Windows 版 OneNote 2016 で表の書式を設定する

OneNote 2016 でページに表を追加してから、その表を選択、修正、書式設定、配置、変換して、見た目や機能を変更することができます。

  1. 書式を設定する表が含まれているページを開きます。

  2. 表内の任意の場所をクリックし、リボンで非表示になっている [表ツール] タブを表示に切り替えます。

  3. [表ツール] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 選択対象に書式を適用する前に、表の任意の部分を正確に選択するには、[選択] リボン グループのコマンドを使用します。

    • 不要な行または列を表から削除するには、[削除] リボン グループのコマンドを使用します。

    • 行または列を表に追加するには、[挿入] リボン グループのコマンドを使用します。

    • 表の任意の部分に枠線とセルの網かけを適用するには、[書式] リボン グループのコマンドを使用します。

    • 表のセル内でテキストを揃えるには、[配置] リボン グループを使用します。

    • 表のセル内の情報を並べ替えたり、見出し行を追加したりするには、[データ] リボン グループのコマンドを使用します。

表を Excel スプレッドシートに変換することもできます。

ヒント: 使用可能な表コマンドのほとんどは、任意の表のセルを右クリックして [] をクリックすることで使用することもできます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×