Windows Mobile 6.5 でメールをセットアップする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows Mobile 6.5 で Exchange ActiveSync メールをセットアップできます。デバイスで Exchange アカウントをセットアップすると、メール、予定表、連絡先にアクセスしたり、同期したりできるようになります。メールしか使わない場合は、Windows Mobile 6.5 で POP または IMAP のメールをセットアップできます。

Windows Mobile 6.5 で Exchange ActiveSync メールをセットアップする

  1. [スタート]、[メッセージング]、[電子メールの設定] の順にタップします。

  2. メール アドレスとパスワードを入力して、[次へ] をタップします。

  3. [インターネットからメール設定を自動的に取得する] チェック ボックスがオンになっていることを確認して、[次へ] をタップします。

  4. 携帯電話は、インターネットから設定を自動的に取得しようとします。取得できなかった場合は、[次へ] をタップします。それ以外の場合は、手順 8 に進みます。

  5. [電子メール プロバイダー] で [Exchange サーバー] を選び、[次へ] を 2 回タップします。

  6. メール アドレス (例: takashi@contoso.com) を入力して、[次へ] をタップします。

    メール アドレス (たとえば、tony@contoso.cn) を入力し、[次へ] をタップします。

  7. [サーバー] ボックス内をタップしてサーバー名を入力して、[次へ] をタップします。自分の Office 365 のメールに接続している場合、サーバー名は outlook.office365.com です。Office 365 を使っていない場合は、後述の Exchange ActiveSync のサーバー名を確認するを参照してください。

    [サーバー ] ボックスと、サーバー名を入力し、[次へ] をタップします。Office 365 メールに接続する場合、サーバー名のpartner.outlook.cnを使用します。Office 365 を使用していない場合は、この記事の後半でActiveSync のサーバー名を検索するを参照してください。

  8. ユーザー名とパスワードを入力し、[次へ] をタップします。ユーザー名は、完全なメール アドレスです。

  9. デバイス上に表示する項目のチェック ボックスをオンにして、[完了] をタップします。

  10. 電話にポリシーを適用することを Exchange ActiveSync から要求された場合は、[OK] をタップします。ポリシーを適用すると、携帯電話でパスワードを設定し、電話を紛失したり盗難にあった場合に、リモート デバイス ワイプを使って携帯電話のすべてのデータを消去できます。

ヘルプを参照する

メール プログラムが Exchange ActiveSync のサーバー名を自動的に認識できない場合、手動での検索が必要になることがあります。

  • Office 365 メールに接続している場合は、outlook.office365.com を Exchange ActiveSync のサーバー名として使います。

  • Exchange メールボックスに接続していて Office 365 を使っていない場合、または Office 365 を使っているのかどうかわからない場合は、次の手順に従って Exchange ActiveSync サーバー名を見つけます。

  1. Outlook Web Appを使ってアカウントにサインインします。サインインのヘルプは、「 Outlook on the Web にサインインする」を参照してください。

  2. Exchange メールボックスに接続している Office 365 を使っていない場合は、Exchange ActiveSync のサーバー名が含まれている、ブラウザーのアドレス バーに、Web 上で、先頭https://となしの Outlook にサインインしているときに、末尾の/owaをします。たとえば、Web 版 Outlook へのアクセスに使用するアドレスが https://mail.contoso.com/owa の場合は、Exchange ActiveSync のサーバー名はmail.contoso.comします。

  3. 上記の情報を使って、メールボックスに接続できない場合は、Outlook Web App のオプションに表示されるサーバー名の値を使ってみてください。

    1. Outlook Web App] で、ツールバーで、[ 設定アイコン設定] をクリックして >メール> POP、IMAP、およびします。

      注: POP3 アカウントをセットアップするのではありませんが、Exchange ActiveSync サーバー名を確認するのにこの値を使います。

    2. [POP の設定] で、[サーバー名] の値を確認します。

      [サーバー名] の値が [outlook.office365.com] の場合、アカウントは Office 365 職場や学校のアカウントであるため、outlook.office365.com を Exchange ActiveSync のサーバー名として使うことができます。

      [サーバー名] の値が [outlook.office365.com] 以外の場合は、オプション ページに表示されるサーバー名を使ってみてください。たとえば、サーバー名が mail.contoso.com の場合は、mail.contoso.com を Exchange サーバー名として試してください。

メール プログラムが Exchange ActiveSync のサーバー名を自動的に認識できない場合、自分で検索する必要が出てくることがあります。

Office 365 メールに接続する場合は、Exchange ActiveSync のサーバー名としてpartner.outlook.cnを使用します。Office 365 の最新バージョンを使用している場合は、Exchange ActiveSync のサーバー名partner.outlook.cnを使用できます。

Office 365 を使っていない場合、または使っている Office 365 が最新バージョンかどうかがわからない場合、次の手順を実行して Exchange ActiveSync サーバー名を見つけます。Exchange ActiveSync サーバー名を確認するには、次の手順に従います。

  1. Outlook Web Appを使ってアカウントにサインインします。

  2. Outlook Web App] ツールバーで、クリックしての設定 設定アイコン >メール> POP、IMAP、およびします。

    注:  POP3 アカウントをセットアップするのではありませんが、Exchange ActiveSync サーバー名を確認するのにこの値を使います。

  3. [POP の設定] で、[サーバー名] の値を確認します。

  4. Partner.outlook.cnを表示するサーバー名場合、は、 職場や学校のアカウントは、Office 365 の最新バージョンにあり、 partner.outlook.cnを Exchange ActiveSync のサーバー名として使用することができます。

  5. [サーバー名] の値が形式 podxxxxx います。 場合、partner.outlook.cn、 職場や学校のアカウントアカウントはまだ、Office 365 の最新バージョンで、Exchange ActiveSync のサーバー名としてm.partner.outlook.cnを使用することができます。

  6. [サーバー名] の値には、組織の名前、たとえば、pop.contoso.cn が含まれています場合は、Web 上の Outlook にサインインしているときに、ブラウザーのアドレス バーに、Exchange ActiveSync のサーバー名が含まれているのが先頭https。://末尾/owaなし。たとえば、Web 版 Outlook へのアクセスに使用するアドレスが https://mail.contoso.cn/owa の場合は、Exchange ActiveSync のサーバー名はmail.contoso.cnします。

  1. [スタート]、[メッセージング]、[電子メールの設定] の順にタップします。

  2. メール アドレスとパスワードを入力して、[次へ] をタップします。

  3. [インターネットからメール設定を自動的に取得する] チェック ボックスをオフにして、[次へ] をタップします。

  4. [電子メール プロバイダー]で [インターネットメール] を選び、[次へ] をタップします。

  5. 自分の名前 (例: 鈴木隆) とオプションで [アカウントの表示名] を入力して、[次へ] をタップします。

  6. [受信メール サーバー] を入力します。Office 365 メールに接続している場合、IMAP または POP サーバー名は outlook.office365.com です。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半の「POP または IMAP サーバー名を検索する」を参照してください。

    [受信メール サーバーを入力します。Office 365 のメールに接続して、IMAP または POP サーバー名がpartner.outlook.cnします。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半でPOP または IMAP のサーバー名を検索するを参照してください。

  7. [アカウントの種類] ([POP3] または [IMAP4]) を選び、[次へ] をタップします。

  8. ユーザー名 (例: takashi@contoso.com) を入力して、[次へ] をタップします。パスワードは手順 2 で既に入力されています。

    ユーザー名 (たとえば、tony@contoso.cn) を入力し、[次へ] をタップします。パスワードは、手順 2 の既に入力する必要があります。

  9. 送信 (SMTP) メール サーバー名を入力します。Office 365 メールに接続している場合、SMTP サーバー名は smtp.office365.com です。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半の「POP または IMAP サーバー名を検索する」を参照してください。

    送信 (SMTP) メール サーバーの名前を入力します。Office 365 のメールに接続して、SMTP サーバー名がsmtp.office365.cnします。Office 365 を使っていない場合は、この記事の後半でPOP または IMAP のサーバー名を検索するを参照してください。

  10. [送信サーバーで認証を要求する] チェック ボックスをオンにし、[送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する] がオンになっていることを確認します。

  11. 携帯電話で新しいメッセージを自動的に確認する頻度を選びます。携帯電話で新しいメッセージを自動的に確認しない場合は、[手動] を選びます。

  12. [完了] をタップします。

Office 365 のメールに接続している場合、IMAP または POP サーバー名は outlook.office365.com であり、SMTP サーバー名は smtp.office365.com です。

Office 365 メールに接続して場合、IMAP または POP サーバー名] がpartner.outlook.cnであり、SMTP のサーバー名smtp.office365.cnします。Office 365 の最新バージョンを使用している場合、これらの設定を使用できます。

Exchange メールボックスに接続していて Office 365 を使っていない場合、または Office 365 を使っているのかどうかわからない場合は、次の手順に従って設定を確認します。

  1. Outlook Web Appを使ってアカウントにサインインします。サインインのヘルプは、「 Outlook on the Web にサインインする」を参照してください。

    Outlook Web Appを使ってアカウントにサインインします。

  2. ツールバーで、[Web 上の Outlook で [ 設定アイコン の設定] をクリックして >オプション>アカウント>マイ アカウント> POP または IMAP アクセスの設定します。

  3. POP3、IMAP4、SMTP サーバー名および入力しなければならない可能性のある他の設定は、[POP、IMAP、および SMTP アクセスの設定] ページの [POP 設定] または [IMAP 設定] と [SMTP 設定] に表示されます。

他に必要な情報はありますか?

  • メール アカウントが登録が必要な種類の場合は、初めてOutlook Web Appへのサインイン登録する必要があります。Outlook Web Appから自分のアカウントを登録していない場合、携帯電話で電子メール アカウントへの接続に失敗します。自分のアカウントにサインインした後にサインインします。携帯電話番号を使用して接続を試みます。

  • パスコードを作成するように求められ、作成しなかった場合は、メールを送受信できません。

  • 携帯電話に送られてきたポリシーに同意しないと、携帯電話の情報にアクセスできません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×