Web パーツを追加または削除する

Web パーツ ページ をカスタマイズするには、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックス、またはツール ウィンドウの Web パーツ ギャラリーを使って、ページ Web パーツを追加することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスを使って Web パーツを追加する

ツール ウィンドウを使って Web パーツを追加する

Web パーツを削除する

[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスを使って Web パーツを追加する

Web パーツ ページに Web パーツを追加する最も簡単な方法は、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスを使用することです。このダイアログ ボックスを使用すると、Web パーツ ページにリスト、ライブラリ、その他の Web パーツを簡単に追加できます。サイトの所有者は、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスに表示される一覧に新しい Web パーツを追加することや、特定の Web パーツを一覧にまとめて表示するためにカスタム グループを作成することができます。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタン イメージ で、[ページの編集] をクリックします。

  2. Web パーツを追加する Web パーツ領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  3. [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスで、ページに追加する Web パーツのチェック ボックスをオンにします。

    Web パーツの種類

    Windows SharePoint Services では、サイトですぐに使用できる複数の Web パーツが用意されています。これらの組み込みの Web パーツを使用したり、ニーズに合わせてカスタマイズしたり、新しい Web パーツを作成して、サイト全体で使用できるようにアップロードしたりすることもできます。

    既定の Web パーツ

    次の Web パーツは、すべてのサイトに既定で含まれており、チームのニーズに合わせてカスタマイズできます。これらの Web パーツの多くは、相互に接続して、さまざまな独自のソリューションを作成することもできます。

    • コンテンツ エディター Web パーツ     コンテンツ エディター Web パーツを使うと、書式設定されたテキスト、テーブル、ハイパーリンク、画像を Web パーツ ページに追加できます。

    • フォーム Web パーツ     フォーム Web パーツを使うと、別の Web パーツのデータ列に接続したり、データ列をフィルターしたりすることができます。両方の Web パーツは同じサーバー上で実行される必要があります。

    • 画像 Web パーツ     画像 Web パーツを使うと、写真やグラフィックを Web パーツ ページに追加することができます。ページ上の他の Web パーツに合わせて画像をより簡単に調節するには、共有ビューのカスタム プロパティを編集して、画像 Web パーツ内の画像の垂直方向の配置、水平方向の配置、背景色を指定します。

    • リスト ビュー Web パーツ    リスト ビュー Web パーツを使うと、自分のサイト内のリストまたはライブラリのデータを表示、編集したり、他の Web パーツ (他のリスト ビュー Web パーツを含む) に接続したりすることができます。リストはチーム メンバーと共有する情報であり、多くの場合、表形式で表示されます。リスト ビューでは、この情報が目的に応じてさまざまな方法で表示されます (列のフィルター、並べ替え、選択など)。

      注: リスト ビューという名前の Web パーツはありません。自分のサイトでリストを作成すると、そのリストと同じ名前のリスト ビュー Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、「ボート」というリストを作成すると、「ボート」という Web パーツがサイト名ギャラリーで使用できるようになります。Web パーツでは、作成したリストに含まれているデータが自動的に表示されます。

    • ページ ビューアー Web パーツ     ページ ビューアー Web パーツを使うと、Web パーツ ページ上の Web ページ、ファイル、またはフォルダーを表示できます。ハイパーリンク、ファイル パス、またはフォルダー名を入力して、コンテンツへのリンクを指定します。

    • サイト ユーザー Web パーツ    サイト ユーザー Web パーツを使って、サイトを使用する権限を持つユーザーとグループの一覧を表示することができます。サイト ユーザー Web パーツは、ドキュメント ワークスペース サイトのホーム ページに自動的に表示されます。また、サイト ユーザー Web パーツを任意の Web パーツ ページに追加することもできます。

      注: Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 以降で実行されているサイトでは、サイト ユーザー Web パーツは、メンバー Web パーツと呼ばれていました。

    • XML Web パーツ     XML Web パーツを使うと、Extensible Markup Language (XML) を表示し、コンテンツを表示する前に Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT) を XML に適用することができます。たとえば、ボート、価格、ボードの画像へのリンクが含まれた XML ファイルがあるとします。XSLT を使ってボードと価格の一覧が表示されるようにデータを変換し、ボートの名前にハイパーリンクを設定して、別のウィンドウで画像を表示することができます。

      事前構成されたリスト ビュー Web パーツ

      次の Web パーツは Windows SharePoint Services チーム サイト テンプレートに組み込まれており、新しいチーム サイトの作成時に自動的に設定され、 Web パーツ ページで使用できるようになります。選択したサイト テンプレートに応じて、チーム サイトやワークスペース サイトの作成時に含まれる Web パーツの組み合わせも変化します。

      注: これらの Web パーツは、リスト ビュー Web パーツから取得され、事前構成された Web パーツ テンプレートを使って、独自のレイアウトとデザインが作成されます。これらの一覧にデータを追加するには、クイック起動で [すべてのサイト コンテンツの表示]、[一覧] の順にクリックします。[すべてのサイト コンテンツ] ページで、データの追加先となる一覧の名前をクリックします。

    • お知らせ     お知らせ Web パーツを使うと、ニュースやステータスなど、チーム メンバーと共有したいちょっとした情報を投稿できます。

    • カレンダー     カレンダー Web パーツを使うと、将来のイベントやチームのスケジュールを表示できます。

    • リンク     リンク Web パーツを使うと、チームの興味を引く Web ページへのハイパーリンクを投稿できます。

    • 共有ドキュメント     共有ドキュメント Web パーツを使うと、既定のドキュメント ライブラリのファイルをサイト ユーザーと共有できます。

    • タスク     タスク Web パーツを使うと、チーム メンバーにタスクを割り当てたり、期日や優先度を指定したり、ステータスや進捗状況を表示したりできます。

    • チーム ディスカッション     チーム ディスカッション Web パーツを使うと、チームの関心を引くトピックについてディスカッションするためのフォーラムを提供できます。

      カスタム Web パーツ

      Microsoft Visual Studio など、Windows SharePoint Services と互換性があるプログラミング環境を使用することで、開発者は Microsoft ASP.NET の完全な機能セットを活用して、カスタム Web パーツを作成することができます。Web パーツ ページは ASP.NET ファイル (.aspx) で、Web パーツは Web フォーム コントロールから取得されます。Web パーツ ページをさらに改善するために、開発者は、新しい機能を提供する独自の Web パーツを作成できます。また、Web パーツにカスタム プロパティを追加したり、ツール ウィンドウに特殊なユーザー インターフェイス用のカスタム ビルダーを追加したり、Web パーツ接続を使用してその他の Web パーツに接続したりすることもできます。Web パーツの作成と展開の詳細については、Windows SharePoint Services 3.0 SDK を参照してください。これは、「Windows SharePoint Services 3.0 SDK へようこそ」から入手できます。

      他のユーザーや企業が作成した Web パーツを使用することもできます。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加するには、適切な権限が必要です。Web パーツによっては、サーバーに直接展開する必要があるものがあります。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加できない場合は、サポートについて管理者に問い合わせてください。

    追加する Web パーツの他のチェック ボックスもオンにすると、複数の種類の Web パーツを追加できます。

  4. [追加] をクリックしてページに Web パーツを追加します。

ページの先頭へ

ツール ウィンドウを使用して Web パーツを追加する

ページの Web パーツ領域に追加する Web パーツをより細かく制御するには、ツール ウィンドウを使用します。ツール ウィンドウを使用すると、さまざまな Web パーツ ギャラリーから Web パーツを選択できます。Web パーツを検索することや、新しい Web パーツをインポートすることもできます。

  1. [サイトの操作] メニュー ボタン イメージ で、[ページの編集] をクリックします。

  2. Web パーツを追加する Web パーツ領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

  3. [Web パーツ ギャラリーとオプションの詳細設定] をクリックして、ツール ウィンドウを表示します。

  4. ツール ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • Web パーツを参照する     ツール ウィンドウの最上部にある矢印をクリックし、[参照] をクリックします。ギャラリー名をクリックして、そのギャラリーに利用可能な Web パーツの一覧を表示します。[次へ] をクリックすると、そのギャラリーにあるその他の Web パーツが表示されます。

      ヒント: [Web パーツの一覧] に Web パーツのサブセットを表示するには、[フィルタ] をクリックします。一覧の表示に適用できるフィルタは、[すべてのアイテム]、[Web パーツ]、[リスト]、または [ライブラリ] です。

    • Web パーツを探す     ツール ウィンドウの上部の矢印をクリックし、[検索] をクリックします。

    • Web パーツをインポートする     ツール ウィンドウの上部で、矢印をクリックし、[インポート] をクリックします。

  5. 追加する Web パーツの名前をクリックします。

  6. Web パーツを追加する Web パーツ領域を選択し、[追加] をクリックします。

    ヒント: Web パーツを Web パーツ ページ上の目的の場所にドラッグすることもできます。

    注: 

    • [終了した Web パーツ] ギャラリーには、アクティブな Web パーツ ページの終了した Web パーツが表示されます。[サイト名] には、アクティブなサイトの Web パーツが表示されます。[サーバー] ギャラリーには、サーバー上に展開されている Web パーツが表示されます。また [オンライン] ギャラリーには、オンライン ライブラリに含まれている Web パーツが表示されます。

    • 必要な Web パーツが見つからない場合は、サイト管理者が Web パーツを削除したか、またはタイトルを変更した可能性があります。Web パーツを見つけるには、サイト管理者またはトップレベル サイトの管理者に問い合わせてください。

ページの先頭へ

Web パーツを削除する

  1. [サイトの操作] メニュー ボタン イメージ で、[ページの編集] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ページから Web パーツを削除しても、後で使用できるようにそのページを維持するには、[Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックして、 [閉じる] をクリックします。[閉じる] ボタン [閉じる] ボタン をクリックすることもできます。Web パーツのコピーは、[終了した Web パーツ] ギャラリーに表示されたままになり、後で再度ページに追加することができます。対象の Web パーツに行ったカスタマイズは保存されます。

    • ページから Web パーツを完全に削除するには、[Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックして、[削除]、[OK] の順にクリックします。Web パーツは Web パーツ ページから削除されますが、後で再度追加することができます。Web パーツに行ったカスタマイズは保存されません。後で Web パーツの新しいインスタンスをページに追加することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×