Web 互換性の確認: スキーマに関するエラー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、互換性チェックの実行時に発生する可能性のあるスキーマに関するエラーを挙げ、その解決に役立つ情報を示します。

互換性チェックのエラーに関する全般的な情報については、「Web 互換性の確認: よく発生するエラー」を参照してください。

ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを作成または変更する

ACCWeb105003

ACCWeb105012

ACCWeb105018

ACCWeb107000

ACCWeb107001

ACCWeb107002

ACCWeb107003

ACCWeb107004

ACCWeb107005

ACCWeb107006

ACCWeb107007

ACCWeb107008

ACCWeb107009

ACCWeb107010

ACCWeb107011

ACCWeb107012

ACCWeb107013

ACCWeb107014

ACCWeb107015

ACCWeb107016

ACCWeb107017

ACCWeb107018

ACCWeb107019

ACCWeb107020

ACCWeb107021

ACCWeb107022

ACCWeb107023

ACCWeb107024

ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを作成または変更する

多くのスキーマに関するエラーは、ルックアップ フィールドの問題が原因です。これらの手順では、作成または変更するルックアップ フィールドでこれらの問題を修正するのには、データシート ビューでルックアップ ウィザードを起動する方法について説明します。

データシート ビューでルックアップ フィールドを作成する

  1. ルックアップ フィールドを追加するテーブルを開き、[クリックして追加] という名前の最後の列を選択します。

  2. [クリックして追加] の横の矢印をクリックし、[ルックアップ/リレーションシップ] をクリックします。

  3. ルックアップ ウィザードの手順に従って必要なルックアップ フィールドを作成します。

データシート ビューでルックアップ フィールドを変更する

  1. テーブルを開き、変更するルックアップ フィールドを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [フィールド] タブの [プロパティ] で、[ルックアップの変更] をクリックします。

    • ルックアップ フィールドを右クリックし、[ルックアップの変更] をクリックします。

  3. ルックアップ ウィザードの手順に従って特定の問題を解決します。

ACCWeb105003

エラー テキスト    Web に対応するには、値リストのルックアップの列データ型を 'Text' にする必要があります。

意味    示されたルックアップで、Web データベースでサポートされていないリストが使用されています。値リストは、サーバー上のテキスト列に連結する必要があります。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、ルックアップ フィールドのデータ型をテキスト型に変更します。デザイン ビューを使用できない場合は、ルックアップ フィールドを削除し、ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105012

エラーのテキスト   句句を持つルックアップ値集合ソースは、Web と互換性がありません。

意味    示されたルックアップ フィールドで、Web でサポートされていない WHERE 句を含むクエリが使用されています。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、問題のルックアップ フィールドの [値集合ソース] プロパティから WHERE 句を削除します。デザイン ビューを使用できない場合は、ルックアップ フィールドを削除し、ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを再作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb105018

エラー テキスト    ルックアップの主キーが Web に対応していません。

意味    示されたテーブルに、Web でサポートされていない、別のテーブルを参照するルックアップ フィールドの主キーが含まれています。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、[ルックアップ] タブでルックアップ フィールドの [コントロールの種類] プロパティをテキスト ボックスに変更します。次に、リレーションシップ ウィンドウを開き、ルックアップ フィールドがリレーションシップの "多" 側にあるリレーションシップをすべて削除します (矢印がルックアップ フィールドから外れます)。

デザイン ビューとリレーションシップ ウィンドウを使用できない場合は、次の操作を行います。

  1. 新しい空のデータベースを作成します (Web データベースではありません)。

  2. 必要なテーブルを元のデータベースから新しいデータベースにインポートします。

  3. 必要に応じて新しいデータベースに変更を加えます。

  4. 元のデータベースでテーブルを削除し、それを新しいデータベースからインポートします。

ページの先頭へ

ACCWeb107000

エラー テキスト    フィールドのデータ型が Web に対応していません。

意味    示されたフィールドのデータ型が Web でサポートされていません (OLE オブジェクトなど)。

解決策    次のいずれかのサポートされているデータ型でフィールドを再作成します。

  • テキスト

  • 数値

  • 通貨

  • Yes/No

  • 日付/時刻

  • 集計フィールド

  • 添付ファイル

  • ハイパーリンク

  • メモ

  • ルックアップ

ページの先頭へ

ACCWeb107001

エラー テキスト    複合インデックスが Web と非互換です。

意味    示されたテーブルに複合主キー (複数のフィールドで構成されるキー) が含まれています。Web テーブルの主キーとして使用できるのは、オートナンバー型フィールドだけです。Web では、複合インデックスを使用できません。

解決策    複合インデックスが主キーに指定されている場合は、示されたテーブルに対してオートナンバーの主キーを作成します。その後、元のフィールドのデータが一意であることを確認するためのレコードの入力規則を作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb107002

エラー テキスト    複数の添付ファイル フィールドのあるテーブルが Web と非互換です。

意味    示されたテーブルに複数の添付ファイル フィールドがあります。これは発行操作中にエラーが発生する原因となるため、このテーブルは Web と非互換です。

解決策    各レコードのすべての添付ファイルを 1 つの添付ファイル フィールドに格納することを検討してください。各レコードに複数の添付ファイル フィールドが必要な場合は、2 つ目以降の添付ファイル フィールドごとに添付ファイル フィールドと ID フィールドのみを含む新しいテーブルを作成し、ルックアップ ウィザードを使用して新しいテーブルと元のテーブルをリンクします。

ページの先頭へ

ACCWeb107003

エラー テキスト    集計フィールドの式に、オートナンバー、メモ、バイナリなど、Web に対応していない型の入力フィールドが含まれています。

意味    示された集計フィールドで、Web でサポートされていないフィールドを入力として受け取る計算が使用されています。

解決策    すべての入力フィールドの型が、次のいずれかのサポートされているデータ型になるよう、計算を調整します。

  • テキスト

  • 数値

  • 通貨

  • Yes/No

  • 日付/時刻

  • 集計フィールド

ページの先頭へ

ACCWeb107004

エラー テキスト    集計列の結果のデータ型が Web と非互換です。

意味    示されたフィールドの集計結果のデータ型が、Web でサポートされていません。

解決策    結果のデータ型が次のいずれかのサポートされているデータ型になるように、集計フィールドを再作成します。

  • テキスト

  • 数値

  • 通貨

  • Yes/No

  • 日付/時刻

ページの先頭へ

ACCWeb107005

エラー テキスト    220 個を超えるフィールドを持つテーブルが Web と非互換です。

意味    示されたテーブルに 220 個を超えるフィールドが含まれています。220 個を超えるフィールドを持つテーブルを Web に発行することはできません。

解決策    テーブルを新たに作成して余分なフィールドを格納します。その後で、ルックアップ ウィザードを使用して、新しいテーブルを既存のテーブルにリンクする新しいフィールドを作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb107006

エラー テキスト    テーブル名は予約済みの名前であるため、Web と非互換です。

意味    示されたテーブル名は、SharePoint で使用するために予約されているため、Web でサポートされていません。

解決策    次に示す予約済みのテーブル名を使用しないようにします。

  • UserInfo

  • Lists

  • Docs

  • WebParts

  • ComMd

  • Webs

  • Workflow

  • WFTemp

  • Solutions

  • Report Definitions

  • MSysASO

ページの先頭へ

ACCWeb107007

エラー テキスト    発行済みのテーブルのルックアップを含む未発行のテーブルは、Web に対応していません。

意味    示されたテーブルは未発行であり、発行済みのテーブルをポイントするルックアップ フィールドが含まれているため、発行できません。

解決策    ルックアップを追加せずに未発行のテーブルを発行します。そのためには、Web データベースを同期します。新しいテーブルの発行後に、他の発行済みテーブルのルックアップを必要に応じて作成します。

ページの先頭へ

ACCWeb107008

エラー テキスト    ユーザー設定の書式は、Web に対応していません。

意味    示されたフィールドの書式が、Web でサポートされていないユーザー設定の通貨書式です。

解決策    フィールドに標準的な通貨書式を使用します。書式設定のドロップダウン リストを使用して、フィールドの書式を通貨またはユーロに設定します。

ページの先頭へ

ACCWeb107009

エラー テキスト    Web に対応するには、空文字列の許可プロパティと必須プロパティのいずれか 1 つのみを 'true' に設定する必要があります。

意味    示されたフィールドで、"空文字列の許可" プロパティと "必須" プロパティの両方が True に設定されています。

解決策    示されたプロパティのどちらか一方だけを True に設定します。これらのプロパティは、デザイン ビューを使用して変更できます。

ページの先頭へ

ACCWeb107010

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値を 'no' に設定する必要があります。

意味    示されたハイパーリンク フィールドの "追加のみ" プロパティが Yes に設定されています。この値は、Web ではサポートされていません。

解決策    "追加のみ" プロパティを No に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107011

エラー テキスト    Web に対応するには、既定値を空にする必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドのルックアップ クエリまたは複数の値を格納できるリストに、既定値が含まれています。この状態は Web ではサポートされていません。

解決策    次のいずれかの状態にします。

  • ルックアップ クエリに既定値が設定されていない。

  • 複数の値を格納できるルックアップ値リストに既定値が設定されていない。

ページの先頭へ

ACCWeb107012

エラー テキスト    Web に対応するには、既定値を空にする必要があります。

意味    示されたハイパーリンク フィールドに既定値が含まれています。この状態は Web ではサポートされていません。

解決策    ハイパーリンク フィールドの既定値を削除します。

ページの先頭へ

ACCWeb107013

エラー テキスト    プロパティの値が Web に対応していません。

意味    示された数値型フィールドの "書式" プロパティが、"数値"、"パーセント"、"標準" 以外の値に設定されています。Web でサポートされているのはこれらの書式だけです。

解決策    フィールドの書式を "数値"、"パーセント"、または "標準" に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107014

エラー テキスト    Web に対応するには、テーブルに主キーがあり、主キーはフィールド サイズが 'long' の数値である必要があります。

意味    示されたテーブルに次のいずれかの問題があります。

  • テーブルに主キーがない。

  • 主キーのデータ型が数値型ではない。

  • 主キーのフィールド サイズが長整数型ではない。

解決策    デザイン ビューで既存の主キーを変更し、適切なデータ型とフィールド サイズを設定します。または、オートナンバー型を使用してテーブルの新しい主キーを作成します。デザイン ビューを使用できない場合は、新しいテーブルを作成し、それに元のテーブルの列を追加してから、元のテーブルを削除します。

ページの先頭へ

ACCWeb107015

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値を 'false' に設定する必要があります。

意味    示されたメモ型フィールドの "固有" プロパティが True に設定されています。この値は Web ではサポートされていません。

解決策    "固有" の値を False に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107016

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値を 'false' に設定する必要があります。

意味    示された Yes/No 型フィールドの "固有" プロパティが True に設定されています。

解決策    "固有" の値を False に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107017

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値を 'false' に設定する必要があります。

意味    示されたハイパーリンク フィールドの "固有" プロパティが True に設定されています。この値は Web ではサポートされていません。

解決策    "固有" の値を False に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107018

エラー テキスト    Web に対応するには、連結列がテーブルの主キーに設定されており、それが最初の列である必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドに次のいずれかの問題があります。

  • 連結列がソース テーブルの主キー以外のフィールドに設定されている。

  • 連結列がルックアップの最初の列ではない。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb107019

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値を 'Yes' に設定する必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドの "入力チェック" プロパティが No に設定されていますが、ルックアップ フィールドは単一値の値リストではないため、プロパティの設定が Web に対応していません。

解決策    ルックアップ ウィザードを使用してルックアップ フィールドを変更します。ウィザードに表示された [入力チェック] チェック ボックスをオンにしてください。

ページの先頭へ

ACCWeb107020

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が空である必要があります。

意味    示されたフィールドの "リンク子フィールド" プロパティが空ではないため、Web に対応していません。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、[リンク子フィールド] プロパティの値を消去します。次に、[サブデータシート名] プロパティを [自動] または [なし] に設定します。デザイン ビューを使用できない場合は、データシート ビューで、[ホーム] タブの [レコード] の [その他] をクリックし、[サブデータシート] をポイントして、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ACCWeb107021

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が空である必要があります。

意味    示されたフィールドの "リンク親フィールド" プロパティが空ではないため、Web に対応していません。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、[リンク親フィールド] プロパティの値を消去します。次に、[サブデータシート名] プロパティを [自動] または [なし] に設定します。デザイン ビューを使用できない場合は、データシート ビューで、[ホーム] タブの [レコード] の [その他] をクリックし、[サブデータシート] をポイントして、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ACCWeb107022

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が空か 'auto' に設定されている必要があります。

意味    示されたフィールドの "サブデータシート名" プロパティが [自動] にも [なし] にも設定されていないため、Web に対応していません。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、[サブデータシート名] プロパティを "[自動]" または "[なし]" に設定します。デザイン ビューを使用できない場合は、データシート ビューで、[ホーム] タブの [レコード] の [その他] をクリックし、[サブデータシート] をポイントして、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ACCWeb107023

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が指定されている必要があります。

意味    示されたルックアップ フィールドの "列の幅" プロパティが空のため、Web に対応していません。

解決策    デザイン ビューでテーブルを開き、[ルックアップ] プロパティ タブで [列の幅] の値を指定します。または、データシート ビューで列を選択し、[フィールド] タブの [プロパティ] で [ルックアップの変更] をクリックします。そしてルックアップ ウィザードの手順に従います。

ページの先頭へ

ACCWeb107024

エラー テキスト    オートナンバー型は、主キー以外のフィールドではサポートされていません。

意味    示されたフィールドでオートナンバー型が使用されていますが、このフィールドはテーブルの主キーではないため、Web に対応していません。

解決策    フィールドのデータ型を数値型に変更します。または、データ マクロを使用して同様の機能を実現することもできます。このプロパティを持つフィールドをデザイン ビューで主キーに変更するか、データ型を数値型に変更します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×