Web パーツ ページをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サイトの所有者またはサイトの管理者は、Web パーツ ページのタイトル バーを編集する、Web パーツを追加する、リスト ビュー Web パーツのビューをカスタマイズする、Web パーツ ページのレイアウトを変更するなど、Web パーツ ページをさまざまな方法でカスタマイズできます。Web パーツ ページに Web パーツを追加してから、Web パーツを接続して、より詳細なページのカスタム ソリューションを作成できます。Web パーツの接続の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Microsoft Windows SharePoint Services 互換の Web デザイン プログラムを使用すると、Web パーツ ページのレイアウトを詳細にカスタマイズできます。Office SharePoint Designer 2007 を使用して Web パーツ ページを作成する方法の詳細については、Office SharePoint Designer 2007 のヘルプを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

個人用ビューを作成する、または Web パーツ ページの共有ビューを復元する

Web パーツ ページのタイトル バーを編集する

Web パーツを追加する

Web パーツのリストまたはライブラリのビューをカスタマイズする

Web パーツ ページのレイアウトを変更する

Web パーツ ページの個人用ビューを作成する/共有ビューを復元する

サイトやページを表示すると、既定では共有ビューで表示されます。共有ビューで表示しているときにページに変更を加えると、そのページを表示するすべてのユーザーがその変更内容を見ることができます。ページの個人用ビューを作成すると、ページに変更を加えても、他のユーザーは見ることができません。

個人用ビューを作成する

  1. ページの一番上で [<あなたの名前>さんようこそ]、[このページの個人用設定] の順にクリックします。

  2. ページを変更してカスタマイズします。Web パーツを追加または削除したり、ページ上の他の Web パーツのプロパティを変更したり、ページ上のリスト ビュー Web パーツのビューをカスタマイズしたり、ページ上の他の Web パーツのプロパティをカスタマイズしたりすることができます。

    注: 個人用ビューで Web パーツを閉じることはできますが、ページから Web パーツを削除することはできません。

  3. 作業を終えたら、[編集モードの終了] をクリックします。

共有ビューを復元する

Web パーツ ページに加えた個人用の変更を削除して、ページ上の Web パーツの現在の共有プロパティ値に戻すことができます。

[ページのコンテンツのリセット] コマンドを使用すると、個人用に設定された Web パーツのプロパティ値が完全に削除され、個人用に設定された任意の Web パーツが完全に削除されます。別の個人用ビューを作成する場合は、カスタマイズ作業をやり直す必要があります。

  1. ページの一番上で [<あなたの名前>さんようこそ]、[ページのコンテンツのリセット] の順にクリックします。

  2. ページ コンテンツのリセットを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

注: [ページのコンテンツのリセット] コマンドは個人用ビューに、Web パーツ ページを以前個人用に設定した場合にのみ表示されます。

ページの先頭へ

Web パーツ ページのタイトル バーを編集する

Web パーツ ページのタイトル バーには、タイトル、キャプション、説明、およびイメージが含まれます。管理者や、すべてのユーザーの Web パーツ ページを変更する権限のあるユーザーは、これらのアイテムを追加、変更、または削除することができます。タイトル、キャプション、説明、およびイメージは省略可能で、Web パーツ ページを共有するすべてのユーザーに対して変更できます。ただし、個別のユーザーに設定することはできません。

また、管理者は、Windows SharePoint Services を実行するサーバーに対する匿名アクセスを有効にできます。ユーザーが Web パーツ ページにアクセスすると、認証ボタンが自動的に表示され、ユーザーはページを表示したり Web パーツ ページを変更するためにサインインする必要があります。

注: Web パーツ ページをドキュメント ライブラリに保存する場合、Web パーツの追加などの変更を行う前に、Web パーツ ページ ドキュメントをチェックアウトしなければならないことがあります。完了したら、必ずドキュメントをライブラリにチェックバックして、すべてのユーザーに変更が見えるようにします。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. [タイトル バーのプロパティの編集] をクリックします。

  3. ツール ウィンドウのタイトル バーの属性のうち、編集できるのは、[タイトル]、[キャプション]、[説明]、および [イメージへのリンク] です。

    Web パーツ ページのタイトル バーのプロパティ

    注: 個人用ビューでこれらのカスタム プロパティを表示または編集することはできません。

    プロパティ

    説明

    役職

    Web パーツ ページのタイトル バーのメイン テキスト見出し。最初に、この値はページのファイル名に基づいた値に設定されています。タイトルの使用は任意なので、変更または削除することができます。タイトルの長さに制限はありません。

    長いタイトルは Web パーツ ページで広い範囲を占めることになるため、ページではタイトル バーの長さと Web パーツの残りの部分について、バランスを取るようにしてください。

    標題

    Web パーツ ページの補足的な説明。キャプションの入力は任意です。入力した場合、Web パーツ ページのタイトル バーでタイトルの上に表示されます。キャプションは、100 文字以内で指定します。

    説明

    Web パーツ ページのタイトルまたはキャプションの補足情報。説明の入力は任意です。入力した場合、マウス ポインターを Web パーツ ページのタイトルまたはキャプションに置くと、この説明が表示されます。説明は、255 文字以内で指定します。

    イメージへのリンク

    会社のロゴなど、Web パーツ ページ タイトルの左側に表示されるイメージ。イメージの設定は任意です。既定では、ここに削除または置換できるロゴが設定されます。イメージは、そのままのサイズで表示されます。イメージ ファイルの場所は、Web アドレスまたはファイル パスの形式で指定できます。イメージ ファイルのサポートされるファイル拡張子は、.bmp、.gif、.jpg、.jpeg、.pict です。

    [認証] ボタン

    Windows SharePoint Services を実行しているサーバーでは、匿名アクセスが既定で無効になっており、ユーザーがサーバーにアクセスする場合は、ユーザーにサインインを求めるメッセージが自動的に表示されます。管理者は、別の設定として、匿名アクセスを有効にしたうえで、サーバー上の Web パーツ ページの個人的な設定を表示、指定する場合に限って、ユーザーにサインインを許可することもできます。

  4. 変更内容を保存してツール ウィンドウを閉じるには、[OK] をクリックします。ツール ウィンドウを閉じずに変更内容を表示するには、[適用] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツを追加する

Web パーツ ページに Web パーツを追加する最も簡単な方法は、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスを使用することです。このダイアログ ボックスを使用すると、リスト、ライブラリ、およびその他の Web パーツを Web パーツ ページに簡単に追加できます。サイト管理者は、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスに表示されるリストに新しい Web パーツを追加したり、特定の Web パーツをリストにまとめて表示できるカスタム グループを作成することができます。

注: Web パーツ ページをドキュメント ライブラリに保存する場合、Web パーツの追加などの変更を行う前に、Web パーツ ページ ドキュメントをチェックアウトしなければならないことがあります。完了したら、必ずドキュメントをライブラリにチェックバックして、すべてのユーザーに変更が見えるようにします。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. Web パーツを追加する Web パーツ領域で [Web パーツの追加] をクリックします。

  3. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、ページに追加する Web パーツのチェック ボックスをオンにします。

    Web パーツの種類

    Windows SharePoint Services では、サイトですぐに使用できる複数の Web パーツが用意されています。これらの組み込みの Web パーツを使用したり、ニーズに合わせてカスタマイズしたり、新しい Web パーツを作成して、サイト全体で使用できるようにアップロードしたりすることもできます。

    既定の Web パーツ

    次の Web パーツは、すべてのサイトに既定で含まれており、チームのニーズに合わせてカスタマイズできます。これらの Web パーツの多くは、相互に接続して、さまざまな独自のソリューションを作成することもできます。

    • コンテンツ エディター Web パーツ     コンテンツ エディター Web パーツを使うと、書式設定されたテキスト、テーブル、ハイパーリンク、画像を Web パーツ ページに追加できます。

    • フォーム Web パーツ     フォーム Web パーツを使うと、別の Web パーツのデータ列に接続したり、データ列をフィルターしたりすることができます。両方の Web パーツは同じサーバー上で実行される必要があります。

    • 画像 Web パーツ     画像 Web パーツを使うと、写真やグラフィックを Web パーツ ページに追加することができます。ページ上の他の Web パーツに合わせて画像をより簡単に調節するには、共有ビューのカスタム プロパティを編集して、画像 Web パーツ内の画像の垂直方向の配置、水平方向の配置、背景色を指定します。

    • リスト ビュー Web パーツ    リスト ビュー Web パーツを使うと、自分のサイト内のリストまたはライブラリのデータを表示、編集したり、他の Web パーツ (他のリスト ビュー Web パーツを含む) に接続したりすることができます。リストはチーム メンバーと共有する情報であり、多くの場合、表形式で表示されます。リスト ビューでは、この情報が目的に応じてさまざまな方法で表示されます (列のフィルター、並べ替え、選択など)。

      注: リスト ビューという名前の Web パーツはありません。自分のサイトでリストを作成すると、そのリストと同じ名前のリスト ビュー Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、「ボート」というリストを作成すると、「ボート」という Web パーツがサイト名ギャラリーで使用できるようになります。Web パーツでは、作成したリストに含まれているデータが自動的に表示されます。

    • ページ ビューアー Web パーツ     ページ ビューアー Web パーツを使うと、Web パーツ ページ上の Web ページ、ファイル、またはフォルダーを表示できます。ハイパーリンク、ファイル パス、またはフォルダー名を入力して、コンテンツへのリンクを指定します。

    • サイト ユーザー Web パーツ    サイト ユーザー Web パーツを使って、サイトを使用する権限を持つユーザーとグループの一覧を表示することができます。サイト ユーザー Web パーツは、ドキュメント ワークスペース サイトのホーム ページに自動的に表示されます。また、サイト ユーザー Web パーツを任意の Web パーツ ページに追加することもできます。

      注: Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 以降で実行されているサイトでは、サイト ユーザー Web パーツは、メンバー Web パーツと呼ばれていました。

    • XML Web パーツ     XML Web パーツを使うと、Extensible Markup Language (XML) を表示し、コンテンツを表示する前に Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT) を XML に適用することができます。たとえば、ボート、価格、ボードの画像へのリンクが含まれた XML ファイルがあるとします。XSLT を使ってボードと価格の一覧が表示されるようにデータを変換し、ボートの名前にハイパーリンクを設定して、別のウィンドウで画像を表示することができます。

      事前構成されたリスト ビュー Web パーツ

      次の Web パーツは Windows SharePoint Services チーム サイト テンプレートに組み込まれており、新しいチーム サイトの作成時に自動的に設定され、 Web パーツ ページで使用できるようになります。選択したサイト テンプレートに応じて、チーム サイトやワークスペース サイトの作成時に含まれる Web パーツの組み合わせも変化します。

      注: これらの Web パーツは、リスト ビュー Web パーツから取得され、事前構成された Web パーツ テンプレートを使って、独自のレイアウトとデザインが作成されます。これらの一覧にデータを追加するには、クイック起動で [すべてのサイト コンテンツの表示]、[一覧] の順にクリックします。[すべてのサイト コンテンツ] ページで、データの追加先となる一覧の名前をクリックします。

    • お知らせ     お知らせ Web パーツを使うと、ニュースやステータスなど、チーム メンバーと共有したいちょっとした情報を投稿できます。

    • カレンダー     カレンダー Web パーツを使うと、将来のイベントやチームのスケジュールを表示できます。

    • リンク     リンク Web パーツを使うと、チームの興味を引く Web ページへのハイパーリンクを投稿できます。

    • 共有ドキュメント     共有ドキュメント Web パーツを使うと、既定のドキュメント ライブラリのファイルをサイト ユーザーと共有できます。

    • タスク     タスク Web パーツを使うと、チーム メンバーにタスクを割り当てたり、期日や優先度を指定したり、ステータスや進捗状況を表示したりできます。

    • チーム ディスカッション     チーム ディスカッション Web パーツを使うと、チームの関心を引くトピックについてディスカッションするためのフォーラムを提供できます。

      カスタム Web パーツ

      Microsoft Visual Studio など、Windows SharePoint Services と互換性があるプログラミング環境を使用することで、開発者は Microsoft ASP.NET の完全な機能セットを活用して、カスタム Web パーツを作成することができます。Web パーツ ページは ASP.NET ファイル (.aspx) で、Web パーツは Web フォーム コントロールから取得されます。Web パーツ ページをさらに改善するために、開発者は、新しい機能を提供する独自の Web パーツを作成できます。また、Web パーツにカスタム プロパティを追加したり、ツール ウィンドウに特殊なユーザー インターフェイス用のカスタム ビルダーを追加したり、Web パーツ接続を使用してその他の Web パーツに接続したりすることもできます。Web パーツの作成と展開の詳細については、Windows SharePoint Services 3.0 SDK を参照してください。これは、「Windows SharePoint Services 3.0 SDK へようこそ」から入手できます。

      他のユーザーや企業が作成した Web パーツを使用することもできます。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加するには、適切な権限が必要です。Web パーツによっては、サーバーに直接展開する必要があるものがあります。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加できない場合は、サポートについて管理者に問い合わせてください。

    追加する Web パーツのチェック ボックスを複数選択することで、2 種類以上の Web パーツを追加できます。

  4. [追加] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツのリストまたはライブラリのビューをカスタマイズする

リスト ビュー Web パーツを Web パーツ ページに追加すると、ページに表示したい情報だけが表示されるようにビューをカスタマイズできます。Web パーツ ページから現在のビューを編集します。

リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成することもできます。これらのビューを使用して、そのリストまたはライブラリに関する異なる Web パーツ インスタンスのさまざまな情報セットを表示できます。リストまたはライブラリのカスタム ビューを作成するには、カスタマイズするリストまたはライブラリの [ビュー] メニュー [表示] メニュー を使用します。リストまたはライブラリのユーザー設定のビューの作成の詳細については、「関連項目」のリンク先を参照してください。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. カスタマイズする Web パーツの [Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。

  3. ツール ウィンドウで、[現在のビューの編集] をクリックします。

  4. [] セクションで、列に対応するチェック ボックスを選択することにより、列の表示と非表示を設定できます。列名の横に、ビューに列を表示するときの順番を示す数値を入力します。

  5. [並べ替え] セクションで、情報を並べ替えるかどうか、および、どのように並べ替えるかを選択します。作成者ごとのファイル名で並べ替えるなど、並べ替えには、2 つの列を使用できます。

  6. [フィルター] で、情報をフィルター処理するかどうかを選択し、フィルター処理する場合はその方法を選択します。フィルター処理されたビューには、より少数のアイテムが表示されます (特定の部門によって作成されたアイテムや [承認済み] 状態のアイテムなど)。

  7. [グループ化] で、同じ値がセクションに含まれている項目をグループ化できます。たとえば、特定の作成者によるドキュメントの拡張可能セクションをグループ化できます。

  8. [集計] で、1 つの列に含まれる項目の数 (請求書の総数など) をカウントできます。場合によっては、情報を要約したり平均値などの他の情報を抽出したりすることもできます。

  9. [スタイル] セクションで、ビューに必要なスタイルを選択します (1 行おきに網掛けが適用される網掛けリストなど)。

  10. リストまたはライブラリにフォルダーがある場合は、フォルダーを含まないビューを作成できます。これをフラット ビューと呼ぶこともあります。すべてのリスト アイテムを同じレベルで表示するには、[フォルダーなしですべてのアイテムを表示する] をクリックします。

  11. リストまたはライブラリが大きい場合は、リストまたはライブラリで表示できるファイルの数を制限したり、同じページに表示できるファイルの数を制限したりすることができます。[アイテムの表示数] セクションで、必要なオプションを選択します。

  12. リストまたはライブラリをモバイル デバイスで表示する計画がある場合は、[モバイル] セクションで必要なオプションを選択します。

  13. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツ ページのレイアウトを変更する

Web パーツを Web パーツ ページ上で移動して、任意の Web パーツ領域に任意の順番で配置することができます。Web ブラウザでサイトを表示する場合、Web パーツ ページの作成時に選択したテンプレートは変更できません。Office SharePoint Designer 2007 などの Microsoft Windows SharePoint Services 互換の Web デザイン プログラムを使用すると、Web パーツ ページの構造を詳細に変更できます。

注: Web パーツ ページをドキュメント ライブラリに保存する場合、Web パーツの追加などの変更を行う前に、Web パーツ ページ ドキュメントをチェックアウトしなければならないことがあります。完了したら、必ずドキュメントをライブラリにチェックバックして、すべてのユーザーに変更が見えるようにします。

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. Web パーツをページ上の新しい場所や Web パーツ領域にドラッグします。

  3. 作業を終えたら、[編集モードの終了] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×