Web パーツを追加してサイトのページをカスタマイズする

サイトのページを編集する権限を持っている場合は、Web パーツを使用してサイトをカスタマイズし、図やグラフ、他の Web ページの一部、ドキュメントの一覧、ビジネス データのカスタマイズしたビューなどを表示させることができます。Web パーツによっては、ユーザーもブラウザから Web パーツのデータを操作または修正できます。

Web パーツと Web パーツ ページとは

Web パーツは、サイト上のほとんどのページの基本構成要素となる、情報のモジュール単位です。Web パーツ ページは、Web パーツで構成された Web ページです。

注: この記事は、架空の自転車、自転車部品、および自転車アクセサリ メーカーである飛騨物産株式会社が作成した SharePoint サイトの例です。

たとえば、飛騨物産株式会社のマーケティング チームのサイトのホーム ページは、"お知らせ"、"予定表"、および "リンク" という名前の Web パーツを含む Web パーツ ページです。また、空白の Web パーツ ページを作成して、Web パーツ領域 (Web パーツを含むページの領域) のレイアウトを選択することもできます。

次の概略図は、Web パーツ ページ上の Web パーツを示しています。

ページ上の Web パーツ

1. 1 つの Web パーツを含む Web パーツ領域

2. 2 つの Web パーツを含む Web パーツ領域

Web パーツを使用する方法

Microsoft Office SharePoint Server 2007 には、ユーザーのサイトにすぐに使用できるさまざまな Web パーツが用意されています。実際に表示される Web パーツは、サイトの作成に使用したサイト テンプレートと、サイトで利用可能なリスト、ライブラリ、および Web パーツによって決まります。

リストまたはライブラリを作成すると、同じ名前の Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、"契約書" という名前のライブラリを作成すると、"契約書" という名前の Web パーツが作成されます。Web パーツには、作成したライブラリのデータのビューが表示されます。ライブラリ自体を変更せずに、Web パーツに表示されるビューを変更できます。既定で、チーム サイトには、"お知らせ"、"予定表"、"リンク"、"共有ドキュメント"、"タスク"、および "チーム ディスカッション" という名前のリストとライブラリの Web パーツが含まれています。

サイトのページを編集する権限を持っている場合は、 ボタンの画像 ([サイトの操作] メニュー) をクリックし、[ページの編集] をクリックしてページを編集モードにして、Web パーツをページに追加したり、既存の Web パーツを編集したりできます。

次の図に、編集モードの Web パーツ ページを示します。

ページ上の Web パーツ

編集モードでは、 [Web パーツ] メニュー ([Web パーツ] メニュー) をクリックすると、Web パーツを編集できます。ページの領域間で Web パーツを移動するには、Web パーツを目的の領域にドラッグします。Web パーツを追加するには、Web パーツ領域の上部にある [Web パーツの追加] をクリックし、[Web パーツの追加] ダイアログ ボックスから追加する Web パーツを選択します。

Web パーツを追加する

通常、Web パーツは、サイト内の他のページに表示されるリストおよびライブラリの集計ビューを表示するために使用されます。たとえば、任意のページにタスク リストを挿入することで、そのページでタスク リストのコンテンツを表示できます。同じ Web パーツを複数のページに挿入できます。また、同じページにも複数挿入できます。タスク リストのデータが変更されるたびに、その変更がすべてのページの Web パーツの各インスタンスに反映されます。そのタスク リストのコンテンツと同時に、他のタスク リストのコンテンツを表示するには、両方のリストの Web パーツを 1 つのページに挿入することで、情報を 1 か所にまとめることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×