Windows 版 Excel 2016 で予測を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

履歴時間ベースのデータがある場合、それを使って予測を作成できます。予測を作成すると、履歴値と予測値の表と、このデータを示すグラフを含む新しいワークシートが作成されます。予測によって、将来の売上高、商品在庫の必要量、消費動向などを予測できます。

予測の計算方法変更できるオプションに関する情報は、この記事の最後に記載されています。

予測数値のテーブルと予測グラフを示すスプレッドシートの一部

予測を作成する

  1. ワークシートに、互いに対応する 2 つのデータ系列を入力します。

    • タイムラインの日付または時刻のエントリを持つ系列

    • 対応する値を持つ系列

      これらの値が将来の日付について予測されます。

    注: タイムラインの各データ ポイントは、一定間隔であることが必要です。たとえば、毎月 1 日の値を使用する月単位の間隔や、年単位の間隔、数値の間隔などです。タイムラインの系列でデータ ポイントの最大 30% が欠けている場合や、同じタイムスタンプに複数の数値がある場合も問題ありません。それでも予測は正確です。ただし、予測を作成する前にデータを集計しておくと、予測結果がさらに正確なものになります。

  2. 両方のデータ系列を選びます。

    ヒント: 系列の 1 つでセルを選ぶと、残りのデータが自動的に選択されます。

  3. [データ] タブの [予測] グループで [予測シート] をクリックします。

    [データ] タブの [予測シート] ボタン

  4. [予測ワークシートの作成] ボックスで、予測の視覚的な表示方法として折れ線グラフまたは縦棒グラフを選びます。

    [オプション] が折りたたまれた [予測ワークシートの作成] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

  5. [予測終了] ボックスで終了日を選んで、[作成] をクリックします。

    履歴値と予測値の表と、このデータを示すグラフを含む新しいワークシートが作成されます。

    新しいワークシートは、データ系列を入力したシートの左側 (前) に置かれます。

予測をカスタマイズする

予測の詳細設定を変更する場合は、[オプション] をクリックします。

次の表に各オプションに関する情報を示します。

予測オプション

説明

予測開始

予測を開始する日付を選びます。 履歴データの最終ポイントより前の日付を選ぶと、開始日より前のデータのみが予測に使用されます (これは、"ハインドキャスト" と呼ばれることもあります)。

ヒント: 

  • 予測を履歴の最終ポイントより前に開始すると、予測系列を実際のデータと比較できるため、予測の精度の信頼性が上がります。 ただし、予測を開始するポイントが早すぎると、生成される予測は、必ずしも履歴の全データを利用して得られる予測を反映するものではなくなります。 すべての履歴データを使用したほうが、より正確な予測を得ることができます。

  • 季節が限定されたデータの場合は、履歴の最終ポイントより前に予測を開始することが推奨されます。

信頼区間

[信頼区間] のオンとオフを切り替えて、信頼区間を表示または非表示にします。 信頼区間とは、予測に基づいて将来のポイントの 95% がその範囲に含まれると想定される、各予測値を囲む範囲です (正規分布を使用)。 信頼区間によって、予測の精度を把握できます。区間が小さいほど、特定のポイントにおける予測の信頼度が高いことを意味します。 95% という信頼度の既定レベルを、上矢印と下矢印を使って変更できます。

季節性

季節性は、季節パターンの長さを表す数値 (ポイント数) であり、自動的に検出されます。たとえば、年ごとの販売サイクルで各ポイントが月を表す場合、季節性は 12 です。 [手動設定] を選んでから数字を選ぶと、自動検出の設定を上書きできます。

注: 季節性を手動で設定する場合、2 サイクルの履歴データより小さい値を使用しないでください。 2 サイクルより小さい値にすると、季節性コンポーネントを特定できません。 季節性がアルゴリズムで検出できるだけの十分な数でないと、予測は連続データに戻ります。

タイムライン範囲

タイムラインで使用される範囲をここで変更します。 この範囲は、[値の範囲] と一致している必要があります。

値の範囲

値の系列で使用される範囲をここで変更します。 この範囲は、[タイムライン範囲] と同一である必要があります。

見つからない点の入力方法

見つからない点を処理する場合は、補間法が使用されます。つまり、見つからない点が 30% 未満であれば、見つからない点は近隣の点の加重平均として入力されます。加重平均ではなく、見つからない点をゼロとして扱う場合は、一覧の [ゼロ] をクリックします。

重複する集計の使用法

データに同じタイムスタンプを持つ複数の値が含まれている場合は、その値の平均が算出されます。 [中央] などの別の計算方法を使用する場合は、一覧から計算方法を選びます。

予測統計情報を含める

予測の追加の統計情報を新しいワークシートに含める場合は、このボックスをオンにします。 このボックスをオンにすると、FORECAST.ETS.STAT 関数を使って生成された統計の表が追加されて、平滑化係数 (Alpha、Beta、Gamma) やエラー メトリック (MASE、SMAPE、MAE、RMSE) などの測定値が含められます。

予測データに使用される数式

数式を使って予測を作成すると、履歴データ、予測データ、グラフを含む表が返されます。 予測では、既存の時間ベースのデータおよび指数平滑化 (ETS) アルゴリズムの AAA バージョンを使って、将来の値が予測されます。

表には次の列を含めることができ、そのうちの 3 つの列は計算列です。

  • 履歴時間列 (ユーザーの時間ベースのデータ系列)

  • 履歴値列 (ユーザーの対応する値データ系列)

  • 予測値列 (FORECAST.ETS を使って計算)

  • 信頼区間を表す 2 つの列 (FORECAST.ETS.CONFINT を使って計算)。 これらの列は、ボックスの [オプション] セクションで [信頼区間] をオンにしている場合にのみ表示されます。

サンプル ブックをダウンロードする

] をクリックします。ETS 機能例

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

予測関数

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×