Windows 10 で SharePoint を利用する

Windows 10 で SharePoint を利用する

Windows 10 は実行のための優れたプラットフォームです。SharePointただし、SharePoint、Windows 10 のブラウザー、Microsoft Edge、Internet Explorer 11 で問題が発生する可能性があります。

Internet Explorer 11 と Microsoft Edge

SharePoint で行う作業によって、Microsoft Edge と Internet Explorer 11 を切り替えると効果的です。

Microsoft Edge ブラウザー

Windows 10 の既定のインターネット ブラウザーは Microsoft Edge です。SharePoint ページを開くと、Microsoft Edge が起動し、サイト、ほとんどのアプリ、その他の構成要素を問題なく表示します。特にファイルのアップロードに優れています。ドラッグアンドドロップやアップロード ボタンで複数のファイルやフォルダーをドキュメント ライブラリにアップロードできます。

ただし、Microsoft Edge では、[エクスプローラーで開く] を使用して、ドキュメント ライブラリを開くことはサポートされていません。SharePoint 2016 と SharePoint 2013 の場合、SharePoint Online のクラシック操作環境と同様に、Microsoft Edge のリボン ボタンが淡色表示されます。SharePoint Online の場合、[表示] メニューに [エクスプローラーで開く] オプションがありません。

注: Microsoft Edge ブラウザーは定期的に更新されるように設計されています。Windows 10、Microsoft Edge の Anniversary Update で、ファイルとフォルダーのドラッグアンドドロップが追加されました。機能の変更や追加があるため、最新のバージョンを用意してください。無料の Windows 10 Anniversary Update はこちらで取得してください。

[エクスプローラー​​で開く] オプションが選ばれていますが、有効になっていません。

Microsoft Edge の SharePoint 2016

IE11 のエクスプローラーで SharePoint 2016 を開く

Internet Explorer 11 の SharePoint 2016

Microsoft Edge の [表示] メニュー

Microsoft Edge の SharePoint Online

Internet Explorer 11 で SharePoint Online を表示する

Internet Explorer 11 の SharePoint Online

Internet Explorer 11

Internet Explorer 11 も Windows 10 に付属しますが、手動で起動する必要があります。Internet Explorer は SharePoint のほとんどの作業で問題なく機能します。[エクスプローラーで開く] を使用してドキュメント ライブラリを開くことができます。Internet Explorer 11 では、ドラッグ アンド ドロップやアップロード ボタンでファイルをアップロードできます。フォルダーをアップロードすることはできません。この問題は、[エクスプローラーで開く] を使用してドキュメントを開くか、ドキュメント ライブラリとお使いのコンピューターを同期させることで回避できます。いずれの方法でも、コンピューターでエクスプローラーを利用し、ファイルやフォルダーをコピーまたは移動します。

注記: 

  • SharePoint クラシック操作環境で、Internet Explorer 11 または Microsoft Edge と共にエクスプローラーを使用する場合、信頼済みサイト フォルダーに次の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を用意する必要もあります。

  • <テナント>.sharepoint.com
    <テナント>-my.sharepoint.com
    <テナント>-files.sharepoint.com
    <テナント>-myfiles.sharepoint.com

  • <テナント> は会社の SharePoint 名です。たとえば、contoso.sharepoint.com 経由で SharePoint にアクセスする場合、<テナント> を Contoso に置換します。URL は contoso.sharepoint.com や contoso-my.sharepoint.com のようになります。

Windows 10 で Internet Explorer 11 または Microsoft Edge を起動する

Windows 10 の [スタート] メニューから Internet Explorer 11 または Microsoft Edge を簡単に起動できます。手順は次のとおりです。

Internet Explorer を起動する

  1. [スタート Windows 10 の [スタート] ボタン ] をクリックします。

  2. Internet Explorer」と入力し、[Internet Explorer] を選びます。

  3. ブラウザーが開いたら、SharePoint を起動できます。

Microsoft Edge が既定のブラウザーになっている場合、リンクからページを開くまで、セッションは Internet Explorer 11 に留まります。新しいリンクは既定のブラウザーである Microsoft Edge で開きます。

Microsoft Edge を起動する

  1. [スタート Windows 10 の [スタート] ボタン ] をクリックします。

  2. Edge」と入力し、[Microsoft Edge] を選択します。

  3. ブラウザーが開いたら、SharePoint を起動できます。

Windows 10 で既定のブラウザーを変更する

Internet Explorer 11 で作業する場合、あるいは既定のブラウザーを定期的に切り替える場合、次のように操作します。

  1. Windows 10 の [スタート] Windows 10 の [スタート] ボタン をクリックし、「既定のプログラム」と入力し、[既定のプログラム] をクリックします。

    Windows の既定のプログラム
  2. [Web ブラウザー] の [Microsoft Edge] をクリックし、[アプリの選択] ダイアログ ボックスの [Internet Explorer] を選択します。Internet Explorer から Microsoft Edge に切り替える場合、[Web ブラウザー] で [Internet Explorer] をクリックし、[Microsoft Edge] を選択します。

    Microsoft Edge または IE ブラウザーの既定のプログラムの選択
  3. [既定のアプリの選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

Windows 10 タスク バーに両方のブラウザーを追加する

いずれの Windows 10 ブラウザーにも長所があり、両方をすぐに使える状態にしておくと便利です。次の手順で画面の下部のタスク バーに Microsoft Edge と Internet Explorer 11 を配置します。

Windows 10 のタスク バー、Microsoft Edge アイコン、IE アイコン

タスク バーにブラウザーをピン留めする

  1. [スタート Windows 10 の [スタート] ボタン ] をクリックします。

  2. Internet Explorer」と入力し、[Internet Explorer] を右クリックし、[タスク バーにピン留め] を選択します。

  3. Edge」と入力し、[Microsoft Edge] を右クリックし、[タスク バーにピン留め] を選択します。

ご意見を寄せてください。

更新日: 2017 年 3 月 24 日

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

関連項目

Office 365 で Microsoft Edge ブラウザーを使用するときに発生する問題

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×