Windows 8 の OneNote でノートブックを自動または手動で同期します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows 8 の OneNote を自動的にまま保持されますが、クラウド ベースのノートブックの同期常に、どのくらいの頻度を編集するに関係なく、再編成または変更します。サービス中断 (たとえば、長時間の飛行機による移動中にインターネット接続の損失) の後に OneNote では、もう一度接続するいると、すぐに、ノートが自動的に同期します。

ノートを手動で同期したい場合もあります (たとえば、シャットダウンする直前にノートブックに大量のメモやドキュメントを貼り付けたとき)。 手動で同期すると、確実に、最新の変更がすべて直ちにアップロードされるため、共有ノートブックの他の作成者がそれらの変更をすぐに確認できます。

ノートブックを手動で同期するには:
  1. いずれかのページで、左上隅の [最近のメモ] の横にあるグリッパー アイコンをタップします。

  2. 左側に表示される灰色のウィンドウで、同期するノートブックの名前をタップして押し続けます。 そのノートブックの周囲に太い枠線とチェックマークが表示されて、それを選んだことが確認できます。

  3. 画面下部に表示されたアプリ バーの、[同期] をタップします。

ノートブックを手動で同期しても、OneNote によるノートブックの定期的な自動同期や実行中の同期には影響はありません (設定の内容どおりに実行されます)。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×