Windows でスクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

スクリーン リーダーとキーボード ショートカットを使用して、コンピューターに OneDrive for Business のファイルを同期することができます。同期すると、エクスプローラーで OneDrive for Business のファイルを直接作業することができ、オフラインでもファイルにアクセスできます。オンラインであれば常に、自分または他のユーザーが変更した内容が同期されます。

初めて OneDrive for Business を使用する場合は、「Windows の OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用する」を参照してください。

注: このトピックは、JAWS ユーザーが仮想リボン メニュー機能を無効にしていることを前提としています。

この記事の内容

OneDrive for Business のファイルをコンピューターと同期する

OneDrive for Business を使用しているコンピューターと同期するには、OneDrive for Business 同期クライアントが必要です。OneDrive for Business 同期クライアントの使用方法の詳細については、「使用している OneDrive クライアントを調べる」を参照してください。

  1. 職場または学校アカウントで Office 365 または組織の SharePoint サイトにサインインします。

    注: Office 365 へのサインインに関する詳細については、「Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. "アプリ起動ツール” と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. "OneDrive” と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  4. "新規" と聞こえるまで Tab キーを押します。

  5. “同期” と聞こえるまで右方向キーを押します (ナレーターでは、“同期、メニュー項目” と聞こえます)。次に、Enter キーを押します。[同期] ダイアログ ボックスが開き、“簡単にアクセスできるように、このライブラリをデバイスと同期させます” という音声が聞こえます。

  6. 同期を開始するには、"今すぐ同期” と聞こえるまで Tab キーを押して、Enter キーを押します。[インターネット セキュリティ] ダイアログ ボックスが開き、 “この Web サイトがこのコンピューターのプログラムを開くことを許可しますか?” という音声が聞こえます。

  7. セキュリティ ダイアログ ボックスで権限を付与するには、“許可” と聞こえるまで Alt + A キーまたは Tab キーを押して、Enter キーを押します。

  8. [OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが、[ファイルの表示] ボタンが選択された状態で開きます。“Microsoft OneDrive for Business、[ファイルの表示] ボタン” という音声が聞こえます。ダイアログ ボックスには、OneDrive for Business の Web アドレスとライブラリが保存されるコンピューター上の場所が含まれます。

    この時点で、セキュリティ ダイアログ ボックスが開く場合があります。このダイアログ ボックスで Office 365 アカウントのメール アドレスを入力する必要がある場合、次の操作を行います。

    1. 自分のアカウントのメール アドレスを入力し、Tab キーを押して [次へ] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

    2. [サインイン] ウィンドウが、[パスワード] の編集フィールドが選択された状態で開きます。パスワードを入力します。

    3. Tab キーを押して [サインイン] ボタンに移動し、Enter キーを押します。[サインイン] ウィンドウが閉じられ、[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが [ファイルの表示] ボタンが選択された状態でもう一度表示されます。

  9. 同期するファイルを表示するには、Space キーを押します。エクスプローラーが、OneDrive for Business フォルダーの文書のリストにフォーカスがある状態で開き、"OneDrive for Business、アイテム ビュー" とリストの最初のアイテムの名前が聞こえます。(ナレーターでは、"OneDrive for Business ウィンドウ、テーブル アイテム ビュー" と最初のアイテムの名前が聞こえます)。

エクスプローラーでは、OneDrive のいずれか (CompanyName または OneDrive @ CompanyName) のナビゲーション ウィンドウに、OneDrive for Business フォルダーが一覧表示されます。

自分の文書がコンピューターと同期された後は、Microsoft Office ファイルを OneDrive for Business フォルダーに直接保存できます。保存するファイルで、Alt + F キーを押して、A キーを押します。[名前を付けて保存] の一覧で、上方向キーまたは下方向キーを押して OneDrive for Business フォルダーを選択し、Enter キーを押します。

OneDrive for Business フォルダーの同期を停止する

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. 上方向キーを押して、“ツールバー、OneDrive for Business” と聞こえるまで方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。コンテキスト メニューが開き、"コンテキスト メニュー、OneDrive for Business フォルダーを開く" という音声が聞こえます。

  5. OneDrive for Business フォルダーの同期を停止するには、T キーを押します。[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが、OneDrive for Business フォルダーが選択され、[同期を停止] ボタンにフォーカスがある状態で開きます。別のフォルダーを選択するには、下方向キーを押します。選択できたら、Enter キーを押します。

フォルダーを手動で同期する

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. 上方向キーを押して、“ツールバー、OneDrive for Business” と聞こえるまで方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。コンテキスト メニューが開き、"コンテキスト メニュー、OneDrive for Business フォルダーを開く" という音声が聞こえます。

  5. [今すぐ同期] ボタンを使用してフォルダーを手動で同期するには、N キーを押します。ネットワークを使用している場合は、OneDrive for Business が自動的にフォルダーを SharePoint ライブラリと約 10 分ごとに同期します。

同期の問題を表示および解決する

OneDrive for Business と同期して問題が発生した場合は、次の手順を実行し、問題を表示して解決します。

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. 上方向キーを押して、“ツールバー、OneDrive for Business” と聞こえるまで方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift + F10 キーを押します。コンテキスト メニューが開き、"コンテキスト メニュー、OneDrive for Business フォルダーを開く" という音声が聞こえます。

  5. 次のオプションから選択します。

    • 同期の問題を表示するには、V キーを押します。[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが開き、“メニューを終了しています、エクスプローラー、アイテム ビュー、[OneDrive for Business] ダイアログ、[X] アイテムは OneDrive for Business と同期できません” と最初のファイルの名前が聞こえます。

      ファイルの一覧を移動するには、下方向キーを押します。開くファイルを選択し、Tab キーを押して [アイテムを開く] ボタンに移動し、Enter キーを押します。開いたファイルで、同期の問題の原因となっている問題を解決して、ファイルを保存します。

    • このオプションは、同期されていないライブラリを修復します。これは、同期されていないライブラリのサーバー バージョンをコンピューターと同期して、同期されていない変更があるローカルのファイルをバックアップします。

      [修復] を実行するには、E キーを押します。[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが、[修復] ボタンにフォーカスがある状態で開きます。修復するには、Enter キーを押します。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×