Web パーツを挿入または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Microsoft Office SharePoint Designer 2007 を使って、Web パーツや Web パーツ領域を挿入したり削除したりする方法について説明します。さらに、Web パーツ、Web パーツ領域、および、Web パーツ ページの関係を、図を使ってわかりやすく説明します。

Microsoft SharePoint サイトに対して Web パーツや Web パーツ領域を挿入したり削除したりするには、"個人用 Web パーツの追加/削除" と "ページの追加とカスタマイズ" のいずれかの権限が必要となります。投稿者、Web デザイナ、管理者の各サイト グループのメンバには、これらの権限の少なくとも 1 つが既定で割り当てられます。Web パーツまたは Web パーツ領域の挿入や削除ができない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

この記事の内容

Web パーツ、Web パーツ領域、および Web パーツ ページとは

Web パーツを挿入します。

Web パーツを削除します。

Web パーツ、Web パーツ領域、Web パーツ ページとは

Web パーツは、Web パーツ ページ内に配置される場合と、Web パーツ領域内に配置される場合とがあります。まず、この 3 つの用語について理解しておくことが大切です。

  • Web パーツ     Web パーツとは、タイトル バー、フレーム、コンテンツなどを、部品として区別する情報の単位です。個々の Web パーツを Web ページにドラッグするだけで、自分の好みに合ったユーザー インターフェイスを作成できます。ページ上に表示される特定のコンテンツやデータは各 Web パーツによって実現され、また、ユーザーは、こうしたデータをブラウザを通じて操作したり変更したりできます。ユーザーは、SharePoint サイトのページ上に配置された Web パーツを使用することで、組織内や組織外のデータにアクセスできます。

    たとえば、ページ上にタスク リストを挿入すると、そのページから、タスク リストのコンテンツを閲覧できるようになります。[Web パーツ] 作業ウィンドウからページ上にタスク リストをドラッグすると、リスト ビュー Web パーツが作成されます。同じ Web パーツを複数のページに挿入することもできます。さらに、この Web パーツを同じページに繰り返し挿入することも可能です。タスク リストに含まれるデータが変わるたびに、すべてのページ上のすべてのリスト ビュー Web パーツに変更内容が反映されます。タスク リストのコンテンツと並べて表示させたいリストが他に存在する場合は、1 つのページ上に両方のリストの Web パーツを挿入することで、情報を 1 か所にまとめることができます。

  • Web パーツ領域    Web パーツ領域は、Web パーツのコンテナのことで、この領域をうまく利用することによって、Web パーツのレイアウトや体裁を制御することができます。Web パーツ領域を使う目的は、単に Web パーツをグループ化したりレイアウトを整えたりすることだけでなく、Web パーツをユーザーがブラウザでカスタマイズできるようにしたり、Web パーツを変更できるユーザーを制御できるというメリットもあります。Web パーツ ページ上の各 Web パーツは、Web パーツ領域内に配置することも、Web パーツ領域の外に配置することもできます。

    • Web パーツを Web パーツ領域内に配置する     Web パーツを Web パーツ領域内に配置した場合、Web パーツのプロパティが、ASPX ページではなく、Windows SharePoint Services 3.0 のコンテンツ データベースに格納されます。ユーザーがブラウザを使って Web パーツを操作したり変更したりできるようにするには、この領域内に Web パーツを挿入します。

    • Web パーツを Web パーツ領域の外に配置する     Web パーツを Web パーツ領域内に配置しなかった場合、Web パーツのプロパティは、Windows SharePoint Services 3.0 のコンテンツ データベースではなく、ASPX ページに格納されます。Web パーツ領域の外に Web パーツを挿入した場合、ユーザーは Web パーツを閲覧することはできますが、ブラウザを使った Web パーツの操作や変更はできません。この方法は、Web パーツ (または、Web パーツのページ上での表示方法) に対する変更をユーザーに許可しない場合などに使用します。

  • Web パーツ ページ     Web パーツ ページは、少なくとも 1 つの Web パーツまたは Web パーツ領域を含んだ特殊な Microsoft ASP.NET (ASPX) ページです。Office SharePoint Designer 2007 で、空白の ASPX ページに Web パーツまたは Web パーツ領域を追加すると、そのページは自動的に Web パーツ ページになり、それを Web パーツ ページとして識別するために必要なページ ディレクティブが取得されます。

Web パーツ、Web パーツ領域、および Web パーツ ページは、入れ子になったコンテナと考えることができます。Web パーツには、実際に閲覧するデータや、操作や変更の対象となるデータが配置されます。Web パーツ領域は、Web パーツ ページ内に必要に応じて配置されるサブコンテナで、各 Web パーツ領域には、少なくとも 1 つの Web パーツが配置されます。Web パーツ領域を設けることで、ページ上に表示されるさまざまな Web パーツをグループ化したり配置を変えたりできるほか、ブラウザで閲覧しているときに Web パーツをカスタマイズしたり、閲覧やカスタマイズの権限を持つユーザーを指定したりできます。Web パーツ ページには、Web パーツと Web パーツ領域の両方が配置されます。

たとえば、次の図を見ると、1 つの Web パーツ ページに、3 つの Web パーツ領域が存在し、うち 1 つは Web パーツを 1 つ、残りの 2 つはそれぞれ 2 つの Web パーツを含んでいることがわかります。Web パーツ領域内では、複数の Web パーツを縦または横のどちらでも配置できることに注目してください。また、どの領域にも属さない Web パーツが 1 つだけあります。ユーザーにブラウザを使った Web パーツのカスタマイズを許可しない場合は、このように領域の外側に Web パーツを配置することになります。

Web パーツ ゾーンの内部と外部両方に位置する Web パーツを示す [Web パーツ] ページ

1. Web パーツ領域に配置された 1 つの Web パーツ

2. Web パーツ領域に対して横に配置された 2 つの Web パーツ

3. いずれの Web パーツ領域にも属さない Web パーツ (ブラウザでのカスタマイズは不可)

4. Web パーツ領域に対して縦に配置された 2 つの Web パーツ

ページの先頭へ

Web パーツを挿入する

Web パーツ ページに Web パーツを挿入する場合は、その都度、Web パーツ領域に挿入するかどうかを決めることになります。Web パーツ領域を使用することには、いくつかの利点があります。

  • ブラウザでのカスタマイズ     Web パーツ領域に配置された Web パーツのみが、ブラウザ上で閲覧するユーザーによってカスタマイズできます。

  • グループ化とレイアウト     Web パーツ領域を使用すると、ページに対する Web パーツのレイアウトを柔軟に制御できます。また、1 つの Web パーツ領域に複数の Web パーツを含める場合、各 Web パーツを縦に積み重ねることも、横に並べるように配置することもできます。

  • 体裁と外観     1 つの Web パーツ領域に含まれたすべての Web パーツを対象に制御できるプロパティとしては、タイトル バーの体裁 (タイトル バーのみ、タイトル バーと枠線の両方、またはそのいずれも表示しない) などがあります。

  • アクセス     Web パーツ領域ごとに、次の操作をユーザーに許可するかどうかを制御できます。

    • Web パーツを追加、削除、サイズ変更、移動する。

    • 個人用 Web パーツの設定を変更する。

    • すべてのユーザーを対象とした Web パーツ設定を変更する。

Web パーツ領域を挿入します。

Web パーツを挿入します。

Web パーツ領域を挿入する

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、Web パーツ領域を挿入するページを開きます。

  2. [Web パーツ] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [Web パーツ] をクリックします。

  3. デザイン ビューで、ページ上の Web パーツ領域の挿入位置をクリックします。

  4. [Web パーツ] 作業ウィンドウの一番下に表示されている [新しい Web パーツ領域] をクリックします。

    新しい Web パーツ領域がページに挿入されます。

  5. 新しい Web パーツ領域を右クリックし、ショートカット メニューの [Web パーツ領域のプロパティ] をクリックします。

  6. [Web パーツ領域のプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 領域にタイトルを指定する     [全般設定] の [領域のタイトル] ボックスに、新しい領域の名前を入力します。

    • フレームのスタイルを選択する     [全般設定] の [フレームのスタイル] ボックスの一覧で、適用するスタイルをクリックします。

    • 領域のレイアウトを選択する     [領域に含む Web パーツのレイアウト] で、[上下に並べる(縦型レイアウト)] または [横に並べる(横型レイアウト)] をクリックします。

    • ブラウザでの変更を制御する     [領域に含む Web パーツに対するブラウザの設定] には、ブラウザでページを閲覧しているときに行うことのできる変更がチェック ボックスとして表示されているので、変更をユーザーに許可する場合は対応するチェック ボックスをオンに、許可しない場合はオフにします。

  7. 以上の設定が終わったら [OK] をクリックします。

Web パーツを挿入する

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、Web パーツを挿入するページを開きます。

  2. [Web パーツ] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [Web パーツ] をクリックします。

  3. [Web パーツ] 作業ウィンドウで次のいずれかの操作を実行し、挿入する Web パーツを探します。

    • 現在のリストの他の Web パーツを表示する     [次へ] または [前へ] をクリックします。

    • 現在のギャラリーの別のフィルタを適用する     [フィルタ] をクリックし、[表示] ボックスのオプションをクリックします。

    • 別のギャラリーを参照する     ギャラリー リストで別のギャラリーをクリックします。

      [Web パーツ] 作業ウィンドウ

      1. 別のギャラリーの Web パーツを参照するには、目的のギャラリーをクリックします。

      2. 現在のギャラリーからリストに表示する Web パーツを変更するには、[フィルタ] をクリックし、[表示] ボックスのオプションをクリックします。

      3. 現在のフィルタによって表示されているリスト内を前後に移動して他のアイテムを表示するには、[次へ] (または [前へ]) をクリックします。

      注記: 

      • [Web パーツ] 作業ウィンドウのタイトル バーをクリックすると、次の図に示すような [Web パーツの検索] メニューが表示されます。 このメニューのオプションを使用して、他の場所から Web パーツをインポートしたり、使用できるすべてのギャラリーを対象に、タイトルまたは説明を条件にして Web パーツを検索したりできます。

        [Web パーツの検索] メニュー

      • 目的の Web パーツが見つからない場合、トップレベル Web サイトの管理者によって Web パーツが削除されたか、タイトルが変更された可能性があります。トップレベル Web サイトの管理者に問い合わせてください。

  4. Web パーツをページ上の挿入位置にドラッグします。

    Web パーツをドラッグすると、現在の挿入位置を示す灰色のバーが表示されます。

    挿入位置を示す灰色のバー

    マウス ボタンを離すと、新しい Web パーツがページ上に挿入されます。

    挿入された新しい Web パーツ

  5. 新しい Web パーツを右クリックし、ショートカット メニューの [Web パーツのプロパティ] をクリックします。

  6. 新しい Web パーツのプロパティ値を設定します。

    すべての Web パーツには、その外観やレイアウト、および、詳細な特性を制御する共通のプロパティがあります。以降の表では、こうした共通のプロパティを種類別に説明しています。

    ツール ウィンドウに実際に表示される Web パーツ共通のプロパティは、次のような理由により、以降の説明と異なる場合があります。

    • ツール ウィンドウの [詳細] セクションを表示するには適切な権限が必要であるため。

    • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もある。

    • 権限やプロパティの設定によっては、Web パーツのプロパティが無効または非表示になることがある。

      [外観] のプロパティ

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

ユーザーが Web パーツ ページを開いたときに、Web パーツ全体がページ上に表示されるかどうかを指定します。 既定では、枠の状態は [標準] に設定され、Web パーツ全体が表示されます。枠の状態を [最小化] に設定した場合は、タイトル バーだけが表示されます。

枠の種類

タイトル バーおよび Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

[レイアウト] のプロパティ

プロパティ

説明

Web パーツを閉じる

ページ上で Web パーツを開いた状態にするか、閉じた状態にするかを指定します。このチェック ボックスがオンの場合、Web パーツは閉じた状態になります。このチェック ボックスがオフの場合、Web パーツは開いた状態になります。

Web パーツを閉じることは、Web パーツをページから完全に削除したり非表示にしたりすることとは異なります。Office SharePoint Designer 2007 で見た場合、閉じた Web パーツはページ上に淡色表示されます。ブラウザで見た場合、閉じた Web パーツはページ上には表示されませんが、終了した Web パーツ ギャラリーに格納されるため、再び開くことができます。Web パーツを閉じるケースとして、次のような理由が考えられます。

  • 現時点では、その Web パーツをページ上で利用する必要はないが、後で再びページに追加する可能性もある (既にその可能性を考慮してカスタマイズしてある)。

  • 同様に、普段は使用しない Web パーツだが、ときどきページ上で必要になることがある。閉じた Web パーツは非アクティブとして表示され、必要になったときに再び開くことができます。

  • 特定のページの利用者が個人用ビューに追加できるようなカスタム Web パーツを作成するとき、その Web パーツが、より大規模なサイト全体の Web パーツ ギャラリーで利用されては困る。このような場合は、Web パーツを共有ビューでページに追加して、必要な構成を行った後、その Web パーツを閉じます。

  • 作成またはカスタマイズしている Web パーツが原因でページが正しく動作しない。このような場合は、問題を修復できるまで Web パーツを閉じておくことができます。

非表示

ユーザーが Web パーツ ページを開いたときに、Web パーツを表示するかどうかを指定します。このチェック ボックスがオンの場合、Web パーツはページのデザイン中にだけ表示され、タイトルには "(非表示)" と追加されます。

Web パーツ接続を介して別の Web パーツにデータを提供するために必要ではあるが、実際には表示しない場合、Web パーツを非表示にできます。

方向

Web パーツのコンテンツにおける文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語およびヘブライ語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。

[詳細] のプロパティ

次のプロパティは、Web パーツをブラウザで表示した場合にのみ適用されます。Office SharePoint Designer 2007 で編集作業を行っている間は、ページのコンテンツに対し、常に、制限のない完全な権限が与えられます (コントリビュータ モードで作業している場合を除く)。

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるようにするかを指定します。

閉じるのを許可する

ページ上で Web パーツを開いた状態にするか、閉じた状態にするかを指定します。このチェック ボックスがオンの場合、Web パーツは閉じた状態になります。このチェック ボックスがオフの場合、Web パーツは開いた状態になります。

Web パーツを閉じることは、Web パーツをページから完全に削除したり非表示にしたりすることとは異なります。Office SharePoint Designer 2007 で見た場合、閉じた Web パーツはページ上に淡色表示されます。ブラウザで見た場合、閉じた Web パーツはページ上には表示されませんが、終了した Web パーツ ギャラリーに格納されるため、再び開くことができます。Web パーツを閉じるケースとして、次のような理由が考えられます。

  • 現時点では、その Web パーツをページ上で利用する必要はないが、後で再びページに追加する可能性もある (既にその可能性を考慮してカスタマイズしてある)。

  • 同様に、普段は使用しない Web パーツだが、ときどきページ上で必要になることがある。閉じた Web パーツは非アクティブとして表示され、必要になったときに再び開くことができます。

  • 特定のページの利用者が個人用ビューに追加できるようなカスタム Web パーツを作成するとき、その Web パーツが、より大規模なサイト全体の Web パーツ ギャラリーで利用されては困る。このような場合は、Web パーツを共有ビューでページに追加して、必要な構成を行った後、その Web パーツを閉じます。

  • 作成またはカスタマイズしている Web パーツが原因でページが正しく動作しない。このような場合は、問題を修復できるまで Web パーツを閉じておくことができます。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるようにするかを指定します。

Web パーツ接続を介して別の Web パーツにデータを提供するために必要ではあるが、実際には表示しない場合、Web パーツを非表示にできます。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

特定の Web パーツについて、エクスポート可能なデータのレベルを指定します。

タイトル URL

Web パーツの追加情報が格納されたファイルの URL を指定します。このファイルは、Web パーツのタイトルがクリックされたときに、別のブラウザ ウィンドウで表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンにマウス ポインタを合わせたときに表示されるポップ ヒントを指定します。このプロパティの値は、[Web パーツの検索] メニュー ([Web パーツ] 作業ウィンドウのタイトル バーをクリックすると表示される) の [検索] コマンドを使った Web パーツ検索時にも使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツのヘルプ情報が格納されたファイルの場所を指定します。[Web パーツ] メニューの [ヘルプ] をクリックすると、このヘルプ情報が別のブラウザ ウィンドウで表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選択します。

  • [モーダル]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

  • [モードレス]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。ユーザーは、ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

  • [移動]   Web ページが現在のブラウザ ウィンドウで表示されます。

注: ASP.NET の Web パーツそのものはこのプロパティをサポートしていますが、Windows SharePoint Services 3.0 の既定のヘルプ トピックは、常に別のブラウザ ウィンドウで表示されます。

カタログ アイコン イメージの URL

Web パーツの一覧に表示される Web パーツ アイコンのイメージ ファイルが格納された場所を指定します。イメージのサイズは、16 x 16 ピクセルであることが必要です。

タイトル アイコン イメージの URL

タイトル バーに表示される Web パーツ アイコンのイメージ ファイルが格納された場所を指定します。イメージのサイズは、16 x 16 ピクセルであることが必要です。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

各 Web パーツに固有のプロパティなど、Web パーツ プロパティの詳細については、[参照] のリンクをクリックしてください。

  1. プロパティの設定が終わったら、[OK] をクリックします。

ヒント: Web パーツは、[Web パーツ] 作業ウィンドウの一番下に表示される [選択した Web パーツの挿入] をクリックして挿入することもできます。ただし、Web パーツ領域に複数の Web パーツが配置されていると、目的の位置に正確に挿入するのが難しい場合があります。[選択した Web パーツの挿入] ボタンは、挿入先の Web パーツ領域に既存の Web パーツが存在しない場合にだけ使用することをお勧めします。

ページの先頭へ

Web パーツを削除する

一般に、ページから Web パーツを削除した場合、ページから削除されるのは Web パーツそのものだけです。Web パーツに関連付けられているコンテンツやデータ (たとえば、リストやライブラリのデータ) は引き続き利用できるほか、ギャラリーからその Web パーツを利用したり、必要であれば、再び追加することも可能です。ただし、これには例外もあります (コンテンツ エディタ Web パーツや、現在のページにだけ追加された静的コンテンツのみを含む Web パーツなど)。これらのコンテンツについては、Web パーツを削除すると、完全に削除されます。

注: Web パーツ領域をページから削除すると、その領域に配置されている Web パーツもすべてページから削除されます。

削除する Web パーツまたは Web パーツ領域を選択するときには、対象の領域だけを確実に選択してください。ドキュメント ウィンドウの一番上に表示されているクイック タグ セレクタ (下図) を使用すると、現在選択されているオブジェクトを正確に把握しながら、対象の領域を簡単に選択できます。

クイック タグ セレクタ

ヒント: 細かな選択操作が必要な場合、特にオブジェクトが重なり合っていたり、他のオブジェクトに隠れて見えない場合などは、マウスを使うよりも、方向キーを使用することをお勧めします。方向キーを押すたびに、クイック タグ セレクタを見て、選択対象がどのように変化したかを確認するようにします。

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、削除する Web パーツまたは Web パーツ領域のあるページを開きます。

  2. クイック タグ セレクタが表示されていない場合は、[表示] メニューの [クイック タグ セレクタ] をクリックして表示します。

  3. デザイン ビューで、削除する Web パーツまたは Web パーツ領域をクリックして選択します。

    クイック タグ セレクタを見ながら、目的のオブジェクトが正しく選択されているか確認してください。必要に応じて方向キーを使用し、選択範囲を調整します。たとえば、次の図では、Web パーツ領域ではなく、Web パーツが選択されていることがクイック タグ セレクタの表示から確認できます。

    クイック タグ セレクタ (Web パーツが選択されている)

    次の図では、Web パーツではなく、Web パーツ領域が選択されています。

    クイック タグ セレクタ (Web パーツ領域が選択されている)

  4. 正しく選択されていることが確認できたら、Del キーを押します。

    選択された Web パーツまたは Web パーツ領域がページから削除されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×