Web ページに表を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Server 2007サイトの Web ページに表を追加するには、HTML エディターを使用します。HTML エディタを使用して、コンテンツ エディター Web パーツまたはページ コンテンツ フィールド コントロールには、テーブルを追加することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

HTML エディターを開く

Web ページに表を追加します。

HTML エディタを開く

HTML エディタを開く方法は、ページ コンテンツ フィールド コントロールまたはコンテンツ エディタ Web パーツのどちらを使用しているかによって異なります。

ページ コンテンツ フィールド コントロールにエディターを開く

  1. 表の追加先のページ上で、[サイトの操作] メニューの [ページ編集ツール バーの表示] をクリックします。

  2. [ページ編集] ツールバーの [ページの編集] をクリックします。

  3. ページ コンテンツ フィールド コントロールで、[コンテンツの編集] をクリックします。HTML エディター ] ツールバーが表示されます。

    注: 一部のページ レイアウトには、HTML エディタをインラインではなく Web ページ ダイアログ ボックスで表示するページ コンテンツ フィールド コントロールが含まれます。編集しているページが、このページ レイアウトを使って作成されたページであった場合、[コンテンツの編集] をクリックしたときに、HTML エディタが新しいウィンドウで開きます。

コンテンツ エディタ Web パーツをページに追加する

表の追加先のページが Web パーツをサポートしていて、そのページにコンテンツ エディタ Web パーツが配置されていない場合は、次の手順で追加できます。

  1. コンテンツ エディター Web パーツを追加する] ページで、[Web パーツを追加するゾーンを選択し、ゾーンでWeb パーツの追加] をクリックします。Web ページのWeb パーツの追加] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. Web ページのWeb パーツの追加] ダイアログ ボックス、[その他] セクションまで下にスクロールし、[コンテンツ エディター Web パーツ] の横にあるチェック ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。ページの更新と選択したゾーンで、コンテンツ エディター Web パーツが表示されます。

コンテンツ エディタ Web パーツで HTML エディタを開く

  1. コンテンツ エディター Web パーツ] ツールバーで、[編集] をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。コンテンツ エディターのツール ウィンドウを開きます。

  2. [コンテンツ エディター ツール、リッチ テキスト エディター] をクリックします。HTML エディターの Web ページ] ダイアログ ボックスが開きます。

ページの先頭へ

Web ページに表を追加する

HTML エディタを使用して、 ボタン イメージ ツールバーの[表の挿入] ボタンをクリックして表を挿入できます。[表の挿入] をクリックすると、新しいウィンドウは次の表のプロパティを選んだを開きます。

  • [サイズ] プロパティ

    • []     このプロパティを使用して行数を選択します。

    • []     このプロパティを使用して列数を選択します。

    • [ディメンションを指定する]     このチェック ボックスをオンにして、[] ボックスと [高さ] ボックスで表の幅と高さを変更します。表のディメンションをサーバーで管理する場合は、このチェック ボックスをオフにします。

    • [] および [高さ]     [ディメンションを指定する] チェック ボックスをオンにすると [] プロパティおよび [高さ] プロパティを選択して表のディメンションを制御できます。[] または [高さ] ボックスに数字を入力し、矢印をクリックして [ピクセル] または [パーセント] をクリックします。たとえば、表をページの半分の幅に指定するには、[] ボックスに「50」と入力し、リストの [パーセント] をクリックします。

  • [形式] プロパティ

    • 定義済みのテーブルの書式を使用します。     ドロップダウン リストから表形式を選択するためにこのチェック ボックスを選択します。Office SharePoint Server 2007フィールド コントロールまたはページのコンテンツがページ上のコンテンツ エディター Web パーツ ページ コンテンツ フィールド コントロールで使用できるいくつかの定義済みの表形式を提供します。デザイン権限を持つサイト ユーザーは、ユーザー設定の表形式を作成して、定義済みの表形式の一覧に追加します。コンテンツ エディター Web パーツとページ コンテンツのフィールドの両方のコントロールで利用可能なユーザー設定の表形式があります。

      リストから表形式を選択すると、その形式のプレビューが [プレビュー] ボックスに表示されます。

      [定義済みの表形式を使用する] チェック ボックスをオフにすると、[形式] セクションのオプションが無効になります。表にはいずれの形式も適用されません。

    • [書式を設定する対象]     各定義済みの表形式には、見出し行、最後の行、最初の列、最後の列に適用する書式を含むことができます。これら 4 種類の行と列のオプションを使用して、行または列に特定の書式を適用するかどうかを指定します。たとえば、定義済みの表形式で指定されている書式を見出し行に設定しないように指定するには、[見出し行] チェック ボックスをオフにします。

      注: これらのオプションは [定義済みの表形式を使用する] チェック ボックスがオンになっている場合にのみ使用できます。

表を編集して、表のサイズ、書式、その他のプロパティを変更することもできます。表を編集する最もよい方法は [セルのメニュー] を使用する方法です。[セルのメニュー] を開くには、編集している表のセルの右端にある矢印をクリックします。

[セルのメニュー] には次のコマンドがあります。

  • [上に行を挿入]     編集しているセルのすぐ上に行を挿入します。

  • [下に行を挿入]     編集しているセルのすぐ下に行を挿入します。

  • [左に列を挿入]     編集しているセルのすぐ左に列を挿入します。

  • [右に列を挿入]     編集しているセルのすぐ右に列を挿入します。

  • [行の削除]     編集しているセルを含む行を削除します。

  • [列の削除]     編集しているセルを含む列を削除します。

  • [セルの結合]     編集しているセルとその右側のセルまたは左側のセル (右から左の言語の場合) を結合します。

  • [セルの分割]     編集しているセルを分割し、分割後の最も左にあるセルにカーソルを移動します。

  • [高さと幅]     編集しているセルを含む行と列の行の高さと列の幅を変更するためのダイアログ ボックスを開きます。

  • [表の編集]     編集しているセルを含む表のいずれかのプロパティを変更するためのダイアログ ボックスを開きます。

ツールバーのボタンを使用して [セルのメニュー] のすべての操作を実行することもできます。

詳細については、HTML エディターを使用して、 HTML エディターを使用する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×