スキップしてメイン コンテンツへ

Windows デスクトップ向け Office 2016 の Insider ビルドを入手する

Office Insider ビルドを使用すると、新しい Office 機能がリリースされる前に、新機能を利用できるようになります。 問題を見つけて、新機能を試して、フィードバックを Microsoft に送信することもできます。 Office Insider フォーラムTwitter フィードを使用すると、新しいリリースについて説明し、問題を報告することができます。

Office Insider と月次チャネル (対象指定) の2つのプログラムがあります。 一般に、Office Insider は1週間に1回出荷され、最も早いビルドにアクセスできます。 新機能がいち早く表示されていますが、特定されていない問題が見つかる場合もあります。 月次チャネル (対象指定) プログラムは、毎月約1回出荷されます。

Office 365 Home、Personal、または大学のサブスクライバーである場合は、いずれの Office アプリからでも Office Insider プログラムに参加できます。

会社や組織などからビジネス premium または enterprise サブスクリプションを利用している場合は、いずれかのバージョンの Office Insider をインストールすることもできます。 ただし、ネットワーク管理者からの ok を要求することができます。

Office 365 for home サブスクリプションを使用して Office Insider ビルドを入手する方法

Office 365 Home、Personal、または大学の月額プランをお持ちの場合は、ファイル > アカウントを開いて Office Insider の更新プログラムを選び、Office Insider ビルドを入手できます。 その後、Insider 以外のビルドをインストールする場合と同じ方法でインストールします。

使用している Office 365 サブスクリプションのバージョンを確認するには、次の手順を実行します。

  • Office 365 の最初のページにログオンします。

    自宅のサブスクリプションのメイン画面

  • 右上の自分の名前をクリックし、[マイアカウント] をクリックします。

    [マイアカウント] ボタン

  • 自宅、個人用、または大学を使用している場合は、上部にメニューが表示されます。

    [サブスクリプション] メニュー

    [ Services & サブスクリプション] をクリックします。

    エンタープライズ版またはビジネス版を使用している場合は、[サブスクリプション] をクリックします。

    強調表示された [エンタープライズサブスクリプション] メニュー

  • [サブスクリプション] パネルには、サブスクリプションのバージョン ([ホーム]、[個人用]、[大学]、[エンタープライズ] など) が表示されます。 例:

    Home、Personal、または大学を使っている場合は、使用しているサブスクリプションの種類のみが表示されます。

    ホームサブスクリプションパネル

    これらのサブスクリプションを使用すると、アプリ内から Insider ビルドを取得できるようになります。 「アプリ内から Office Insider を選択する」を参照してください。

    ビジネスまたはエンタープライズを使用している場合は、ライセンスを取得しているアプリケーションの一覧情報が表示されます。

    エンタープライズの [サブスクリプション] 画面

    企業向けまたは一般法人向けサブスクリプションの場合は、「一般法人向けサブスクライバーと enterprise サブスクライバーの場合」を参照してください。

  1. いずれかの Office 2016 アプリで、[ファイル]、[アカウント]、[ office Insider] の順にクリックします。

    アプリ内での Office Insider オプトイン。

  2. [ Office Insider に参加する] をクリックします。

    [Office insider に参加する] ボタン

  3. [ Office Insider に参加する] ダイアログボックスで、[ office の新しいリリースへの早期アクセスにサインアップする] チェックボックスをオンにします。

    [Office Insider に参加する] ダイアログボックス

  4. [ Office insider に参加する] ダイアログボックスで、office insider レベルを選択します。

    Office Insider レベルを選ぶ

  5. プログラム用語を慎重にクリックして読むことができます。 完了したら、[ Office insider 利用規約に同意します] をクリックします。 チェックボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    Office Insider 利用規約

Insider ビルドをインストールするには

  1. 任意の Office アプリで、[ファイル>アカウント] をクリックします。

  2. [ Office 更新プログラム] をクリックし、[今すぐ更新] をクリックします。

    Office Insider の更新プログラムを今すぐ入手ボタン

  3. Office のインストールが続行され、完了時に通知されます。

    Office の更新プログラムのダウンロードダイアログ

Office Insider が正常にインストールされていることを確認します。または、現在使用している Office Insider のバージョンを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 任意の Office アプリで、[ファイル] をクリックし、[アカウント] または [ Office アカウント] を選択します。

  2. アカウントパネルに、Office Insider プランの種類、バージョン、およびビルドが表示されます。 次のような表示になります。

    一般向け Office 365 ビルド

    一般向け Office 365 サブスクリプションのビルド

    毎月 (対象指定) ビルド

    Office 毎月 (対象指定) Insider ビルド

    Office Insider ビルド

    Office Insider ビルド

Office 365 for business サブスクライバーが Office Insider ビルドを入手する方法

会社または組織の商用サブスクリプションを使用している場合は、管理者が 月次チャネル (対象指定) ビルドをインストールできるようにすることができます。

Office 365 管理者の場合、または会社の Office 365 のインストールに責任がある場合は、ユーザーとユーザーが Office Insider プログラムに参加できるようにするための手順を次に示します。

Office 2016 月次チャネル (対象指定) ビルドを入手するには、2つの手順を実行します。 まず、Office 365 の最初のリリースを選択してから、Windows デスクトップ用 Office 2016 をインストールします。

Office 365 の最初のリリースを選択する

  1. 自分の職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [設定]、[組織プロファイル] の順に移動します。

    管理センターで、[設定]、[組織プロファイル] の順に移動します。
  4. [リリースの設定] の横にある [編集] をクリックします。 選択したユーザーの最初のリリースを既に選択している場合は、[アクション] をクリックし、[編集] をクリックします。

    リリースの環境設定

  5. [リリースの環境設定] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 対象指定リリースを無効にするには、[標準リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。 最後の手順に進みます。

    • 組織内のすべてのユーザーに対して対象指定リリースを有効にするには、[全員へ対象指定リリース] を選び、[次へ] をクリックし、確認メッセージで [はい] を選びます。 最後の手順に進みます。

    • 組織内の一部のユーザーに対して対象指定リリースを有効にするには、[選択したユーザーへ対象指定リリース] を選び、[次へ]、[はい] の順にクリックします。

    リリース環境の選択肢

  6. 選択したユーザーに対して対象指定リリースを選択した場合は、[アクション] をクリックし、[最初のリリースのユーザーの管理] をクリックしてユーザーを個別に追加します。 追加するユーザーの名前を検索し、[+] をクリックして追加します。

    [最初のリリースのユーザーの管理] オプション

  7. ユーザーの追加が完了したら、[保存]、[閉じる] の順にクリックします。

Office 2016 月次チャネル (対象指定) のビルドインストールを有効にする

Office 365 が初回リリース用にセットアップされたら、管理者は Office 2016 のソフトウェアダウンロードを有効にする必要があります。 その手順は次のとおりです。

  1. 自分の職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. 次に、 office 365 管理センターで、[ホーム>office ソフトウェア> ソフトウェアのダウンロード設定] に移動します。

    Office ソフトウェアソフトウェアのダウンロードの設定

  4. [ソフトウェアのダウンロード設定] ページの [ PC およびモバイルデバイス用のソフトウェア] で、[ Office2016 デスクトップとモバイルアプリ] セクションの下あることを確認し、すべての月 (月次チャネル)を選択します。

    PC ユーザーの月間チャネルビルドを設定する

  5. [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

これで、ユーザーは[My Software ] ページに移動して、Office 2016 をダウンロードできるようになります。

Office 2016 をダウンロードするための Office 365 の [マイソフトウェア] ページ

月次チャネル (対象指定) のビルドよりも頻繁にリリースされる Office Insider ビルドを入手して、最も早い Office のプレビューにアクセスできるようにすることができます。

注: これらの手順は、お使いのコンピューターが会社または組織の IT 部門によってロックされていない場合にのみ機能します。 コンピューターにソフトウェアをインストールできる場合は、コンピューターがロックダウンされていない可能性があります。

これらのビルドをインストールすると、通常、会社のヘルプデスクまたは IT 部門でサポートされません。 Office insider フォーラムに参加するか、 Twitter フィードを使用して、問題を報告したり、他の Insider ユーザーから支援を受けることができます。

重要: Insider レベルは Office Insider コンシューマープログラムの一部であり、エンタープライズでの使用はサポートされていません。 このレベルは、問題を特定し、フィードバックを提供し、サポートされていないビルドを使用するリスクを考慮していない、最も頻繁にリリースされるプレビュービルドを使用するユーザーに最適です。 Insider レベルを選ぶことにより、プログラムの利用規約に同意します。これは、 Officeを使用するために Microsoft との合意よりも優先されます。

Office 展開ツール を使用して、Office Insider ビルドをインストールします。 Office 365 ポータルから Office Insider レベルのビルドをインストールすることはできません。

  1. Microsoft ダウンロード センターから、 Office 2016 展開ツールの最新バージョンをダウンロードします。 [ダウンロード] ボタンを表示するには、下にスクロールしなければならない場合があります。

    ダウンロードすると、既定では、ファイルは [ダウンロード] フォルダーに保存されます。

  2. ダウンロードが完了したら、 Officedeploymenttoolをダブルクリックして、[はい]をクリックします。

  3. チェックボックスをクリックして、マイクロソフトソフトウェアライセンス条項に同意し、[続行] をクリックします。

  4. 抽出されたファイルを保存するフォルダーを選択します。 ローカルディスクのルートに単純なフォルダーを作成することができます (C:)これで、後で簡単にアクセスできるようになります。

    簡単なフォルダーを作成するには、次の手順を実行します。

    1. [フォルダーの参照] ダイアログで [ローカルディスク (C:) ] をクリックします。

    2. [新しいフォルダーの作成] をクリックします。

    3. Temp」などの単純な名前を入力します。

  5. 完了したら、[ OK]をクリックします。

    これにより、setup.exe ファイルとサンプルの構成 xml ファイルが抽出されます。

  6. エクスプローラーを使用して、ファイルを抽出したフォルダーに移動します。

    テキストエディター (メモ帳など) を使用して、OfficeClientEdition ファイルの [] と [チャネル] のコマンドを編集します。

    <Configuration>
    
      <Add OfficeClientEdition="32" Channel="InsiderFast">
    
        <Product ID="O365ProPlusRetail">
    
          <Language ID="en-us" />
    
        </Product>
    
      </Add>  
    
      </Configuration>

    これにより、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から 32 ビット版の Office 365 ProPlus が英語でインストールされます。 Office は、新しい Insider レベルのビルドが利用可能になったときに、CDN からも自動的に更新されます。

    注: 

    • 早い Insider レベルの場合、チャネルの設定はInsiderFastのままです。

    • 低速の月次チャネル (対象指定) レベルでは、チャネルの設定がInsiderSlowまたはFirstReleaseCurrentからinsiderに変更されています。 以前の設定は廃止されましたが、既に構成ファイルを作成しているユーザーに対しても動作します。

    • Office の 64 ビット版をインストールする場合は、64 を使用して OfficeClientEdition を設定してください。

    • Office 365 Business または Office 365 Business Premium プランをご利用の場合は、configuration.xml の Product ID に、O365ProPlusRetail ではなく O365BusinessRetail を使用します。

    Project や Visio をインストールする方法など、構成 .xml ファイルの設定の詳細については、「 Office 2016 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

  7. Setup.exe と構成 .xmlを、 Officeをインストールするコンピューター上のフォルダーにコピーします。 後でわかりやすくするために、ローカルディスクのルート (C:) で簡単なファイルを作成できます。

    注: Office が既にコンピューターにインストールされている場合は、Office をアンインストールし、次の手順を実行する前にコンピューターを再起動します。

  8. 注: Office をインストールするには、インターネット接続が必要です。

    次の手順に従って、管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

    1. 右下のWindows ボタンをクリックし、 TITLE 検索フィールド。

    2. [コマンドプロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

    3. Setup.exe と edted 構成 .xml ファイルを配置するフォルダーに移動します。

      コマンドプロンプトで、 CD \tempまたは選択したフォルダーへのパスを入力します。

  9. 次のコマンドを実行します。

    Setup.exe /configure configuration.xml

    これにより、インターネット上のコンテンツ配信ネットワーク (CDN) からコンピューターに Office ファイルがコピーされ、インストールが開始されます。

  10. インストールが完了したら、Word などの Office アプリを開いて、[ファイル]、[アカウント] の順に移動します。 [製品情報] セクションには、"Office Insider" というテキストが表示されています。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×