Web 互換性の確認: よく発生するエラー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

互換性チェックを実行するときに、以前にエラーが Web 互換性の問題、テーブルに格納されます。このトピックでは、一般的に、Web 互換性の問題の表のエラーを処理する方法を説明しも一覧が表示される場合の一般的なエラーに関する特定のヘルプを提供します。

注: 多くの互換性チェックのエラーは、Web に発行するデータベースにデスクトップ (クライアント) 専用のオブジェクトまたは設定が存在する場合に発生します。

概要

ACCWeb102000

ACCWeb102001

ACCWeb102002

ACCWeb102004

ACCWeb102008

ACCWeb102011

ACCWeb102013

ACCWeb102014

ACCWeb102015

ACCWeb102016

ACCWeb102017

ACCWeb106004

概要

互換性チェックを実行すると、見つかったエラーを記載したテーブルが作成されます。エラーの表示されたテーブルの例を次に示します。

[Web 互換性の問題] の表

エラーの一覧では、Table2 の列が Web に互換性がないデータ型が表示されます。

この記事の使用方法

これで、その他の Web 互換性チェック エラーのトピックでは、次の形式で各エラーが表示されます。

エラーのテキスト   Web 互換性の問題の表に行の [説明] フィールドの値。

意味    問題を理解するのに役立つ詳細情報です。

解決策    推奨されるエラーの解決方法です。

ページの先頭へ

ACCWeb102000

エラー テキスト   オブジェクトの名前は、クライアント オブジェクトのオブジェクト名によって異なります。

意味    メッセージに示されている Web オブジェクトは、Web オブジェクトではない別のオブジェクトに依存しています。次に例を示します。

  • クライアント クエリからの情報を表示する Web フォーム

  • クリックするとクライアント レポートが起動されるボタンを備えた Web フォーム

クライアント オブジェクトへの依存を取り除かない限り、Web オブジェクトは正しく Web で機能しません。

解決策    クライアント オブジェクトへの参照を削除します。クライアント オブジェクトを Web オブジェクトとして作成し直し、クライアント オブジェクトへの参照を新しい Web オブジェクトへの参照で置き換えます。

ページの先頭へ

ACCWeb102001

エラー テキスト    プロパティの値に、Web に対応していない文字が含まれています。

意味    オブジェクト名またはコントロール名を Web 上で使用できません。

解決策    オブジェクト名が次のいずれの規則にも違反しないようにします。

  • 名前には、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、角かっこ ([])、先頭のスペース、または印刷できない文字 (復帰など) を使用できません。

  • 名前には、一部の文字 (/ \ : * ? "" < > | # <TAB> { } % ~ &) を使用できません。

  • 名前を等号 (=) から始めることはできません。

  • 名前に使用できる文字数は 1 ~ 64 文字です。

ページの先頭へ

ACCWeb102002

エラー テキスト   オブジェクトの名前は、オブジェクト名が存在しないによって異なります。

意味    メッセージに示されている Web オブジェクトは、Web オブジェクトではない別のオブジェクトに依存しています。次に例を示します。

  • クライアント クエリからの情報を表示する Web フォーム

  • クリックするとクライアント レポートが起動されるボタンを備えた Web フォーム

クライアント オブジェクトへの依存を取り除かない限り、Web オブジェクトは正しく Web で機能しません。

解決策    クライアント オブジェクトへの参照を削除します。クライアント オブジェクトを Web オブジェクトとして作成し直し、クライアント オブジェクトへの参照を新しい Web オブジェクトへの参照で置き換えます。

ページの先頭へ

ACCWeb102004

エラーのテキスト   プロパティ値には、Web に対応する既定値を指定する必要があります。

意味    示されたプロパティの既定値のみが Web データベースでサポートされます。

解決策    示されたプロパティの現在の値をそのプロパティの既定値で置き換えます。

ページの先頭へ

ACCWeb102008

エラー テキスト   オブジェクトの名前は、Web に互換性がありませんオブジェクト名によって異なります。

意味    最初のオブジェクトは 2 番目のオブジェクトを参照しますが、2 番目のオブジェクトは Web 上では利用できません。

解決策    2 番目のオブジェクトへの参照を削除するか、Web と互換性のある別のオブジェクトへの参照で置き換えます。

ページの先頭へ

ACCWeb102011

エラーのテキスト   プロパティ値には、Web に対応する値を指定する必要があります。

意味    示されたプロパティは Web データベースで示された値にする必要があります。

解決策    プロパティ値を示された値に変更します。

ページの先頭へ

ACCWeb102013

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が空白以外である必要があります。

意味    Web データベースで作業するには、示されたプロパティに値を指定する必要があります。

解決策    値をプロパティに割り当てます。

ページの先頭へ

ACCWeb102014

エラー テキスト    ソース コード コントロールの管理下にあるデータベースは Web に対応していません。

意味    発行しようとしているデータベースはソース コード管理下にあり、Web データベースでサポートされません。

操作   最適化し、ソース コード管理を解除するのには、データベースを修復します。詳細については予防および最適化/修復プロセスを使用してデータベース ファイルの問題を修復する」を参照してください。

ページの先頭へ

ACCWeb102015

エラーのテキスト   プロパティ値の文字列の長さは、整数より長くすることができます。

意味    示されたプロパティの文字列値が長すぎます。一般的にこの問題が発生するのは、コントロール名 (最大長は 255 文字)、ラベルまたはボタンのキャプション (最大長は 2048 文字)、タグ (2048 文字)、説明 (2048 文字)、ヒントのテキスト (255 文字)、オブジェクト名 (255 文字)、および画像名 (255 文字) です。

解決策    文字列値を短くします。これらのプロパティは、通常はフォームまたはレポートのプロパティのプロパティ シート内にあります。

ページの先頭へ

ACCWeb102016

エラー テキスト    Web に対応するには、プロパティの値が Web 対応のフォームまたはレポートである必要があります。

意味    示されたサブフォームまたはサブレポートが Web 互換ではありません。

解決策    そのサブフォームまたはサブレポートを削除するか、Web と互換性のあるバージョンで置き換えます。

ページの先頭へ

ACCWeb102017

エラー テキスト    Web 互換性の確認が中止されました。

意味    互換性チェックを自分で取り消していないのに中止された場合は、次のいずれかの原因が考えられます。

  • データベースが読み取り専用です。

  • 閉じられていないオブジェクトがあります。

解決策    開いているデータベース オブジェクトをすべて閉じてから、互換性チェックを再度実行します。開いているオブジェクトがない状態でエラーが再発する場合は、データベース ファイルが読み取り専用でないかを確認します。

ページの先頭へ

ACCWeb106004

エラー テキスト   オブジェクトは、Web と互換性がありません。

意味    示されたオブジェクトはデータ アクセス ページであり、発行できません。

解決策    Web に発行するデータベースからデータ アクセス ページをすべて削除します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×