Web 版 Outlook でのカレンダー設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

予定表は、Outlook on the web のメールや連絡先などの機能と統合されています。[予定表オプション] の設定を使うと、予定表の既定の外観やその他の設定を変更できます。

注: 予定表の日付と時刻形式を変更するには、[設定] を選びます >時刻と言語] [日付/時刻] を選びます。リストから、タイム ゾーンを選択します。

予定表のオプションにアクセスする

  1. Outlook on the webにサインインします。ヘルプについては、この記事を参照してください。

  2. ページ上部で、[設定]、[オプション] の順に選びます。

    Outlook on the web の [設定] > [オプション]

  3. 左側のウィンドウで [予定表] を選びます。

    Web 版 Outlook の予定表オプション

  4. 変更するオプションを選びます。

自動処理

[自動処理] 設定を使うと、会議の出席依頼、返答、通知を処理する方法を管理できます。

設定

説明

[更新された招待と返信を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、期限切れの会議出席依頼と返信が、受信トレイから自動的に削除されます。

[転送された会議出席依頼に関する通知を削除する]

このチェック ボックスをオンにすると、会議出席依頼の転送通知が [削除済みアイテム] に自動的に入れられます。既定では、主催する会議出席依頼が、会議出席者の 1 人によって新しい受信者に転送された場合に、これらの通知を受信します。このオプションを選択しても、会議出席依頼に対する応答の処理に影響はありません。

誕生日の予定表

Outlook on the web には誕生日専用の予定表が用意されており、連絡先リストに含まれている全員の誕生日が (登録されていれば) 自動的に入力されます。また、誕生日はいつでも追加できます。

設定

説明

[誕生日の予定表をオンにする]

誕生日の予定表が追加され、連絡先の誕生日が自動入力されます。[連絡先] のオプションでソーシャル ネットワークに接続すると、該当する連絡先の誕生日もこの予定表に自動的に表示されます。

[誕生日の予定表をオフにする]

誕生日の予定表を非表示にします。

予定表のデザイン

予定表の外観を管理するには、[予定表のデザイン] 設定を使います。

設定

説明

[稼働日を次のように表示する]

予定表で [稼働日] ビューを選択したときに表示される曜日を選びます。

[稼働時間の設定]

非稼働時間は、予定表の残りの部分よりも濃い色で表示されます。スケジュール アシスタントを使用している場合は、各出席者の稼働時間は、会議時間の候補が考慮されます。

[月単位の表示に週番号を表示する]

これを選択すると、[] ビューで予定表を表示した場合に週番号が表示されます。

[次を週の最初の曜日として表示]

ここで選択した曜日は、[] ビューの中で週の最初の曜日として表示されます。

[次を年の最初の週として開始]

[月単位の表示に週番号を表示する] を有効にしている場合は、週番号の開始を、年の最初の日から、年の最初の 4 日以上の週から、または、年の最初の 7 日間の完全な週からとするのかを選ぶことができます。

[時間の表示間隔]

予定表で表示される時間の表示間隔を設定します。オプション ボタンを使って 15 分間隔または 30 分間隔を選びます。

[予定表を表示する色]

予定表の色として [明るい色] または [淡い色] を選びます。

予定表を公開

このオプションを使うと、他のユーザーと共有できる予定表へのリンクを作成できます。たとえば、リンクを Web ページに投稿したり、ソーシャル グループで共有したりできます。

設定

説明

[予定表の選択]

共有したい予定表を選びます。

[アクセス許可の選択]

他のユーザーに対して、指定可能な時間のみを表示するか、一部詳細を表示するか、予定表をすべて公開するかを選びます。

アラーム

[アラーム] 設定では、予定表の項目に対する既定のアラームを変更します。既定では、アラームは項目の予定時刻の 15 分前にオンになるように設定されています。

設定

説明

[アラーム機能を有効にする]

予定表の項目に対してアラームを表示するには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームを音で知らせる]

アラームを音で知らせるには、このチェック ボックスをオンにします。

[アラームの既定値]

イベント発生のどれくらい前に既定のアラームを表示させるかを設定するには、この設定を使います。

[1 日の予定表と仕事の項目をメールで取得する]

予定表で割り当てられている招待やタスクに基づいて、その日の予定を一覧にまとめたメールを毎日受信します。

さらにサポートが必要な場合

Outlook.com のヘルプを表示:

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×