Web サービス データ接続を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Web サービスに対する外部データ接続を作成できます。たとえば、企業のビジネス データ カタログに対する Web サービス データ接続を作成して、ビジネス データを取得できます。

Web サービス データ接続を作成すると、その他の外部データ ソースの場合と同じようにリンクすることができます。Web サービスでパラメーターを受け取る場合、Web サービス データ接続を使用してリンク テーブルを作成するときにパラメーターを変更できます。

概要

Access Web サービス経由で使用できる外部データにリンクすることができます。Web サービス プロバイダーによって提供されるが、Web サービス接続ファイルが既にあります。Web サービス データを使用する一般的な手順は次のとおりです。

  1. Web サービス データ接続ファイルを取得します。

  2. 接続ファイルを使用して、Web サービス データ接続をインストールします。

  3. インストールした Web サービス データ接続を使用して、リンク テーブルを作成します。

Web サービスのリンク テーブルが読み取り専用の場合

Web サービス データ接続を使用して作成するリンク テーブルは読み取り専用です。

Web サービスへの接続を作成する

  1. リボンの [外部データ] タブをクリックします。

  2. [インポートとリンク] グループで、[その他] をクリックして > Data Servicesします。

  3. [Web サービス データへのリンクの作成] ダイアログ ボックスの下部にある [新しい接続のインストール] をクリックします。

    Web サービスのデータ接続をインストールする

  4. [接続定義ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、Web サービスの記述を含む XML ファイルを参照して選択します。

    注: このファイルは、Web サービス プロバイダーまたはシステム管理者から提供されます。

既存の Web サービス データ接続へリンクする

  1. リボンの [外部データ] タブをクリックします。

  2. [インポートとリンク] グループで、[その他] をクリックして > Data Servicesします。

  3. [Web サービス データへのリンクの作成] ダイアログ ボックスには、Web サービスが提供するデータのテーブルが表示されます。たとえば、飛騨物産株式会社の Web サービスに接続した場合は、次のように表示されます。

    リンクに使用できる web サービス データ接続

  4. [Web サービス データへのリンクの作成] ダイアログ ボックスで、使用するテーブルをクリックします。

  5. [リンク テーブルの作成] をクリックします。

パラメーター値を指定する

Web サービス データ接続ファイルでは、パラメーターがサポートされる場合があります。パラメーターとは、データにフィルターを適用する際に使用する式です。

たとえば、AdventureWorks Web サービス データ接続では、場所については、値を承諾したり、その値を使用して、リンクを使用してアクセスできるレコードを制限する受注] テーブルがあります。

Web サービス データ接続パラメーター

リンク テーブルを作成するときに、Web サービス データ接続のパラメーター値を設定します。

  1. 上記の手順では、既存の Web サービス データ接続へのリンクの最初の 4 つの手順に従います。リンク テーブルの作成をまだクリックしてしないでください。

  2. [Web サービス データへのリンクの作成] ダイアログ ボックスで、パラメーター セクションの適切なボックスにパラメーター値を指定します。表示されるインターフェイスは、使用する Web サービス データ接続ファイルに応じて多少異なります。接続によっては、複数のパラメーターがサポートされている場合もあります。

  3. パラメーター値の設定が終了したら、[リンク テーブルの作成] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×