Windows 10 のメールでのメッセージの作成、読み取り、および返信

Windows 10 のメール アプリを使って、複数のアカウントからのメッセージをすばやく読んで返信したり、ファイルや画像を送信したり、不在時に自動応答を設定したりできます。携帯電話を含む任意の Windows 10 コンピューターまたはデバイスでメールアプリにアクセスできます。

メール アカウントのセットアップについては、「Windows 10 のメールで電子メールをセットアップする」を参照してください。メッセージの送受信に関して問題がある場合、またはメッセージや予定表エントリの一部またはすべてを見ることができない場合は、「自分のメール メッセージまたはイベントがある場所」を参照してください。

メールを作成して送信する

新しいメッセージを作成するときは、フォントの変更、ファイル、画像、表、リンクの追加、メッセージの重要度の設定、スペルのチェック、拡大または縮小、メッセージ内のテキストの検索などを行うことができます。

注記: 

  • すべての新しい電子メール メッセージの既定のフォントまたはテキストの色を設定することはできません。変更は現在作成中のメッセージにのみ適用されます。

  • Windows 10 のメール では、送信メッセージを開封確認メッセージに設定することはできません。

新しいメッセージを作成する

Windows 10 のメール で新しいメッセージを作成するには、[新規メール] を選びます。[新規メール] が表示されない場合は、[+] 記号を選びます。

[新規メール] を選択して新しいメッセージを作成する [+] を選択して新しいメッセージを作成する

Windows 10 のメール で複数のメール アドレスを使用し、受信トレイをリンクしていない場合は、[新規メール] を選ぶと、現在表示しているメール アカウントで新しいメッセージが開かれます。

複数のメール アドレスの受信トレイをリンクしている場合は、[新規メール] を選ぶと、リンクされているメール アドレスの一覧が表示され、そこから選ぶことができます。メール アドレスを選ぶと、新しいメッセージが開きます。

新しいメッセージを送信するアカウントを選択する

受信者を追加するには、[宛先] フィールドにメール アドレスを入力します。また、[受信者の追加] アイコン メール メッセージに受信者を追加する を選ぶと、連絡先の一覧が表示されます。CC または BCC で誰かにメールするには、選択、[CC と BCC] オブジェクトを選びます。

メッセージの作成が終わったら、[送信] を選びます。メッセージを残しておかない場合は、[破棄] を選びます。これらのどのオプションも選ばないでメッセージ一覧の別のメッセージに移動した場合は、新しいメッセージは [下書き] フォルダーに保存されます。後で書きかけのメッセージに戻る場合は、[下書き] フォルダーを選び、下書きの一覧からメッセージを選びます。メッセージの作成を完了して、[送信] を選びます。

フォントの変更、スペルのチェック、画像、ファイル、表、リンクの追加

Windows 10 のメール では、多様なフォント、フォント サイズ、色、および特別な書式設定オプションがサポートされています。ファイル、画像、リンク、および表を挿入することもできます。さらに、スペルをチェックし、重要度を設定し、表示を拡大/縮小し、メッセージ内を検索することができます。

  • フォントを変更し、テキストを強調表示する

    新しいメッセージのフォントを変更するには、[書式] タブの太字、斜体、下線ボタンを使うか、または下線ボタンの右側にあるドロップダウンを使って、特定のフォントやフォント サイズの選択、強調表示の追加、フォントの色の変更を行います。

    Outlook メール アプリの [書式] タブ

    注: すべての新しい電子メール メッセージの既定のフォントまたはテキストの色を設定することはできません。変更は現在作成中のメッセージにのみ適用されます。

  • ファイル、表、画像、リンクの挿入

    メッセージにさまざまな種類のコンテンツを追加するには、[挿入] タブを使います。

    メールの [挿入] タブ

    注: カーソルがメッセージ本文にない場合、[挿入] タブで表、図、またはリンクを追加できません。まだ [宛先] フィールドまたはメッセージの件名を編集している場合は、これらのオプションを使用できません。

    添付ファイルをメール メッセージに追加するには、[ファイル] オプションを選びます。

    メール メッセージの本文に画像が表示されるように画像を挿入するには、[] を選びます。

    注: ファイルまたは画像として、画像を挿入することができます。ファイルを選んだ場合、受信者がメール メッセージを開いたときに、画像が表示されないことがあります。ただし、受信者が添付ファイルをダブルクリックすると、画像が表示されます。

    表を追加するには、[] を選びます。既定では、3 行 3 列の表がメッセージに挿入されます。[削除] を選んで行や列を削除したり、[挿入] を選んで行や列を挿入することができます。表の外観をカスタマイズするには、ツール バーに表示される他のボタンを使います。

    Web サイトにハイパーリンクを追加する場合は、[リンク] を選びます。URL やアドレス以外のものをリンクに表示する場合は、[表示するテキスト] フィールドに入力します。URL またはアドレスを表示する場合は、このフィールドを空白のままにしておきます。[アドレス] フィールドにリンクの URL を入力した後、[挿入] を選びます。

  • スペルのチェック、メールの重要度の設定、メッセージ内の検索

    Outlook Mail アプリの [オプション] タブ

    スペルをチェックするには、[スペル チェック] ボタンを選びます。スペル チェックでは Windows の既定の言語が使われますが、[スペル チェック] の横にあるドロップダウンを使って異なるスペル チェック言語を選ぶことができます。

    メッセージが非常に重要な場合は、感嘆符アイコンを選びます。多くのメール プログラムでは、高優先度指定の有無でメッセージの表示が異なります。受信者がすぐに読む必要のない参考情報のような重要ではないメッセージの場合は、下向き矢印を選んでメッセージを低優先度に指定できます。

    メッセージ内の語句を検索する必要がある場合は、[検索] を選んで語句を入力します。指定した語句の出現箇所がすべて強調表示されます。

    作成中の新しいメッセージの表示方法を変えるには、[ズーム] を選びます。フォントのサイズにはどのような影響もありません。

    注: Windows 10 のメールでは、送信メッセージに開封確認を設定できません。また、メッセージをフォルダーへ自動的に転送または移動する規則を作成できません。

メッセージを読み返信する

Windows 10 のメール にアカウントを追加したら、アプリを使用して、メッセージを読んで返信できます。新しいメッセージはすべて、閲覧ウィンドウの左側のメッセージ一覧に表示されます。

注: Windows 10 のメール では、メッセージ一覧または閲覧ウィンドウを非表示にすることはできません。

メッセージの上部にあるツール バーからメール メッセージに返信、全員に返信、転送、削除、フラグを設定できます。[詳細] 詳細アイコン を選択した場合、メッセージを未読とマークしたり、メッセージを別のフォルダーに移動したり、メッセージ内を検索したり、メッセージ間を移動したり、メッセージを .eml ファイルとして保存したり、メッセージを印刷したりするなどの追加の操作を実行できます。

メッセージを読む

すべてのメッセージはメッセージ一覧に表示されます。メールを初めて設定すると、メッセージはスレッド (件名) によってグループ化され、メール メッセージの最初の数語が件名の下のメッセージ一覧に表示されます。メッセージを読むには、メッセージ一覧でメッセージを選びます。メッセージが閲覧ウィンドウで開かれます。閲覧ウィンドウを非表示にする、閲覧ウィンドウを移動する、または新しいウィンドウでメッセージを開くことはできません。

  • メッセージを既読にする

    メッセージ一覧で現在のメッセージから次のメッセージに移動すると、メッセージは自動的に既読になります。[設定] の [閲覧] を選び、アイテムを既読として指定するオプションのいずれかを選ぶことによって、この動作をオフにしたり、異なる動作を選んだりできます。

  • スレッド別のグループをオフにする、メッセージの最初の数文字を非表示にする

    [設定]、[閲覧] の順に選びます。[スレッド] セクションまで下にスクロールし、[プレビュー テキストを表示する] および [メッセージをスレッド別に整理して表示する] を [オン] または [オフ] にします。複数のアカウントがある場合、[メッセージをスレッド別に整理して表示する] の選択は、[アカウントの選択] ドロップダウンに表示されているアカウントにのみ適用されます。

  • コンテンツをダウンロードする

    画像が表示されるはずの場所に X またはプレースホルダーが表示されている場合、またはメッセージにダウンロードされなかったコンテンツがあることを示すメッセージが表示される場合は、メッセージの下端までスクロールして、[メッセージと画像をダウンロードする] を選びます。すべてのコンテンツが自動的にダウンロードされるようにすべてのメッセージについてこの設定を変更するには、[設定] の [閲覧] を選びます。[外部コンテンツ] で、アカウントを選んで [外部の画像やスタイルの書式を自動的にダウンロードする] を [オン] にします。

  • カーソル ブラウズを使う

    カーソル ブラウズを使うと、閲覧ウィンドウ内をクリックして、カーソルをテキスト行の任意の場所に配置できます。その後は、方向キーを使って、メッセージ内を上下に 1 行ずつ、または左右に 1 文字ずつ移動できます。カーソル ブラウズは既定ではオフになっています。オンにするには、[設定] の [閲覧] を選びます。スライダーを使って [カーソル ブラウズ] を [オン] にします。

メッセージへの返信

メッセージの返信、全員に返信、転送には、元のメッセージが含まれます。この動作を変更することはできませんが、そのメッセージ内のすべてのテキストを選択して削除することができます。

注: メッセージに返信すると、元のメッセージが返信に含まれますが、添付ファイルは含まれません。メッセージを転送すると、添付ファイルを含むメッセージ全体が受信者に送信されます。

返信を入力し、必要な添付ファイル、表、画像、リンクを追加した後、右上の [送信] を選んでメッセージを送信します。メッセージを送信しない場合は、[破棄] を選びます。

メッセージにフラグを設定する

メッセージにフラグを設定して、見つけやすくすることができます。フラグを設定するには、閲覧ウィンドウの [フラグの設定] オプションを選びます。フラグを削除するには、[フラグをクリア] を選択します。

メッセージ一覧にフィルター処理を実行して、フラグ付きの項目のみを表示することができます。この操作を行うには、メッセージ一覧の [すべて] の横のドロップダウンで [フラグあり] を選びます。

下書きを使う

送信しなかったメッセージまたは破棄したメッセージは、[下書き] フォルダーに自動的に保存されます。下書きに戻るには、[下書き] フォルダーを選び、メッセージを選びます。メッセージの編集が終わったら、[送信] を選びます。

受信トレイでのメッセージの表示がスレッド別の場合は、下書きの返信や転送も受信トレイに元のメッセージとグループ化されて表示されます。スレッド別の整理をオフにすると、下書きは [下書き] フォルダーのみに表示されます。

迷惑メールの処理

迷惑メールまたはスパムはよく見られる問題です。明らかに迷惑メールであるメール メッセージを受信した場合は、メッセージ一覧でメッセージを右クリックし、[迷惑メールに移動] を選択します。これにより、受信トレイからメッセージが削除され、[迷惑メール] フォルダーに送られます。移動できるメッセージは一度に 1 つだけです。

ヒント: [迷惑メールに移動] をサポートしていないメール アカウントもあります。

ビューのカスタマイズ

Windows 10 のメールでは、閲覧ウィンドウまたはメッセージ一覧の移動、非表示、サイズ変更はサポートされていません。 [フォルダー] ウィンドウの表示/非表示を切り替える を選んで、フォルダー ウィンドウを展開したり折りたたんだりすることはできます。

フォルダー ウィンドウを折りたたんでいる場合は、[+] 記号を選んで新しいメッセージを作成できます。

メールが届くまでに時間がかかりすぎる場合、または古いメッセージが見つからない場合

Windows 10 のメール は一定の間隔でメールをチェックします。メールをもっと頻繁にチェックしたり、以前のメッセージにアクセスしたりする場合は、同期設定を変更できます。

  1. [設定] 設定 、[アカウントの管理] の順に選択して、変更するアカウントを選択します。

  2. [メールボックスの同期設定を変更] を選択します。

    アカウントの同期オプションを変更する
    • 新しいメッセージをより頻繁にチェックするには、[新しいメールをダウンロードする頻度] で、適切な間隔を選択します。

      注: 既定の設定は [使用状況に応じて] で、受信するメッセージの数、インターネット接続、バッテリー寿命が考慮されます。

    • 以前のメッセージを表示するには、[ダウンロードするメールの期間] で [すべて] を選択します。

問題がある、または詳細情報が必要な場合

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×