Windows 版 Outlook 2016 の新機能

Windows 版 Outlook 2016 の新機能

Office 365 のサブスクライバーには、Office 2016 の新機能と改善された機能が定期的に提供されます。このページでは、最新の機能について紹介します。

Outlook を外出先でもお使いいただけます。iOS、Android、Windows 10 用の Outlook アプリをダウンロードしてください

Outlook for Windows Desktop 用の最新の更新プログラム

2017 年 7 月の機能更新プログラム、バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

クラウド添付ファイルの自動ダウンロード

メール メッセージから自分のコンピューターに OneDrive 添付ファイルをドラッグ アンド ドロップすると、添付ファイルのコピーがダウンロードされます。

操作を指示してくれる作業中の音声キュー

音声キューは、画面変更時にオプションがある場合に通知したり、メールの送受信などの操作が行われたことを確認したりする音声効果です。これらを含むユーザー補助ツールは、[ファイル]、[オプション] の [簡単操作] タブにあります。

詳細情報

新機能をいち早く使うには

Office Insider に登録して、新機能をいち早く確認し、ご意見をお聞かせください。

Office Insider に今すぐ参加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

リリースに関するその他の情報

新しい機能を入手できる時期
Office 365 の新しい機能は、サブスクリプションをお持ちのお客様すべてに適用されるまでに、ある程度の時間がかかることがあります。

機能が展開される方法については、こちらを参照してください。

すべての更新プログラムの完全な一覧
Office 365 クライアント アプリケーションのすべてのチャネル リリースに関する情報を入手します。

最新のリリース

サブスクライバーではなく、Office を初めて使用する場合
Office 365 サブスクリプションに加入せずに Office 2016 を使用する場合に、このバージョンの Office で利用できる機能を紹介します。

Office 2016 の新機能

以前のリリース

2017 年 6 月の機能更新プログラム、バージョン 1706 (ビルド 8229.2073) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

優先受信トレイ

優先受信トレイには、ユーザーにとって重要なメールが表示されます。受信トレイは [優先] と [その他] という 2 つのタブに分かれています。重要なメールは [優先] タブに表示されます。他のメールにも簡単にアクセスできますが、[優先] タブではなく [その他] タブに表示されます。[その他] に振り分けられるメールについては通知が表示されます。また、2 つのタブはいつでも切り替えて簡単に確認することができます。

詳細情報

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

2017 年 5 月の機能更新プログラム、バージョン 1705 (ビルド 8229.2017) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

OneDrive のメールの添付ファイルにアクセス許可を設定する

OneDrive に保存されている添付ファイルへのリンクを送信する場合に、添付ファイルを閲覧可能なユーザーまたは編集可能なユーザーをより詳細に管理できるようになりました。組織内のすべてのユーザーに添付ファイルの閲覧または編集を許可したり、アクセス権限を受信者のみに限定したりできます。SharePoint オンライン サイトに保存されている添付ファイルを送信しようとしているが、アクセス許可の制限のため、受信者がその添付ファイルにアクセスできない場合、Outlook は警告を表示し、代わりに添付ファイルのコピーを添付するように提案します。

詳細情報

2017 年 5 月の機能更新プログラム、バージョン 1703 (ビルド 7967.2073) の新機能と改善された機能をご覧ください。
お使いの Office のバージョンをお探しください

Dubai フォントの導入

読みやすく最適化され、アラビア語およびヨーロッパ言語をサポートしている、最新の高品質のフォント ファミリをお試しください。

詳細情報

2017 年 2 月の機能更新プログラム、バージョン 1701 (ビルド 7766.2060) の新機能と改善された機能をご確認ください。

Office 365 グループへのゲストの追加

学校または組織の外部のパートナーと定期的に共同作業を行うと、最新情報を共有することがいかに難しいかがわかります。ゲスト アクセスを使用すると、そのようなプロセスが簡単になります。Office 365 グループにゲストを追加すると、会話、予定表、プロジェクトのメモなど、グループ内のすべての情報へのアクセス権限を該当するパートナーに付与できます。アクセス権限を付与されたパートナーは、グループの他のメンバーと同じように、すべての通信内容を受信トレイで受信し、添付ファイルを開いて編集することができます。

詳細情報

ペンを使用したオブジェクトの操作

2016 年 1 月の機能更新プログラム、バージョン 1701 (ビルド 7766.2060) の新機能と改善された機能をご確認ください。

添付ファイルのリアルタイムでの共同作業

共有のブックに変更を加えたユーザーをすばやく表示し、以前のバージョンに簡単に復元します。OneDrive を利用すると、メール添付ファイルの更新済みバージョンをいつでもアップロードできます。添付ファイルのドロップダウン メニューを使用して、改訂版をアップロードするか、新しいバージョンを保存します。

詳細情報

Office ファイルの過去のバージョンを表示する

作業中は Outlook アドインを開いたままにする

Word 学習ツール

Outlook アドインの多くは、Outlook Customer Manager のように、Outlook ウィンドウの右側に作業ウィンドウを表示します。しかし、ユーザーが Outlook に戻ろうとすると、その作業ウィンドウが消えてしまっていました。現在では、そのアドインで作業していないときでもアドインの作業ウィンドウを常時開いておくことができます。

2016 年 12 月の機能更新プログラム、バージョン 1612 (ビルド 7668.2066)バージョン 1611 (ビルド 7571.2072) の新機能と改善された機能をご確認ください。

背景の削除がより簡単に

Word 学習ツール

図の背景の削除および編集が簡単になりました。Outlook は背景領域全体を自動的に検出するので、図の前景を四角形で囲む必要がなくなりました。維持または削除する領域にマークを付けるための鉛筆では、直線だけでなく自由な形式の線を描けるようになりました。

詳細情報

アイコン ライブラリ

アイコンを挿入することで、文書の視覚的なインパクトを高めます。人、テクノロジ、教育、スポーツなど、500 個以上のさまざまなアイコンから選ぶことができます。

Office アイコン ライブラリ

最近使用したフォルダーにすばやく保存

この機能については、Microsoft をご利用のお客様からたくさんのご要望をいただきました。[ファイル]、[名前を付けて保存]、[最近使用したファイル] の順に進むと、最近アクセスしたフォルダーの一覧が表示されるのでそこに保存できます。

2016 年 10 月の機能更新プログラム、バージョン 1610 (ビルド 7466.2038) の新機能と改善された機能をご確認ください。

メールからのイベント

Outlook では、フライト、ホテル、レンタカーの予約や、荷物の配送および追跡の情報などのメール メッセージから、自動的にイベントを作成できるようになりました。フライトを予約して、そのフライトの詳細情報を手動で予定表に追加する必要はありません。作成したすべてのイベントは非公開となるため、自分のみに表示されます。

詳細情報

最新のアプリ内ヘルプとサポート

リボンの上部にある [実行したい作業を入力してください] ボックスが、ユーザーの質問によりすばやく適切に回答できるように、検索、コンテンツ、推奨事項の機能が強化され、更新されました。特定のタスク、機能、質問の検索条件を入力するときに、広範な選択肢が表示されるようになりました。クイック タスクの場合、Outlook では、[操作アシスト] ウィンドウの利用を推奨します。より複雑な質問の場合、ニーズに最も一致するヘルプが表示されます。いろいろお試しください。探しているものがすぐに見つかり、仕事が短時間で完了することがおわかりいただけるでしょう。

Outlook の操作アシスタントのボックスに実行したい作業を入力すると、操作アシスタントがお手伝いします

アイデアをお持ちの場合

今後、実装してほしい機能についてアイデアがある場合は、Outlook から提案したり、他のユーザーの意見に投票したりできるようになりました。[ファイル]、[フィードバック]、[サービスの提案] の順にクリックしてください。

リボンからのグループの参照と作成

リボンに新しく 2 つのボタンが追加され、Outlook 2016 でのグループの参照と作成がより簡単になりました。

リボンでのグループの新規作成とグループの参照

この 2 つのボタンは、グループ リボンの [ホーム] タブに表示されます。

詳細情報

2016 年 9 月の機能更新プログラム、バージョン 1609 (ビルド 7369.2024) の新機能と改善された機能をご確認ください。

Outlook 2016 グループ (Office 365 の職場または学校のアカウント)

Outlook 2016 では、チーム メンバーとコミュニケーションおよび共同作業を行うために、配布リストの代わりにグループを使用できます。

グループは、次の理由から共同作業を行う場合により適しています。

  • チームでの作業のために、数回のクリックによりトピックおよび会話別にグループを作成して整理できます。

  • Outlook 2016 の Groups では、すべてのメールの会話のすべての履歴が表示される共有場所を使用できるので、チームが、Group の受信トレイからメンバーと共同作業を行い、チーム イベントの作成、既存のグループへの参加、新しいグループの作成を行うことができます。

    左側のナビゲーション バーの [グループ]

  • フォルダーとまったく同じように、グループをお気に入りとして追加できます。 グループをお気に入りとして追加すると、オフライン時に会話履歴に対してフル アクセスが可能になります。

    [お気に入り] のグループ

  • メンバーとして参加または追加したグループの過去の会話および履歴にアクセスできます。

  • グループの共有スペースでは、会話ごとにメッセージがグループ化されるので、チームとの迅速なコミュニケーションが容易になります。会話内のメッセージを "いいね" と評価したり、迅速な返信を投稿して、チームとすばやく会話をやり取りしたりすることができます。

    また、だれかが自身のメッセージを "いいね" と評価した場合には、Outlook でソーシャル通知を受信することもあります。

  • メンバー全員が更新できるグループ予定表で会議をスケジュールできます。

  • グループにサブスクライブすると、受信トレイ内でグループの会話にアクセスできます。 これで、配布リストと同様の使い方ができます。 また、いつでもサブスクライブを取り消すことができます。

  • メンバーを追加または削除すると、Outlook からグループを管理できます。

詳細情報

Outlook Insider の最新の更新プログラム

引き続きお読みいただき、Insider スローバージョン 1708 (ビルド 8431.2046) の新機能をご確認ください。お読みになりましたら、ご感想をお寄せください。早期のフィードバックは非常に貴重です。引き続きお待ちしております。

アクセシビリティの向上

スクリーン リーダーを使用しているとき、メール内のテキスト、表、リスト、および画像の読み取りと編集がしやすくなりました。

ユーザーとグループの情報がひとめで確認可能

デスクトップ、Web、またはモバイル アプリのいずれを使用していても、プロファイル カードに最も関連性が高い詳細が表示されます。

さらに多くの機能、さらに高速化

Office Insider の最新全機能

Office の全アプリ/全バージョンのすべての最新機能とビルド情報をご確認ください。

Office Insider で利用できる新機能を確認してください。

新機能をいち早く使うには

Office Insider ファースト レベルに登録すれば、最新機能をいち早くご利用いただけます。

Office Insider プログラムに参加する方法に関するページをご覧ください。

コミュニティに参加する

コミュニティの回答 - Office Insider フォーラム

Office Insider コミュニティ

テクノロジに関心のあるユーザー同士がつながり、Office Insider コミュニティでサポートを受けることができます。

コミュニティにアクセスする

Office Insider Twitter

@OfficeInsider をフォローする

Office の未来を作るエキスパートとファンによって日々成長を続けるコミュニティにご参加ください。

Twitter でフォローする

フィードバックの送信先

気に入った点、気に入らなかった点、改善が必要な点などのご意見をお待ちしております。問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、いずれかの Office 2016 アプリで [ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。Office Insider コミュニティへの投稿、または @OfficeInsider へのツイートからもご連絡いただけます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×