Windows 版 PowerPoint 2016 の新機能

Windows 版 PowerPoint 2016 の新機能

Office 365 のサブスクライバーには、Office 2016 の新機能と改善された機能が定期的に提供されます。このページでは、最新の機能について紹介します。

Windows デスクトップ用 PowerPoint 向け最新の更新プログラム

2017 年 7 月の機能更新プログラム、バージョン 1709 (ビルド 8431.2079) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

添付ファイルにすばやくアクセスする

[添付] アイコン

添付ファイルとして自分に送信されたファイルを検索するのにお困りではありませんか? もう心配はいりません。[ファイル]、[開く]、[自分と共有] の順にクリックするだけです。

詳細情報

新しいインク効果   

インク効果を表示する [ペン] ドロップダウン

虹、銀河、溶岩、海、金、銀などの新しいメタリック ペンとインク効果を使って、あなたの優れたアイデアを表現します。

詳細情報

すべての角度を表示する 3D モデルを挿入する

3D モデルを使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メッセージに視覚的かつ独創的なインパクトを与えます。3D モデルを簡単に挿入し、360 度回転させます。3D モデルで、変形画面切り替え効果を使用して PowerPoint プレゼンテーションに活気を与えます。スライド間で映画のようなアニメーションが作成されます。

詳細情報

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

新機能をいち早く使うには

Office Insider に登録して、新機能をいち早く確認し、ご意見をお聞かせください。

Office Insider に今すぐ参加する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

リリースに関するその他の情報

新しい機能を入手できる時期
Office 365 の新しい機能は、サブスクリプションのお客様すべてに行きわたるまでに、ある程度の時間がかかることがあります。

機能が展開される方法については、こちらを参照してください。

すべての更新プログラムの一覧
Office 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を入手します。

最新のリリース

サブスクライバーではなく、Office を初めて使用する場合
Office 365 サブスクリプションに加入せずに Office 2016 を使用する場合に、このバージョンの Office で利用できる機能を紹介します。

Office 2016 の新機能

以前のリリース

2017 年 6 月

2017 年 6 月の機能更新プログラム、バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

グラフのデザインの候補

グラフのデザインのアイデアが提案された PowerPoint デザイナー

スライドにグラフを挿入すると、PowerPoint デザイナーでレイアウトのアイデアが提案されます。

詳細情報

変更履歴の強調表示

変更の通知のスライド

PowerPoint はオンライン ドキュメントに加えられた変更を記録します。水色の強調表示は、ユーザーがまだ確認していない変更を示しています。

詳細情報

アクセシビリティを向上させるのに役に立つサウンド

Excel の簡単操作設定の部分ビュー

音声キューを有効にすると、作業中に操作を指示してもらうことができます。[オプション]、[簡単操作] の順に選択すると見つかります。アドインは必要ありません。

詳細情報

不在中の変更も記録

時計

ファイルを開くと、前回のアクセス以降に他のユーザーがプレゼンテーションに加えた変更が強調表示されます。

2017 年 5 月

2017 年 5 月の機能更新プログラム、バージョン 1706 (ビルド 8229.2073) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

グラフのデザインの候補

グラフのデザインのアイデアが提案された PowerPoint デザイナー

スライドにグラフを挿入すると、PowerPoint デザイナーでレイアウトのアイデアが提案されます。

詳細情報

カスタマイズ可能なポータブル ペン セット

ペン ギャラリー

手描き入力のためのペン、蛍光ペン、鉛筆の個人用セットを選び、アプリ全体で使用することができます。

詳細情報

2017 年 4 月の機能更新プログラム、バージョン 1705 (ビルド 8201.2075) の新機能と改善された機能をご覧ください。
使用している Office のバージョンを確認してください

ビデオとビデオのナレーションのクローズド キャプション

クローズド キャプションを追加すると、聴覚に障碍のあるユーザーやビデオの言語以外の言語を話すユーザーなど、より多くのユーザーを対象にプレゼンテーションを行うことができます。

詳細情報

PowerPoint でクローズド キャプションまたは複数のオーディオ トラックを再生

最近使用したリンクを挿入する

最近使用したクラウドベースのファイルや Web サイトにハイパーリンクを添付したり、スクリーン リーダーの利用者にわかりやすい表示名を作成したりするのが簡単になりました。

詳細情報

最近使用したリンクを挿入する

2017 年 3 月の機能更新プログラム、バージョン 1703 (ビルド 7967.2139) の新機能と改善された機能を確認してください。

クイックスターター

クイックスターターを使用すると、選択した主題のプレゼンテーション向けのリサーチ アイデアやデザインの提案が提供されます。クイックスターター テンプレートを [ファイル]、[新規] の順に選び、リサーチする主題を指定するだけです。

詳細情報

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

画像のアクセシビリティを高める

PowerPoint では、写真をスライドに追加するときに、自動的に写真の代替テキストが生成されます (PowerPoint では、クリップ アート、図、アイコンなどの描画された画像の代替テキストを生成しません)。詳細については、「代替テキストを画像に追加する」を参照してください。

詳細情報

PowerPoint で画像の代替テキスト機能

Dubai フォントの導入

読みやすく最適化され、アラビア語およびヨーロッパ言語をサポートしている、最新の高品質のフォント ファミリをお試しください。

詳細情報

2017 年 1 月の機能更新プログラム、バージョン 1701 (ビルド 7766.2060) の新機能と改善された機能を確認してください。

背景の削除がより簡単に

背景の削除の機能

図の背景の削除および編集が簡単になりました。PowerPoint は背景領域全体を自動的に検出するので、図の前景を四角形で囲む必要がなくなりました。維持または削除する領域にマークを付けるための鉛筆では、直線だけでなく自由な形式の線を描けるようになりました。

保持または削除する領域に印を付ける鉛筆 表を描くための鉛筆 を利用し、直線に限定されることなく、線を自由に描けるようになりました。

詳細情報

直線を描画するためのストレートエッジ

タッチ スクリーンを持つデバイスの場合は、リボンの [描画] タブにあるルーラーを使用して、直線を描画したり、一連のオブジェクトを配置したりします。ルーラーで水平、垂直、またはその間のいずれかの、目的の任意の位置に回転します。角度設定が備わっているため、必要に応じて正確な角度で設定できます。

詳細情報

PowerPoint のルーラー機能

2016 年 12 月の機能更新プログラム、バージョン 1612 (ビルド 7668.2066) の新機能と改善された機能を確認してください。

共有ファイル内の変更の表示と復元

Office 2016 では作業中に SharePoint、OneDrive、OneDrive for Business ファイルの各バージョンが自動的に保存されます。保存されたバージョンを使用して過去に戻って、PowerPoint ファイルがどのように変化していったかを理解することができ、間違った場合は古いバージョンを復元できます。

詳細情報

Office ファイルの過去のバージョンを表示する

クローズド キャプション、字幕、複数のオーディオ トラック

PowerPoint は複数のオーディオ トラックを使用したビデオの再生をサポートしています。また、ビデオ ファイルに埋め込まれたクローズド キャプションや字幕もサポートしています。 

詳細情報

PowerPoint でクローズド キャプションまたは複数のオーディオ トラックを再生

2016 年 11 月の機能更新プログラム、バージョン 1611 (ビルド 7571.2072) の新機能と改善された機能を確認してください。

他のユーザーとリアルタイムで編集作業

Office 365 サブスクリプションを所有する Office Insider の皆様は、リアルタイム コラボレーションと自動保存の機能を使用できます。この機能を使用すると、他のユーザーが操作している間に、その操作内容 (単語の入力など) を確認することができます。

詳細情報

インク描画のセグメント消しゴム

セグメント消しゴムを使用すると、インク描画を整理するときに正確にコントロールできます。インクが別の線と重なるところまで消去されます。

詳細情報

デジタル ペンを使ってインク オブジェクトを選択および変更する

デジタル ペンを使用すると、リボンの選択ツールをタップしなくても、インク モードと選択モードを切り替えることができます。ペンを使用して、インク オブジェクトを選択します。

詳細情報

2016 年 10 月の機能更新プログラム、バージョン 1610 (ビルド 7466.2038) の新機能と改善された機能を確認してください。

自分と共有

[共有アイテム] ビューでは、他のユーザーが自分と共有しているファイルを表示することができます。プレゼンテーションに招待されると、そのプレゼンテーションは自動的に [共有アイテム] リストに表示されます。

詳細情報

SVG 画像

プレゼンテーションでスケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) 画像を編集および挿入して、シャープで洗練されたコンテンツを作成できます。SVG 画像は、拡大またはサイズ変更しても品質が損なわれません。

詳細情報

2016 年 9 月の機能更新プログラム、バージョン 1609 (ビルド 7369.2024) の新機能と改善された機能を確認してください。

プロセス指向テキストのデザイン アイデア

スライドに手順の一覧を箇条書きで作成すると、PowerPointが認識し、テキストを SmartArt グラフィックに変換してプロセスを示すことで応答します。

詳細情報

プレゼンテーションの記録の改善

PowerPoint 2016 の [録音] タブを表示

PowerPoint で記録されたプレゼンテーションの外観と操作性がさらに強化されました。[記録] タブを使用して、記録されたスライド、画面記録、ナレーションおよびオーディオ、ビデオをプレゼンテーションに含めることができます。さらに、プレゼンテーションにテストやその他のアプリを埋め込むことで、参加者とより対話的な交流を図ることが可能です。

また、記録ウィンドウのパレットから、インクの色を変更できるようになりました。また、こちらからより簡単になったコントロールを使用してナレーションや音声の記録も行うことができます。

詳細情報

インクの再生

[インクの再生] ボタン

スライド上でインク描画を再生することができます。インク描画を早送りしたり、巻き戻したりします。この特殊効果により、スライドのコンテンツを非表示や表示に切り替えたり、グループや一連の要素を個別に強調表示したりできます。インクが描画される順序の確認や再生の一時停止を行ったり、再生を開始する箇所を選んだりすることができます。

詳細情報

アプリ内フィードバック

背景の削除の機能

Microsoft Office に関するご意見、ご提案はございませんか。製品改善のためにお客様のフィードバックを必要としています。PowerPoint の新機能のご提案、ご感想をお寄せください。また、動作しない機能について報告することもできます。[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。

2016 年 8 月の機能更新プログラム、バージョン 1608 (ビルド 7341.2032) の新機能と改善された機能を確認してください。

最新のアプリ内のヘルプとサポート

[操作アシスト] ボックスに "トリミング" という検索語句を入力して最新のヘルプとアシスタントを表示します。

[実行したい作業を入力してください] に特定のタスク、機能、質問の検索を入力するとき、さまざまなオプションが表示されます。クイック タスクの場合、PowerPoint では、[操作アシスト] ウィンドウの利用が推奨されます。より複雑な質問の場合、ニーズに最適なヘルプが表示されます。いろいろお試しください。必要なものがすぐに見つかり、仕事が短時間で完了することがおわかりいただけるでしょう。

2016 年 7 月の機能更新プログラム、バージョン 1607 (ビルド 7167.2040) の新機能と改善された機能を確認してください。

PowerPoint のズーム機能

PowerPoint の [サマリー ズーム] に表示される [サマリー セクション] スライド。

より動的で魅力的なプレゼンテーションを作成したい場合は、PowerPoint の [ズーム] 機能をお試しださい。PowerPoint でズームを作成すると、プレゼンテーション中に、特定のスライド、セクション、一部のプレゼンテーション間をお好みの順番で切り替えることができます。作成できるズーム機能には、[サマリー ズーム]、[スライド ズーム]、[セクション ズーム] の 3 種類があります。

詳細情報

2016 年 6 月の機能更新プログラムの新機能と改善された機能を確認してください。

テキスト用蛍光ペン

PowerPoint のリボンにテキスト用蛍光ペンを表示する

皆様からのご要望にお応えして、PowerPoint で Word と同じテキスト用蛍光ペンが利用できるようになりました。異なる色の蛍光ペンを使用して、プレゼンテーション内の一定のテキスト部分を強調表示できます。

詳細情報

2016 年 4 月の機能更新プログラム、バージョン 1604 (ビルド 6868.2062) の新機能と改善された機能を確認してください。

コラボレーションの強化

グループ作業コーナー

PowerPoint 2016 でのコラボレーションがさらに強化されました。OneDriveSharePoint を使用して、PowerPoint 2016 プレゼンテーションを他のユーザーと共有したり、リアルタイムで共同作業したりできます。さらに、共有プレゼンテーションを開くと、ドキュメント内で作業しているユーザーが誰で、どの部分を作業しているのかがひとめでわかるようになりました。Skype for Business を使用すると、リボンの右上隅から、そのユーザーとすぐにチャットしたり、すべてのドキュメントのアクティビティを表示したりできます。

詳細情報

ドキュメントのアクティビティ

バージョン履歴アイコン

新しい [アクティビティ] ウィンドウでは、これまで行った変更の完全な一覧が表示され、前のバージョンにもアクセスできます。リボンの [アクティビティ] を選択して、[アクティビティ] ウィンドウを表示します。

詳細情報

コメント

コメント

リボンで 1 回クリックして、プレゼンテーションにコメントを挿入したり、コメントを表示したりできるようになりました。コラボレーションの強化で、コメントに返信またはコメントを解決して、完了としてマーク付けする作業がより簡単になりました。

詳細情報

2016 年 1 月の機能更新プログラム、バージョン 1601 (ビルド 6568.2025) の新機能と改善された機能を確認してください。

リアルタイムのプレゼンス

PowerPoint 2016 のスライドで他のユーザーが共同作業を行っていることを示すアイコンを示す

Windows 版 PowerPoint 2016 では、コラボレーション機能がより強化されました。OneDriveOffice 365 SharePoint を使用して他のユーザーとプレゼンテーションを共有すると、リアルタイムで共同作業が行えます。さらに、他のユーザーが自分と同じ共有プレゼンテーションをいつ作業しているかが表示されるだけではなく、どのスライドを作業しているか、スライド内のどこを作業しているのかも正確にインジケーターに表示されるようになりました。

詳細情報

インク注釈

タッチ対応のデバイスでは、Word、Excel、PowerPoint のリボンに [描画] タブが表示されるようになり、インク スタイルを選択して、ファイルに直接インク注釈を加えることができます。PowerPoint では、インク描画を選択して、[図形に変換] を選択することによって、インク描画を図形に変換することもできます。これにより、フリーフォームの自由な描画について Office グラフィック図形の統一感と標準化が得られます。

詳細情報

黒のテーマ

Windows 版 PowerPoint 2016 で黒のテーマを表示

ハイコントラストの Office テーマが利用できるようになりました。Office テーマを変更するには、[ファイル]、[アカウント] の順に移動し、[Office テーマ] の横のドロップダウン メニューをクリックします。選択したテーマは、すべての Office アプリの間で適用されます。

詳細情報

2015 年 11 月の機能更新プログラム、バージョン 1511 (ビルド 6366.2036) の新機能と改善された機能を確認してください。

画面切り替え効果

PowerPoint 2016 には、まったく新しい画面切り替え効果である [変形] が追加されました。この効果では、スライド間のアニメーション、切り替え、オブジェクトの移動がスムーズに表示されます。[変形] を効果的に使用するには、スライドを 2 枚用意し、共通のオブジェクトを少なくとも 1 つ作成します。最も簡単な方法は、スライドを複製して、2 枚目のスライドでオブジェクトを別の場所に移動するか、オブジェクトをコピーして次のスライドに貼り付けます。それから、2 枚目のスライドを選択し、[画面切り替え]、[変形] の順にクリックすると、アニメーション、移動、強調などの効果がオブジェクトに自動的に適用され、スライドの切り替え効果を確認できます。

詳細情報

PowerPoint デザイナー

PowerPoint デザイナーのモバイル バージョンの例

新しいサービス PowerPoint デザイナーでは、さまざまなアイデアが自動的に生成され、ユーザーはその中から選んでスライドの見栄えを良くすることができます。写真などの独自のビジュアル コンテンツを追加すると、[デザイナー] ウィンドウが自動的に開いて配置の候補が多数表示されるので、その中から選んでスライドに適用します。タイトル スライドに写真を追加して試してみてください。

詳細情報

2015 年 9 月の機能更新プログラム、バージョン 1509 (ビルド 4229.1024) の新機能と改善された機能を確認してください。

操作アシストですばやく行う

PowerPoint のリボンに [操作アシスト] 検索ボックスを表示する

PowerPoint 2016 のリボンに、「実行したい作業を入力してください」というテキスト ボックスがあることに気づくはずです。これは、次にしたい操作に関連する語句を入力して、使用したい機能や実行したい操作にすばやくアクセスできるテキスト フィールドです。探している操作に関連するヘルプを使用したり、入力した用語でスマート検索を実行したりすることもできます。

詳細情報

新しい 6 種類のグラフ

PowerPoint2016 で新しいグラフを表示する

視覚エフェクトは、効果的なデータ分析と説得力のある発表に不可欠です。PowerPoint 2016 では、使い慣れた豊富な書式設定オプションはそのままに、6 つの新しいグラフが追加されています。これらのグラフは、財務情報や階層型情報のデータ視覚エフェクト、データの統計プロパティを表すために最もよく使用されるデータ視覚エフェクトの作成に役立ちます。

リボンで [挿入]、[グラフ] の順に移動すると、特にデータの視覚表現に最適な 5 つの新しいオプション、[箱ひげ図]、[ツリーマップ]、[サンバースト]、[ヒストグラム]、(さらに [ヒストグラム] オプション内に [パレート図])、[ウォーターフォール] が表示されます。

詳細情報

作業内容の把握

PowerPoint で [スマート検索] オプションを表示する

Bing を利用した [インサイト] ウィンドウは、単なる定義以上の内容を提供してくれます。 語句を選択して、右クリックして、[リサーチ] を選ぶと、インサイト ウィンドウが開き、定義、Wiki 記事、Web からの上位の関連検索が表示されます。 リサーチには、[校閲]、[リサーチ] の順に移動して、そこにクエリを入力してもアクセスできます。

詳細情報

インクで数式を挿入

PowerPoint でリボンに [数式の挿入] ボタンを表示する

数式を含めることがずっと簡単になりました。ブックに複雑な数式を含めたくなったら、いつでも、[挿入]、[数式]、[インクで数式を挿入] の順に移動できるようになりました。タッチ デバイスを使用している場合は、指またはタッチ スタイラスを使って数式を手書きすることができます。手書きした数式はテキストに変換されます (タッチ デバイスを使用していない場合は、マウスを使って書くこともできます)。作業しながら、書いた内容を消去、選択、修正することもできます。

詳細情報

画面録画

PowerPoint 2016 で [挿入] タブの [画面録画] ボタンを表示する

数回クリックするだけで、デモンストレーションに最適な録画の画面を PowerPoint プレゼンテーションに含めることができます。 画面上で簡単に記録できます。[挿入]、[画面録画] の順に移動して、録画する部分を画面で選び、必要な部分をキャプチャしてプレゼンテーションに直接挿入します。すべては 1 つのシームレスなプロセスで操作できます。

詳細情報

簡単な共有

PowerPoint の [共有] ウィンドウ ダイアログ

リボンの [共有] タブを選んで、SharePoint、OneDrive、または OneDrive for Business で他のユーザーとプレゼンテーションを共有できます。

強化された競合解決機能

PowerPoint の競合している変更のダイアログ

1 つのプレゼンテーションを複数のユーザーで編集していると、自分が加えた修正と他のユーザーが加えた修正が競合してしまう場合があります。そのような場合には、競合している変更を示したスライドが横並びで表示されるため、その違いを見ながらどちらの変更を採用するか簡単に選ぶことができます。

バージョン履歴の改善

[ファイル]、[履歴] の順に移動して、プレゼンテーションでこれまで行った変更の完全な一覧が表示され、以前のバージョンにアクセスできます (この機能は、OneDrive for Business または SharePoint 上に保存されているファイルに対してのみサポートされています)。

詳細情報

カラフル、濃い灰色、白の Office テーマ

[Office テーマ] プルダウン メニュー、色付き、濃い灰色、白いテーマのオプション

PowerPoint に適用できるテーマは、カラフル、濃い灰色、黒、白の 4 つあります。[ファイル]、[アカウント] の順に移動し、[Office テーマ] の横のドロップダウン メニューをクリックします。

詳細情報

改善されたビデオ解像度

プレゼンテーションをビデオとしてエクスポートする場合、解像度を最高 1920 x 1080 に設定してファイルを作成することができるため、大きなスクリーンでの表示に最適です。

(この機能は、PowerPoint 2013 の最新の更新プログラムをインストールしている場合にも使用できます)。

強化されたスマート ガイド

表を挿入するときにも、スマート ガイドが表示されるようになりました。 スマート ガイドを使用して、表などのすべてがスライドに適切に配置されているかを確認することができます。

(この機能は、PowerPoint 2013 の最新の更新プログラムをインストールしている場合にも使用できます)。

図形のクイック書式設定

この機能では、テーマのカラーとともに「あらかじめ設定された」新しいスタイルが導入されたことで、既定の図形スタイルが増えたため、思いどおりの外観をすばやく作成できます。

PowerPoint Insider 向けの最新更新プログラム

引き続きお読みいただき、Insider スローバージョン 1708 (ビルド 8431.2046) の新機能をご確認ください。お読みになりましたら、ご感想をお寄せください。早期のフィードバックは非常に貴重です。引き続きお待ちしております。

添付ファイルにすばやくアクセスする

[添付] アイコン

添付ファイルとして自分に送信されたファイルを検索するのにお困りではありませんか? もう心配はいりません。[ファイル]、[開く]、[自分と共有] の順にクリックするだけです。

詳細情報

新しいインク効果   

インク効果を表示する [ペン] ドロップダウン

虹、銀河、溶岩、海、金、銀などの新しいメタリック ペンとインク効果を使って、あなたの優れたアイデアを表現します。

詳細情報

さらに多くの機能、さらに高速化

Office Insider の最新全機能

Office の全アプリ/全バージョンのすべての最新機能とビルド情報をご確認ください。

Office Insider で利用できる新機能を確認してください。

新機能をいち早く使うには

Office Insider ファースト レベルに登録すれば、最新機能をいち早くご利用いただけます。

Office Insider プログラムに参加する方法に関するページをご覧ください。

コミュニティに参加する

コミュニティの回答 - Office Insider フォーラム

Office Insider コミュニティ

テクノロジに関心のあるユーザー同士がつながり、Office Insider コミュニティでサポートを受けることができます。

コミュニティにアクセスする

Office Insider Twitter

@OfficeInsider をフォローする

Office の未来を作るエキスパートとファンによって日々成長を続けるコミュニティにご参加ください。

Twitter でフォローする

フィードバックの送信先

気に入った点、気に入らなかった点、改善が必要な点などのご意見をお待ちしております。問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、いずれかの Office 2016 アプリで [ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。Office Insider コミュニティへの投稿、または @OfficeInsider へのツイートからもご連絡いただけます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×