Windows Live メール 2012 が Outlook.com に接続されない

この記事では、Windows Live メール 2012 のメール アプリケーションが @outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com アカウントへの接続を停止したときに、これらのメール アカウントにアクセスするための代替手段について説明します。

注: Windows Essentials 2012 スイート製品のサポートは 2017 年 1 月 10 日に終了しました。現在はダウンロードできません。

背景

末尾が @outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com で終わるメール アカウントは、Outlook.com で利用できるアカウントです。Outlook.com は新しいインフラストラクチャにアップグレードされました。メールと予定表が一新され、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性が強化されます。

Windows Live メール 2012 アプリケーションは、Outlook.com に接続されなくなります

Windows Live メール 2012 は、これらのアカウントのメール、連絡先、予定表イベントと同期しなくなります。これは、Windows Live メール 2012 が、新しい Outlook.com が使用する最新の同期テクノロジをサポートしていないためです。

現在、個人でご利用になっているコンピューターで、Windows Live メール 2012 に保存されている既存のメール、連絡先、予定表イベントのデータには引き続きアクセスできます。ただし、Outlook.com アカウントから新規のメール、予定表イベント、連絡先データにアクセスするには、下記のいずれかの代替方法に切り替える必要があります。

使用可能な代替方法:

Windows Live メール 2012 が Outlook.com アカウントに接続しなくなったときに使用できる代替方法を紹介します。

Web ブラウザー

Web ブラウザーで www.outlook.com にアクセスして、@outlook.com、@hotmail.com、@msn.com、または @live.com のメール アドレスとパスワードを入力してサインインし、メール、連絡先、予定表のデータを管理します。

Windows のメール アプリ

Windows Live メール 2012 の代わりとして、Windows の組み込みのメール アプリをお勧めします。組み込みのメール アプリは、現在 Outlook.com ユーザーに最も使用されているメール アプリケーションです。このメール アプリは、新しい Outlook.com を操作するために設計され、最新のタッチ対応のインターフェイスが提供され、Windows プラットフォームと統合されています。メール アプリは、Windows 8.1 および Windows 10 にプレインストールされています。Windows Live メール 2012 と同様に、Windows のメール アプリは無料です。

Windows 8.1 のメール アプリを使用する

  1. [ [スタート メニュー] ボタン。 ] を選択します。

  2. [メール] タイルを選び、アプリを起動します。

    Windows 7 のスタート画面のメール タイル

  3. [設定]、[アカウント]、[アカウントの追加] の順に移動します。

  4. 追加するアカウントの種類を選び、画面の手順に従って @outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com のメール アドレスとパスワードを入力して [サインイン] します。

Windows 10 のメール アプリを使用する

  1. [ [スタート メニュー] ボタン。 ]、[すべてのアプリ]、[メール] の順に選んでアプリを起動します。

  2. [はじめに]、[アカウントの追加] の順に選択します (以前、メール アプリにアクセスしたことがある場合は、 Windows メールの設定ボタン 、[アカウントの管理]、[アカウントの追加] の順に選択します)。

  3. @outlook.com、@hotmail.com、@live.com、または @msn.com のメール アドレスとパスワードを入力し、[サインイン] を選びます。

  4. [ Windows メールの設定ボタン ]、[アカウントの管理] の順に選択して、自分のアカウントを選択し、[メールボックスの同期設定を変更] を選択して、Outlook.com のデータとメール アプリを同期する期間を設定します。

追加の手順については、「Windows 8.1 のメール アプリ」または「Windows 10 のメール アプリ」を参照してください。上記の手順が完了すると、予定表イベントは Windows のカレンダー アプリと同期し、連絡先データは Windows の People アプリと同期します。

Windows 7 を使用している場合は、最新バージョンの Windows にアップグレードすると、メール アプリやその他の機能を利用したり、Web ブラウザーでメール アカウントにアクセスしたりできるようになります

Windows 版 Outlook 2016

Office 365 サブスクリプションには、Outlook 2016 メール アプリケーションだけではなく、Windows 7、Windows 8/8.1、Windows 10 で動作する Word、PowerPoint、Excel、Outlook 2016 など、その他の仕事効率化のアプリケーションも含まれています。Outlook 2016 の使用を開始するには、「Outlook.com アカウントを Windows 版 Outlook に追加する」を参照してください。

Windows Live メール 2012 アプリケーションのローカルに保存されているデータに関するユーザー向けの特別な指示

注: このセクションは、ローカルの保存フォルダーにメールを保存しているユーザー、または Windows Live メール 2012 アプリケーションのローカルに連絡先を保存しているユーザーにのみ適用されます。

Windows Live メール 2012 アプリケーションでは、Outlook.com アカウントからメールを取り出して、ローカルの保存フォルダーにオフラインで保存することができます。同様に、連絡先データをオフラインでローカルに保存することができます。この機能を使用して Outlook.com アカウントのデータを取り出した場合、使用する新しいメール アプリケーションと同期されるように、アップグレード前に Outlook.com アカウントにデータを戻すことをお勧めします。次に、Outlook.com アカウントに接続するときに、Web ブラウザーや新しいメール アプリケーションを使用して、Outlook.com アカウントでデータにアクセスできるようにデータを移動する手順について説明します。

Windows のメール アプリにデータを移動する

次の手順を行って、Windows Live メール 2012 アプリケーションのローカルに保存されているデータを Outlook.com アカウントに移動します。この手順は、アカウントのアップグレードが開始される 2016 年 6 月末前に完了してください。

ローカルに保存されたメールの場合

  1. Windows Live メール 2012 メール アプリケーションを開きます。

  2. Outlook.com アカウントと同期するフォルダーの一覧に 1 つ以上のフォルダーを作成します。Outlook.com アカウントの形式は、@outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com の場合があります。また、Windows Live または Microsoft アカウントと呼ばれることもあります。

  3. 保存フォルダーの一覧で、移動するメールが含まれるフォルダーを開きます。

  4. ローカル フォルダーのすべてのメッセージを選択して (Ctrl キーを押しながら A キーを押します)、手順 2 で作成した新しいフォルダーにメールをドラッグ アンド ドロップするか、コピーして貼り付けます。Outlook.com アカウントにアップロードするすべてのローカルの保存フォルダーに対してこの手順を行います。

  5. メール アカウントを同期して、Outlook.com にフォルダーを作成し、メールをアップロードします。

  6. Web ブラウザーで www.outlook.com のメール アカウントにログインし、メールがアップロードされたことを確認します。

ローカルに保存された連絡先の場合

  1. ローカルに保存された連絡先を Windows Live メール 2012 からエクスポートします。

    1. Windows Live メール 2012 メール アプリケーションを開きます。

    2. [連絡先] を選びます。

    3. アップロード対象のローカルに保存された連絡先を選びます。

    4. リボンの [エクスポート] をクリックします。

    5. ドロップダウン メニューで .csv ファイル形式を選びます。

    6. [参照] をクリックし、連絡先を保存する場所を選びます。

    7. ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

    8. [次へ] をクリックし、エクスポートするフィールドの横にあるチェック ボックスをオンにします。オンにしたフィールドのみがエクスポートされるので、後で必要になる可能性があるすべてのフィールドをオンにします。

    9. [完了] をクリックします。

  2. Web 上で .csv ファイルを People (連絡先) にインポートします。

    1. Web ブラウザーで www.outlook.com のメール アカウントにログインします。

    2. アプリ起動ツール アイコンをクリックし、[People] を選びます。

      Outlook.com の [連絡先] タイル

    3. [インポートの開始] をクリックして、[People] メイン ページで連絡先をインポートします。

      [インポートの開始] が強調表示された [連絡先のインポート] メッセージ

    4. [Windows Live メール 2012] を選びます。

    5. ローカルに保存された連絡先の場合の手順で作成したファイルを参照して選びます。

    6. [アップロード] をクリックします。

      注: Outlook.com アカウントに接続する場合、予定表アイテムは Windows Live メール 2012 のローカルに保存されません。メール アドレスでサインインした後に Windows Live メール 2012 でデータを Outlook.com アカウントと同期すると、予定表アイテムは自動的に同期されます。

Windows 版 Outlook 2016 にデータを移動する

Windows 版 Outlook 2016 アプリケーションを使用する場合、Windows Live メールから Outlook 2016 に直接データを移動できます。メールと連絡先を Outlook 2016 に移動する詳細な手順については、「Windows Live メールの電子メール、連絡先、および予定表のデータを Outlook にエクスポートする」を参照してください。

注: Outlook.com アカウントのアップグレード後も、Windows Live メール 2012 のローカルに保存されたデータに引き続きアクセスできます。

よく寄せられる質問

Microsoft が今回の変更を行う理由

現在、Outlook.com は、Office 365 を利用した新しいインフラストラクチャにアップグレードされています。これにより、Office ドキュメントの共同作業が簡単になり、パートナーのアドインを使用して作業効率が上がり、重要な作業に集中できるようになります。この新しいインフラストラクチャでは、パフォーマンス、セキュリティ、信頼性が強化された最新の同期プロトコルを使用しています。Windows Live メール 2012 は、この新しいインフラストラクチャと互換性がない古い同期プロトコルを使用しています。

対応する必要があるユーザー

現在 Windows Live メール 2012 アプリケーションを使用して Outlook.com のアカウントの末尾が @outlook.com、@hotmail.com、@live.com、または @msn.com のメール アカウントに接続しているユーザーは、別のメール アプリケーションに切り替えるか、Web ブラウザーでメールにアクセスする必要があります。Windows Live メール 2012 アプリケーションを使用して、Outlook.com 以外の POP3 や IMAP プロトコルを使用するメール サービス (Gmail、Yahoo メールなどのサービス) に接続しているユーザーは、対応する必要はありません。また、Windows Live メール 2012 アプリケーションを使用していない Outlook.com ユーザーも対応する必要はありません。

Windows のメール アプリの使用について問題がありますが、Microsoft のサポートを受けられますか?

技術サポートが必要な場合、Microsoft のコミュニティ フォーラム (Windows 8.1 のメールのコミュニティ フォーラムまたは Windows 10 のメールのコミュニティ フォーラム) にお問い合わせください。

現在 Windows 7 を使用していますが、新しいバージョンの Windows にアップグレードしてメール アプリを使用できません。どのような選択肢がありますか?

Web ブラウザーで www.outlook.com にアクセスして、引き続き Outlook.com を使用できます。または、Windows 7、8/8.1、10 で動作する Outlook 2016 アプリケーションを使用します。Office 365 サブスクリプションには、Outlook 2016 デスクトップ アプリだけではなく、Word、PowerPoint、Excel、OneNote など、その他の仕事効率化のアプリケーションも含まれています。

ここで回答されていない Outlook.com アカウントに関するその他の質問がある場合はどうすればよいですか?

他のご不明な点がある場合は、Microsoft サポート ページを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×