Windows 版の Outlook でカスタム アクション ルールを作成する

仕分けルールとは、Outlookで、指定した条件に基づいて、送受信されたメール メッセージに対して自動的に実行するアクション (特定のユーザーからのすべてのメール メッセージを受信トレイ以外のフォルダーに移動するなど) です。

サードパーティの一部の開発者は、Outlook を実行しているコンピューター上にインストールする必要のあるカスタム アクション ルール アドインをダイナミック リンク ライブラリ (.dll ファイル) の形式で作成して、ユーザーが使用できるようにしています。Microsoft は、カスタム アクション アドインを提供していません。

注: カスタム アクションを実行する仕分けルールは、そのアクションがインストールされているコンピューターで、Outlook が実行されている場合にのみ動作します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 右側のウィンドウで、[仕分けルールと通知の管理] をクリックします。

  3. [仕分けルールと通知] ボックスの [電子メールの仕分けルール] タブで、[新しいルール] をクリックします。

  4. [新しい仕分けルールを作成する] で、[受信メッセージにルールを適用する] か [送信メッセージにルールを適用する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. 手順 1 の [条件の選択] で、仕分けルールを適用するために、メッセージが満たす必要がある条件を選びます。

  6. 手順 2 の [ルールの内容を編集してください] で、追加した条件に対して下線が付けられた値をクリックして、値を指定し、[次へ] をクリックします。

  7. [ステップ 1: 処理を選択してください] で、[カスタム アクションを実行する] ボックスをオンにします。

  8. [ステップ 2: 仕分けルールの説明を編集してください] で、カスタム アクションをクリックします。

  9. [カスタム アクションの選択] ボックスの [実行するアクションを選択してください] で、実行するアクションをクリックします。

    注: アドインが表示されない場合は、アドインが正しくインストールされていないため、Windows 版の Outlook 2013、Outlook 2016 で使用できません。詳細については、アドインの開発者に連絡してください。

  10. 既定のアクションを変更するには、[変更] をクリックします。

  11. [OK] をクリックして、自動仕分けウィザードに戻り、[次へ] をクリックします。

  12. [ステップ 1: 例外の選択] で、仕分けルールの例外をすべて選択して、[次へ] をクリックします。

  13. 手順 2 の [ルールの内容を編集してください] で、追加した例外に対して下線が付けられた値をクリックして、値を指定し、[次へ] をクリックします。

  14. 手順 1 の [仕分けルールの名前を指定してください] で、名前を入力します。

  15. [ステップ 2: 仕分けルールのオプションを設定してください] で、該当するオプションのチェック ボックスをオンにします。

    • 既に受信トレイにあるメッセージに対してこの仕分けルールを適用するには、["受信トレイ" 内のメッセージに仕分けルールを適用する] チェック ボックスをオンにします。

    • 新しい仕分けルールが自動的に有効になります。この仕分けルールを無効にするには、[この仕分けルールを有効にする] チェック ボックスをオフにします。

    • Outlook で設定したすべてのメール アカウントにこの仕分けルールを適用するには、[この仕分けルールをすべてのアカウント用に作成する] チェック ボックスをオンにします。

  16. [完了] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×