WebDAV サーバーに予定表を発行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

予定表を WebDAV サーバーに発行すると、自分の予定表を発行して他のユーザーと共有できます。この方法は、Microsoft Exchange などのソフトウェア アプリケーションを使用せずに、他のユーザーと予定表や空き時間情報を共有する場合に役立ちます。

予定表を発行するサーバーは、World Wide Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) プロトコルをサポートしている必要があります。すべての Web サーバーが WebDAV をサポートしているわけではありません。ファイル転送プロトコル (FTP) を使用できる場合、または \\server\teamdocuments などの汎用名前付け規則 (UNC) パスに直接保存できる場合でも、WebDAV が使用できない場合もあります。

WebDAV は HTTP の拡張機能で、Web サーバー上でドキュメントを作成および変更できるようにします。使用するサーバーで WebDAV がサポートされているかどうかを確認するには、サーバー管理者またはインターネット サービス プロバイダ (ISP) に問い合わせてください。

Microsoft Office Online に予定表を発行する Microsoft Office Outlook 2007 の機能とは異なり、Web サーバーに発行する予定表へのアクセスを制限することはできません。制限を適用するには、サーバーとフォルダのアクセス許可を使用するしかないので、サーバー管理者に設定と管理の補佐を依頼する必要が生じる場合があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

予定表を WebDAV サーバーに発行します。

Web サーバー上で共有予定表を変更をします。

他のユーザーが共有予定表を通知します。

予定表を WebDAV サーバーに発行する

  1. [予定表] のナビゲーション ウィンドウで、共有する予定表をマウスの右ボタンでクリックします。

  2. ショートカット メニューの [インターネットに発行] をポイントし、[WebDAV サーバーに発行] をクリックします。

  3. [場所] ボックスに、Web サーバーとフォルダの場所を入力します。

  4. [期間] で、予定表を共有する日数を選択します。

  5. [詳細情報] の隣にある矢印をクリックし、共有する詳細情報の量を選択します。必要に応じて、[自分の稼動時間内の時間だけを表示する] チェック ボックスをオンにし、共有する詳細情報を、Office Outlook 2007 で指定した稼働時間に制限します。

    予定表の詳細

    既定では、この予定表は定期的に更新されます。予定表に対する変更は、手動または自動での次の送受信時に Office Online に公開されます。既定では、各送受信グループの送受信の間隔は 30 分ごとに設定されています。自動送受信間隔を 20 分未満に変更した場合、Office Online への予定表更新の送信は最小間隔である 20 分ごとに行われます。

    この予定表をアップロードし、更新を送信しない場合は、[詳細設定] をクリックして、[1 回のみアップロード: 更新内容はアップロードされません。] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

予定表を共有すると、ナビゲーション ウィンドウの予定表アイコンが次のように変化します。

共有の予定表

ページの先頭へ

Web サーバー上の共有予定表を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウの [予定表] で、変更する共有予定表を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [インターネットに発行] をポイントし、[WebDAV サーバーに発行] をクリックします。

  3. [期間] で、予定表を共有する日数を選択します。

  4. [詳細情報] の隣にある矢印をクリックし、共有する詳細情報の量を選択します。必要に応じて、[自分の稼動時間内の時間だけを表示する] チェック ボックスをオンにし、共有する詳細情報を、Microsoft Office Outlook 2007 で指定した稼働時間に制限します。

    予定表の詳細

    既定では、この予定表は定期的に更新されます。予定表に対する変更は、手動または自動での次の送受信時に Office Online に公開されます。既定では、各送受信グループの送受信の間隔は 30 分ごとに設定されています。自動送受信間隔を 20 分未満に変更した場合、Office Online への予定表更新の送信は最小間隔である 20 分ごとに行われます。

    この予定表をアップロードし、更新を送信しない場合は、[詳細設定] をクリックして、[1 回のみアップロード: 更新内容はアップロードされません。] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共有予定表についてユーザーに通知する

  1. ナビゲーション ウィンドウの [予定表] で、他のユーザーに表示と購読を許可する WebDAV サーバー上の共有予定表を右クリックします。

  2. ショートカット メニューの [インターネットに発行] をポイントし、[公開した予定表の共有] をクリックします。

  3. 共有への招待の電子メール メッセージの [宛先] ボックスに受信者名を入力します。

  4. メッセージ本文に任意の内容を入力します。

    メッセージを送信すると、公開予定表へのリンクが自動的に追加されます。

  5. 共有メッセージを送信する準備ができたら、[送信] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×