Web パッケージをエクスポートまたはインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

たとえば、チーム ドキュメントの状態を保存し、管理するために、チーム サイトでカスタマイズしたリスト、ライブラリ、および Web ページを作成しました。このカスタマイズした部分は非常によく機能しているため、この部分を他のチームと共有したいと考えています。このカスタマイズ部分を単にパッケージ化して配布できれば、同じようにカスタマイズしたリスト、ライブラリ、および Web パッケージをそれぞれのチーム サイトで作成し直す必要はありません。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、Web パッケージを使用して Web サイトの一部またはすべてを空のコンテンツとして移動できます。まず、サイトのどの要素をパッケージ化してエクスポートするかを選択した後、パッケージを作成し、作成したパッケージを別のサイトに展開します。

この記事の内容

Web パッケージをまたは別のパッケージ化機能を使用する必要がありますか。

Web パッケージをエクスポートします。

Web パッケージをインポートします。

Web パッケージを使用して、移動、または Office SharePoint Server 2007 サイトのコンテンツを共有できますか。

Web パッケージを使用して Windows SharePoint Services 2.0 以降サイトからコンテンツを Windows SharePoint Services 3.0 サイトに移動できますか。

Web パッケージを使用するか、他のパッケージ作成機能を使用するか

Web サイトのパッケージを作成するための機能は 3 つあります。Office SharePoint Designer 2007 では、サイトのバックアップまたは Web パッケージを作成できます。ブラウザでは、サイトをサイト テンプレートとして保存できます。使用する機能は、その目的によって異なります。

Web パッケージ (.fwp ファイル)    Web ページ、Web サイト、リスト、またはライブラリ構造を共有したり、再利用したりするときに使用します。Web パッケージを使用すると、サイト全体のパッケージを作成することも、特定のページ、リスト、またはライブラリだけを選択してパッケージに含めることもできます。Web パッケージは、サイトの構造を複製するのに優れた方法ですが、リスト データ、サブサイト、セキュリティやアクセス許可の設定を含むことができません。Web パッケージには、ユーザー設定のリンク バーを含むことができます。パッケージを作成した後、必要な数の Web サイトにファイルをインポートして展開できます。

バックアップと復元 (.cmp ファイル)   サイト全体またはサブサイトのバックアップ コピーを作成する場合、またはサイト全体を移動またはサブサイトを別の場所またはサーバーにするには、この機能を使用します。Web パッケージとは異なりコンテンツの移行パッケージには、リストのデータが含まれます。 し、特定のサイト要素を含めるように選択することはできません。一部のカスタマイズや、プロセスの設定が失われることに注意してください。たとえば、ワークフロー、警告、およびサイト コレクション レベルで保存されているプロパティ、バックアップ ファイルは含まれません。バックアップ ファイルも含まれませんその中のオブジェクト、ごみ箱の状態。バックアップと復元を使用してするには、そのサイトに管理者権限が必要です。詳細については、バックアップ、復元、または SharePoint サイトに移動するを参照してください。

サイト テンプレート (.stp ファイル)    同じ基本コンテンツまたはサイト構造から複数の Web サイトを作成する場合に使用します。たとえば、サイト上に作成するすべてのサブサイトについて、サイト構造、外観、さらにはコンテンツに統一感を持たせたいことがあります。このような場合は、サイトをサイト テンプレートとして保存し、サイト テンプレート ギャラリーに追加できます。こうすることで、そのサイトを他のユーザーがテンプレートとして使用できるようになります。Web パッケージと異なり、サイト テンプレートには、リスト データを含めることができます。サイト テンプレートを作成してサイト テンプレート ギャラリーに追加するには、サイト テンプレートを作成する Web サイトの管理者の権限と、サイト テンプレート ギャラリーへの書き込み権限の両方が必要です。サイト テンプレートの詳細については、[関連項目] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ


Web パッケージをエクスポートする

Web パッケージを作成するとき、選択したファイルが 1 つの .fwp ファイルにパッケージ化され、圧縮されます。Web パッケージには、リスト、ライブラリ、それらのリストやライブラリ内のドキュメント、Web ページ、および Web パーツ ページを含むことができます。ただし、Web サイトを空のコンテンツとして移動するとき、元の Web サイトの一部であるリスト データがパッケージ内の Web ページと一緒に移動しません。たとえば、ライブラリには、ドキュメントの計画状況を管理するために作成した列が含まれている場合があります。ライブラリをパッケージ化するとき、ドキュメント、ユーザー設定の列、およびその列の設定はパッケージに含まれますが、ドキュメントの状態を示すデータはパッケージに含まれません。

Web パッケージには、便利な点が 2 つあります。まず、Web パッケージを作成するとき、パッケージに含めるファイルをきわめて柔軟に選択できる点です。サイト全体を含めることも、特定の Web ページ、リスト、またはライブラリだけを含めることもできます。2 番目は、ファイルをパッケージ化するとき、依存関係 (パッケージに含めるファイルに必要なファイル) を容易に特定し、Web パッケージに自動的に追加できる点です。たとえば、カスタム リスト フォームを使用するリストを含む Web ページをパッケージ化する場合、関連するファイルを自動的に特定して Web パッケージに追加することができます。

  1. [ファイル] メニューの [サイトを開く] をクリックします。

  2. [サイトを開く] ダイアログ ボックスで、パッケージ化する Web サイトを見つけてクリックし、[開く] をクリックします。

  3. [ファイル] メニューの [エクスポート] をポイントし、[個人用 Web パッケージ] をクリックします。

  4. Web パッケージに含めるファイルを選択するときにその依存関係を表示する場合は、ダイアログ ボックスの下にある [依存関係を表示する] をクリックします。

    依存関係を表示すると、選択したファイルが適切に機能するために必要な他のファイルが示されます。

  5. [依存関係のチェック] ボックスの一覧で、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • すべての依存ファイルを表示するには、[すべての依存関係をチェックする] をクリックします。

    • ハイパーリンクでリンクされているページを除くすべての依存するファイルを表示するのには、ハイパーリンク以外のすべての依存関係をクリックします。

      注: このオプションをクリックすると、カスケード スタイル シート (CSS) ファイルも除外されます。Web パッケージをエクスポートするときにカスケード スタイル シートを含めるには、[すべての依存関係をチェックする] をクリックします。

    • 依存関係を表示せず、選択したファイルだけを含める場合は、[依存関係をチェックしない] をクリックします。このオプションをクリックすると、手動で選択したファイルだけが Web パッケージに追加され、パッケージに追加するファイルを完全に把握できます。

  6. [Web サイト中のファイル] ボックスの一覧で、Web パッケージに追加するファイルまたはフォルダをクリックし、[追加] をクリックします。

    前の手順で選択したオプションに応じて、依存ファイルも追加されます。パッケージに追加されるファイルは、このオプションによって決定します。[依存関係を表示する] をクリックして依存ファイルの一覧を実際に表示するか、[依存関係を表示しない] をクリックして依存ファイルの一覧を表示しないかは関係ありません。

  7. Web パッケージからファイルを削除するには、[パッケージ中のファイル] ボックスの一覧で削除するファイルをクリックし、[削除] をクリックします。

    注: [依存関係のチェック] ボックスの一覧で別のオプションを選択しても、Web パッケージに既に追加されているファイルは削除されません。

  8. 他のユーザーがパッケージをインポートする前に表示して確認できるパッケージ情報を登録する場合は、[プロパティ] をクリックし、次の操作を行った後、[OK] をクリックします。

    • [タイトル] ボックスに Web パッケージの名前を入力します。

    • [説明] ボックスに Web パッケージについての説明を入力します。

    • [作成者] ボックスに、Web パッケージのプロパティを表示するユーザーに見せたい名前を入力します。

    • 必要な場合は、[会社] ボックスに会社名を入力します。

      [外部の依存関係] ボックスの一覧には、Web パッケージに必要で、パッケージに含まれていないファイルが示されます。

      注: プロパティ情報は、パッケージを保存する前に追加する必要があります。パッケージに後で追加することはできません。

  9. [パッケージ中のファイル] ボックスの一覧に必要なファイルをすべて追加した後、[OK] をクリックします。

  10. [ファイル名] ボックスに Web パッケージの名前を入力します。[プロパティ] をクリックして Web パッケージのタイトルを入力した場合は、そのタイトルが既定のファイル名としてこのボックスに表示されます。

  11. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、Web パッケージの保存場所に移動し、[保存] をクリックします。

    注記: 

    • SharePoint ドキュメント ライブラリおよびピクチャ ライブラリは、他のユーザーが Web パッケージをインポートするときにそのライブラリ内のファイルを移動先の Web サイトに追加する必要がない限り、パッケージに含めないでください。たとえば、ライブラリ内に役に立つドキュメント テンプレートが含まれている場合、そのテンプレートを Web パッケージに含めたい場合があります。ただし、機密情報のドキュメントを含むライブラリは、パッケージに追加しないようにする必要があります。

    • ユニバーサル データ接続 (UDC) ファイルを Web パッケージに追加しないでください。UDC ファイルは、_fpdatasources フォルダに保存されている XML ファイルで、データ ソースの構成情報を含んでいます。UDC ファイルには、パスワードがプレーンテキストで含まれていることがあります。

ページの先頭へ


Web パッケージをインポートする

Web パッケージを展開するには、まず、展開先の Web サイトを開いた後、サイトに Web パッケージをインポートします。

  1. [ファイル] メニューの [サイトを開く] をクリックします。

  2. [サイトを開く] ダイアログ ボックスで、Web パッケージのインポート先 Web サイトを見つけてクリックし、[開く] をクリックします。

  3. [ファイル] メニューの [インポート] をポイントし、[個人用 Web パッケージ] をクリックします。

  4. インポートする Web パッケージを見つけてクリックし、[開く] をクリックします。

  5. [インポート先] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • Web パッケージを Web サイトに展開するには、Web パッケージのファイル名だけを削除します。たとえば、「http://My Web site/My Web package」を「http://My Web site」に変更します。

    • Web パッケージを展開するには、そのサイトのサブフォルダーに既定の宛先] または [参照] をクリックして、Web サイト内の別のフォルダーを選択します。たとえば、リンク先 URL にhttpいずれかの可能性があります://My Web サイト/Web パッケージまたはhttp://My Web サイト/チーム ドキュメント

  6. [Web パッケージからインポートするアイテム] ボックスの一覧で、インポートしないファイルのチェック ボックスをオフにします。また、インポートするファイルのチェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  7. Web パッケージの作成者が入力したプロパティ情報を参照するには、[プロパティ] をクリックします。確認が終わったら、[OK] をクリックします。

    [外部の依存関係] ボックスの一覧で、Web パッケージに必要で、パッケージに含まれていないファイルを確認できます。

  8. [インポート] をクリックします。

  9. [セキュリティ警告] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • Web ページのインポートを続けるには、[実行] をクリックします。

    • インポートを取り消すには、[実行しない] をクリックします。

      重要: Web パッケージに含まれるコードは悪意を持って使用される可能性もあるため、インポートする Web パッケージの入手元が十分に信用できることを確認してください。

  10. Web パッケージとインポート先 Web サイトの両方に同じ名前のファイルが存在する場合は、"既存の互換のリストとそのデータを再利用" するか、"リストの新しいインスタンスを展開し直し、'List/Links' から 'Lists/Backup (1) of Links' に名前を変更" するかを確認するメッセージが表示されます。新しいファイルを展開すると、既存のファイルの名前が、たとえば "お知らせ" から "お知らせ (1)" に変更されます。

ページの先頭へ


Web パッケージを使用して Office SharePoint Server 2007 サイトのコンテンツを移動または共有できるか

特定の制限内で [はい。パッケージ化する、エクスポート、およびチーム サイトまたはポータル サイト上の個人用サイトからコンテンツをインポートすることができます。Microsoft Office SharePoint Server 2007ポータル サイト、サブサイトまたは個人用サイトで (たとえば、http://sps_server/personal/your_user 名/) 一般的なWindows SharePoint ServicesサイトとしてOffice SharePoint Designer 2007に表示します。ただし、個人用サイトのアーキテクチャの違いできないようにWindows SharePoint Servicesサイトから Web パッケージをインポートします。Web パッケージが、Web サイトにインポートするとは異なるタイプである Web サイトからエクスポートされた場合に、問題が発生する可能性がします。例えば:

  • Windows SharePoint Services からエクスポートした Web パッケージは、別の Windows SharePoint Services サイトにインポートする必要があります。

  • Office SharePoint Server 2007 ポータル サイト上のチーム サイトまたは個人用サイトからエクスポートした Web パッケージは、Office SharePoint Server 2007 ポータル サイト上の別のチーム サイトまたは別の個人用サイトにインポートする必要があります。

ページの先頭へ


Web パッケージを使用して Windows SharePoint Services 2.0 サイトから Windows SharePoint Services 3.0 3.0 サイトにコンテンツを移動できるか

これはお勧めしません。Web パッケージのエクスポート元 Web サイトの種類がインポート先 Web サイトと異なる場合は、問題が発生することがあります。たとえば、次のような制限があります。

  • Windows SharePoint Services 3.0 からエクスポートした Web パッケージは、別の Windows SharePoint Services 3.0 サイトにインポートする必要があります。

  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0 サイトからエクスポートした Web パッケージは、別の Windows SharePoint Services 2.0 サイトにインポートする必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×