Windows 版 OneNote 2016 で行間を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ノート テキストの行間を変更するには、[段落の間隔] オプションを使います。

  1. テキストの 1 つ以上の段落を選びます。

  2. [ホーム] の [段落の配置] で、[段落間隔の​オプション] をクリックします。

    OneNote 2016 の [段落の配置] ボタンのスクリーンショット

  3. [段落の間隔] ダイアログ ボックスに目的の値 (ポイント単位) を入力します。

値を入力しても何も変わらない場合は?

OneNote は、ワード プロセッサではないため、[段落の間隔] ダイアログ ボックスの値の効果は、Microsoft Word や他の Office プログラムと少し異なります。たとえば、現在の 1 行あたりの間隔を 2 倍にする目的で、[段落の間隔] ダイアログ ボックスの 3 つのボックスのいずれかに「2」と入力した場合、何も起きません。これは、現在のフォント サイズとそれに指定する行の間隔 (活版印刷では、行間と呼ばれます) の合計値を入力する必要があるからです。

OneNote では、11 ポイントの Calibri が使われるため、11 より大きい値を入力するとテキストの段落の間隔を広くすることができます。

注: OneNote のページは Word のページとは異なります。 OneNote ではページをどこまでも連続させることができます。 OneNote はノートの書き込みのために設計され、従来のページの印刷のために設計されていないため、OneNote には改ページ オプションがありません。 ページがどのように印刷されるか確認するには、[ファイル]、[印刷]、[印刷プレビュー] の順にクリックします。 ページの外観を特定の方法で正確に変更する必要がある場合は、最初にページの内容を Word にコピーしてから変更した方が良い結果が得られます。

テキストの間隔を 2 倍にする方法

フォントを Calibri から変更しておらず、フォント サイズを 11 から変更していない場合、[線の最小間隔] ボックスに「27」と入力すると、このフォントとサイズの組み合わせの間隔を正確に 2 倍にできます。別のフォントまたはフォント サイズを使っている場合、目的の間隔になるまで試してみてください。

思ったとおりの間隔にならない場合は、Ctrl + Z キーで操作を元に戻すことができます。

[前] と [後] の間隔の使い方

[段落の間隔] ダイアログ ボックスで、[] ボックスと [] ボックスに値を入力すると、テキストの書式設定によってはより複雑な結果になることがあります。

Word とは異なり、OneNote では隠し段落記号は表示されません。ノートでソフト改行を使った場合 (Shift + Enter キー)、OneNote ではテキストが同じ段落の一部として扱われ、テキストのブロック全体 (段落) の前または後ろにのみ、つまりハード改行 (Enter キー) の前または後ろのいずれかに間隔が適用されます。

ノートの短い行の間で Enter キーを押す習慣がある場合、OneNote では各行が別個の段落として扱われ、[] ボックスまたは [] ボックスに入力した行の間隔が適用されます。これには、[線の最小間隔] ボックスに同じ値を入力するのと同様の効果があります。

他のユーザーのノートで作業することが多い場合 (たとえば、チームの進捗レポートを結合する場合)、すべてのテキストについて元の書式設定がどのようであったかがわかっているとは限りません。[段落の間隔 ] ダイアログ ボックスに入力した値の結果が期待どおりでなかった場合、目的の結果になるまで他の値を入力してみます。

テキストの特定のセクションの間隔を変更してもうまくいかない場合、一度に 1 つの変数だけ変更してどうなるかを見てください。何も起こらない場合や、期待どおりの結果にならない場合は、1 回試したらすぐに元に戻して (Ctrl + Z キー)、別の値を試してください。3 つの間隔オプションの扱いに慣れていない場合、[段落のオプション] ダイアログ ボックスで 3 つの変数すべてを同時に試すと混乱することがあります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×