Web パーツ内のデータに接続する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Web パーツのメニューとボタンを使用すると、カスタム コードを記述せずにデータ接続を作成できます。たとえば、Web パーツどうしを接続すると、2 つの Web パーツのデータを代替ビューに表示することができます。また、2 つの Web パーツ間で関連する計算を行ったり、一方の Web パーツの値を使用してもう一方の Web パーツをフィルター処理することもできます。このように、さまざまな操作をすべて 1 つのページで行うことができます。SharePoint Designer など、サイトと互換性のある Web デザイン プログラムを使用すると、同じトップレベル サイト内の別々のページにある Web パーツ間の接続も作成できます。

この記事の内容

Web パーツの接続の概要

Web パーツの接続を作成します。

2 つの Web パーツ間の接続を作成または

Web パーツの接続を完了します。

2 つの Web パーツ間の接続を削除します。

一般的な種類の Web パーツの接続

マスターおよび詳細情報

概要と詳細情報

親と子の用語

検索とフィルター処理

計算

データの代替ビュー

データの拡張

Web パーツ接続の概要

Web パーツ接続を使用することで、サイト ページを作成したり、その機能を向上させることができます。Web パーツどうしを接続すると、一方の Web パーツで行った操作によって、もう一方の Web パーツのコンテンツが変更されるようになります。

たとえば、Web パーツ間でデータをやり取りすることで、従業員リスト ビュー Web パーツを画像 Web パーツに接続できます。従業員の画像が含まれる列のある従業員リスト ビュー Web パーツで行を選択すると、その画像が画像 Web パーツに表示されます。

基本 Web パーツ接続

Web パーツ接続は、一方の Web パーツからもう一方の Web パーツにデータを渡し、それぞれの動作を同期する手段です。

一方の Web パーツがデータを渡します。

渡すことのできるデータは、リスト、行、セル、またはパラメーター値です。

もう一方の Web パーツがデータを取得します。

どちらの Web パーツからでも Web パーツ接続を作成できます。作成するには、Web パーツ メニューの [接続] コマンドから接続の種類のメニューを使用します。

注: 同じページ上にある Web パーツ間でのみの接続を作成することができます。別のサイトまたはデータ ソースからデータを Web パーツを接続するには、SharePoint Designer などの Web デザイン プログラムを使用してデータ ビューを追加します。

たとえば、行を提供 1 つの Web パーツ接続の種類からのメニュー コマンドが表示し、からデータを取得ターゲット接続の種類の Web パーツから、メニューが表示されます。次の表では、[接続] のメニューが表示される場合がよく使うコマンドについて説明します。

[接続] メニュー コマンドします。

説明

他の Web パーツにデータ行を送信

接続先の Web パーツにデータ行を渡すことで、リスト ビュー Web パーツを他の Web パーツに接続できます。

標準表示モードで、リスト ビュー Web パーツを接続すると、選択項目] 列が自動的に追加します。他の Web パーツに渡す行を有効にするオプションが含まれています。標準ビューで、一度に 1 行だけを選択します。いくつかの列では、次のようなの列を編集しては Web パーツの接続で使用する場合は利用できません。

データシート ビューで複数の行を選択することができますが、1 行だけが、その他の Web パーツに渡されます。複数の行が選択されている場合は、アクティブなセルが含まれる行が、他の Web パーツに渡され、その他のすべての行は無視されます。データを提供することはできません、 [集計] 行または新しい行を他の Web パーツにします。

この接続の種類を選択すると、複数の Web パーツをリスト ビュー Web パーツに接続できます。

パラメーターの値を取得します。

このオプションを選択すると、プロバイダー Web パーツの 1 つの列のパラメーターをコンシューマー Web パーツの列に適用できます。

他の Web パーツからフィルター値を取得

標準ビューとデータシート ビューでは、リスト ビュー Web パーツを、次の情報を提供できる別の Web パーツに接続できます。

  • リスト ビュー Web パーツのデータをフィルター処理するのに使用される、1 つ以上のデータのペア (列名と値)。

  • リスト ビュー Web パーツのデータを昇順または降順で並べ替えるためのデータの列。

この接続の種類を選択した場合、リスト ビュー Web パーツに接続できる Web パーツは 1 つだけです。

SharePoint Designer などの Web デザイン プログラムを使用して、次の 2 つの異なるする Web パーツ ページ上の Web パーツ間の接続を作成することもできます。

ページの先頭へ

Web パーツ接続を作成する

Web パーツ間の接続を作成する前に、次の 3 つの手順を実行する必要があります。

手順 1: ページで使用データを決定する   
多くの場合、使用するデータを提供するサイトで 1 つまたは複数のリストがあります。リストでは、表形式でデータを表示します。簡単に変更し、データを更新する、並べ替え順序を変更、リスト、および集計データ内でのフィルターにします。目的の形式で [データのみを表示するビューを作成することができます。ビュー セレクターを使用して、ツール ウィンドウで、使用する列のみを操作するリスト ビュー Web パーツのビューを変更できます。リストから、[リスト ツール] リボンで、ビューを作成するには、リスト] をクリックして、ビューの作成] をクリックして、必要な表示形式を選択し、[データを表示する] を選びます。

手順 2: ページにリスト ビュー Web パーツを追加する   
として追加すると、Web パーツをページにページにリストを追加することができます。

手順 3: する結果を得るための Web パーツに接続する   
のみの Web パーツの接続をサポートする Web パーツ間の接続を作成することができます。Web パーツの接続をサポートする web パーツには、リスト ビュー Web パーツには、フォーム Web パーツでは、イメージ Web パーツが含まれます。

[Web パーツ] メニューの [接続] メニューには、作成できる接続の種類だけが表示されます。また、使用可能な Web パーツのメニューには、互換性のある Web パーツだけが表示されます。手順 1. と手順 2. を済ませておくと、スクリプトやコードを記述しなくても Web パーツ接続を作成することができます。

ページの先頭へ

2 つの Web パーツ間の接続を作成または変更する

メニューおよびダイアログ ボックスを使用して、Web パーツの接続、Web パーツ間でのデータのやり取り、および Web パーツの動作の同期を行うことができます。

  1. 接続する 2 つの Web パーツが含まれているページを参照します。

  2. [サイトの操作] メニュー ボタンの画像 の [ページの編集] をクリックします。

  3. Web パーツのいずれか、[Web パーツ] メニューをクリックします。接続] をポイントし、作成、または行を提供や並べ替え/フィルターなど、変更する接続の種類をポイントします。作成または変更する接続する Web パーツの名前をクリックします。

    注: Web パーツ] メニューがあります有効になっているか、ページに表示されているいくつかの理由。Web パーツまたは接続、互換性のないブラウザーの場合、または [無効になっている接続をサポートしていないゾーンにこれらの原因が考え、

    Web パーツ ページ間および Web パーツ間で接続の種類のサブメニューが異なっている可能性があります。その要因としては、Web パーツ ページ、Web パーツ、または Web パーツ ゾーン間でプロパティ設定が異なること、ページ上の Web パーツの互換性、Web パーツの接続の種類に互換性があるかどうかなどが考えられます。

Web パーツ接続によっては、[接続の構成] ダイアログ ボックスで追加の情報を選択する必要があります。例として、使用する接続の種類やフィルター処理する列などが挙げられます。また、Web パーツの作成方法に応じて、その Web パーツ接続に固有のダイアログ ボックスが追加で表示されることもあります。

ヒント: ヒントの Web パーツを非表示にすることができます。たとえば、使用して別の Web パーツにデータを提供する必要がありますを表示したくないです。

注: 使用可能な Web パーツのメニューには、接続できる Web パーツだけが表示されます。ページ上のその他の Web パーツには、接続をサポートしていないものや、現在の Web パーツへの接続をサポートしていないものもあります。また、サイトで特定の接続制限を超過している可能性もあります。

ページの先頭へ

Web パーツ接続の作成を完了する

Web パーツ間で最初の接続を確立すると、[接続の構成] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスから、データを取得する Web パーツとデータを提供する Web パーツ間で列を対応付けることができます。

注: 接続自体は正しくても、内容的に意味を成さないような接続が作成される場合もあります。たとえば、データを提供する Web パーツに製品 ID 列があり、データを取得する Web パーツに従業員 ID 列がある場合、これらの異なる ID 値を対応付けることは可能ですが、その結果は意味を成しません。

一般的な Web パーツ接続の例を次に示します。

セルまたは別の Web パーツ内のデータのフィールドに 1 つの Web パーツのデータの行に一致する   
から接続している Web パーツが連絡先リスト ビュー Web パーツ。リスト ビューで列の 1 つは、写真、連絡先の画像への URL が含まれていると呼ばれるハイパーリンクが含まれる列です。図を含む URL のみを表示できる、イメージ Web パーツに接続できます。イメージ Web パーツを正確に一致させるを提供する連絡先の Web パーツから、[写真] 列を選択する必要があります。

別の Web パーツ内のデータの列に 1 つの Web パーツのデータの行をフィルター処理することと一致する   
から接続している Web パーツは、リスト ビュー Web パーツの順序のデータが含まれています。リスト ビューで列の 1 つは、 OrdersDetailsIDと呼ばれる行アイテムを含む列。別リスト ビュー Web パーツ、複数列を含む受注明細に接続できます。OrdersDetailsIDと呼ばれる対応する列は、次のいずれか。できるように、1 つの Web パーツの順序を選択する場合は、2 つの Web パーツを接続するには、その他の Web パーツでその注文の各項目を表示します。各 Web パーツでOrdersDetailsID列と一致する必要があります。

注: 列名は違っていてもかまいませんが、基になるデータは一致しているか、値が同じである必要があります。

ページの先頭へ

2 つの Web パーツ間の接続を削除する

  1. ページを開きます。

  2. [サイトの操作] メニューの [ ボタンの画像 には、ページの編集]をクリックします。

  3. 接続を削除する Web パーツを 1 つ選択します。

  4. Web パーツ] メニューをクリックし、接続] をポイントし、行を提供または並べ替え/フィルターなど、削除する接続の種類をポイントし、します。

  5. 接続を削除する Web パーツの名前をクリックします。

    注: 接続サブメニューで、接続が有効な各選択肢にチェック マークが表示されます。チェック マークが表示されない場合は、有効な接続がありません。

  6. [接続の構成] ダイアログ ボックスで、[接続の削除] をクリックします。

  7. Web パーツ間の接続の削除を確認するプロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。

一般的な Web パーツ接続

ページ上の Web パーツを結合および接続する方法は、多数用意されています。ページでは、これらの Web パーツ接続の一部を作成できます。次のシナリオを通じて、Web パーツ間の一般的なデータ接続について説明します。

マスターと詳細

データのマスター リストがあるときに、そのマスター リストに関連する詳細情報を表示する必要があるとします。

マスターと詳細の例

  1. 従業員の基本情報 Web パーツには、よく使用される基本的な従業員データ (ID、名前、役職など) が含まれています。

  2. 従業員の詳細情報を参照するには、行を選択します。

  3. その行が他の Web パーツに渡されます。

  4. 従業員の詳細情報 Web パーツのフォームに、従業員のすべての詳細情報が表示されます。

リスト ビュー Web パーツでは、大量のデータが含まれているリストに対して並べ替えとフィルター処理を行い、従業員を見つけやすくしたうえで、行を選択できます。詳細データに幅広い情報が含まれている場合は、従業員の詳細情報 Web パーツを別のページに表示することもできます。

ページの先頭へ

集計と詳細

データの集計リストがあるときに、集計データの基になっている詳細情報を表示する必要があるとします。

集計と詳細の例

  1. 本年度給与明細 Web パーツには、自分の給与情報が含まれています。

  2. 休暇と病欠の累計日数の集計を選択します。

  3. 集計情報がもう一方の Web パーツに渡されます。

  4. 週次データを表示する給与明細の詳細 Web パーツで、記録されたデータを確認します。

ページの先頭へ

親と子

データのリスト (親) を表示すると、各行には別のリストに表示される 1 つまたは複数の関連行 (子) があります。

親と子の例

  1. 注文 Web パーツには、顧客からの最新の注文のリストがあります。

  2. 調べる注文を含む行をクリックします。

  3. その行が他の Web パーツに渡されます。

  4. 受注明細 Web パーツに、その注文のすべての品目が表示されます。

ページの先頭へ

検索とフィルタ

ある Web パーツに検索条件またはフィルタ条件などのデータを入力し、その結果を別の Web パーツに表示させます。

検索とフィルターの例

  1. 書籍検索 Web パーツでは、タイトル、著者、主題などの書籍情報を入力して、書籍を検索できます。

  2. [送信] をクリックします。

  3. 検索条件がもう一方の Web パーツに渡されます。

  4. 検索条件に一致する 1 冊以上の書籍が書籍リスト Web パーツに表示されます。

ページの先頭へ

計算

通常は 1 つの Web パーツ内でデータを計算しますが、2 つの Web パーツを組み合わせてより柔軟に計算を行うこともできます。

計算例

  1. 抵当額 Web パーツに抵当額を入力します。

  2. [実行] をクリックします。

  3. 抵当額がもう一方の Web パーツに渡されます。

  4. 抵当額計算 Web パーツによって金額が計算され、毎月の支払スケジュールが表示されます。

ページの先頭へ

代替データ ビュー

データをさまざまな方法で表示すると、裏に潜む意味、傾向、および相関関係を把握するのに役立ちます。一方の Web パーツからリスト、行、およびセル (またはフィールドとパラメーター) を渡し、データを代替ビューで表示することができます。

リストの代替ビュー

企業のすべての従業員を階層図で表示します。

リスト データの別のビュー

  1. 従業員 Web パーツには、その会社に勤務するすべてのスタッフの従業員 ID、従業員名、役職、およびマネージャー ID が表示されます。

  2. この場合はすべてのデータを使用するため、何も選択する必要はありません。

  3. すべてのデータが別の Web パーツに渡されます。

  4. 組織図 Web パーツに、従業員間の業務上の関係が表示されます。この階層構造の代替ビューも表示できます。

    行の代替ビュー

円グラフや棒グラフなどのグラフに人口統計データの 1 行を表示します。

行データの別のビュー

  1. 人口統計 Web パーツには、年齢、収入、遺産などの人口統計データが表示されます。

  2. 人口統計データの行を選択します。

  3. データが別の Web パーツに渡されます。

  4. グラフ Web パーツの円グラフ (および代替の棒グラフ) にデータ行が表示されます。

    セルの代替ビュー

募金運動の全体的な進捗状況を追跡します。

セル データの別のビュー

  1. グループの各メンバーは、募金活動 Web パーツで集めた金額を入力できます。

  2. 現時点での合計額が集計フィールドに表示されます。

  3. 集計フィールドがもう一方の Web パーツに渡されます。

  4. 募金目標額 Web パーツで、グループの全体的な達成状況をチェックします。

ページの先頭へ

データの拡張

人や場所に関する基本データを増強し、データをよりおもしろく、魅力的で、役に立つものにします。

データ拡張の例

  1. 連絡先 Web パーツには、名前、住所、場合によっては写真など、記録の必要がある仕事仲間の情報が表示されます。

  2. 連絡先を選択します。

  3. データ行が他の Web パーツに渡されます。

  4. 画像 Web パーツには連絡先の写真が表示されます。地図 Web パーツでは、連絡先の職場の住所を特定できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×