Web サービスの値を使用して、リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスにデータを代入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスに、Web サービスへのセカンダリ データ接続からのデータを代入することができます。

このトピックの内容

概要

始める前に

手順 1: クエリのデータ接続を追加します。

手順 2: コントロールを構成します。

概要

リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスには、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに選択できる項目が表示されます。これらのコントロールを、Web サービスへのセカンダリ データ接続からのデータを表示するように構成できます。セカンダリ データ接続は、このフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するユーザーが Web サービスなどの外部データ ソースとの間でデータの取得または送信を行えるようにするためにフォーム テンプレートに追加する、外部データ ソースへの任意のデータ接続です。

外部データ ソースからデータを取得するには、データを追加するセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートにそのクエリ。その結果、Microsoft Office InfoPath では、データ フィールドおよび Web サービスのXML スキーマに対応するグループを含むセカンダリデータ ソースを作成します。クエリのデータ接続は、Web サービスからデータを取得し、フォームのセカンダリ データ ソースでデータを格納します。既定では、セカンダリ データ ソース内のデータがあるユーザーがネットワークに接続されている間だけです。フォームがネットワークに接続していないとき、データへのアクセスを持てるように、ユーザーのコンピューターで、クエリの結果を保存するセカンダリ データ接続を構成することができます。

セキュリティに関するお知らせ : セカンダリ データ接続を使用して外部データ ソースから機密データを取得している場合、この機能を無効にすると、コンピューターが紛失または盗難にあったときのデータの不正使用を防ぐのに役立ちます。この機能を無効にした場合は、ユーザーがネットワークに接続しているときにのみデータが使用可能になります。

セカンダリ データ ソースのデータ構造は Web サービスにおけるデータの格納方法と一致している必要があるため、セカンダリ データ ソース内の既存のフィールドまたはグループを変更することはできません。データ接続およびデータ ソースの詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

始める前に

Web サービスの値を使用してフォーム テンプレートのコントロールにデータを代入するには、Web サービスの管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • Web サービスの場所。

  • Web サービスが Document Literal エンコードを使用することの確認。InfoPath では、Document Literal スタイルの Web サービスのみを利用できます。

  • フォームにデータを送信する Web サービス操作の名前。

  • Web サービスからのクエリ結果をオフラインで使用できるようにユーザーのコンピュータに安全に格納できるかどうか。

ページの先頭へ

手順 1: クエリ データ接続を追加する

コントロールの値を提供するために使用できるフォーム テンプレート内の既存のクエリのデータ接続がない、以下の新しいのセカンダリ データ接続を追加する手順を実行します。フォーム テンプレートを使用できるセカンダリ データ接続を既に持っている場合は、このセクションをスキップしてに移動する手順 2: コントロールを構成するします。

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで、[新しいデータ接続先]、[データの受信]、[次へ] の順にクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[Web サービス] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの次のページで、Web サービスの場所を入力します。

    注: どこからでも説明の検出との統合 (拡張) サーバーを使用して Web サービスを検索する場合は、 UDDI の検索] をクリックして、検索、検索キーワードを入力または用意されているサービス プロバイダーで検索するかどうかを指定して、[検索] をクリックする UDDI サーバーの URL を入力します。検索キーワードが一致する web サービスは、検索結果のリストに表示されます。使うには、Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. [処理を選択してください] ボックスの一覧で、フォームにデータを返す Web サービス処理をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. データ接続ウィザードで Web サービスのスキーマ内に不明な要素が検出された場合は、ウィザードの次のページで、メイン データ ソースに追加するフィールドまたはグループを確認するために、各パラメータにサンプル値を指定するように求められることがあります。

    方法

    1. [パラメーター] テーブルのパラメーターを選び、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. [サンプル値] ボックスに、このフィールドにユーザーが使うような値を入力し、[OK] をクリックします。

    3. [パラメーター] テーブルのパラメーターごとにこれらの手順を繰り返し、[次へ] をクリックします。

    詳細な技術情報

    データ接続ウィザードで Web サービスに対するデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続し、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスに使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、このファイルを InfoPath に送信することで要求に応答します。InfoPath は、このファイルの情報を使い、適切なフィールドとグループをフォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに追加します。InfoPath は WSDL ファイルに不明な要素の種類を検出すると、サンプル データを使い、不明な要素の種類の定義を判断し、適切なフィールドとグループをセカンダリ データ ソースに追加します。

  9. フォームがネットワークに接続されていないときにクエリの結果を使用できるようにするには、[フォーム テンプレートのデータのコピーを保存する] チェック ボックスをオンにします。

    セキュリティに関するお知らせ : このチェック ボックスをオンにすると、フォームでこのデータ接続が使用された場合は、ユーザーのコンピュータにデータが保存されます。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合は、コンピュータが紛失したり盗まれたりしたときにデータを保護できるよう、この機能を無効にします。

  10. [次へ] をクリックします。

  11. ウィザードの次のページで、このセカンダリ データ接続のわかりやすい名前を入力します。

  12. フォームを開いたときにデータを自動的に受信するようにするには、[フォームを開くとき自動的にデータを取得する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

手順 2: コントロールを構成する

  1. 複数のビューを持つフォーム テンプレートの場合、[表示] メニューの [ビュー名] をクリックして、セカンダリ データ ソースのデータを表示するコントロールがあるビューに移動します。

  2. データを代入するリスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、またはコンボ ボックスをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [リスト ボックス項目] で、[外部データ ソースの値を参照する] をクリックします。

  5. [データ ソース] の一覧で、使用するデータを含むグループまたはフィールドを持つデータ ソースをクリックします。

  6. [項目] ボックスの横の [XPath の選択] [データ ソース] ボタン をクリックします。

  7. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行い、ユーザーに表示するデータと、外部データ ソースに送信するデータを指定します。

    ユーザーに表示されるが、ユーザーが送信されますが、同じデータを指定します。

    • フィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

    ユーザーに表示されるデータは、ユーザーが送信されるデータを異なることを指定します。

    注: この場合、ユーザーに表示されるデータはグループ内のいずれかのフィールドのものであり、ユーザーが送信するデータは同じグループの別のフィールドのものです。

    1. グループをクリックし、[OK] をクリックします。

    2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[] ボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

    3. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、ユーザーが外部データ ソースに送信するデータを含むフィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

    4. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、表示名] ボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

    5. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、コントロールに表示されるデータを含むフィールドをクリックし、[OK] をクリックします。

  8. [表示名] ボックスのフィールドに同じような表示名の値が含まれていて、一意の名前だけを表示したい場合は、[一意の表示名を持つ項目のみ表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×