Web パーツ内のデータに接続する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

多くの製品およびテクノロジでは、異なるデータ ソースからデータ セットに接続するには課題が多く、プログラミングに関するスキルが必要です。ただし、[Web パーツ] 内のメニューおよびボタンを使用すると、独自にコードを記述しなくてもデータ接続を作成することができます。たとえば、Web パーツを接続すると、2 つの Web パーツのデータを代替ビューに表示したり、2 つの Web パーツ間で関連する計算を行ったり、別の Web パーツの値を使用して Web パーツのフィルタ処理を行うなど、これらすべての作業を Web パーツ ページのみで行うことができます。

この記事の内容

Web パーツの接続の概要

Web パーツの接続を作成します。

2 つの Web パーツ間の接続を作成または

接続の構成] ダイアログ ボックスで、Web パーツ接続が完了します。

2 つの Web パーツ間の接続を削除します。

一般的な種類の Web パーツ接続

Web パーツ接続の概要

Web パーツ接続を使用すると、Web パーツ ページを作成または拡張できます。Web パーツを接続すると、一方の Web パーツで操作を実行したときに、もう一方の Web パーツのコンテンツも変更されます。

たとえば、従業員リスト ビュー Web パーツとイメージ Web パーツの間でデータを渡して、前者から後者に接続することができます。従業員リスト ビュー Web パーツでその従業員の画像が含まれている行を選択するたびに、イメージ Web パーツ内にその画像を表示できます。

基本的な Web パーツ接続

1. Web パーツ接続とは、ある Web パーツから別の Web パーツにデータを渡して、これらの Web パーツの動作を同期させる方法です。

2.  一方の Web パーツがデータを提供します。

3. データとして渡せるのは、リスト、行、セル、またはパラメータ値です。

4. もう一方の Web パーツがデータを受け取ります。

[Web パーツ] メニューの [接続] をポイントし、接続の種類サブメニューをクリックすると、どちらの Web パーツからでも Web パーツ接続を作成できます。たとえば、一方の Web パーツの接続の種類サブメニューに [他の Web パーツに行を提供] と表示される場合は、もう一方の Web パーツの接続の種類サブメニューには [他の Web パーツから行を取得] と表示されます。

Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のある Web デザイン プログラム (Microsoft Office SharePoint Designer 2007 など) を使用すると、同じ Web パーツ ページ上にある Web パーツ間で接続を作成できるだけでなく、同じトップレベル サイト内の 2 つの異なる Web パーツ ページ上にある Web パーツ間でも接続を作成できます。

ページの先頭へ

Web パーツ接続を作成する

Web パーツ接続を使用して Web パーツ ページを作成するには、次の 3 つの手順を実行します。

手順 1: Web パーツ ページで利用するデータを決定する

必要なデータが 1 つまたは複数のリスト ビュー Web パーツで提供されている場合があります。リストではデータが表形式で提供されるので、データの変更と更新、並べ替え順序の変更、リスト内でのフィルタ処理、およびデータの集計が簡単に行えます。ツール ウィンドウでビューの選択を使用すると、リスト ビュー Web パーツの表示を簡単に変更して、必要な列のみを操作できます。

手順 2: Web パーツ ページに Web パーツを追加する

大部分のリストは、サイトの Web パーツ ギャラリーでリスト ビュー Web パーツとして使用できます。通常、その他の Web パーツは、アクセス権のある他の Web パーツ ギャラリーで使用できます。Web パーツの興味深い便利なインスタンスが含まれている別のサイトから、Web パーツをインポートする必要が生じる場合もあります。外部の Web サイトで Web パーツを検索し、サイト管理者にその Web パーツを Web サイトにインストールするよう依頼することもできます。たとえば、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Web コンポーネント ディレクトリや別のソフトウェア製造元の Web サイトで Web パーツを検索することができます。このようにすると、Web パーツ ギャラリーをしだいに拡張して、個人または組織のニーズに適合させることができます。

手順 3: Web パーツを接続して、必要な結果を取得する

Web パーツ接続をサポートしている Web パーツ間でのみ接続を作成できます。Web パーツ接続をサポートしている Web パーツには、リスト ビュー Web パーツ、フォーム Web パーツ、およびイメージ Web パーツがあります。[Web パーツ] メニューの [接続] サブメニューには、作成できる種類の接続のみが表示され、利用できる Web パーツ サブメニューには、互換性のある Web パーツのみが表示されます。手順 1. ~ 2. を完了すると、その後は意思決定を簡単に行えるので、Web パーツ接続を作成するためにスクリプトまたはコーディングに関する知識は必要ありません。

注: 同じ Web パーツ ページ上にある Web パーツ間でのみ接続を作成できます。Web パーツを別のサイトまたはデータ ソースからのデータに接続するには、Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のある Web デザイン プログラム (Office SharePoint Designer 2007 など) を使用してデータ ビューを追加します。

ページの先頭へ

2 つの Web パーツ間の接続を作成または変更する

メニューおよびダイアログ ボックスを使用して、Web パーツの接続、Web パーツ間でのデータのやり取り、および Web パーツの動作の同期を行うことができます。

  1. Web パーツ ページを開きます。

  2. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. 接続する 2 つの Web パーツを決定します。同じ接続を、どちらの Web パーツからでも作成または変更できます。

  4. Web パーツのどちらか一方から Web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー ] をクリックして、接続] をポイントを作成または行を提供並べ替え/フィルター] など、変更する接続の種類をポイントし、作成または変更する接続する Web パーツの名前をクリックします。

    [接続] サブメニューのコマンドのキー

    コマンド、 接続]サブメニュー

    説明

    他の Web パーツに行を提供

    接続先の Web パーツにデータ行を渡すことで、リスト ビュー Web パーツを他の Web パーツに接続できます。他の Web パーツがどのように作成されてデータを取得するのかに応じて、他の Web パーツが行データを表示したり、行データをフィルターまたはパラメーター値として使用したりすることができます。

    標準ビューで、リスト ビュー Web パーツを接続すると、オプション ボタンが含まれている [アイテムの選択] 列が自動的に追加され、他の Web パーツに渡す行を示すことができます。標準ビューで一度に選択できる行は 1 つだけです。[編集] 列などの一部の列は、Web パーツ接続には使用できません。

    データシート ビューでは複数の行を選択できますが、他の Web パーツに渡される行は 1 つだけです。複数の行を選択した場合、アクティブなセルが含まれている行が他の Web パーツに渡され、それ以外の行はすべて無視されます。[集計行] または [新しい行] のデータを他の Web パーツに渡すことはできません。

    この種類の接続を使用すると、複数の Web パーツをリスト ビュー Web パーツに接続できます。

    他の Web パーツにデータを提供

    リスト ビュー Web パーツを、リスト データと連携する他の Web パーツに接続できます。この場合、リスト ビュー Web パーツは他の Web パーツのデータ ソースとなります。

    標準ビューとデータシート ビューでは、ビュー内のデータだけが他の Web パーツに渡されます。

    この種類の接続を使用すると、複数の Web パーツをリスト ビュー Web パーツに接続できます。

    他の Web パーツを基に並べ替え/フィルター

    標準ビューとデータシート ビューでは、リスト ビュー Web パーツを、次の情報を提供できる別の Web パーツに接続できます。

    1 1 つまたは複数の列名と値のペアをリスト ビュー Web パーツ内のデータをフィルター処理するデータのします。

    2. 昇順または降順でリスト ビュー Web パーツの順序でデータを並べ替えるには、データの列。

    この種類の接続を使用すると、他の Web パーツを 1 つだけリスト ビュー Web パーツに接続できます。

    [Web パーツ] メニューが Web パーツ ページで有効化または表示されていない場合があります。これには、Web パーツまたは領域で接続がサポートされていない、Windows SharePoint Services と互換性のないブラウザを使用している、サイトで接続が無効になっているなど、さまざまな理由があります。

  5. 一部の Web パーツ接続では、[接続の構成] ダイアログ ボックスで追加の情報を選択する必要がある場合があります。たとえば、使用する接続の種類やフィルタ処理する列を選択する必要がある場合があります。また、一方または両方の Web パーツを作成した方法によっては、Web パーツ接続に固有の追加のダイアログ ボックスが表示される場合があります。詳細については、ユーザー設定の Web パーツについてヘルプ情報を参照してください。

    ヒント: Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際、Web パーツそのものは表示しないようにする必要がある場合、Web パーツを非表示にすることができます。

    注記: 

    • 接続の種類サブメニューは Web パート ページおよび Web パーツごとに異なります。これには、Web パーツ ページ、Web パーツ、または Web パーツ領域のプロパティ設定が異なる、ページ上の Web パーツの種類または互換性が異なる、Web パーツに互換性のある接続の種類が設定されているかどうかなど、さまざまな理由があります。

    • 接続できる Web パーツのみが、使用可能な [Web パーツ] サブメニューに表示されます。Web パーツ ページ上の一部の Web パーツは、接続を確立するためのデザインされていません。また、一部の Web パーツは、現在の Web パーツへの接続をサポートしていないか、特定の接続の制限を現在超えています。

ページの先頭へ

[接続の構成] ダイアログ ボックスで Web パーツ接続を完了する

[接続の構成] ダイアログ ボックスを使用して、データを取得する Web パーツとデータを提供する Web パーツとの間で、列を対応させることができます。

注: 正しいけれども意味をなさない接続を作成することができます。たとえば、データを提供する Web パーツに製品 ID の列が含まれており、データを取得する Web パーツに従業員 ID の列が含まれているとします。これらの列を対応させることはできますが、その結果は意味をなすものではありません。

[] ボックスで、データを取得する Web パーツ内の列、データを提供する Web パーツ内の列、またはその両方を選択します。

以下はその一般的な例です。

  • セルまたは別の Web パーツ内のデータのフィールドに 1 つの Web パーツのデータの行に一致します。   

    接続元の Web パーツは連絡先リスト ビュー Web パーツです。リスト ビュー内のいずれかの列は、写真という名前のハイパーリンクが含まれている列で、その連絡先の画像への URL が含まれています。写真が含まれている URL のみを表示できるイメージ Web パーツへの接続を作成します。連絡先 Web パーツの [写真] 列を選択して、イメージ Web パーツと適切に対応させます。

  • 別の Web パーツ内のデータの列に 1 つの Web パーツのデータの行をフィルター処理することと一致します。   

    接続元の Web パーツは、注文データが含まれているリスト ビュー Web パーツです。リスト ビュー内のいずれかの列は、OrdersDetailsID という名前の品目が含まれている列です。注文の詳細が含まれた複数の列を持ち、その 1 つが OrdersDetailsID という名前の対応する列である、別のリスト ビュー Web パーツへの接続を作成します。2 つの Web パーツを接続して、一方の Web パーツで注文を選択したときに、もう一方の Web パーツにその注文の各品目が表示されるようにするには、各 Web パーツ内の [OrdersDetailsID] 列を対応させる必要があります。

    注: 列名が同じである必要はありませんが、基になるデータは一致しているか、同じ値である必要があります。

ページの先頭へ

2 つの Web パーツ間の接続を削除する

  1. Web パーツ ページを開きます。

  2. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  3. いずれかの接続を削除するには、[Web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー ] をクリックして、接続] をポイントする Web パーツを削除する接続の種類をポイント-に行を提供するなど、基に並べ替え/フィルター - との接続を削除する Web パーツの名前をクリックします。

    注: 接続サブメニューで、接続が有効な各選択肢にチェック マークが表示されます。チェック マークが表示されない場合は、有効な接続がありません。

  4. [接続の構成] ダイアログ ボックスで、[接続の削除] をクリックします。

  5. Web パーツ間の接続の削除を確認するプロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツ接続の一般的な種類

Web パーツ ページ上の Web パーツを結合および接続するには、多数の方法があります。Web パーツ ページで、これらのさまざまな Web パーツ接続を作成することができます。以下のシナリオでは、Web パーツ間で行われるデータ接続の一般的な種類について説明します。

マスターおよび詳細情報

データのマスタ リストがあり、このマスタ リストに関連する詳細情報を表示する必要があります。

マスタと詳細の例

1.  従業員基本情報 Web パーツには、ID、名前、役職など、よくアクセスされる基本的な従業員に関するデータが含まれます。

2.  従業員の詳細を表示するには、行を選択します。

3.  選択した行は、別の Web パーツに渡されます。

4.  従業員詳細情報 Web パーツでは、すべての従業員の詳細情報がフォーム ビューに表示されます。

リスト ビュー Web パーツでは、行を選択する前に、大きなリストを並べ替えたり、フィルタして従業員を見つけることができます。詳細データのサイズが大きい場合は、別の Web パーツ ページに従業員詳細情報 Web パーツを表示することもできます。

概要と詳細情報

データの概要リストがあり、概要データを生成する詳細情報を表示する必要があります。

概要と詳細の例

1.  累積給与控え Web パーツには、給与情報が含まれています。

2.  集計された休暇および病欠に関する概要情報を選択します。

3.  概要情報は、別の Web パーツに渡されます。

4.  週単位のデータが表示される累積給与控え詳細情報 Web パーツでは、休暇や病欠を思い出したり、正しく登録されていることを確認したりすることができます。

親と子の用語

データのリスト (親) を表示すると、各行には別のリストに表示される 1 つまたは複数の関連行 (子) があります。

親と子の例

1.  注文 Web パーツには、最新の顧客注文リストが表示されます。

2.  調査対象の注文を含む行をクリックします。

3.  選択した行は、別の Web パーツに渡されます。

4.  注文詳細情報 Web パーツでは、その注文に関するすべての品目名が表示されます。

検索とフィルター処理

ある Web パーツに検索条件またはフィルタ条件などのデータを入力し、その結果を別の Web パーツに表示させます。

検索とフィルタの例

1.  書籍検索 Web パーツでは、タイトル、著者、テーマなどの書籍の情報を入力して、書籍を検索します。

2.  [送信] をクリックします。

3.  検索条件は、別の Web パーツに渡されます。

4.  書籍リスト Web パーツには、検索条件を満たす 1 つまたは複数の書籍が表示されます。

計算

通常は 1 つの Web パーツ内でデータを計算しますが、2 つの Web パーツを組み合わせてより柔軟に計算を行うこともできます。

計算の例

1.  ローン情報 Web パーツに、ローン情報を入力します。

2.  [GO] をクリックします。

3.  ローン情報は、別の Web パーツに渡されます。

4.  ローン計算 Web パーツでは、ローンが計算され、月単位の返済スケジュールが表示されます。

データの代替ビュー

データをいくつかの異なる方法で表示すると、影響、傾向、および関係を理解しやすくなります。ある Web パーツのリスト、行、およびセル (またはフィールドとパラメータ) を渡して、データを代替ビューに表示できます。

リストの代替ビュー

企業のすべての従業員を階層図で表示します。

リスト データの代替ビュー

1.  従業員 Web パーツには、企業で働くすべての人の従業員 ID、従業員名、役職、マネージャ ID が表示されます。

2.  すべてのデータを使用しているので、データを選択する必要はありません。

3.  すべてのデータは、別の Web パーツに渡されます。

4.  組織図 Web パーツには、従業員間の仕事上の関係が表示され、この階層の代替ビューを表示できます。

行の代替ビュー

円グラフや棒グラフなどのグラフに人口統計データの 1 行を表示します。

行データの代替ビュー

1.  人口統計 Web パーツには、年齢、収入、相続財産などの人口統計データが表示されます。

2.  人口統計データの 1 行を選択します。

3.  データは、別の Web パーツに渡されます。

4.  グラフ Web パーツには、選択した行のデータが円グラフ、または棒グラフで表示されます。

セルの代替ビュー

募金運動の全体的な進捗状況を追跡します。

セルのデータの代替ビュー

1.  グループの各メンバは、募金 Web パーツに集めた金額を入力します。

2.  現在の総額は、[総額] フィールドに表示されます。

3.  [総額] フィールドは、別の Web パーツに渡されます。

4.  募金目標 Web パーツでは、グループの全体的な進捗状況を確認します。

データの拡張

人や場所に関する基本データを増強し、データをよりおもしろく、魅力的で、役に立つものにします。

データの拡張の例

1.  連絡先 Web パーツには、名前、住所、写真など、仕事関係者を把握するのに必要な情報が表示されます。

2.  連絡先を選択します。

3.  1 行のデータは、別の Web パーツに渡されます。

4.  イメージ Web パーツに連絡先の写真が表示され、地図 Web パーツで会社の住所が検索されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×