Windows 10 の予定表で 1 つのイベント、定期的なイベント、会議を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

使用できるいずれかの予定表でイベントを設定するか、他のユーザーをイベントに招待して会議を作成できます。 イベントに開始時刻と終了時刻を指定するか、終日のイベントにすることができます。

新しいイベントを作成する

  1. 予定表で、イベントを発生させる曜日を選択するか、予定表の上部にある [新しいイベント] を選択します。

  2. イベント名を入力し、イベントの開始時刻と終了時刻を選び、場所を入力して、アラーム時刻を設定します。 イベントを終日イベントにするには、[終日] を選択します。

    注: 複数の予定表がある場合は、イベント名の上にあるドロップダウンを選択し、イベントを追加する予定表を選びます。

  3. イベントに詳細情報を追加したり、他のユーザーを招待したりすることができます。 これらのオプションが表示されない場合は、[詳細] を選択します。

    • 予定表でイベントを表示する方法を選択するには、[表示方法] の横にあるドロップダウンを選択します。 [空き時間]、[仮の予定]、[予定あり]、[外出中] から選ぶことができます。

    • イベントを非公開にするには、南京錠アイコンを選びます。 イベントの詳細は、予定表を共有しているユーザーには表示されません。

      予定表でイベントを非公開にする

      注: 携帯電話またはタブレットで、これらのオプションの一部にアクセスするには、ページの下部にある 3 つの点をクリックする必要があります。

    • 他のユーザーを招待するには、[他のユーザーを招待] ボックスにメールアドレスを入力します。 会議には複数のユーザーを追加できます。

      注: 携帯電話またはタブレットでは、画面の上部にある [連絡先] を選んで、他のユーザーを会議に招待します。

  4. 完了したら、[イベントの保存] または [会議の送信] を選択します。

    注: 会議出席依頼の場合、[送信] を選ぶと、会議が予定表に保存され、会議に招待した各ユーザーに招待状が送信されます。

定期的なイベントを設定する

  1. 予定表の上部にある [新しいイベント] を選択します。

  2. 新しいイベントまたは会議出席依頼で、ツールバーの [繰り返し] を選びます。

  3. [繰り返し] セクションの [開始日] に入力します。

  4. [毎週] の横にあるドロップダウンを選び、定期的なイベントを [毎日]、[毎月]、または [毎年] のイベントに変更します。

  5. イベントの間隔を選びます。 たとえば、毎週月曜日、水曜日、および金曜日に発生するイベントを作成するには、[毎週] の繰り返しを選び、[]、[]、および [] のボックスをオンにします。 毎月第 1 金曜日に発生するイベントを作成するには、[毎月] の繰り返しを選び、第 1、第 2、第 3、第 4、または最後のオプション、および曜日を選びます。

  6. 定期的なイベントを特定の日付までに終了するには、[終了] 日を選びます。

  7. 完了したら、[イベントの保存] または [会議の送信] を選択します。

さらにサポートが必要な場合

メール-カレンダー-サポートブロック

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×