Web パーツを使用してページをカスタマイズの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このトピックは Web ページの所有者および管理者を対象としています。ここでは、Web パーツと Web パーツ ページの概要を述べ、Web パーツを追加、変更、または削除してページをカスタマイズする方法について説明します。

注: この記事では、SharePoint Server 2007 と Windows SharePoint Services 3.0 に適用します。SharePoint Online を使う場合の現在のページに Web パーツを使用するを参照してください。

この記事の内容

Web パーツと Web パーツ ページの概要

Web パーツの種類

Web パーツと Web パーツ ページを使用する方法

Web ブラウザーでの Web パーツ ページのサポート

Web パーツおよび Web パーツ ページの概要

Web パーツとは、Web パーツ ページの基本構成要素となる情報モジュールです。Web パーツ ページの Web パーツ ゾーンに Web パーツを追加し、個々の Web パーツをカスタマイズして、サイト ユーザー独自のページを作成できます。

次の例では、イメージ Web パーツを使用して、Web パーツの基本的な機能について説明します。

イメージ Web パーツのサンプル

1. Web パーツのタイトル バーには、Web パーツの見出しが表示されます。

2. [Web パーツ] メニューには、Web パーツをカスタマイズしたり閉じたりする機能、編集する機能、または特定の Web パーツのヘルプを表示する機能があります。ページが編集モードのときにこのメニューを使用すると、操作中の Web パーツの種類に応じて、Web パーツを削除したり、他の Web パーツに接続したりすることができます。

3. Web ページの本文には、操作中の Web パーツの種類に対して指定したコンテンツが含まれます。この例では、Web パーツはイメージを表示するイメージ Web パーツです。

Web パーツ ページは、Web パーツを使用して、リストやグラフなどのデータとテキストやイメージなどの Web コンテンツをまとめ、一般的なタスクまたは特定の興味に合わせて構築される動的な情報ポータルを作成することができる特殊な Web ページです。

サイトのホーム ページは Web パーツ ページの例です。新しいサイトまたはワークスペース サイトを作成するときは、Web パーツ ページを作成することになります。Web パーツ ページを作成するには、利用可能なサイト テンプレートのいずれかを選択するか、Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のある Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Web デザイン プログラムで Web パーツ ページを新規に作成することもできます。

Web パーツ ページでは、さまざまな構造化および非構造化情報を、整理された、便利で使いやすい方法で表示できます。Web パーツ ページには多くの場合、相互に接続された複数の Web パーツが含まれており、データとコンテンツを動的に表示して必要な結果を見ることができます。

たとえば、重要な情報を見るため頻繁に使用する、"顧客受注" という名前の Web パーツ ページを作成するとします。顧客から、注文に関して、発注日は覚えているが注文 ID 番号を忘れたという問い合わせがあった場合、Web パーツ ページを使用して次の操作を実行できます。

複数の Web パーツで構成された顧客の注文 Web パーツのページ

1. 注文 ID 番号、この場合は発注日で、注文を検索します。

2. すべての注文を日付で表示します。

3. 顧客名に基づいて正しい注文を選択し、注文の詳細と顧客の詳細を検索します。

4. 注文の項目 (この場合はランプ) を選択し、製品の画像を表示して顧客の問い合わせを確認します。

5. 顧客の注文に関連する最新の情報をスキャンします。

Web パーツのプロパティ

各 Web パーツには、共通のプロパティ (ベース クラス プロパティとも呼ばれます) のセットがあります。これらのプロパティはツール ウィンドウでセクションに整理され、Web パーツの外観 (タイトル、高さ、幅など)、レイアウト (領域内の Web パーツの順序、コンテンツの向きなど)、および詳細な特性 (イメージ アイコン、説明など) を制御します。

また、多くの Web パーツは固有のカスタム プロパティを持っています。カスタム プロパティは通常、ツール ウィンドウで共通の Web パーツ プロパティの上か下に表示されます。たとえば、イメージ Web パーツには、イメージ リンク、水平方向と垂直方向の配置、背景色などの追加のカスタム プロパティがあります。

注: Web パーツの作成方法に応じて、Web パーツのカスタム プロパティが、ツール ウィンドウで共通の Web パーツ プロパティの下にある既定の [その他] セクションに表示されます。

Web パーツのビュー

Web パーツのカスタマイズは、次の 2 つのビューのいずれかで行うことができます。

  • 共有ビュー    Web パーツを Web パーツ ページに追加し、共有ビューで Web パーツ ページを編集します。共有 Web パーツは適切な権限を持つ Web パーツ ページのすべてのユーザーが利用できます。

  • 個人用ビュー    共有 Web パーツを自分の個人用ビューに追加し、自分のビューの Web パーツを編集します。個人用ビューで Web パーツに行った変更は、自分にのみ適用可能です。個人用ビューで Web パーツを変更しなかった場合は、共有ビューの Web パーツが継続して表示されます。

作業する Web パーツのビューは重要です。なぜなら、

  • Web パーツ ページ上の一部の Web パーツを編集する権限があっても、他の Web パーツ ページでは編集する権限がない場合があります。

  • また、Web パーツ ページ上の一定の Web パーツに接続する権限があっても、同じ Web パーツ ページ上の他の Web パーツには接続する権限がないこともあります。

Web パーツと Web パーツの接続

Web パーツの追加機能は、Web パーツ間でデータを渡し、それらの動作を同期させることで、簡単に相互接続できることです。Web パーツを接続することにより、データを動的に、興味をひく方法で管理することができます。多くの製品および技術において、異なるデータ ソースのデータ セットを接続することは難しい作業であり、プログラミング スキルを必要とします。しかし、Web パーツを利用すれば、データ接続はメニュー コマンドの操作と同じように簡単に行えます。Web パーツを接続すると、2 つの Web パーツのデータを交互のビューで表示する、2 つの Web パーツ間で計算を実行する、別の Web パーツの値を使用して Web パーツをフィルタする、などの処理が - すべて 1 つの Web パーツ ページ上で - 行えます。

Web パーツ領域とそのプロパティ

Web パーツ領域は、Web パーツを配置するためのコンテナで、この領域を使用して Web パーツ ページ上の Web パーツのグループ化や整理を行います。Web パーツ領域には 2 つの目的で使用されるプロパティ セットがあります。1 つのサブセットは、Web パーツ ページ上の Web パーツのレイアウトと形式を整理するために使用できます。もう 1 つのサブセットは、領域内の Web パーツが変更 (または "ロック ダウン") されないよう保護するために使用できます。

Web パーツ領域のプロパティにはそれぞれ、既定の設定または動作があります。Web パーツを Web パーツ ページに追加すると、これらのプロパティ値の一部が自動で設定されます。これらのプロパティ値は、ブラウザ内で編集することはできませんが、Office SharePoint Designer 2007 など、Windows SharePoint Services と互換性がある Web デザイン プログラムを使用すれば編集できます。

Web パーツ ゾーンのプロパティの詳細については、「SharePoint 一般開発」サイトから入手できる Windows SharePoint Services 3.0 SDK を参照してください。

ページの先頭へ

Web パーツの種類

Windows SharePoint Services では、サイトですぐに使用できる複数の Web パーツが用意されています。これらの組み込みの Web パーツを使用したり、ニーズに合わせてカスタマイズしたり、新しい Web パーツを作成して、サイト全体で使用できるようにアップロードしたりすることもできます。

既定の Web パーツ

次の Web パーツは、すべてのサイトに既定で含まれており、チームのニーズに合わせてカスタマイズできます。これらの Web パーツの多くは、相互に接続して、さまざまな独自のソリューションを作成することもできます。

  • コンテンツ エディター Web パーツ     コンテンツ エディター Web パーツを使うと、書式設定されたテキスト、テーブル、ハイパーリンク、画像を Web パーツ ページに追加できます。

  • フォーム Web パーツ     フォーム Web パーツを使うと、別の Web パーツのデータ列に接続したり、データ列をフィルターしたりすることができます。両方の Web パーツは同じサーバー上で実行される必要があります。

  • 画像 Web パーツ     画像 Web パーツを使うと、写真やグラフィックを Web パーツ ページに追加することができます。ページ上の他の Web パーツに合わせて画像をより簡単に調節するには、共有ビューのカスタム プロパティを編集して、画像 Web パーツ内の画像の垂直方向の配置、水平方向の配置、背景色を指定します。

  • リスト ビュー Web パーツ    リスト ビュー Web パーツを使うと、自分のサイト内のリストまたはライブラリのデータを表示、編集したり、他の Web パーツ (他のリスト ビュー Web パーツを含む) に接続したりすることができます。リストはチーム メンバーと共有する情報であり、多くの場合、表形式で表示されます。リスト ビューでは、この情報が目的に応じてさまざまな方法で表示されます (列のフィルター、並べ替え、選択など)。

    注: リスト ビューという名前の Web パーツはありません。自分のサイトでリストを作成すると、そのリストと同じ名前のリスト ビュー Web パーツが自動的に作成されます。たとえば、「ボート」というリストを作成すると、「ボート」という Web パーツがサイト名ギャラリーで使用できるようになります。Web パーツでは、作成したリストに含まれているデータが自動的に表示されます。

  • ページ ビューアー Web パーツ     ページ ビューアー Web パーツを使うと、Web パーツ ページ上の Web ページ、ファイル、またはフォルダーを表示できます。ハイパーリンク、ファイル パス、またはフォルダー名を入力して、コンテンツへのリンクを指定します。

  • サイト ユーザー Web パーツ    サイト ユーザー Web パーツを使って、サイトを使用する権限を持つユーザーとグループの一覧を表示することができます。サイト ユーザー Web パーツは、ドキュメント ワークスペース サイトのホーム ページに自動的に表示されます。また、サイト ユーザー Web パーツを任意の Web パーツ ページに追加することもできます。

    注: Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 以降で実行されているサイトでは、サイト ユーザー Web パーツは、メンバー Web パーツと呼ばれていました。

  • XML Web パーツ     XML Web パーツを使うと、Extensible Markup Language (XML) を表示し、コンテンツを表示する前に Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT) を XML に適用することができます。たとえば、ボート、価格、ボードの画像へのリンクが含まれた XML ファイルがあるとします。XSLT を使ってボードと価格の一覧が表示されるようにデータを変換し、ボートの名前にハイパーリンクを設定して、別のウィンドウで画像を表示することができます。

事前構成されたリスト ビュー Web パーツ

次の Web パーツは Windows SharePoint Services チーム サイト テンプレートに組み込まれており、新しいチーム サイトの作成時に自動的に設定され、 Web パーツ ページで使用できるようになります。選択したサイト テンプレートに応じて、チーム サイトやワークスペース サイトの作成時に含まれる Web パーツの組み合わせも変化します。

注: これらの Web パーツは、リスト ビュー Web パーツから取得され、事前構成された Web パーツ テンプレートを使って、独自のレイアウトとデザインが作成されます。これらの一覧にデータを追加するには、クイック起動で [すべてのサイト コンテンツの表示]、[一覧] の順にクリックします。[すべてのサイト コンテンツ] ページで、データの追加先となる一覧の名前をクリックします。

  • お知らせ     お知らせ Web パーツを使うと、ニュースやステータスなど、チーム メンバーと共有したいちょっとした情報を投稿できます。

  • カレンダー     カレンダー Web パーツを使うと、将来のイベントやチームのスケジュールを表示できます。

  • リンク     リンク Web パーツを使うと、チームの興味を引く Web ページへのハイパーリンクを投稿できます。

  • 共有ドキュメント     共有ドキュメント Web パーツを使うと、既定のドキュメント ライブラリのファイルをサイト ユーザーと共有できます。

  • タスク     タスク Web パーツを使うと、チーム メンバーにタスクを割り当てたり、期日や優先度を指定したり、ステータスや進捗状況を表示したりできます。

  • チーム ディスカッション     チーム ディスカッション Web パーツを使うと、チームの関心を引くトピックについてディスカッションするためのフォーラムを提供できます。

カスタム Web パーツ

Microsoft Visual Studio などの Windows SharePoint Services と互換性があるプログラミング環境を使用すると、開発者は Microsoft ASP.NET の完全な機能セットを活用して、カスタム Web パーツを作成することができます。Web パーツ ページは ASP.NET ファイル (.aspx) で、Web パーツは Web フォーム コントロールから取得されます。Web パーツ ページをさらに改善するために、開発者は、新しい機能を提供する独自の Web パーツを作成できます。また、Web パーツにカスタム プロパティを追加したり、ツール ウィンドウに特殊なユーザー インターフェイス用のカスタム ビルダーを追加したり、Web パーツ接続を使用してその他の Web パーツに接続したりすることもできます。Web パーツの作成と展開の詳細については、Windows SharePoint Services 3.0 SDK を参照してください。これは、「SharePoint 一般開発」サイトから入手できます。

他のユーザーや企業が作成した Web パーツを使用することもできます。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加するには、適切な権限が必要です。Web パーツによっては、サーバーに直接展開する必要があるものがあります。サードパーティの Web パーツを Web パーツ ページやサイトに追加できない場合は、サポートについて管理者に問い合わせてください。

ページの先頭へ

Web パーツおよび Web パーツ ページの使用法

Web パーツ ページは、次のように使用できます。

  • 異なるデータ ソースからのデータをまとめる。

  • 重要なデータのレポートを作成して要約する。

  • データを分析して集計する (加算、合計、カウントなど)。

  • 毎日最初に表示する重要な情報を要約する。

  • プロジェクト データや顧客データに優先順位を付けて強調することで効果的な判断を行う。

  • 最新の業務スケジュールと会議情報を表示して 1 日の予定をすばやく立てる。

  • ビジネス ニュース、天気予報、およびお気に入りの Web サイトにすばやくアクセスして Web 参照を重点的に行う。

Web パーツ ページを作成およびカスタマイズする方法

Web パーツ ページは、いくつかの方法で作成およびカスタマイズできます。

  • [新しい Web パーツ ページ] フォーム    Web パーツ ページを作成する最も一般的な方法が、[新しい Web パーツ ページ] フォームを使用した方法です。[サイトの操作] メニュー ボタン イメージ で、[作成]、[Web パーツ ページ] の順にクリックして [新しい Web パーツ ページ] フォームを開きます。このフォームを使用してページを作成した後、直ちにブラウザーでページのデザインを開始できます。ページを閲覧する場合は、ツール ウィンドウを閉じるだけです。

  • Web デザイン プログラム    Microsoft Office SharePoint Designer 2007 など、Windows SharePoint Services と互換性がある Web デザイン プログラムを使用して、Web パーツ ページを詳細にカスタマイズできます。次に例を示します。

    • 既定でサイトのテーマを使用する Web パーツ ページのテーマをカスタマイズする。

    • Web パーツ ページ テンプレートを編集または新規作成する。

    • ページ レイアウトをカスタマイズする。

    • 領域のプロパティを編集する。

    • HTML コードまたは Web コントロールを追加する。

    • 領域内での Web パーツの順序を変更する。

    • Web パーツを領域外に追加する。または、Web パーツを Web パーツ ページではない Web ページに追加する。

    • 異なる Web パーツ ページにある Web パーツ間に接続を作成する。

    • Windows SharePoint Services を実行する Web サイトに Web パーツ ページを発行する。

    • フォーム Web パーツをカスタマイズし、データ ビュー Web パーツを使用する。

ページの先頭へ

Web パーツ ページの Web ブラウザ サポート

Web パーツ ページの Web ブラウザ サポートは、次の 2 つのレベルに分類されます。

  • レベル 1 サポートは、最高レベルの視覚および機能サポートです。レベル 1 サポートを備えるブラウザとしては、最新バージョンの Microsoft Internet Explorer for Microsoft Windows などがあります。

  • レベル 2 サポートでは、ブラウザによっては一部の視覚および機能がサポートされない場合があります。また、機能によっては本来の機能を発揮せず、レベル 1 ブラウザとは異なって動作する場合もあります。ただし、レベル 2 サポートでも、ユーザーはほとんどの機能を使用できます。レベル 2 サポートを備えるブラウザとしては、Windows 対応の Firefox 1.5 以上や、Windows 対応の Netscape Navigator 8.0 以上などがあります。レベル 2 ブラウザは、Windows SharePoint Services 3.0 のサーバーの管理をサポートしていません。

注: レベル 2 ブラウザは、Web パーツ間での接続の作成をサポートしていません。

次の表は、いくつかの一般的なブラウザが備えるサポートのレベルを示しています。

ブラウザの最小バージョン

オペレーティング システム

レベル 1

レベル 2

Internet Explorer 6.x

[ウィンドウ]

Yes/はい

Yes/はい

Internet Explorer 6.x 64 ビット バージョン

[ウィンドウ]

Yes/はい

Yes/はい

Internet Explorer 7

[ウィンドウ]

Yes/はい

Yes/はい

Firefox 1.5

[ウィンドウ]

いいえ

Yes/はい

Netscape 8.0

[ウィンドウ]

いいえ

Yes/はい

Firefox 1.5

Unix

いいえ

Yes/はい

Netscape 7.2

Unix

いいえ

Yes/はい

Mozilla 1.7.12

Unix

いいえ

Yes/はい

Safari 2.0.2

Macintosh

いいえ

Yes/はい

Firefox 1.5

Macintosh

いいえ

Yes/はい

その他

その他

いいえ

いいえ

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×