Windows 版の Excel 2016 で Power View を有効にする

Windows 版の Excel 2016 では、[レポート] グループの [Power View] ボタンがリボンから削除されました。 Power View で提供されていた対話式の視覚的な操作は、現在 Power BI Desktop の一部として利用できます。 Excel 2016 では、Power View のすべての機能が使用可能であり、引き続きサポートされます。 Power View を有効にするには、次の手順に従います。

最初に、リボンをカスタマイズし、次に Power View アドインを有効にする必要があります。

リボンをカスタマイズする

  1. [ファイル] タブ、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

    [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックする
  2. [メイン タブ] で、新しいグループを追加するタブをクリックし、[新しいグループ] をクリックします。

    Excel の [リボンのユーザー設定] オプションの [新しいグループ] ボタン
  3. [コマンドの選択] で、[リボンにないコマンド] をクリックし、一覧で [Power View レポートの挿入] を選びます。

    Excel でリボン ボックスをカスタマイズする
  4. [Power View レポートの挿入] と [新しいグループ (ユーザー設定)] の両方が選ばれた状態で、[追加] をクリックし、[新しいグループ (ユーザー設定)] をリボン上の必要な位置に移動します。

    Excel の [リボンのユーザー設定] ダイアログの [追加] ボタン
  5. [新しいグループ (ユーザー設定)]、[名前の変更] の順にクリックし、[表示名] ボックスに、「レポート」または使用するグループ名を入力します。

    [リボンのユーザー設定] ダイアログの [名前の変更] ボタン
  6. [OK] を 2 回クリックします。

Power View アドインを有効にする

初めて Power View シートを挿入する (追加したリボンのボタンをクリック)、Excel では、Power view アドインを有効にするように求められます。

Excel の [カスタム ピボット ビュー] ボタンとアドインを有効にするダイアログ
  • [有効にする] をクリックします。

注: ファイル、新しいオプション >オプション>詳細>データの分析を有効にするアドイン: Power Pivot、Power View、および 3D Maps COM アドインをアクティブになりますが、 Power View ] コマンド、[挿入] タブに追加されません。リボンに [Power View] コマンドを表示するには、前の「リボンをカスタマイズする」セクションの手順に従う必要があります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×