Windows 版 OneNote 2016 ノートブックを OneDrive から削除する

OneDrive 上の OneNote 2016 の共有ノートブックが不要になったら、そのノートブックの処理方法を決める必要があります。ノートブックを完全に削除してしまうか、ノートブックは維持するが OneDrive には置かないようにするかを決めます。

OneDrive からノートブックを削除する

ノートブックが OneDrive 上に表示されないようにしたい場合、どのノートも保存する必要がなければ、ノートブックを削除できます。

注意: ノートブックは完全に削除されます。削除する場合は、本当に削除する必要があるのか、保持したい情報はコピーしてあるかを確認してください。

注: 削除するノートブックが、クラウドではなく、コンピューター上にある場合は、お使いのコンピューターからノートブックを削除するを参照してください。

  1. OneDrive を開き、ドキュメントのリストでノートブックを見つけます。

  2. マウスのポインターをタイルの上に置き、表示されるチェック ボックスをオンにします。

  3. [管理]、[削除] の順に選びます。

  4. OneNote に戻り、OneDrive から削除したばかりのノートブックの名前をクリックします。

  5. ノートブックを右クリックし、[このノートブックを閉じる] を選びます。

    ノートブックを使用しない場合は閉じることができます。

重要: 削除したノートブックをノートブックのリストで閉じることが重要です。この操作を行わないと、OneNote は既に存在しなくなったノートブックとの同期を試みて、同期エラーが発生します。

ページの先頭へ

ノートブックをコンピューターに移動する

ノートブックの内容は保持するが、OneDrive には表示されないようにするには、その内容をコンピューターに移動します。ノートブック全体を新しい場所に移動することはできません。その内容をセクションごとに移動することはできます。まず、新しいノートブックをコンピューター上に作成してから、保持する内容を新しいノートブックに移動し、元のノートブックを OneDrive から削除します。

注: ノートブックをコンピューターに移動することには不都合が伴います。 その他のどのデバイスでも、そのノートにアクセスできなくなります。 OneNote の利点を完全に活用したいが、他のユーザーにノートを見られたくない場合は、ノートブックを OneDrive.に保存することを検討してください。 自分以外のユーザーと共有する必要はありませんが、スマートフォン、タブレット、Web などでノートブックを開くことができるようになります。 他のユーザーがノートブックに既にアクセスしている場合は、いつでも共有を停止するか、表示や編集ができるユーザーを変更できます。

  1. OneNote で、[ファイル]、[新規作成]、[コンピューター] の順に選びます。

  2. 新しいノートブックに名前を付け、[ノートブックの作成] を選びます。

  3. ノートブック名の横にある矢印をクリックして、すべてのノートブックが表示されるようにします。

    左側のメニューを使ってノートブックを切り替える

  4. プッシュピン アイコンをクリックしてノートブック ウィンドウを固定します。

  5. すべてのノートブックが表示されるようになったので、削除するノートブックの各セクションを、作成したばかりのノートブックまでドラッグします。

    ノートブックのセクションを別のノートブックへドラッグする

  6. OneDrive を開き、ドキュメントのリストでノートブックを見つけます。

  7. マウスのポインターをタイルの上に置き、表示されるチェック ボックスをオンにします。

  8. [管理]、[削除] の順に選びます。

  9. OneNote に戻り、OneDrive から削除したばかりのノートブックの名前をクリックします。

  10. ノートブックを右クリックし、[このノートブックを閉じる] を選びます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×