Windows 版の Excel 2016 で Power View を有効にする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Power View から提供された対話型の視覚的な操作が可能になりましたレポート] グループで [ Power View ] ボタンは、windows 版 Excel 2016 のリボンから削除されているが、 Power BI Desktopの一部としてします。Power View のすべての機能は、あるし、Excel 2016 でサポートされる継続されます。Power View をオンにするには、次の手順に従います。

以下のセクションでは、リボンをカスタマイズして、Power View アドインを有効にする方法を学習します。

サービスを有効にします。

  1. [ファイル] タブでオプションを選択 >全般

  2. Office のインテリジェントなサービス] セクションでは、有効化されていないかどうかはd のサービスを有効にするを有効にする.

  3. 終了し、Excel を再起動します。

リボンをカスタマイズする

  1. [ファイル] タブでオプションを選択 >リボンのユーザー設定します。

    [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックする
  2. メイン タブ] では、[新規作成] を追加するタブをクリックし、[新しいグループ] をクリックします。

    Excel の [リボンのユーザー設定] オプションの [新しいグループ] ボタン
  3. コマンドの選択] ででは、[リボンにないコマンド] をクリックし、[リストの [ Power View レポートの挿入] を選びます。

    Excel でリボン ボックスをカスタマイズする
  4. Power View レポートの挿入新しいグループ (ユーザー設定)を選択すると、追加] をクリックし、新しいグループ (ユーザー設定)をリボン上の目的の場所に移動します。

    Excel の [リボンのユーザー設定] ダイアログの [追加] ボタン
  5. [新しいグループ (ユーザー設定)] をクリックして、[名前の変更] をクリックと -表示名] ボックスで-入力"Reports"または類似した任意のグループの名前。

    [リボンのユーザー設定] ダイアログの [名前の変更] ボタン
  6. [OK] を 2 回クリックします。

Power View アドインを有効にする

上記の手順に従って、追加したリボンのボタンをクリックします。

初めて Excel の Power View シートを挿入します。

Excel の [カスタム ピボット ビュー] ボタンとアドインを有効にするダイアログ

注: ファイル、新しいオプション >オプション>詳細>データの分析を有効にするアドイン: Power Pivot、Power View、および 3D Maps COM アドインをアクティブになりますが、 Power View ] コマンド、[挿入] タブに追加されません。リボンのPower Viewのコマンドを表示するには、上記のリボンのユーザー設定] セクションの手順を実行する必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×