: Office セーフ モードを停止するには、Office アプリケーションを終了してから再起動します。アプリケーションを開くときに問題がない限り、標準モードで開始されます。

Microsoft Office アプリケーションを Office セーフ モードで起動できない場合、または標準モードでアプリケーションを開くときに繰り返し問題が発生する場合は、Office の修正を試みることができます。詳細については、「Office アプリケーションを修復する」を参照してください。

注: Office セーフ モードは、Windows セーフ モードとは異なります。Windows セーフ モードに関する情報をお探しの場合は、「セーフ モードで PC を起動する」を参照してください。

関連情報

アドインまたは拡張機能が起動しない、またはリソース、ファイル、レジストリ、テンプレートが破損しているなど、特定の問題が原因で Microsoft Office アプリケーションが起動しない場合は、自動的にセーフ モードで起動されます。問題を特定し、その原因となるアプリケーション部分を無効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。Office アプリケーションを開くときに引き続き問題が発生する場合は、自動セーフ モードにより、Office アプリケーションを通常どおりに起動することを妨げている機能を無効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。

無効にしたアイテムの一覧を表示するには、使用している Microsoft Office アプリケーションで次の操作を行って、[使用できないアイテム] ダイアログ ボックスを表示します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [アドイン] をクリックします。

  4. [管理] メニューの [使用できないアイテム] をクリックし、[検索] をクリックします。

注: Microsoft SharePoint Workspace では、無効になっているアイテムを表示および変更できません。

[使用できないアイテム] ダイアログ ボックスにアイテムを表示した後、アイテムを選択して [有効にする] をクリックすると、アイテムを再び有効にすることができます。アイテムを有効にすると、アドイン プログラムの再読み込みや再インストールの実行、またはファイルを再度開くことが必要になる場合があります。アイテムを有効にした後、次にプログラムを起動したときに問題が生じることがあります。この場合、アイテムを再び無効にするかどうかをたずねるメッセージが表示されます。

注: セーフ モードを停止するには、プログラムを終了し、通常の方法で再起動します。

Office アプリケーションをセーフ モードで起動するときには、次の制限が適用されます。

注: 以下に表示されているアイテムのいくつかは、一部の Microsoft Office プログラムには適用されません。

  • テンプレートが保存されない。

  • Microsoft Office SharePoint Designer では、最後に使用した Web サイトが開かない。

  • Microsoft SharePoint Workspace では、同期、在席情報、通知、メッセージング、およびタスク スケジューラの各機能は無効になっています。

  • ツールバーやコマンド バーのユーザー設定が読み込まれず、保存されない。

  • オートコレクト リストが読み込まれず、変更が保存されない。

  • 回復された文書は手動でしか開けない。

  • /a および /n を除くすべてのコマンド ライン オプションが無視される。

  • ファイルが代替起動ディレクトリに保存されない。

  • ユーザー設定が保存されない。

  • 追加機能とプログラムは手動でしか読み込まれない。

  • アクセス権が制限されている文書を作成または開くことができない。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×