What-If 分析の概要

Microsoft Excel の what-if 分析ツールを使うと、すべての異なる結果を得るために、1 つ以上の式で数値の複数の異なる組み合わせを試すことができます。

たとえば、それぞれ一定の収益が見込める 2 種類の予算を組むために、what-if 分析を実行できます。 つまり、結果を指定してその結果を得るための式を求めることができます。その後で数値のどの組み合わせがその結果を生み出すのかを判断します。 Excel にはそれぞれのニーズに合った分析を実行するのに役立つさまざまなツールが用意されています。

この記事の内容

概要

シナリオを使用してさまざまな変数を検討する

ゴール シークを使用して目的の結果を得る方法を見つける

データ テーブルを使用して 1 つまたは 2 つの変数が数式に与える影響を確認する

予測モデルおよび高度なビジネス モデルを準備する

概要

What-If 分析は、セルの値を変更したときにワークシートの数式の結果にどのように影響するかを調べるプロセスです。

Excel には、シナリオ、データ テーブル、ゴール シークという 3 種類の What-If 分析ツールが用意されています。 シナリオとデータ テーブルでは、一連の入力値を指定してその結果を確認します。 データ テーブルでは 1 個または 2 個の変数しか使用できませんが、この変数に対して多くの異なる値を代入できます。 シナリオは複数の変数を持つことができますが、代入できる値の数は 32 個までです。 ゴール シークは、結果を取得してその結果を得る可能性のある入力値を決定するという点で、シナリオおよびデータ テーブルと異なります。

これらの 3 種類のツールに加えて、what-if 分析の実行に役立つソルバー アドインなどのアドインをインストールできます。 ソルバー アドインはゴール シークと似ていますが、より多くの変数を扱うことができます。 また、Excel に組み込まれているフィル ハンドルおよび各種のコマンドを使用して予測を作成することもできます。 さらに高度なモデルの場合は、分析ツールパック アドインを使用できます。

ページの先頭へ

シナリオを使用してさまざまな変数を検討する

シナリオとは、Excel で保存されてワークシート上のセルに自動的に代入される値のセットです。 ワークシート上でさまざまな値のグループを作成して保存し、自由に新しいシナリオに切り替えて、さまざまな結果を表示できます。

たとえば、最悪のケースと最善のケースの 2 つの予算シナリオがあるとします。 [シナリオの登録と管理] 機能を使用して、同じワークシートに両方のシナリオを作成し、それらを切り替えることができます。 それぞれのシナリオに対して、変更させるセルとそのシナリオで使用する値を指定します。 シナリオを切り替えると、変化させるセルのさまざまな値を反映して結果のセルが変化します。

最悪のシナリオ
最悪のシナリオ

1. 変化させるセル

2. 結果セル

最良のシナリオ
最良のシナリオ

1. 変化させるセル

2. 結果セル

複数のユーザーが別々のブックに保存している固有の情報をシナリオで使用する必要がある場合は、それらのブックを収集し、シナリオをマージできます。

必要なシナリオをすべて作成または収集したら、それらのシナリオから情報を取り込むシナリオ情報レポートを作成できます。 シナリオ レポートでは、すべてのシナリオ情報が新しいワークシートの 1 つのテーブルに表示されます。

Excel の [シナリオの情報] レポート
シナリオ情報レポート

注: シナリオ情報レポートは、自動では再計算されません。 シナリオの値を変更しても、それらの変更は既存の情報レポートに反映されません。 代わりに、新しい情報レポートを作成する必要があります。

ページの先頭へ

ゴール シークを使用して目的の結果を得る方法を見つける

数式から取得する結果がわかっていて、その結果を取得するために必要な数式の入力値がわからない場合は、ゴール シーク機能を使用できます。 たとえば、お金を借りる必要があり、 必要な金額、希望するローンの支払期間、毎月の支払可能額はわかっています。 ゴール シークを使用すると、ローンの目標を達成するために確保する必要がある金利を特定できます。

支払額が利率に依存するモデル

注: ゴール シーク機能のみに 1 つの変数の入力値。1 つ以上の入力値、たとえば、ローン額と、ローンの毎月の返済額を確認する場合は、ソルバー アドインの代わりに使用する必要があります。ソルバー アドインに関する詳細について予測の準備と高度なビジネス モデル] セクションを参照してくださいし、「参照」セクションのリンクをクリックしますします。

ページの先頭へ

データ テーブルを使用して 1 つまたは 2 つの変数が数式に与える影響を確認する

1 つの数式が 1 つまたは 2 つの変数を使用する場合、または複数の数式すべてが 1 つの共通の変数を使用する場合は、データ テーブルを使用してすべての結果を 1 か所で確認できます。 データ テーブルを使用すると、さまざまな可能性をひとめで簡単に確認できます。 1 つまたは 2 つの変数に焦点を絞るため、結果を表形式で簡単に読み取って共有できます。 自動再計算がブックで有効になっていると、データ テーブル内のデータは即座に再計算されるので、常に最新のデータを参照できます。

変数が 1 つのデータ テーブル
単入力テーブル

データ テーブルでは 2 個を超える変数は操作できません。 3 個以上の変数を分析する場合は、シナリオを使用できます。 データ テーブルでは変数の数が 1 つか 2 つに制限されていますが、変数の値は必要な数だけ使用できます。 シナリオでは指定できる値は 32 個までですが、シナリオは必要な数だけ作成できます。

ページの先頭へ

予測モデルおよび高度なビジネス モデルを準備する

予測を準備する場合は、Excel を使用して、既存のデータに基づいて将来値を自動的に生成したり、直線的な傾向や指数曲線的な増分を計算して推定値を自動的に生成したりできます。

セルのフィル ハンドルまたは [連続データの作成] コマンドを使用すると、直線的な傾向 (加算) や指数曲線的な増分 (乗算) を持つ連続データを自動入力できます。傾向や増分が変化するデータを自動入力する場合は、ワークシート関数を使用するか、分析ツールパック アドインに含まれる回帰分析ツールを使用します。詳細については、「参照」セクションのリンクをたどってください。

ゴール シークで操作できる変数は 1 つだけですが、ソルバー アドインを使用して複数の変数に関して逆方向の予測ができます。 ソルバーを使用すると、ワークシート上の 1 つのセル (オブジェクト セルと呼ばれる) の数式に対して最適な値を見つけることができます。

ソルバーは、オブジェクト セル内の数式に関連したセルのグループと共に機能します。 ソルバーでは、指定した結果をターゲット セルの式から得るために、指定した変化させるセル (可変セルと呼ばれる) 内の値を調整します。 制約を適用して、ソルバーがモデルで使用できる値を制限できます。この制約では、オブジェクト セルの数式に影響を与える他のセルも参照できます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×