Windows 8 で OneDrive for Business アプリを使う

Windows 8 で OneDrive for Business アプリを使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows 8 で OneDrive for Business アプリを使って、クラウド内の作業ドキュメントや他のファイルの保存、アクセス、共有を行います。

OneDrive for Business アプリへのサインインとサインアウト

Windows 8 で OneDrive for Business アプリにサインインするには、SharePoint または Office365 のユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選びます。

アプリをサインアウトするには、[設定]、[オプション]、[サインアウト] の順に選びます。

OneDrive for Business ファイルを参照する

OneDrive for Business アプリにサインインすると、自分のファイルとフォルダーがある場所に直接移動します。任意のアイテムをタップまたはクリックして開きます。

各アイテムの下にあるラベルは、最後に更新された日時および現在共有されているかどうかを示します。

最後に開いたファイルを表示するには、ページの上部にある下向き矢印を選んで、[最近のドキュメント] を選びます。

OneDrive for Business の [表示] メニュー

ファイルやフォルダーを OneDrive for Business アプリにアップロードする

ファイルを OneDrive for Business アプリにアップロードするには、次の手順に従います。

  1. 画面の下部から上へスワイプするか、空白部分を右クリックして、画面の下部にアクション バーを表示します。
    OneDrive for Business 操作バー

  2. [アップロード] を選びます。

  3. [ファイル] を選びます。

  4. アップロードするファイルを参照し、選びます。ファイルを選ぶと、下部のアクション バーに追加されます。

  5. [OneDrive for Business にアップロード] を選びます。
    OneDrive for Business へのアップロード用に選んだファイルを含む操作バー

フォルダーを OneDrive for Business アプリにアップロードするには、次の手順に従います。

  1. 画面の下部から上へスワイプするか空白部分を右クリックして、画面の下部にアクション バーを表示します。

  2. [アップロード] を選びます。

  3. [フォルダー] を選びます。

  4. アップロードするフォルダーを参照し、選びます。

  5. [このフォルダーを選択]、[OK] の順に選びます。

他のアプリから OneDrive for Business 上のファイルを開いたり保存したりする

他のアプリで、コマンド ([参照]、[開く]、[名前を付けて保存] など) を選んで、ファイルを開くか保存します。矢印をタップまたはクリックしてファイルの場所を選び、一覧から OneDrive for Business を選びます。

別のアプリから OneDrive for Business を選ぶ

OneDrive for Business アプリでファイルを選ぶ

OneDrive for Business でファイルまたはフォルダーを選ぶと、画面の下部にアクション バーが表示されます。

OneDrive for Business で選ばれたファイル

タッチスクリーンで OneDrive for Business のファイルを選ぶには、ファイルを押しながら下または上にスワイプします。スナップ モードになっている場合は、ファイルの左側または右側を押しながらスワイプします。

マウスを使ってファイルを選ぶには、ファイルを右クリックします。

ファイルの名前を変更する

  1. 名前を変更するファイルを選びます

  2. アクション バーの [管理] を選びます。

  3. [名前の変更] を選びます。

  4. 新しい名前を入力し、[名前の変更] を選びます。

注: フォルダーの名前を変更することはできません。フォルダーの名前を変更するには、ブラウザーでフォルダーのプロパティを編集します

ファイルを削除する

  1. 削除するファイルを選びます

  2. アクション バーの [管理] を選びます。

  3. [削除] を選びます。

  4. [削除] をもう一度選んで確認します。

フォルダーを作成する

  1. 画面の下部から上にスワイプするか空白部分を右クリックして、画面の下部にアクション バーを表示します。

  2. [新しいフォルダー] を選びます。

  3. 名前を入力し、[フォルダーの作成] を選びます。

OneDrive for Business のファイルやフォルダーを共有する

OneDrive for Business のファイルは、組織内のユーザーと共有できます。

注: 組織外のユーザーとファイルを共有するには、O365 テナント管理者がその機能を有効にしている必要があります。詳しくは、「組織外の人とサイトまたはドキュメントを共有する」をご覧ください。

ファイルを共有する

  1. 共有するファイルを選びます

  2. アクション バーの [共有] を選びます。
    ファイルを既に共有している場合は、ファイルを共有しているユーザーの一覧が表示されます。

  3. ファイルを共有する相手のメールアドレスを [共有相手] ボックスに入力します。複数のメール アドレスをカンマで区切って入力することができます。
    + アイコンを選んで連絡先一覧内のユーザーを選ぶこともできます。

  4. 共有のアクセス許可を設定します。既定の設定は [受信者に編集を許可する] です。
    ファイルを共有するために招待した各ユーザーについて後で共有の権限を変更することができます。

  5. 必要な場合は、メッセージを追加します。

  6. [共有] を選びます。
    ファイルを共有するために招待したユーザーは、ファイルへのリンクとメッセージ (追加されている場合) が含まれるメールを受け取ります。

共有の権限を変更する

  1. 共有の権限を変更するファイルを選びます

  2. アクション バーの [共有] を選びます。

  3. 権限を変更するユーザーの名前を選びます。

  4. 必要な権限を選びます。

ユーザーとのファイルの共有を停止する

  1. ファイルの共有を停止するファイルを選びます

  2. アクション バーの [共有] を選びます。

  3. ファイルの共有を停止するユーザーの名前を選びます。

  4. [共有の停止] を選びます。

ファイルのローカル コピーをダウンロードする

OneDrive for Business ファイルのコピーをファイル システムにダウンロードすることができます。この操作は、オフラインでファイルを表示できるようにしたい場合などに実行できます。

  1. ダウンロードするファイルを選びます

  2. アクション バーの [ダウンロード] を選びます。

  3. ダウンロードしたファイルを保存するフォルダーを参照し、[このフォルダーを選択] を選びます。

  4. [OK] をクリックします。

注: Web ブラウザーでも OneDrive for Business に接続する場合は、OneDrive for Business ライブラリをコンピューターに同期することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×