Web 互換性の確認: リレーションシップおよびルックアップに関するエラー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、互換性チェックの実行時に発生する可能性のあるリレーションシップおよびルックアップに関するエラーを挙げ、その解決に役立つ情報を示します。

互換性チェック エラーの一般的な情報は、記事「 Web 互換性の確認: 一般的なエラーします。

ACCWeb105000

ACCWeb105001

ACCWeb105002

ACCWeb105003

ACCWeb105004

ACCWeb105005

ACCWeb105006

ACCWeb105007

ACCWeb105008

ACCWeb105009

ACCWeb105010

ACCWeb105011

ACCWeb105012

ACCWeb105014

ACCWeb105015

ACCWeb105016

ACCWeb105017

ACCWeb105000

エラー テキスト    列のデータ型が Web ルックアップと非互換です。

意味    示されたルックアップ フィールドのデータ型が、Web でサポートされていません。

解決策    ルックアップ フィールドが、次のサポートされているデータ型のいずれかになるようにします。

  • 1 行テキスト

  • 日付/時刻

  • 数値

  • 1 行テキストを返す集計フィールド

ページの先頭へ

ACCWeb105001

エラー テキスト    Web 互換を保つためには、ルックアップの連結列が主キーである必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドの連結列が、ルックアップ テーブルの主キーではありません。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。ルックアップ テーブルの主キー列を連結列として指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105002

エラー テキスト    ルックアップ値集合ソースは、1 つのテーブルとそのテーブルのフィールドが Web に対応するよう指定された完全な SQL ステートメントである必要があります。

意味    次の条件のどちらかまたは両方が満たされています。

  • 示されたルックアップのクエリで複数のテーブルまたはクエリをデータ ソースとして使用しています。

  • クエリで使用される列が明示的に選択されていません。

解決策    ルックアップを再作成し、以下を必ず行います。

  • ルックアップで 1 つの Web 対応テーブルをデータ ソースとして使用します。

    ヒント: 互換性チェックを実行したときに、Web 対応ではないテーブルが "Web 互換性の問題" テーブル内に作成されます。

  • ルックアップ クエリでは、各フィールドを明示的に指定します (つまり、SELECT * は使用しない)。

ページの先頭へ

ACCWeb105003

エラー テキスト    Web 互換を保つためには、値集合タイプが値リストである複数列のルックアップが、"Col1" に連結されている必要があります。

意味    示された複数列のルックアップが、Col1 に連結されていません。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。このとき、値のルックアップの Col1 に連結します。

ページの先頭へ

ACCWeb105004

エラー テキスト    Web に対応するには、値リストのルックアップにデータ行が 1 行以上必要です。

意味    示されたルックアップの値リストは空であるため、Web 対応ではありません。

解決策    ルックアップ フィールドに対して値リスト内に 1 行以上のデータを指定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105005

エラー テキスト    空の値を含む値リストは、Web に対応していません。

意味    これは、値ルックアップの 1 行に不明な列の値がある場合に発生します。これは Web 対応ではありません。

解決策    値リストの 1 行内のフィールドが指定されていることを確認します。デザイン ビューを使用してこの値集合ソースを設定するか、ルックアップ ウィザードを使用します ([フィールド] タブの [プロパティ] グループで、[ルックアップの変更] をクリックする)。

ページの先頭へ

ACCWeb105006

エラー テキスト    ルックアップ値集合ソースに対するテーブルが見つかりません。

意味    示されたルックアップの値集合ソースとして指定されたテーブルが存在しません。

解決策    ルックアップに有効な値集合ソースを指定します。ルックアップ ウィザードを使用してルックアップを再作成します。


エラー テキスト    ルックアップ値集合ソースの計算結果列を含む SQL ステートメントが Web に対応していません。

意味    示されたルックアップ フィールドにその値集合ソースの式が含まれているため、Web 対応ではありません。たとえば、SELECT ([First Name] & " " & [Last Name]) FROM Contacts; は、Web ルックアップ フィールドの有効な値集合ソースではありません。

解決策    基になるテーブルに集計列を作成して、ルックアップ フィールドを再作成することを検討します。

ページの先頭へ

ACCWeb105007

エラー テキスト    Web 互換を保つためには、ルックアップの値集合ソースから 1 つのテーブルだけを参照する必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドの値集合ソースに、複数のテーブルが含まれています。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップを再作成し、1 つのテーブルだけを参照するようにします。そのためには、データ モデルを変更する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

ACCWeb105008

エラー テキスト    ルックアップの "Allow Multiple Values/複数の値の許可" が True の場合は、"Enable Referential Integrity/参照整合性の適用" を Flase にする必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドでは、複数の値が許可されていますが、モデルとなっているリレーションシップで参照整合性が適用されているため、ルックアップに 1 つの値だけを指定する必要があります。

解決策    リレーションシップの参照整合性を削除するか、複数の値を許可しないルックアップ フィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105009

エラー テキスト    "Allow Multiple Values/複数の値の許可" が Ture の場合は、"Limit to List/入力チェック" を True にする必要があります。

意味    示されたフィールドでは、ルックアップのプロパティ "Limit to List/入力チェック" が False に設定されていますが、"Allow Multiple Values/複数の値の許可" は True に設定されています。

解決策    ルックアップ フィールドの "Limit to List/入力チェック" プロパティを True に設定するか、"Allow Multiple Values/複数の値の許可" を False に設定します。

ページの先頭へ

ACCWeb105010

エラー テキスト    Web 互換を保つためには、ルックアップにリレーションシップを関連付ける必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドには関連付けられたリレーションシップがありません。

解決策    ルックアップ フィールドと参照先のフィールドとのリレーションシップを作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105011

エラー テキスト    ルックアップ値集合ソースの SQL ステートメントには、ソース テーブルの主キー フィールドが含まれている必要があります。また、このフィールドは連結列である必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドのクエリには、ソース テーブルの主キーが含まれていないため、Web 対応ではありません。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105012

エラー テキスト    ルックアップの値集合ソースの SQL ステートメントが Web と非互換です。

意味    示されたルックアップ フィールドの値集合ソースの SQL ステートメントの形式が間違っているか、その SQL ステートメントにさまざまな理由 (サポートされていない SQL 演算子が含まれているなど) で Web との互換性がありません。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105014

エラー テキスト    ルックアップ列を含むテーブルには主キーが必要で、その主キーは Long データ型である必要があります。

意味    ルックアップの参照先テーブルの外部キーか参照元テーブルの主キー、またはその両方が、長整数型ではありません。

解決策    ルックアップの参照元フィールドおよび参照先フィールドの両方が長整数型になるようにします。そのためには、新しいフィールドを作成する必要がある場合もあります。

ページの先頭へ

ACCWeb105015

エラー テキスト    Web 互換を保つためには、ルックアップのタイプが '|0' または '|1' である必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドが、値集合ソースとしてフィールド リストを参照しています。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。そのためには、データ モデルを変更する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

ACCWeb105016

エラー テキスト    有効なルックアップ フィールドに関連付けられていないリレーションシップが Web と非互換です。

意味    リレーションシップがルックアップ フィールドでサポートされていないため、Web データベースとの互換性はありません。

解決策    関連付けられたテーブル間のルックアップ フィールドを作成します。ルックアップを作成するには、ルックアップ ウィザードを使用します。

ページの先頭へ

ACCWeb105017

エラー テキスト    Web に対応するには、ルックアップで使用する集計列の結果のデータ型がテキスト型である必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドの最初の表示列は、Text 以外のデータ型の集計列です。

解決策    集計フィールドのデータ型を Text に変更するか、またはルックアップ フィールドを再作成して異なる最初の表示列を選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×