Windows 10 の OneNote でのスペルをチェックします。

Windows 10 の OneNote でのスペルをチェックします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

入力時にスペル チェックを行う

Windows 10 の OneNote をチェックし、赤の波線でスペル ミスを潜在的です。

赤色の波線で示されたスペル ミス

下線付きの単語を右クリックし、校正のオプション] から修正候補の単語を選択し、辞書に単語を追加する、またはエラーを無視します。

作業に合わせて、スペル ミスを非表示にする場合は、[設定] を選びます >オプション>文章校正を変更して、トグル スペル ミスを非表示にします。

別の言語でスペルをチェックします。

別の言語のテキストを含むノートを作成する場合、対応する言語でスペル チェックを行うことができるようになりました。選択したテキストを右クリックして、[言語の設定] を選択し、選択したテキストのスペル チェックを行うときに使用する言語を指定します。

言語の設定方法のコンテキスト メニューでフランス語が選択されたテキスト

注: まだ校正ツールをインストールしていない場合は、初めて言語を選択すると、警告が表示されることがあります。表示されたメッセージに従い、言語を追加します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×